博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ 食品

山本商店 礼文島香深浜産 極上利尻昆布

IMG_3407

これを「海の恵み」と云わず何を云おうか。

 

天から選ばれし場所に、誠実な生産者が営みをもつ時、

本物の「美味しさ」が生まれます。

IMG_3408

山本商店ご夫妻が天日干しに拘り、

礼文島の自然のままに仕上げた利尻昆布。

 

 

 

IMG_3412

IMG_3417

一度使えばあまりの違いに驚きます。

 

 

 

 

あなたが今より美味しい料理をつくりたいなら、

料理の腕を磨くより、昆布を変えた方が話しは早いかもしれません。

IMG_3413

実際、僕はこの昆布がないと料理をしたくありません。

 

まさに欠かせない存在。

 

この「欠かせない存在」と共に生きていくためには、

礼文島の自然環境が正常でなければなりません。

IMG_3410 2

「Field-to-Table 土から食卓まで」の真の意味はここにあり。

心に響く美味しさと出会い、自然環境に意識を向ける。

 

そのことを教えてくれたのも、

またこの山本商店の利尻昆布でした。

IMG_3411

IMG_3414 2

住吉酒販 オンラインストア「フィールドとテーブル」 https://www.field-to-table.jp/items/17617663

 

 

庄島

/ イベント

【東京店イベント】出張屋台 in 一角

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店のスガワです!

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店では本日より2日間、
同じく東京ミッドタウン日比谷3階の居酒屋さん「一角」さんにお邪魔して
出張屋台を開催します!

IMG_0012

本やコーヒー、衣服、理容室、雑貨など9店舗が軒を連ねる小さな街のような複合型店舗「HIBIYA CENTRAL MARKET」に入る「一角」さん。
昼は定食、夜は居酒屋で締めにお蕎麦まで食べれてしまう、どこか懐かしくて新しいお店で、昼夜問わずに多くの人で賑わっています。

そんな一角さんの中で、住吉酒販が厳選したお酒と肴を持って出張屋台!!

(メニュー例)
日本酒: 6513、花の香 桜花、東一クロビン、古伊万里SUMIYAMA、惣誉 特別純米、無窮天穏 斎香…等
酒屋のカクテル:百年の孤独ハイボール、山椒ハイボール、だいだいサワー、ブラッディーメアリー…等
酒喜惣菜:住吉ポテサラ、ハツとハツモトの酒煮、寄せがめ煮、珍味やっこ…等
塩おでん:大根、手羽、こんにゃく、金太郎玉子…等

807A69DD-4613-44D0-9B87-21508AE45609

この日だけ楽しめる特別メニューもご用意しておりますので、今日から2日間 東京ミッドタウン日比谷の中ではしご酒なんていかがでしょう✨

そして
せっかくのコラボ企画開催なので、
今回は「はしご酒サービス」として

●一角→住吉酒販
一角さんご利用レシートご提示で、住吉酒販角打ちご利用の方に日本酒(田中六五)1杯サービス

●住吉酒販→一角
住吉酒販
角打ちご利用レシートご提示で、一角さんご利用の方に一角名物からあげ1つサービス

FCC55B7D-25BF-4D69-904C-F5F18C47E235

※サービスは17時より。
※どちらも、それぞれの店舗を実際にご利用いただいた人数分のサービスになります。
※唐揚げは、混雑時はお時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。
※数量に限りがございますので、売り切れの際はご容赦くださいませ。

東京ミッドタウン日比谷3階、
ントラルマーケットの一角にある
「一角」の一角で
住吉酒販出張屋台!

 

もちろんB1Fのお店も通常通り営業しております!

皆様のお越しを心よりお待ちしております!!

 

▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️

IMG_0010

住吉酒販 in 一角

2019年10月25日(金)〜26日(土) 2日間

16:00〜23:00(L.0.22:00)

@東京ミッドタウン日比谷3階 HIBIYA CENTRAL MARKET内「一角」

https://hibiya-central-market.jp/shop/05.html

▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️

スガワ

/ イベント

-D食住〜Bonjour!!SAKE!!霜降革命〜 ① -

こんにちは!!

中村のしんのすけです。

 

暑さも落ち着き、すっかりですな。

日中はとても過ごしやすい気候が続き、外出がより楽しみです。

食欲の秋読書の秋など様々な欲を満たしてくれる季節が到来ですね。

そんな。そんなにピッタリなイベントがまさかの今月開催!!

 

 D食住Bonjour!!SAKE!!霜降革命

IMG_4304 2

 

今回は、霜降(そうこう:二十四節気の第18)の旬な食材を

フランス料理に仕上げていただきました!!

どれもこれも食をそそるメニューばかり!!

一つ一つの料理の拘りようは過去最高なのではないでしょうか。

IMG_4885

さつま芋とイチジクのタブレサラダ

IMG_4888

きのこマリネの全粒粉ガレット

IMG_4826

鶏肉とサツマイモのカダイフ焼き

サバとリエットとえび芋のドフィーヌ

IMG_4821

真鯛のホタテムース黒米と白ワインソース

などなど、当日は全10種のフードからお好きな物をお選びいただけます。

サラダ、ガレット、お魚、牛肉、羊、鳥。

なんでもあります。全部、全てが最高です。

そんな最高の食の相棒も最強な物を揃えました!! 

 

今回もDEAN&DELUCAスタッフと住吉スタッフにて

意見を交わし合い、励ましあい、時にはぶつかり合いながらも

(本当はぶつからず仲良く)

最上のペアリングを見つけ出しました!!

IMG_4822

IMG_4823

今回選んだお酒をご紹介させて頂きます!!

IMG_4896

IMG_4899

IMG_4900

秋のひやおろし季節限定酒スペシャル酒

などなど、今回も今しか味わえないものばかりのです!!

是非とも飲み比べ、食べ合わせ、楽しんで頂けたら幸いです。

 

ご予約不要です!!

立ち飲み形式でどなたでもフラっと気軽にご参加いただけます

 

さて長くなりましたが10月27日(日)は D食住 で決まりですねっ!!

D食住Bonjour!!SAKE!!霜降革命

日時 2019年10月27日(日) 14:00~21:00(L.O.20:00)

会場 DEAN & DELUCA 福岡店
入場料  2000円 (花札4枚)
お食事 花札1枚から (500円から)
お酒 花札1枚から (500円から)

みなさま是非お誘い合わせの上ご来場ください!!

 

 

/ お酒の紹介

みむろ杉 純米大吟醸 露葉風

皆様こんにちは、中村です。

今週末、関東のほうに大きな台風が来ておりますが、皆様しっかり備えて、ご無理ないようお過ごしください。

 

 

ひやおろしもだいぶ落ち着き、店頭は早いところでは来月には新酒が並びだすので、

今から楽しみに待たれている方も多いのではないでしょうか。

 

ですが

新酒前にぜひみなさまにこちらをご紹介させていただきたい…

 

今年も本当にいいお酒ばかり届けていただいている

 

今西酒造から

 

みむろ杉 純米大吟醸 露葉風

Modern Light

(奈良/今西酒造)

71694174_2514879481938921_8160024467502792704_o

 

入荷いたしました!!

 

 

もう、こちらの蔵は説明する必要がなくなってきているかもしれないほど、

福岡でも着々と知名度を上げてきているのではないでしょうか。

 

それはやはり、この酒のクオリティの高さと、蔵元の熱意だと思います。

 

多くの飲む方々の心を、舌を満足させてくれるその味に

私たちスタッフもいつも試飲させてもらっては毎回お客様にご紹介させていただきたくてうずうずしてしまいます

 

今回、露葉風という酒米で醸されております。

現地で作られている露葉風に現地の美しい水が醸すこのお酒。

 

開けると優しく広がる香り。

強くはないけど、芯がしっかりあることを感じさせてくれるしなやかな香り。

 

ひとくち口に含むと爽やかでジューシーでリッチな甘み、素敵な言葉をつめ込みまくりたいファーストアタック

じゅわわわわと大きく艶やかな丸みのある味が広がり、中間にはその丸みを溶かす様に清涼感が滑り溶けていきます。

且つぎゅっとしめる後味にかすかに感じる苦味!!!

 

このバランス感

 

多くの人を虜にするのは納得しちゃいます。

露葉風ならではなのでしょうか、少し緑の様な爽やかさ、独特な清涼感。

この清涼感が飲み疲れせず、ずっと飲める心地よさにつながります。

 

まだ少し暑さの残るこの時期、するすると単体で飲むのもいいですし、

あつあつのお鍋にひえひえのこちらのお酒もたまりません!

 

和食だけにとどまらず、洋食もカバーしてくれるこの味は、ぜひみなさまにいろんなペアリングを試していただき、オススメを教えていただきたい…!!

 

私は白身魚のムニエルなんかもいいなーと思っております。

秋はいろいろ食事を考えるの楽しみもいつも以上に増えますね

 

本日の皆様のお酒とお食事はお決まりですか?

皆様が本日も美味しい食事と美味しいお酒で素敵な時間を過ごされますように。

明日は福岡は本店、デイトス店、六本松店は平常通り営業させていただきます。

東京日比谷店は台風のため臨時休業となっておりますので、ご注意くださいませ。

 

明日も皆様のご来店心よりお待ち致しております。

 

中村麻美

 

/ お酒の紹介

橘六五 リリース記念イベント

日本最高峰のエンターテイメント集団EXILEメンバーであり、

日本酒を世に広げる志としての称号 酒サムライでもある橘ケンチさん。

 

全国各地の酒蔵とのオリジナル酒つくりは、

新政、澤屋まつもと、に続き第三弾は我らがレペゼン福岡 田中六五。

 

「橘」という名を、日本酒そして日本文化の啓蒙活動時の象徴にしていきたいとの思いから、

「新政 亜麻猫橘」

「澤屋まつもと 守破離橘」

そして、「橘六五」に。

tachibana_sake03

 

9月の情報解禁から、これまで体験したことのないようなメールでのご予約、お問い合わせの嵐。凄か。

ケンチさんが「ファンは鏡なんです」とおっしゃっていましたが、

とても礼儀正しく勉強熱心な彼のファンだけあって、

皆さまからのそれはそれは気遣い溢れるご丁寧なメール文面に驚かされました。

 

そして10月5日発売日。

ファンクラブの中でも「日本酒部」に所属する方、の中から、

さらに抽選であたった100名限定のトークイベントin住吉神社能楽殿

住吉神社能楽殿は11月から数年改修工事が入って使用できなくなるので、またとないベストタイミングで催せて本当に良かった。

IMG_2124

 

続いて10月6日は六本松蔦屋書店での50名限定のトークイベント

「橘書店」というオンラインサロンもされているほど文学にも明るいケンチさんですので、蔦屋書店では日本酒に合わせて読みたい書籍もご紹介いただきました。お客様のポジティブな雰囲気でとても和やかないいイベントになりました。

IMG_2125

 

二日間中、ずっとご一緒させて頂いたのですが、橘ケンチさんには日本そして海外(特に中国、北京語も勉強されて話せちゃうんです)にて、僕らの業界だけでは届かない新たな出会いを生み出し続けて頂きたいと強く思いました。

 

これから日本酒と新たに出会う方々に、嗜好品としてではなく「文化」として受け止めていただけるように酒屋も精進しなくては、と改めて心に誓う機会となりました。

ありがとうございました!!!

IMG_2126

 

住吉酒販オンラインストア https://www.field-to-table.jp/items/18059477

 

庄島

/ お酒の紹介

橘花GIN

今夜こそは飲むまいと決めていました。

職場のみんなにも公言しました。

 

「今日は飲まないよ。」

 

「絶対飲まないよ。」

 

「22時には寝ますYO」

 

にも関わらず

 

 

ビールを飲りながらこれを書いている、

 

現在20時。

 

このような日常が繰り返されている訳ですが、

私、ヤマモトが日夜酔っ払っている頃、

いにしえのシルクロードの終着点である奈良にて、新たな酒が誕生したとの報せが。

 

それがこちら‼︎

 

橘花GIN

(ゾンビのように写り込んでいるのは、、、私です。)

IMG_20190930_192709

IMG_20190930_192859

こちらは、奈良県は大和蒸留所にて、

奈良に古くから伝わる

「大和橘」

「大和当帰」

そして

ジンには欠かせない「ジュニパーベリー」

をボタニカルとして使用し、

独自の配合、蒸留技術でそれぞれのボタニカルの個性を余すことなく活かした一品です。

 

大和蒸留所????

 

聞き慣れない名前ですね

こちらは、油長酒造が築150年の古民家をリノベーションして設立した、ジンに特化した蒸留所

images

油長酒造??

main_3-4

 

そう、風の森でおなじみの、あの、油長酒造です。

ということで、こちらは、新たな試みとして、油長酒造が蒸留したジンなのです。

 

日本酒の蔵が蒸留したジン。

地元奈良の2種類のボタニカルのみで造られたジン。

 

非常に興味深い‼︎

 

 

ところで、聞き慣れない言葉が。

 

ボタニカルとはなんぞや??

ボタニカルとは

元々は「植物由来の」という意味で用いられる表現

ジンにおいては

原料に使用される香草類を総称してボタニカルと呼びます。

 

「大和橘」とは、

ダウンロード

日本最古の柑橘植物であり、

非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)として2000年前から存在する日本固有の柑橘

常緑の植物であることから不老長寿を象徴するものであり、文化勲章のモチーフとしても知られています。

 

「大和当帰」とは、

ダウンロード (1)

特異な甘い芳香が特徴のセリ科の植物

生薬として古来より使用されてきましたが、

2012年以降はその葉の深い緑色や個性的な香りを和ハーブとして使用可能になりました。

 

 

と、説明はこのくらいにして、早速飲んでみましょう。

 

古来より先人の曰く、

「百聞は一飲に如かず」

 

まずはストレートで。

IMG_20191003_200013

 

ジンらしいジュニパーベリーの香り

口に含むとそこから柑橘のフレーバーが広がっていきます。

かなり柑橘の個性が強い印象です。

度数は59度とかなり高めですが、

しっかりした甘みがあるのでそれほどキツいという印象はありませんでした。

(個人差があるかもしれません。笑)

 

つづいて、ソーダを投入し、ジンリッキースタイルで。

IMG_20191003_195612

うーん。ちょっとドライすぎる感が、、、

これはこれで爽やか。

でも、、、、

(個人的には)もう少し甘みが欲しいかなぁ。

 

 

ということで、ソーダをトニックウォーターに変更してジントニックスタイル

IMG_20191003_195554

 

ジンの柑橘とトニック独特の風味が喧嘩するのではないかと思いきや、

豈図らんや、見事に調和

ほどよい甘みと独特の風味が爽やかさにプラスされ、これは美味し‼

 

 

さらに店頭でも販売している、糸島産の橙果汁を1、2滴投入してみると、、、

IMG_20191003_161341

 

風味がさらに重層的かつ複雑になり、華やかさがアップ

 

今回試した中では、ジントニックに橙果汁1、2滴がモアベターでしたが、

IMG_20191003_161631

もう少し大人の味わいがお好みなら、

トニックウォーターとソーダを半分ずつにしてジンソニックにしてみたり、

IMG_20191003_195641

 

あるいは

ジンジャーエールを使用してジンバックも良いかもしれません。

「酒は飲むべし百薬の長」

とも申しますが、

日本古来のボタニカルに由来するジンを毎日飲めば、

もしかしたら

長生きできるかもしれませんね?

飲みすぎなければの話ですが。

 

 

私は飲みすぎたので、今宵はこのあたりで。

IMG_20190930_193600

 

商品情報

橘花GIN(ジン)

原材料:大和橘、大和当帰、ジュニパーベリー

容量:500ML

アルコール度数:59度

販売価格:¥5,000

 

※この商品は数に限りがございます。売り切れの場合は申し訳ございません。

 

 

山本