博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

2月のお休み

皆様こんにちは、中村です。

 

本日はお日様は暖かいものの風が冷たい!

温度が上がっては下がってを繰り返し春になっていくとはいえ、まだまだ寒さが厳しい2月がやってきますね。

 

来月の本店の定休日のお知らせです。

 

カレンダー

赤の四角枠がお休みとなっております。

11日土曜は祝日のため、お休みいただいております、ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

2月はまたビアスナックあさみオープン予定です!どこかの土曜日かは…今しばらくお待ちください!

また楽しいイベント考えてますよー☆

(自分でハードル上げてしまった…)

 

2月もよろしくお願いいたします

 

 

中村麻美

 

/ お酒の紹介

東鶴 純米吟醸山田錦 荒走り

皆様こんばんは中村です。

本日昼間は3月並みの暖かさだっとこともあり、

寒かった数日が嘘のように心地よいお日様を感じることができました

 

とはいえ店内いつも通り寒いのですが…

 

きっとまた寒さが戻ってくると思いますので油断は禁物!まだまだインフルエンザも流行ってますし、

おいしくお酒を飲むならまずは体調がよくないといけませんから、皆様十分お気を付けくださいね

 

この時期新酒が続々入荷しておりますが、いろいろ楽しみに待たれてある方も多いと思います。

今日ご紹介するお酒は年々酒質が上がってる!とお客様方からお声をいただく、こちらのお酒

 

東鶴 純米吟醸山田錦 荒走り

(佐賀/東鶴酒造)

Modern Light

16387370_1251561848270697_3355392421901387142_n

 

東鶴さんのお酒は確かに進化をしているのがどのお酒からもどんどん伝わってきます。

でも、私が思う東鶴さんの「優しい」味わいは健在!

これこれ、この「優しさ」があってこそ東鶴さん。

 

今年の荒走りもやっぱり優しさがにじみ出ています。

荒走りといえば荒々しさが名前の通り味わいにも出ることも多々あるお酒ですけれど、

東鶴さんのは毎年優しい味わいを感じることができます

今年は表面がよりつるんとしてつやつやの炊き立てのお米のよう

味わいも去年よりよりクリアになっているように感じます。

 

雑味が少なく、お米の甘さが柔らかく口先から入ってきてしっとり口の中に進んできます。

奥ゆかしさを感じるくらいの後味のスッキリ感

そして重みがあまりないので、くどくなりにくく飲みやすい。

 

うーん、おいしい!

口の中につるつるっと入っていっちゃいます。

 

ついつい飲んでしまう

最近さらに人気が出てきているのも頷けます。

 

この時期だけの荒走り、ぜひ暖かいお部屋できゅっと飲んでくださいね!

 

さてさて、本日花金です!

皆様どこで何を飲まれていますか?

 

本日も皆様が美味しい食事と美味しいお酒で素敵な時間が過ごせますように。

明日も皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

 

/ お酒の紹介

杜の蔵 槽汲み!!!

百人一首で好きな歌人は小野小町なはしもっちゃんこと橋本です。

 

先日、独楽蔵でおなじみの「杜の蔵」のお蔵へお邪魔して来ました!!

杜の蔵さんは福岡県久留米市三瀦(みずま)に蔵を構えます。

天神からだと電車で最短40分ぐらいでしょうか。

IMG_1972

今回の目的は、しぼりたての槽汲みのお酒を買い付けるというなんとも緊張する任務でした。

 

年に1度、杜の蔵のお蔵に酒販店が集い、

その年出来立て且つしぼりたてのお酒をタンク別に数種類試飲して

仕入れるお酒を各自で決めることができる新春の限定企画があるんです。

IMG_1974

今回はその企画に住吉酒販から、歩くグーグルの異名を持つ松窪と、私橋本で参加させていただきました。

 

ドキドキワクワク!!!!

IMG_1968

ワクワクドキドキ感が、この橋本のギラついた笑顔でお分かりいただけますでしょうか。笑

 

まずは蔵見学で今年のお酒の出来や、蔵人さんたちの想い、取り組み、色々お話を聞かせていただきました。

IMG_1971 IMG_1970 IMG_1969

この後に試飲する出来立てのお酒への期待が膨らまずにはいられない♪

 

そして待ちに待った試飲&買い付け。

今年は6種類のお酒を試飲しました。

 

酵母違いや米違いの6種類を黙々と試飲するので、会場は独特の緊張感が漂っていました。

面白かったのは、同じお米・同じ酵母・同じアルコール度数のお酒があったんですが、

そこまで同じ条件でも、日本酒度と酸度とアミノ酸度に違いが出るという点。

色々な小さな要因で味を変えることができる日本酒は奥が深いですね。

 

ピチピチしぼりたてのお酒、ここでしか飲めない味わいに贅沢感を感じながら

松窪も私もそれぞれ黙って試飲し、最後に互いの希望を話し合い。

 

なんと6種類の中で仕入れたいお酒の意見がぴったり一致!

 

普段はちぐはぐでおなじみのコンビですが、

珍しく意見が一致したので(笑)即座に仕入れを申し込みました。

 

1タンクからできるお酒の量は限られているので、

申し込みが集中したら、気に入ったタンクが買い付けできないということも。

申し込み完了するまでハラハラドキドキでした。

IMG_1967

 

今回選んだお酒のスペックは

【酒米】夢一献

【アルコール度数】17度

【日本酒度】+4

【酸度】1.5

【アミノ酸度】1.3

となっております。

 

飲んだ感想としては

ジュワッと締まった旨味が

シャープなまま舌の上で溶けていき

最後は柔らかく消えていく。

 

私の個人的な勝手なイメージで、選んだお酒を芸能人で例えるなら

フレッシュで元気だけど礼節を重んじる

土屋太鳳さんのようなイメージです。

 

720ミリ(4号瓶)で24本のみの入荷。

 

ピチピチでこの時期だけ楽しむことのできる

生まれたてで無調整の純米生原酒「槽汲み」

2月に入荷予定ですのでお楽しみに!!

それまでしばしお待ちを!!!!

杜の蔵さん、ありがとうございました!!

橋本さき

/ お酒の紹介

宮崎ひでじビール 冬のひなたの日向夏

 

皆様こんばんは中村です。

 

本日明け方は雪が積もっていて坂の上に住んでいる中村は自転車が滑り落ちそうで怖かったです

そんなわけで寒い寒い一日の福岡でしたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

雪がちらつく一日でしたね。

 

こんな日は暖かい部屋で冷たいお酒をキュッと飲みたくなります

暖かい部屋で飲むビールって最高ですよね

実は超限定でデイトス店で飲めるビールがあるんです

 

これ!

 

冬のひなた日向夏

(宮崎/宮崎ひでじビール)

16265336_1245982792161936_6429439554741638831_n

実は日向夏はラガーとしてでしたらお持ち帰り用のボトル販売もしているのですが

このボトルはお持ち帰り用には販売されてないんです。

 

でも角打ちコーナーのみでお飲みいただくことができるんです

こちらは日向夏エールなんですが、ラガーと比べてやはりフルーティなふんわり香る香りが特徴的かつ、

飲みやすくまろやかな味わい。

しかもこの香り、香料一切使ってないので本当にやさしく、料理にも合わせやすいんです。

 

もともとは宮崎県内でしか販売されていないアイテムがなんとなんと今回は角打ちで飲むことができちゃうという

今インフルエンザが流行ってますからね、ビタミンもチャージしなくちゃですし、冬に飲むにうってつけのビールですね。

私は厚揚げの御伴推奨ですが、あ、味付け皮ともよさそうですね!

そのときはぜひ柚子胡椒はお付けにならずに召し上がってください!でも、丸天でもよさそうだし…

悩みますね、というよりなんでもよさそうだからついつい飲んで食べてしまいそう!

 

さきに申し上げました通りこちらデイトス店角打ち限定です

そして本数も超限定です。

 

ぜひお早めにご来店くださいね

次はないかもしれませんよ

 

本日とても寒いですが、皆様が本日もおいしいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされますように!

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

/ お酒の紹介

山和酒造店 第五話

 

本日はとても寒い福岡です!!

皆様いかがお過ごしですか?

こんな日は暖かい部屋でおいしいお酒をぬくぬくと飲みたい中村です。

 

こんな冷たい中、ちょうど今は酒造り真っただ中。

蔵の方々は本当に寒い中冷たい水でさらに凍えながらの作業

頭が下がります

おいしいお酒をいつもありがとうございます

 

さて! しばらくあいてからの本日最後の山和さんの蔵ブログです。

うかがった日も寒かったのを思い出しますが、きっと今はもっと寒くなっていることですね!

 

前回のブログはこちら

山和酒造店蔵ブログ

第1話

第2話

第3話

第4話

 

 

心地よい香りのタンクのそばから離れながら

伊藤さんがいかに食事とお酒がともに楽しめるかというところで、

香りが強いと食事の香りすら打ち消してしまうこともありますから、

穏やかでそっと鼻をくすぐるほどの心地よい香りはやっぱり食と合わせても邪魔にならないとの考えのスタンスから造られるお酒は瑞々しくフレッシュさは感じれどけして主張しすぎない香りなんですね

 

伊藤さんご自身も食とのこだわりが強い方でした。

飲み疲れしにくく、食事と共に楽しめるお酒を造りたいという思いがしっかりお酒に現れていると思います。

 

この時期、無濾過生原酒が入荷しておりますが、

 

もう、白桃のような瑞々しさたっぷりで、

口に入れるとじゅわーーーっ

と透明感のある軽やかな甘みが広がるのですけれど、

適度に引き締まった酸がだるさを感じさせることなどなく、

程よい重さで、食事と合わても、するすると飲んでしまいます。

 

ラベルの色もピンクでますます白桃のイメージです

 

山和 純米吟醸無濾過生原酒

Modern Medium

(宮城/山和酒造店)

image

 

それから山和さんは蔵の中、外にたくさん大きな冷蔵庫があったのも驚きました

一年間、造ったお酒が熟成で味の変化が起きにくいよう温度の違う冷蔵庫に保管し、

熟成具合を調整し出荷の調整をするそうです

 

伊藤さんがもう一つ冷蔵庫を作ろうかと思っているとおっしゃってありました。

 

毎年何かしらの蔵の設備の改善をされてあるそうですが、

それにはたくさんの費用も必要で、とても大変なことだと思いますが、

 

伊藤さんは

 

他の蔵だってもっとおいしくなるよう日々改善に努めてるのに、自分たちがとどまるわけにはいかない。

 

そうおっしゃってあったのがとても印象的でした。

 

どのお蔵さんも日々試行錯誤を繰り返して

ご自身たちの思いが詰まったお酒を造られていらっしゃると思います。

 

改めておいしいお酒は日々蔵の方の熱意と努力の上にできているのだなぁと思いました。

そしてそれを愛して飲んでいただける方あってこそなんだということも。

 

私はその蔵元さんの思いを一つでも多くお客様に伝えて、

一つでも多く愛していただけるお酒を増やしていければいいなぁと、

それがきちんときちんと伝えられるように努力していきたいです。

 

今回の蔵ブログかなり長くなってしまいましたが、山和酒造さんとても素敵な蔵でした

少しでも山和さんのことを知るきっかけになっていただけたら幸いです。

 

またどこか蔵元さんに行かせていただいたときは蔵ブログ書きますので、お付き合いいただければ幸いです!

しばらくお酒のブログ書いていませんでしただので

またご紹介したいお酒がたくさん入荷しております!

 

明日は土曜日。

明日もまた寒いようですが、店内もかなり寒いので暖かくしてぜひご来店くださいね!

本日も皆様がおいしい食事とおいしいお酒で素敵な時間を過ごされますように。

明日も皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

/ 日常

阿蘇おふくろ工房の高菜漬けで…

首を寝違えてロボットみたいな動きのはしもっちゃんこと橋本です。

 

以前新入荷でご案内させていただきました

阿蘇おふくろ工房の無添加無着色の阿蘇本漬けたかな

(入荷時のブログはこちら http://sumiyoshi-sake.jp/blog/2596)

 IMG_1792

嬉しいことにご好評をいただいているのですが、

何か使い方を教えて欲しい!

という声をちらほらいただいたので、

今回はまずは基本の『高菜巻きおにぎり』を作ってみました。

 

美味しいおにぎりは

まずは美味しいご飯を炊くところから!!

 

洗って吸水させてほかほかご飯を炊き上げます。

IMG_1793

 

あぁこの炊きたてご飯のツヤツヤ感、たまらないですね

阿蘇本漬けたかなは袋から出して水で洗ってぎゅーっと水気を絞ります。

(味が濃いめが好きな方は洗わなくてもOK!)

キッチンペーパーで水気を取ったら

茎の部分はカットして好みの大きさに切ってご飯に混ぜ込みます。

IMG_1796

私はしっかり食べたいので結構大きめに切ります。

 

葉っぱの部分はこんな感じでぎゅっと縮まった状態なので

IMG_1795

ある程度広げます。

ある程度でOKです。

この時点で一生懸命広げようとすると葉っぱの縁の部分が破れてしまいます。

 

おにぎりをまん丸く握り、

ある程度広げた葉をピタッとご飯にくっつけると、

あとは葉のフチをを広げながらご飯を包み込んで行きます。

(高菜がご飯に密着してくれるので、最初に頑張って葉っぱを広げるより、この時に葉を広げる方がスムーズでやりやすいです♪)

 

最後にキュッと握ればハイ完成!

IMG_1797

とっても簡単。

お弁当に入れても見た目がカワイイ

 

中のご飯のアレンジ次第で、バリエーション色々楽しめそうですね♪

ごま油+ごま

チーズ

豚みそ

ちりめんじゃこ

などなど。

 

他にも阿蘇本漬けたかなの使い方としてスタッフのオススメは

スープ

でした。

 

本漬けたかなの塩分と酸味がスープの隠し味に。

ぜひ試してみたいメニューです♪

 

こんな寒い日は、高菜かじりながら熱燗ちびちび呑みたいですね。

 

阿蘇おふくろ工房の阿蘇本漬けたかなは

無添加・無着色!!

おかぁちゃんたちの愛情と阿蘇の大地の恵みがぎゅっと詰まったお漬物です。

お買い求めは住吉酒販本店・博多デイトス店へどうぞ

 

体調崩さぬよう、皆様お気を付けください!

 

橋本さき