博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

春一番 月の中

large

暑い。

暑い。

冬なのに暑い。まるで夏のようだ。

と思ったら、

すでに、

四国で観測されたみたいですね。

春一番

 

ならば冬は諦めて

お酒の世界にも吹かせてみせよう春一番

 

ということで、今回ご紹介するお酒はこちら。

春の訪れを告げにやってまいりました芋焼酎

春一番 月の中

IMG_20200214_192253

 

こちらのお酒は、みなさんご存知

宮崎県岩倉酒造芋焼酎

月の中の新酒

そして、この時期だけの限定商品なのです。

IMG_20200214_192306

岩倉酒造について簡単に解説しますと

その日農家から購入をその日のうちに仕込み

全ての作業を手作業で行うという

少量生産で、品質にこだわりぬいた

家族経営の小さな蔵です。

そして、代表銘柄の月の中は

蔵が所在する月中(げっちゅう)に由来します。

 

そう、今しか飲めない。

今飲むしかない。

ならば飲もう、迷わず飲もう。飲めばわかるさ。

ということで、早速開栓してみたいところですが、

 

ところで、春一番って何でしょうか??

春一番とは、

北日本と沖縄を除く地域で

例年立春から春分の間に

その年に初めて吹く南寄りの強い風

春一番が吹いた日は気温が上昇し、

翌日は寒さが戻ることが多いらしいです。

 

なお、芸人の春一番さんの芸名の由来は

苗字に春が入っていたことと

「一番の芸人を目指せ」「春一番ような強い風を吹かせろ」

という思いが込められていたとのことです。

参考までに。

 

話が少々逸れてしまいましたが、

開栓!!!

 

封を開けた瞬間、

溜まりに溜まったエネルギーが一気に解放

あたり一面を支配してしまうかのような

ストロングな芋の香りに圧倒されます。

 

そのまま口に含んでみると

いつもの3割増しの芋感

そう

芋感ハンパない。

フルーティではなくドライ。そして、ホッコリ??

かなりホッコリ強めです。

後口にも芋の余韻が強く感じられますが

しかし、

嫌な感じの芋臭さは皆無

むしろ、心地よさすら感じてしまいそうな美しさです。

すごく丁寧に造られているのが分かります。

 

次に氷を投入してみると、

香りが開き

芋本来の甘みがどんどん前面に出てきます。

少し、スイーツっぽい感じもします。

さらに炭酸を加えると、

芋ソーダ!!

そのまんま、ですけど他に表現が思いつかないっ!

(すでに酔ったか??)

IMG_20200214_204230

 

そして、暑い暑いと言いつつも、まだ2月なので

癒しのお湯割の登場

何と、今度はホッコリ5倍増し!!

なぜかロースト感すら感じられる芋成分が

五臓六腑に染み渡ります。

IMG_20200214_204011

うーん。

どのスタイルで呑んでも、パワー全開。

しかし、一方では繊細で美しい。

 

確かに

焼酎界の春一番

頂きました!!!

 

住吉酒販本店では、今回ご紹介しました

春一番 月の中

以外にも

岩倉酒造の焼酎を各種取り揃えております。

是非、この機会にお手に取って頂けましたら幸いです。

IMG_20200214_204654

 

 

商品紹介

 

商品名:春一番 月の中

ジャンル:芋焼酎

容量:720/1,800(ml)

価格:1,450/2,850(¥)

IMG_20200214_192519

 

 

ヤマモト

/ イベント

「千砂と有賀」まであと14日!! -シモン・ビーズ編-

みなさんこんばんは

畑瀬です。

2/22(土)開催の
シモン・ビーズ&勝沼醸造のトークセッション
「千砂と有賀」まであと14日!!

chisa_aruga

イベント開催の前にシモン・ビーズと勝沼醸造、
それぞれのワイナリー、そしてふたりについて
トークセッションをより一層楽しめるよう、
ご紹介していきたいと思います。

第1回目は「シモン・ビーズ」!!

76B968BC-A92B-46C7-8A97-890295B5317F-7469-000003CA1781DD10

▪︎シモン・ビーズの歴史
シモン・ビーズと言えばワイン好きの人なら一度はその名を聞いたことがあるであろうサヴィニー・レ・ボーヌきっての名門ドメーヌです。創業は1880年。「人間、飲むものと食べるものさえあれば生きていける」と考えた初代シモン・ビーズがワイン用ブドウの栽培と肉屋を耕作したところから始まります。2代目当主の時代は2度の大戦の時代の為、妻が事実上ドメーヌと肉屋を切り盛りし村の人々にワインと肉を分け与えていたそうです。3代目の時代になると長男が肉屋を次男がワイン畑を継ぎました。このころにシモン・ビーズではトラクターの導入による生産性の向上と今では当たり前になったドメーヌ元詰めを行う大改革を行います。更に4代目パトリック氏の時代になるとぶどう畑を拡張。1955年にラトリシエール・シャンベルタン、1997年にコルトン・シャルルマーニュの2つのグランクリュがシモンビーズに加わえるなどさらなる名声の拡張に成功しました。
同じく1997年にはフランス商業銀行を退社した後、ブルゴーニュ大学でワイン文化講座を受講していた千砂さんパトリック氏と出会い1998年に結婚。2人のこどもに恵まれるます。2013年にはパトリック氏の妹で、ヴォーヌ・ロマネのジャン・グリヴォに嫁いだマリエル女史と一緒に5代目当主として千砂さんがドメーヌを切り盛りしています。またシモン・ビーズにおける近年の転換期は「ビオディナミ農法の採用」「千砂さんの畑への本格的参加」だと思います。

▪︎「ビオ・ディナミ農法の採用」
前者の「ビオ・ディナミ農法の採用」は2008年のこと。千砂さんが我が子のアレルギーで悩んでいた時、伝統的なブルゴーニュのワインでいち早くビオを取り入れいたドメーヌ・ルフレーヴのアンヌ・クロード・ルフレーヴ女史のビオディナミの勉強会に出席したことがきっかけだったと言われています。当時、シモン・ビーズの当主を務めていたパトリック氏に相談したところ「セルパンティエールなら試してもいい」ということで導入することに。(ちなみにセルパンティエールのビオ導入にはプディ・ロワの斉藤政一さんも関わっているのだとか)シモン・ビーズとしては長い歴史を誇る醸造所なのでたくさんの顧客を蔑ろにすることはできないので健全な状態とは言えないぶどう畑から試してみるという決断だったのではないかと思います。ビオ・ディナミを導入した畑のワインはすぐに結果が現れ今ではシモン・ビーズを代表するキュヴェへと転換を遂げています。

BD899E24-CA31-4DF5-94E6-8342BD021AB7-7469-000003CA2C60D552

▪︎「千砂さんの畑への本格的参加」
後者「千砂さんの畑への本格的参加」は2017年からのこと。ヴィンテージでいうと2020年2月現在、日本で現行で販売されている年のぶどうになります。昨年ドメーヌにお伺いした際に聞いた話だと近年ではヴァン・ナチュールのも興味があるようで、(とは言ってもいわゆるヴァン・ナチュールを作ってみたいわけではないようで)20ha以上所有する畑だからこそ手をかけるにも限界があるし無理しすぎず自然のサイクルの中でぶどうが育つようにしているとのことでした。ルロワがやらないことでも知られているロニャージュをシモン・ビーズでも行わないようにしたそうです。(ルロワの様に背を高く伸ばしているわけでなく先端ワイヤーにぐるぐる巻きつけているそうで千砂さん曰くうちのぶどうはみんないい子だそうです。)それで何が変わったかというとよりワイン自体がより自然体で奥行きが出来、ぶどうの自然なフレッシュさとクラシカルなブルゴーニュの味わいが共存!!正直、2017年の素晴らしい気候の恩恵を受けたことを差し引いても一口飲めば「シモン・ビーズって美味しい」と誰もが実感できる様なワインです。

F840FEF1-8D98-4635-9E48-72F718EEE183-7469-000003CA31C5A43A

さて、みなさん、2/22(土)の予定はお決まりですか?
チケットは住吉酒販オンラインストアにて絶賛販売中!!
世界で活躍する日本人醸造家ビーズ千砂さんと
日本ワインの将来を担う醸造家有賀裕剛さんの
他ではなかなか聞くことのできないありのままの言葉に耳を傾けながら
それぞれの人柄の反映されたワインをお試しいただけます。

どの席を買うか悩まれてる方には
ゆっくり座れて話をまじかで聞けるS席を、
2人の話を聞きながらもじっくり飲みたい方にはA席を、
みんなで飲みながらわいわい飲みたいかたにはB席をオススメしております!!
東京でも大阪でもはたまたパリでもボーヌでもなく
福岡でのみ行われる2人トークセッションをぜひお楽しみください。

ご購入はこちらから
https://www.field-to-table.jp/categories/1526867

皆様のご来場お待ちしております。

畑瀬

#イベント #博多本店
February 8.2020 | Wine | sumiyoshi-sake.jp | text & photo Fumito Hatase

関連記事
シモン・ビーズ&勝沼醸造トークセッション 「千砂と有賀」 2020.1.31
「年末年始に是非飲みたい!!」スタッフが勝手に選んだオススメのお酒。-ワイン編- 2019.11.29
【山梨ヌーヴォー2019】 2019.11.2
【アルガーノ ボシケ】 2019.7.5
【山梨ヌーボー解禁!!】 2018.11.2
【アルガーノ甲州】 2017.11.3

/ 日比谷店

酒喜惣菜レシピ「蒸し豚とクレソンのぬた」

惣菜(しゅきそうざい)
「酒が喜ぶ、酒と喜ぶお惣菜」
住吉酒販の角打ちメニューの中から
レシピをご紹介します本コーナー。
今回はコチラ!

「蒸し豚とクレソンのぬた」
(東京ミッドタウン日比谷店より)
蒸し豚とクレソンのぬた3
麹の力で柔らかジューシーに仕上げた
豚ロースの旨味と脂のあまみ!
柑橘でぎゅっと爽やかに、
クレソンでシャキッとさっぱりどうぞ。

【材料】**********************************
豚ロース肉ブロック 300g
塩麹 適量
クレソン 1束
【A】純生ぽんず 適量
【A】西京味噌 適量
【A】EVオリーブオイル 少量
金柑甘露煮 適量
白胡椒 少々

【作り方】**********************************
●豚ロースを50℃で洗い、水気をよく拭き取り
ひたひたになる分量の塩麹とともに密閉袋に入れ、
1〜2日間ほど冷蔵庫で漬け込む。
走る豚とクレソンのぬた

●密閉袋のまま75℃で60分加熱する。
●【A】をよく混ぜ合わせる。
(ぽんずと味噌は同量が基本)
●金柑の甘露煮をすりつぶす。
●クレソンを軽く湯通しし、水気をよく切っておく。
●豚肉を一口大に切り、クレソンを添える。
上からぬたのタレ、金柑のペーストを少量添える。
オリーブオイルひと回しと白胡椒を少々ふりかける。
●完成!
蒸し豚とクレソンのぬた2

蒸し豚とクレソンのぬたにぜひ合わせたいお酒は

「古伊万里SUMIYAMA」
(佐賀 古伊万里酒造)
スミヤマ
ジューシーな口当たりと心地よい酸味!
純生ぽんず、金柑のフレッシュな柑橘感と相性◎。
豚肉のあぶらをスッキリと洗い流してくれますよ!

さて、今回使用した以下の食品たちは
住吉酒販各店でもご購入いただけます!

◎純生ぽんず(福岡 山口食品工業)
◎塩麹(福岡 ミツル醤油)
◎プジェ レア EVオリーブオイル
(イタリア オリーブに恋して)
◎ホワイトペッパー(カンボジア クラタペッパー)

一部取扱無い店舗もございますのでご注意ください。
リンクがついているものは住吉酒販公式オンラインストア
「フィールドとテーブル」にてお買い求めをいただけますので
ぜひご利用ください!

◎写真

角打ちでもご自宅でも酒喜惣菜をお試しいただけたら幸いです!

(文・写真/山下洋平)

/ 日比谷店

酒喜惣菜レシピ「鯵煮干しと切り干し大根のサッと炒め」#015

惣菜(しゅきそうざい)
「酒が喜ぶ、酒と喜ぶお惣菜」
住吉酒販の角打ちメニューの中から
レシピをご紹介します本コーナー。
今回はコチラ!

「鯵煮干しと切干大根のサッと炒め」
(東京ミッドタウン日比谷店より)
鯵煮干し切り干し2
すごくカンタン美味しい!
長崎産の鯵の煮干しと切干大根、
天日干しの恩恵!旨みほとばしる一皿。

【材料】**********************************
鯵の煮干し 適量
切干大根 適量
EVオリーブオイル 適量
純生ぽんず 適量
出汁(または酒)少々

【作り方】**********************************
●フライパンにオリーブオイルを
具がひたひたになるくらい温める。
鯵の煮干しを投入、油を回す。
鯵煮干し切り干し5
●少々の出汁(または酒)と切干大根を投入。
切干大根が暖まったら、純生ぽんずをひと回し。
●完成!
鯵煮干し切り干し4
ずっとかみ締めていたい。
ビール、日本酒、焼酎。
どんと来い、です。

材料の良さがダイレクトに反映されますので、
ちょっと良い煮干し、切干大根を使うと
格段に味わいが増します!

さて、今回使用した以下の食品たちは
住吉酒販各店でもご購入いただけます!

●煮干しあじ(長崎 ヤマジョウ)
●切干大根(茨城 鹿島パラダイス)
●純生ぽんず(福岡 山口食品工業)
鯵煮干し切り干し1

一部取扱無い店舗もございますのでご注意ください。
リンクがついているものは住吉酒販公式オンラインストア
「フィールドとテーブル」にてお買い求めをいただけますので
ぜひご利用ください!

角打ちでもご自宅でも酒喜惣菜をお試しいただけたら幸いです!

/ 日比谷店

カクヤの宝塚観劇とお酒『El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-』

こんにちは!ヅカファンのカクヤです。
今回は宙組公演、

『El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-』
『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』
~生命の水~
を観劇して来ました!

IMG_1986

IMG_1987
カクヤが鼻息荒くレポート致します!

♫ウイスキーがお好きでしょ
もう少ししゃべりましょ♪

この曲を聴いて皆さんはどなたを思い浮かべますか?
石川さゆりさん、竹内まりやさん、小雪さん、井川遥さん…

だがしかし、
ヅカファンならばこのさき一生、この御三方しか思い浮かばないでしょう。
そう、宝塚歌劇団宙組トップスター

真風涼帆様

芹香斗亜様

桜木みなと様

今回のショーは、ウイスキーをテーマにした大人っぽくスタイリッシュな場面の多いショーでした。
ウイスキー色のスーツをビシッと着こなし歌い踊るタカラジェンヌがかっこよすぎて、息をするのも忘れるほど!
特に印象的なのが上記の御三方の場面。

ウイスキー片手に色気ダダ漏れでこの歌を口ずさみ、
大真面目な顔(それがとても美しい)をして死ぬほど甘いセリフを言う御三方。
視線をロックオンされて囁かれた果報者は、三途の河が見えたでしょうね…うらやまおそろしい…

そして専科の英真なおきさんがウイスキーを煽るように飲むのもワイルドかっこよくて好きです。

それにしても演出の藤井大介先生はなんと罪なお方でしょう…!ヅカファンのトキメキポイントをよ〜く理解していらっしゃる!!

飲みたいお酒はもう一択しかありませんね。

ご紹介するのは
海風に包まれた場所で生まれたジャパニーズウイスキー

嘉之介1

嘉之助ニューボーン 2019 (鹿児島 小正醸造)

嘉之助ニューボーンを造る嘉之助蒸溜所は、日本三大砂丘のひとつである鹿児島県の西岸、吹上浜沿いにあります。

鼻を近づければバニラやミント、ほのかに潮の香り。
口に含むとスパイシーでビター、芳醇で柔らかな酒質。
ウイスキーってなんでこんなに大人な気分にさせてくれるんでしょう。

私思ったんです。観劇をしてこれが飲みたい、という気持ちになるだけじゃなく、

これを飲むとあの時の光景や心の震えが鮮明に思い出せる。それってものすごく幸せですよね。
今回のショーで、私にとってウイスキーはそんな至福のお酒になりました。
これから先、私はウイスキーを飲むたびに顔が緩むのでしょう…恥ずかしい…笑

嘉之助ウイスキーは数量限定の人気商品のため、販売は完売中…
が!日比谷店では角打ちでお楽しみいただけます!

嘉之介3

ぜひ、観劇帰りに一杯、余韻に浸ってみませんか。

住吉酒販 日比谷店では、観劇チケットをご提示頂くと、角打ちでドリンクをご注文の方に店長おすすめのおつまみ一品をサービスしております!

次回は元星組トップスター、紅ゆずるさんの初コンサート

『紅-ing!!』を観劇します!
実は紅ゆずるさんご贔屓のカクヤ。
楽しみすぎて心臓がバクバクしております!
お楽しみに!!

 

カクヤ

/ イベント

シモン・ビーズ&勝沼醸造トークセッション 「千砂と有賀」

みなさんこんばんは

畑瀬です。

突然ですがとっておきのイベントの開催情報が入ってきました。

来る2月22日土曜日。

世界的銘醸地ブルゴーニュ、サヴィニー・レ・ボーヌの
名門蔵シモン・ビーズより当主のビーズ千砂さん、
そして山梨の御三家としても知られる老舗蔵、
勝沼醸造より専務の有賀裕剛さんの2人を福岡にお招きし
世界初お披露目となる2人の秘蔵ワインを飲みながら
話を伺うトークセッション「千砂と有賀」を開催いたします。

2020-01-28千砂と有賀forMail-1

千砂さんに持ってきてもらうワインはというと
普通、赤ワインに用いられるピノ・ノワールから造られた白ワイン「ブラン・ド・ノワール’18」、
そして、通常白ワインに用いられるピノ・ブーロ(ピノ・グリ)を使った
「オレンジワイン’17」の2種類を。

domaine-simon-bize-15

そして、有賀さんに持ってきてもらうワインはというと
南アルプス市の畑で育てられた日本固有のぶどう、
甲州を無添加で醸した「白根 甲州’18」
さらに勝沼町内の畑で育てられた畑を見た瞬間に
インスピレーションが湧いたというオレンジワイン
「勝沼 甲州 マセラシオン’18」の2種類。

58B4B528-92C7-498F-BCB4-07BE8D38B548-461-000000120C952C15

醸造家の遊び心があるからこそ生まれた
通常、蔵を訪問してもなかなか飲むことのできないワインを
今回は特別にお持ちいただけます。

当日は、著書「ワインの授業 フランス編」「ワインの授業 イタリア編」
「受験のプロに教わるソムリエ試験対策講座」「おいしいワインの選び方」だけでなく
NikkeiLUXEのコラム「杉山明日香のシャンパーニュ紀行」や東洋経済のコラム、
自身が主宰するワインスクール「ASUKA L’ecole du Vin」、
東京・西麻布のワインバー「GOBLIN(ゴブリン)」 や
パリの和食店「ENYAA(エンヤー)」のプロデュースも手掛けたことでなどでも知られている
杉山明日香さんもご来場予定。

世界で活躍する日本人醸造家ビーズ千砂さんと
日本ワインの将来を担う醸造家有賀裕剛さんの
他ではなかなか聞くことのできないありのままの言葉に耳を傾けながら
それぞれの人柄の反映されたワインをぜひお楽しみください。

チケットは住吉酒販オンラインストアにて限定販売中!!

ご購入はこちらから
https://www.field-to-table.jp/categories/1526867

皆様のご来場お待ちしております。

畑瀬

F840FEF1-8D98-4635-9E48-72F718EEE183-7469-000003CA31C5A43A

「千砂と有賀」
日程 2020年2月22日(土)
時間 15:00-16:30(14:30OPEN)

[ワイン]
シモン・ビーズ ブラン・ド・ノワール’18
シモン・ビーズ オレンジワイン’17
勝沼醸造 白根 甲州’18
勝沼醸造 勝沼 甲州 マセラシオン’18

[料金]
S席 6,000円(税込) ワイン4杯、おみやげ付き
A席 5,000円(税込) ワイン4杯、おみやげ付き
B席 4,000円(税込) ワイン4杯、立ち見席
※S席、A席ともに着席でのご観覧となります。
※A席は柱の関係上、両名が見えづらい席となっております。ご了承下さい。
※各カテゴリー内の席は自由席となります。ご了承下さい。

[会場]
薬院base
福岡県福岡市中央区薬院4-3−7 フローラ薬院 B1F