博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ 博多本店

九州酒巡り ~2日目~

みなさま、こんにちは!
日比谷店くるみちゃんよりバトンを引き継ぎまして、本日は博多本店の山口がお送りいたします!

 

夏大好きくるみちゃんとは違い、超絶暑がりな僕は少し夏が苦手です。
この季節は小脇に酒…いや、冷たい液体が欠かせません。

 

さあ、気を取り直して今回は2日目!
「富久千代酒造、五町田酒造、白糸酒造」3蔵を巡って行きます。
細かく書いていくと夏が終わってしまいそうなので、今回は割愛して書いていくことにします!

 

 

さっそく博多本店より車を走らせること約2時間。

 

 

まずは1蔵目の富久千代酒造に到着。
みなさんご存知、佐賀県鹿島市が誇る超人気銘柄「鍋島」の蔵元さんです!
今回は、三代目当主の飯盛直喜様直々にご案内いただきました。

IMG_1212

造りを行っていない時期ということもあり、蔵内部の写真を撮影することはできませんでした。ご了承下さい。

 

まず驚いたのは蔵内の徹底的な温度管理。
蔵の内部各部屋に冷蔵設備が行き届いており、適切な温度と清潔な環境に保たれています。
ひとくち口に含んだ時のあのプチプチとしたガス感、そのフレッシュ感を保つ工夫が隅々に施されているといった印象でした。

 

そして感銘を受けたのは、まだまだ進化の途中だということ。
増築増築を繰り返し、毎年毎年の設備投資に余念がない。
鍋島といえば、完成された酒というイメージの方も多いかと思いますが、実際はまだまだ進化の途中で様々なチャレンジをされています。これからもっともっと美味くなる。期待しちゃいます!

IMG_1927

ちなみに来年の2月ごろには、奥様が蔵の近くに「泊まれるレストラン」をオープンされる予定だそう。
江戸時代の古民家を改修し、宿泊施設を備えたレストランで鍋島とお料理のペアリングを楽しむ。
聞いてるだけでもわくわくします。こちらの展開にも要チェックです。

 

 

お次の五町田酒造までは車で約20分。

 

 

到着しました!
五町田酒造といえばそう、言わずと知れた佐賀の銘酒「東一」の蔵元さんです。
温泉とお茶の町、嬉野市の田園の中に位置しています。
この日は当初雨予報でしたが、天気にも恵まれ絶好の蔵見学日和。

IMG_1226

こちらも製造の現場には立ち会うことができませんでしたが、蔵の中を一通りご案内いただきました。

 

 

いきなりですが、五町田酒造といえばコレ。

IMG_1242

レジェンド勝木先生(※)考案の(こしき)です。
(※勝木慶一郎氏=現松本酒造特別顧問。五町田酒造において長年製造部長などを歴任し、いち早く自社で山田錦の栽培をスタートするなど、「東一」という銘柄を全国区に押し上げた立役者。業界の中でも一目置かれる存在。)
日本酒の原料米を蒸し上げる大型の蒸し器なのですが、白糸酒造、黒木本店、松本酒造など全国でも数蔵にしかない設備となっており、これが日本酒造りにとってなんとも絶妙な蒸し加減のお米を生み出すそうです。

 

他にも、別注の仕込みタンクとその初号機や、洗米に使うザル、斗瓶、特殊な瓶洗浄機や貯蔵タンクの並ぶ景色。
などなど、五町田酒造独自の設備も数多く見られ、酒造りへのこだわりと勝木先生の功績を垣間見ることができました。

IMG_1281 IMG_1239 IMG_1285 IMG_1234
圧倒的な酒造りのノウハウを持って、ひたすら真面目に丁寧に酒造りと向き合う瀬頭社長の姿勢。東一の安定的な酒質に対するこだわりの一端を感じることができました。

 

最後に見せていただいたのが、蔵のすぐ隣にある田んぼ。

IMG_1299
一行が訪れた日は田植えの前日ということで、実際に稲が植えられた風景は拝めませんでしたが「ここから酒造りが始まるのか」そう思うと胸が高鳴る思いでした。

 

 

さあ、車に乗り込んで次に向かいます。
五町田酒造より約1時間半。

 

白糸酒造に到着です。

IMG_1930
ここも説明不要でしょう、住吉酒販といえばでおなじみの福岡の大定番酒「田中六五」の蔵元さんですね。

 

毎年春先に開かれる蔵開きにはものすごい数の人が押し寄せます。
銘柄の名の通り、田んぼの中に突如として現れる酒蔵さんです。

IMG_1928

 

こちらも夕方にお邪魔したので実際の酒造りの模様は拝見できませんでしたが、蔵の中を一通りご案内いただきました。
入ってすぐに迎えてくれたのは勝木先生(こしき)。本日2度目の登場です。

IMG_1302

 

そしてなんといっても、こちらの見所は「ハネ木」でしょう。

IMG_1929

IMG_1351
全国でも唯一の全量ハネ木搾りを今でも実践する酒蔵。まさにここでしか見ることのできない、荘厳な雰囲気を感じました。

 

一番圧倒されたのは、約5年前に増築した新蔵がとにかくスタイリッシュ。
まるで映画にでも出てくるかのような空間で、思わず長居したくなってしまうほど。

IMG_1310 IMG_1325
仕込み蔵もカッコイイ…。
洗米場にも燦々と太陽の光が降り注ぐ、あまり酒蔵では見かけないような独特な空間です。

 

IMG_1313 IMG_1317 IMG_1332

順番に麹室と酒母室、研究室を見せていただいた後は、特別にあまざけの麹を試食させていただきました。

 

IMG_1339 IMG_1342
日本酒の麹と比べるとものすごく甘い。
あまざけ用の麹をいただく機会はなかなかないので新鮮な気持ちでした。

 

IMG_1360

最後に絶好のフォトスポットよりパシャり。新旧蔵が同時に見渡せます。
伝統を守りつつ今の時代にマッチした酒を生み出している、白糸酒造らしい光景が広がっていました。

 

 

 

三者三様の設備や佇まい。
それぞれの蔵元の個性が反映されたそれぞれの酒。
そこにあるのは、ただ良い酒を造りたいというシンプルな気持ち。
今回は造りの様子は見ることができませんでしたが、その分ゆっくりとご説明いただき蔵の持つ雰囲気をしっかりと感じることができました。

 

今回お世話になった蔵元の皆様ありがとうございました!
ぜひ次回は造りの時期にお邪魔させてください!

 

そしてその夜はもちろん「田中六五・東一・鍋島」で乾杯。(ノンフィクション)

 

以上、手短になりましたが2日目の模様をお送りいたしました。
次回「くるみ、ついに宮崎に降り立つ」
乞うご期待!

 

山口

 

「富久千代酒造HP」
https://nabeshima.biz/

「五町田酒造HP」
http://azumaichi.com/

「白糸酒造HP」
http://www.shiraito.com/

/ 六本松店

九州酒巡り〜1日目〜

こんにちは!日比谷店スタッフくるみです。
とうとう梅雨が終わりそうですね。私はギラギラした夏が大好きなので嬉しいです!
積極的に水分を摂って(あと美味しいお酒も)、楽しい夏にしましょう!

先週の6/22〜26日まで、福岡へ出張に行ってまいりました!
東京採用の私は、実は九州に行ったことがなく、、とってもとっても楽しみにしていました。

今日から数日間、一緒に酒蔵見学に行った博多本店スタッフの山口くんと代わる代わるレポートしていきます。

初日は山口くんにアテンドしてもらい、博多デイトス店、博多本店、六本松421店、食堂セゾンドールと住吉酒販全店にご挨拶。
日比谷店しか見た事のない私には新鮮でした!

まず、博多駅店

デイトス 正面
コンパクトな店内に九州のお酒のみディスプレイされています。お土産をスピーディに選べる工夫がしてあり、時間がない時にもさっと購入できます。
なによりも新幹線に乗る前にちょいと一杯!最高ですよね〜。
せっかくなので角打ちを!
ラッキーなことに当たり札が当たっちゃいました♪当たりの目印として鶴の折り紙を置いてくれるのが嬉しいですね。日比谷店でも真似しちゃおう!

デイトス角打
デイトス店常連のお客様ともお話し出来て、とても楽しい時間でした。

お次は博多本店

beauty_1592813780468
酒大将の撮影場所だ〜!黒の外観+瓦がモダンでカッコいい!
博多は3階建てになっていて、器、食品、焼酎、日本酒、ワインとぎっしり。ここは大人の遊園地ですね、ずーっと見ていられます!日比谷店にはない一升瓶がずら〜っと並んでいるのが圧巻です。

本店2階
せっかくなので日比谷店には置いていない日本酒を3本購入しました♪

そしてお次は六本松421店

421
ここも外観がお洒落ですね〜!科学館が入っているとはびっくりです。
蔦屋書店さんの雰囲気にマッチした大人っぽい店舗です。

また六本松スタッフもふわ〜っとした柔らかな雰囲気で、癒しの空間です。

六本松

小説や雑誌を読みながら、上質なお酒を飲む。ゆったりと大人な時間を過ごしたいなら六本松店が最適です!

最後は食堂セゾンドール。憧れていた場所です!

IMG_1169

クロビン
前山シェフが創り出す、宝石のように美しく美味しい食事。その食事と最高のマリアージュを奏でるお酒たち。ワインはもちろんのこと日本酒とのペアリングの素晴らしさに、改めて日本酒の懐の深さに驚きました。

そして食事がさらに美味しくなるのは楽しさと笑顔ですよね。前山シェフ率いるスタッフ全員がわくわく楽しい時間にしてくれます。
食堂セゾンドールは雰囲気もまるごと美味しい、お腹も心もいっぱいになる空間でした。

IMG_1170
あ〜もう一度食べたい!時間を戻せる魔法を知っている方はいませんか、、!

翌日からは様々な酒造さまに伺い、勉強させていただきました。
三者三様、いろんなこだわりや未来へのビジョン、お酒のことだけでなくその土地への愛情が伝わってきました。
2日目のレポートは山口くんへバトンタッチです!乞うご期待!

日比谷店 くるみ

/ お知らせ

【お知らせ】レジ袋有料化に関しまして

みなさま、こんにちは!山口です。
日頃のご愛顧ありがとうございます。
本日はレジ袋の有料化に関するお知らせです。

経済産業省のガイドラインに従い
当店でも「資源の節約、ゴミの削減、CO2削減」のため、
7月1日よりレジ袋・紙袋(※一部店舗を除く)ともに有料化とさせていただきます。
大変お手数ではありますが、エコバック等持参のご協力お願い致します。

今後レジ袋をご希望のお客様には以下の通り、
別途料金が発生致しますのでご来店の際は十分ご注意ください。

IMG_1146

【博多本店】
ビニール袋: 8円(税別)
紙袋: 50円(税別)
※ギフトボックスお買い上げの方には無料でお付けいたします

【博多デイトス店・六本松421店・東京ミッドタウン日比谷店】
ビニール袋: 8円(税別)
紙袋: 8円(税別)
※ゴミの削減の観点より、全て有料化にさせて頂いてます

お客様にはご不便をお掛け致しますが、
ご理解の上、ご協力のほどお願い申し上げます。

/ お知らせ

父の日、待ったなし

みなさま、こんにちは!
ブロガーの山口です。

 

題名の通りにはなりますが、6月21日日曜日、いよいよ父の日が近づいて参りました!
みなさま、プレゼントのご準備はお済みですか?
まだという方はお早めに。きっとあの方がプレゼントを心待ちにしていらっしゃいます。
全国のお父様方は、この機会に思う存分羽を伸ばしてください。いつもお仕事ご苦労様です。

 

 

以前もご紹介しました通り、住吉酒販各店では「父の日限定」オリジナルギフトラッピングを実施中です!

DSCF8180a

 

おかげさまでご好評をいただいておりますこちらのラッピングですが、
【父の日(6月21日)着希望】での発送のご依頼は【6月18日(木)】までのご注文・お買い上げをお願い致します!
※19日(金)のご依頼分はご希望に添えない場合もございますので、ご注意ください。

 

 

 

思ったよりも時間がなくて焦っているそこのあなた!落ち着きましょう。
ひとまず落ち着いていただいて、住吉酒販各店に駆け込みましょう。素敵な逸品をご用意してスタッフがお待ちしております。
「父の日のおすすめ教えて!」
そのひとことで一件落着です。

〈博多本店〉
営業時間: 9:30~18:30
定休日: 日曜日
tel: 092-281-3815

〈博多デイトス店〉
営業時間: 9:00~19:00
定休日: なし
tel: 092-473-7941

〈六本松421店〉
営業時間: 12:00~20:00
定休日: なし
tel: 092-406-7258

〈東京ミッドタウン日比谷店〉
営業時間: 11:00~20:00
定休日: なし
tel: 03-6205-4172

 

もちろん公式オンラインショップでもお買い求めいただけますのでぜひご利用くださいませ。
【オンラインショップ】『フィールドとテーブル』
https://www.field-to-table.jp/items/29757851

 

 

まだ間に合います!!
たくさんの駆け込みご注文・ご来店お待ちしております!!

 

山口

/ お知らせ

「父の日」限定、オリジナルラッピング

みなさま、こんにちは!
またまた博多本店より山口です。

 

<6月21日(日)>
いよいよ「父の日」が近づいてきましたが、今年のプレゼントはお決まりでしょうか?

(すっかり店内も父の日仕様です。)
IMG_0851

 

 

そもそも「父の日」っていつから始まったのでしょう?
気になったので調べてみました。

 

時は1909年、アメリカワシントン州スポケーン。
ソノラ・スマート・ドッド(Sonora Smart-Dodd)という女性が発案したのが始まりとされています。
その当時、すでに「母の日」というものはあったそうですが「父の日」という概念はなく、自分を含めた子6人を男手一つで育ててくれた「父」にも感謝を表す日があっても良いのではないかと考え、地元の教会に懇願。翌年の6月に初めて「父の日」を祝う式典が開催され、各地へと広まっていったのでした。

 

今では世界的にも一般的になった「父の日」ですが、始まりは1人の女性の父を想う気持ちだっただなんて、いい話じゃないですか。
ますます「父の日」を大事に過ごそうという気持ちが湧いてきました。

 

 

 

話はそれましたが、住吉酒販では母の日に引き続き、素敵なオリジナルギフトラッピングをご用意しております。

IMG_0857
スライド1

日頃の「ありがとう」を込めて、“とっておきの1本”をかけがえのないあの人へ贈ってみるのはいかがでしょうか?
そんな1日にぴったりの逸品をご用意して、本日もお待ちしております。

 

 

住吉酒販各店、オンラインストアからお求めいただけます。
ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【博多本店】
tel: 092-281-3815
【博多デイトス店】
tel: 092-473-7941
【六本松421店】
tel: 092-406-7258
【東京ミッドタウン日比谷店】
tel: 03-6205-4172
【オンラインストア】『フィールドとテーブル』
https://www.field-to-table.jp/items/29757851

 

 

 

それでは皆様、素敵な「父の日」をお過ごしください。
たくさんのご注文お待ちしております!

 

山口

/ お知らせ

「tsumons × 丸山珈琲 × 田中六五」住吉酒販スペシャルセット

◆「日本酒にもコーヒーにも合う焼き菓子を、ツモンさんに作ってほしい…」そんな贅沢な願いを叶えていただき、魅力満載なスペシャルセットが実現しました!

限定30セットとなりますのでご了承ください。
※賞味期限 2020年6月4日(木)

 

福岡で大人気!予約の取れないWINE & SWEETSの店「tsumons」。“Patissiere / Sommelier / Sweets Designer”である香月友紀氏に日本酒とコーヒーをお渡しして、両方に合わせた焼き菓子を4種作って頂きました。

日本酒は糸島産無農薬山田錦で仕込んだ田中六五のスペシャル限定酒「MINOTAUR INST. × TANAKA65」。通常の田中六五よりも軽やかで上質な飲み心地を表現した、違いの分かる大人達から熱い支持を受ける一本です。

コーヒーは、スペシャリティコーヒーのトップランカー丸山珈琲が世の常識を覆す、「コーヒーバッグシリーズ」。コーヒーバッグと侮るなかれ、お湯を注いだ瞬間の香りから本格すぎて笑いが出ます。今回はシリーズから「ベリー」を4杯分。果実を感じるキュートな香味に誰しも好感を抱きます。

そして、それに合わせ作って頂いたお菓子はペコリーノチーズとクミンの香りがたまらない「ペコミン Pecorino & cumins」、オートミールとアーモンド、クランベリーの食感と香りが心地いい「つもノーラ tsumonola」、鹿児島のKOTOBUKI CHEESEのブルーチーズとココナッツの相性が素敵な「ココブルー Blue Cheese & Coconuts」、カイエンヌペッパーで香ばしくローストされたハイカラなナッツの「RED CASHEW-NUTS」の4種類です。

知らず知らずと手が進み、杯が重なる魅惑の組み合わせ。日本酒とコーヒーそれぞれも良いのですが、同時に味わうのが最もおすすめの楽しみ方。ちなみに、tsumonsの香月さんは最終的に日本酒とコーヒーを混ぜて飲んでいたそう。実は、それも美味いんですよ。豊かな時間を与えてくれるこのセット、是非ゆっくりとご賞味ください。

 

S__16572425
S__16572424

オンラインストアにて絶賛発売中!!
「(住吉酒販presents)田中六五×丸山珈琲×tsumons スペシャルペアリングセット」
https://www.field-to-table.jp/items/29570570

 

 

【お知らせ】
5/30(土)20時より、丸山珈琲丸山健太郎社長&酒大将こと住吉酒販庄島健泰でインスタライブを行います。
テーマは「日本酒とコーヒー part2」。その中でも今回のセットが登場しますので是非ご覧ください。

日本酒と珈琲_アートボード 1

《インスタライブはこちらから》
– 丸山珈琲 丸山健太郎 Instagram –
https://www.instagram.com/kentaritomaruyama/

– 住吉酒販 庄島健泰 Instagram –
https://www.instagram.com/shojimasake/

 

【丸山珈琲(www.maruyamacoffee.com) 丸山健太郎氏】
kentaro_maruyama_01
(丸山珈琲 HPより引用)

【Wine & Sweets tsumons(https://wine-sweets.com/)】
tsumons33 tsumons29
(Wine & Sweets tsumons HPより引用)

【白糸酒造(http://www.shiraito.com/) 田中克典氏】
b8947dcb6548edabb735fe4309093bb2-584x413
過去のBLOGはこちら
「田中六五 MINOTAUR INST.別注、始動!!!」
https://sumiyoshi-sake.jp/blog/5300

 

 

 

2 / 12312345...102030...最後 »