博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ 日常

新政酒造 鵜養の5月

5月某日。

 

IMG_4303

冷たかった北風は

優しい温度を帯び

辺り一帯の新緑をゆらゆらと揺らす。

 

IMG_4129

遅咲きの八重桜は

季節の変わりを名残惜しみながら

その花びらを散らしていた。

 

秋田県鵜養地区。

 

新政酒造が農業部門を立ち上げ、

自社田米作りの取り組みを始めた場所は

いよいよ田植えの時期を迎えました。

IMG_4305

 

以前訪れたときには

かたく閉ざした表情だったあぜ道も

IMG_3982

柔らかく草を生やし、のびのびとしています。

IMG_4178

IMG_4150

新政酒造の杜氏をつとめ、

新政酒造の哲学をお酒として体現していた古関さん。

今は農業部門の核となり

日々米作りに奮闘され、新政酒造のお酒の原料となる酒米を作っています。

前回お会いした時と変わらずのハッキリとした笑い声に私の緊張もほぐれます。

IMG_4315

「最高の天気」

とはこのことを言うのではないかと思うほど、

清々しく晴れたこの日。

 IMG_4128

IMG_4146

前回訪れたときには土だけだった苗トレーには

IMG_3985

若く力強い苗たちが、誇らしげに植えられるのを順番待ちしています。

IMG_4314

今回植えるのは美山錦だそう。

IMG_4310

 

グワングワングワン

水を張ってキラキラと太陽の光を反射している田んぼに

田植機が降りる。

IMG_4306

IMG_4142

 

「田んぼの水をさわってごらん、あったかいから」

そう言われて

田んぼに張ってある水に手をつけると、なるほどぬるい。

続けて田んぼ横をしゃらしゃらと流れる用水路に手をつけると

IMG_4309

想像してたよりも水は冷たく手が冷えた。

なんでも、水温の低い地域では田植え前に田んぼに水を張って日光で温度を上げてから田植えするのだそう。

冷水で植えてしまうと、根の発達や養分吸収が阻害され、育ちが悪くなってしまうのだそうだ。

昔の人たちの経験からの知恵はしっかりと現代に受け継がれている。

 

田植機が苗を植えていく。

 IMG_4153

古関さんはその1苗1苗を感慨深く眺める。

 
 
————————————————————————
 
 
 

「実は、これ全部田んぼに埋まっていたんです」

 

案内してしてもらったのは

田んぼの奥を流れている川の川っぷち。

IMG_4313

生い茂る草の合間合間に積まれている、白いゴロゴロとした石たち。

IMG_4190

石ころと呼ぶには大きいサイズ。

 

「田んぼ掘り起こして1つ1つ拾って、ここに集積したんです」

IMG_4188

 

これらの石が田んぼに埋まっていたことも

1つ1つ拾い集めたことも

疑う気は無いが、にわかに信じがたい。

IMG_4191

石は私が両腕を輪っかにしたぐらいの大きさのものがゴロゴロあるし、

量だって、川べりを補強するためにわざわざ集めたとしか思えない量。

 

1枚の荒れていた田んぼを

田植えできる状態にするまで

どれだけ大変か。

 

そして鵜養地区には、

牧草地となってしまっている

復田の必要のある田んぼが

まだまだたくさん存在している。

 IMG_4187

IMG_4154

「復田するってこういうことなんです」

そう話す古関さん。

 IMG_4167

 

先ほど私の目に映っていた田植えからは

想像することのできない

苦労と、覚悟が、

その言葉には感じられた。

 

思い返すと、

前回私たちが訪れたとき、

田んぼには草がぼうぼうに生え、ぼこぼことした荒れた土地でしかなかった。

IMG_3993

写真で見るとその差は一目瞭然。

IMG_4180

その荒れた土地が、人の手によってしっかりと田んぼとして息を吹き返し始めていた。

 

 

鵜養地区は

昔ながらの結(ゆい)が残る地区でもあります。

 

1人で行うには、多大な費用や期間、労力がかかる作業を、

集落の人間総出で助け合い協力して行う。

 

現代社会において必要性が薄くなり

消えつつある結の制度。(隣人の素性や顔すら知らないのが当たり前になってきている)

この古き良き助け合いの精神がこの村には残っており

古関さんが田んぼの石を拾っていると

1人、また1人と、地域住民たちが手を貸してくれる。

みんなで石を拾い、田を復元させていったのだ。

 IMG_4148 IMG_4141

この田んぼに稲がたわわに実り

そのお米を使ったお酒が出来たとき

この地域の人たちの飲むその1杯は、

きっと私が味わうことのできない

格別な美味しさであるに違いない。

 IMG_4164

IMG_4170

地域の人が、

このストーリーに関わることで

地元を誇りに思い

元気になっていく。

IMG_4304

その輪が少しずつ確実に大きくなっているのを

実感した田植えでした。

 IMG_4165

夕方5時。

田植えを終えた田んぼは初々しく、

苗たちはまだどこか落ち着かないような様子。

 

これから少しずつ根を張り、茎を、葉を増やしぐんぐんと伸びていく。

 IMG_4166

健やかな苗の成長を願い

鵜養をあとにするのでした。

 IMG_4311

橋本さき

/ お酒の紹介

東鶴 うすにごり生

皆様こんばんは、中村です。

 

日差しはすっかり夏

 

最近夜にベランダに足を延ばして夜風にあたりながら飲むお酒がとてもおいしいです

 

明日からハカタストリートバルも始まりますし、気持ちの良い季節に野外で一杯いかがでしょうか

よかったら先日のブログに詳細書いておりますのでぜひ読んでいただいてご来場ください

ハカタストリートバルブログ

 

さて、本日ご紹介するお酒はこの季節にぴったり!

爽やかでごくごく飲める一本です

 

東鶴 純米うすにごり 生

(佐賀/東鶴酒造)

Modern Rich

azumaturu

 

少し発泡感もあり、しゅわしゅわのじゅわじゅわ!

 

ふんわり穏やかな香りに、マスカットの様な瑞々しい味わい

しかし、重さが思っている以上になく軽いのでごくごくっと飲めてしまいます

この軽やかな甘み、この時期に最高

後味もすっきりしていて、余韻もいい意味で短く、するする入ってしまいます。

 

東鶴さんらしい、優しい味わい。

主張しすぎずその時の気分のぴったりはまってくれるそんなお酒です。

 

この時期限定のこちらぜひお試しくださいね!

私も本日もベランダで猫と一緒に飲もうと思います(笑)

最近猫とばかりだなと皆様から突っ込まれますが、その通りです…

 

本日も皆様がおいしいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

 

/ イベント

博多駅前通りの歩道がバルに変わる12日間!

チョコミントアイスを愛してやまないはしもっちゃんこと橋本です。

 

博多駅前通りの歩道が

バルに変わる12日間!!

ストリートバル

HAKATA STREET BAR

〜ハカタストリートバル〜

開催です♪

 

2017年3月にも開催され、皆様の記憶にも新しいこのイベント。

 

博多駅すぐの歩道に

博多エリアの美味しいお店が集結!

ストリートバル4

昼も夜もバルスタイルで

食事とドリンクをお楽しみいただけます。

 

食べても良し!飲んでも良し!で

しかも嬉しいのが

FREE Wi-Fiがあるっていう。

なんとも至れりつくせり。

ちょっと気分転換にお外でお仕事でも、

お茶会でも、飲み会でもお使いいただけます。

 

住吉酒販は、

期間中17時~22時

厳選の日本酒を1杯500円にて販売します。

銘柄は当日のお楽しみです♪

 

他にも、

会場ではカレーやアヒージョ

ドーナツやコーヒーなどがお楽しみいただけます。

ストリートバル2 ストリートバル3

店舗によって営業時間や出店日が異なることがございますので

詳しくは博多まちづくり推進協議会のHPをご覧ください。

博多まちづくり推進協議会 https://hakata-machi.jp/

 

では3月に開催した時のイベントの様子を少し写真でご紹介。

IMG_2817

会場は博多駅博多口から徒歩約8分。

キャナルシティ博多イーストビルの斜め前の歩道です。

IMG_2809

ゆったりソファ席があって女子はもちろん男性もゆっくりできます。

しかもこんなにレストスペースがオシャレだなんて!!

IMG_2811

IMG_2818

立ち飲みテーブルもあるので、気持ちのいい夜風に吹かれてセンチメンタルになりながら飲むこともできます。

IMG_2814

なんてったって、屋外で飲むっていう開放感がいいですよね!

IMG_2815 IMG_2816

 

では、改めて5/24からのイベントのおさらいです。

ストリートバル

HAKATA STREET BAR

~ハカタストリートバル~

2017 5/24(水)~6/4(日)

11:30~22:00

(※店舗によって営業時間が異なります)

@博多駅前通り

 

開放的な空間で

賑やかな博多の初夏を、

美味しい博多の食を、

感じちゃってください!!

 

皆様のご来場、

心よりお待ちしております♪

 

橋本さき

 

画像は博多まちづくり推進協議会HPより一部引用

https://hakata-machi.jp/bustles/2577/

/ お酒の紹介

古伊万里 前 monochrom +

みなさまこんばんは、中村です。

昨日の夜も寒かったですね!久しぶりに猫がくっついてきてうれしかったです(笑)

一転本日はカラッと天気で暑い!

雲一つないお天気で気持ちいいです。

 

そんな中待ちに待ったお酒が入荷しました

 

 

もう、もう中村飲んだ瞬間

「あぁ、これ好きだなぁー。」

と、じんわり胸の奥で広がる感動を抑えられなかった一本のご紹介です

 

古伊万里 前 monochrome +

(佐賀/古伊万里酒造)

Modern Rich

18486137_1363831933710354_1732579678296494474_n

久々にこのタイプのお酒に出会えた気がしてなりません。

言うなればちょっと派手めな感じ。

華やかでキャッチー。

味がしっかりある洋食に合わせても負けない強さのある味。

でも、重たさはあまりなく、クリアな膜を感じさせます。

口に入れると透明な膜が緩やかに溶けて味わいが口に広がり、

果実感のある丸みをしっかり感じさせてくれます。

 

みんなから、

 

「あぁ、中村好きそう。」

 

と言われましたが、もう、本当に好きなんだなぁこの感じのお酒と思わずにいられませんでした

こんなお酒を飲めたことが嬉しくて嬉しくてたまりません

そしてそしてこのお酒を販売できることが嬉しくて嬉しくてたまりません。

早くみなさまにも飲んでいただきたいです。

ご紹介したくてたまりません。

 

もともと古伊万里さんのお酒は丸いジューシーな甘みがある

前の純米吟醸の山田錦とかはとても好みの味でしたが、

ここにまた華やかさが加わり、今まで以上に中村ドンピシャ

 

お酒単体でもずっと飲んでいたくなるこの味わいをぜひ味わっていただけたら嬉しいです。

 

週末目前木曜日!

本日のお酒はお決まりですか?

皆様が本日もおいしいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされますように☆

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております。

 

中村麻美

/ お酒の紹介

石鎚 夏吟

みなさまこんばんは、中村です。

夜はまだ少し肌寒くて、毛布をまだしまっていなかったずぼらな私に感謝しました(笑)

でも、猫はもう寒くないのか最近くっついて寝てくれなくて寂しいです…

 

そんなまだちょっと寒い夜ですが、

これが届くともうすっかり夏気分。

毎年心待ちにしているお客様もとても多い商品

 

石鎚 夏吟

(愛媛/石鎚酒造)

Modern light

JPEGイメージ-22677D52A1E1-1

 

今年もやってきました。

この冷涼感あふれるボトル

 

りんご酸特有のしゃっきりした酸は夏にぴったりの味わい

すっきりした酸、透明感ある美しいボディ、キリッと冷やしてぐびっと飲みたいですね

石鎚さんのお酒は本当にしなやかで綺麗!

 

おやすみの昼にもあいそうですねー。

 

涼やかなこのラベルに爽やかなこの味わいですから、

今から是非いろんな場所に持って行って楽しんでいただければ嬉しいです!

クーラーボックスに入れてBBQにもいいんじゃないでしょうか。

海にも山にも意外にハマるこのお酒!

ぜひ一足先に夏気分になるこのお酒おためしくださいね!

 

最近すっかり日も長くなってきて明るい時間から飲めるお酒はいつも以上に美味しく感じる中村です

本日もみなさまが美味しい食事と美味しいお酒で素敵な時間を過ごされますように。

明日もみなさまのご来店心よりお待ち致しております☆

 

中村麻美

 

/ お酒の紹介

醸し人九平次 Le K

みなさまこんばんは、中村です。

 

母の日でしたが週末はいかがお過ごしでした?

いいお天気でもありましたし素敵な週末を過ごされましたでしょうか?

 

私も大好きなライブに久しぶりに足を運び、心の栄養補給も、アルコール補給もたっぷりして本日よりまた元気に仕事に勤しんでおります

 

そんな月曜、とっておきの一本からスタート切りたいです

そしたら、私が待ちに待っていたこちらの商品!是非みなさまにも飲んでいただきたい

新商品のご紹介です

 

醸し人九平次

Le K(ル カー)

右> voyage (ヴォヤージュ)

左> rendez-vous (ランデブー)

 

JPEGイメージ-2A11E4AD1892-1

九平次さんの新商品待ってました〜

 

情報通のお客様からお問い合わせいただくこともあったこちらの商品、福岡にようやく到着いたしました

 

この名前の『K

 

し人

平次

田庄

 

の頭文字のKからとっているそうです。

 

九平次さんらしくフランス語ですね

 

Voyage が純米吟醸

Rendes-vousは純米大吟醸

 

 

名前の由来は商品の裏貼りに書いてあるのでぜひお手にとって、九平次さんの想いを知っていただけたらと思います。

 

さて、純米吟醸、純米大吟醸と今回分かれているので味の方はもしかしたら少しイメージがつくかもしれませんが…

 

ですが!

今までの九平次さんのボリュームを感じるグラマーな味わいから少しライトテイストになっています!!

 

みずみずしいマスカットを口にいっぱい含んでじゅわーっと口元からもしたたり落ちちゃうんじゃないかというくらい爽やかな味わいに思わず目尻が下がります

やっぱり純米吟醸のボヤージュの方が味わいはよりぎゅっと感じます。

純米大吟醸のランデブーの方がより澄んだ感じ。

 

ボリュームが控えめで、するすると飲めてしまいます

食により一層近づいた感じを受けます。

食の最初から中盤あたりまで楽しめることは間違いありません

 

 

今までの九平次さんのアイテムと飲み比べてみても面白いと思いますし、

新商品の飲み比べも面白いですよ

 

入荷したばかりで在庫はまだございますが、きっと完売も早そうなので是非お早めにいらしてくださいね

 

月曜日こそ美味しいお酒で週をスタートしたいです。

みなさまの本日のお酒はお決まりですか?

 

本日もみなさまが美味しいお酒と美味しい食事で素敵な時間を過ごされますように。

明日もみなさまのご来店心よりお待ち致しております☆

 

中村麻美