博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

アルガブランカ ヴィニャル イセハラ ’17

みなさんこんばん。
畑瀬です。

最近涼しくなったので
ECMから出たシャイ・マエストロの新譜ばかり聴いています。
心地よい朝と夜を楽しんでいます。

さて、そんな個人的な近況はこの辺りにして
甲州ヌーヴォーの発売を控えた勝沼醸造より
1年間、瓶熟成を経て…

ついに…
イセハラ2017が発売されました!!

アルガブランカ ヴィニャル イセハラ ’17
Arugabranca Vinhal Issehara

DSCF70060

勝沼醸造といえば甲州ブドウを支え続けた老舗ワイナリー。
甲州ワインと言えば必ずその名があがるワイナリーです。
90年代には不遇の時代を迎えた際に農家が大量の「甲州」ぶどうを
捨てざるをえない状況に追い込まれた状況下でも「甲州」買い続け
地元の農家と共にワイン造り行ってきたワイナリーです。
近年では今後の「甲州」ぶどうを担うため
自社畑、奥匠田のシャルドネを引き抜き「甲州」へ植え替えるだけでなく、
白ワインは全て「甲州」でつくられています。

そんなワイナリーが甲州ブドウを使い生み出す
グランヴァンこそ「イセハラ」です。
伊勢原は笛吹市御坂町にある単一畑「伊勢原」から
契約農家、風間正文氏が育てる甲州で造られています。
やはりこの畑は特別なのだなと思うのは
マストの状態でテイスティングさせてもらうと
パッションフルーツや桃のような華やかなアロマがきらびやかに広がるだけでなく
他の何とも比べることのできない複雑なミネラルを持ち合わせているのです。

2017年のイセハラは更に新たな一歩を踏み出しています。
従来は除梗後、フリーランジュースをステンレスタンクで発酵させ
プレスランを樽発酵、熟成させ、最後に数樽を味を見ながら加え醸造されていました。
17年ヴィンテージからはステンレスタンクにフリーランとプレスランの一部を
一緒に発酵させることで複雑味をもたせながらも一体感の味わいへとなりました。

さて、グラスに注ぐと

DSCF70260

勝沼醸造の甲州らしいレモンのような
酸味のある爽やかな香りが広がっていき、
口に含むと透明感のあるフレッシュな果実感とミネラルが
食欲を刺激してくれる。
舌にのせたわいんをストンっと飲み込むと
体の隅々にすーっと行き渡っていき、
そのやさしい余韻が飲み込んだ後も
口の中に心地よく止まってくれます。
気づけばどこか心が朗らかになってしまう味わいは
繊細な味わいの和食を生かすには最高の食中酒。
日本独自の葡萄「甲州」でつくられるグランヴァンに出会えた喜びに
つい嬉しくなってしまうワインです。

生産量はフルボトルで僅か6,000本、
創業80周年を迎える今年はマグナムも400本造られました。
特別な贈り物としてはもちろん上質な時間を楽しむお酒として
ぜひお楽しみください。

畑瀬

/ 日比谷店

おでん、やっとり〼。【東京店】

東京での休日はカレーと美術館に費やしてるスーサンこと須川です。

 

気づけば10月、

ようやく軽めの羽織りを着れる気温になってきましたね。

 

毎年コンビニエンスストアで肉まんとおでんが登場すると

「あぁ…秋だ」と実感するのですが、

心と身体に沁みる

おでん

東京店でスタートしました。

 IMG_2839

9月末より角打ちで新登場しました

その名も塩おでん」!

改めてこちらでご紹介させていただきます。

 

まず、塩おでんという名前について。

 

一般的なおでん汁(関東風と関西風がありますが。)は

かつお節と昆布でひいた出汁に醤油やみりん、砂糖などを加えて調味します。

今回私たちが提供しているおでん汁は

この、醤油、みりん、砂糖を一切使っていません。

 

使用しているのは

昆布、かつお節、塩、魚醤のみ。

 

魚醤も最後にほんの少しだけ香りづけ程度に使用しているので、

味わいを構成するものとしては

ごくごくシンプルに昆布かつお節のお出汁の味なんです。

 

なので名前を「塩おでん」と名付けました。

 

ではなぜ、ここまで極シンプルなおでん汁になったのか。

 

それぞれに最高な素材との出会いがあったからです。

 

昆布

「天然利尻昆布 」

(山本商店 / 北海道 礼文島)

この度ご縁をいただき新しくお取り扱いが始まりました山本商店さんの利尻昆布。

天日干しされた天然の利尻昆布は

ほとんど市場でお見かけすることない最上級の逸品。

IMG_3410 2

IMG_3407 2

山本商店さんは

利尻昆布が採れる浜の中でも「別格浜」と呼ばれるくらい上質な昆布が採れる

礼文島 香深浜で、海中から厳選した肉厚な昆布だけをカマで刈り取り、

採れた昆布たちを丁寧に天日干しにしたのち、最後の袋詰めまで一貫して自分たちで行っています(なんとラベルも手刷り)。

IMG_3414 2

ピュアな味わいと、他の素材の美味しさを何倍にも引き出す力には驚かずにはいられません。

 

詳しくは先日の住吉酒販ブログ「山本商店さんの利尻昆布」の回で書かれていますので

是非ご一読ください。

http://sumiyoshi-sake.jp/blog/4293

 

かつお節

「花かつお」

(金七商店 / 鹿児島 枕崎)

当店の店頭にて黄色いラベルとお魚の絵でおなじみの「クラシック節」をつくる金七商店さん。

IMG_3665

鰹節の中でも一番手間暇のかかる”こだわり”の鰹節「本枯れ節」を世の中に残していきたい、と毎日真摯にかつお節と向き合っていらっしゃいます。

かつお節をつくるすべての工程において正直で真面目なお人柄を感じることができ、全幅の信頼を寄せています。

 

IMG_3666

「海んまんま 一の塩」

(一の塩 / 佐賀 唐津)

佐賀県の離島、加唐島(かからしま)に流れるクリーンな対馬暖流海水を

仕上げまで一切外気に触れずに仕上げた、きれいな味わいのお塩です。

60℃の低温で結晶化しており、優しくまろやか。

 

この3点の強固な土台があるので、

おでんのベースがここまでシンプルで、且つ上質なものに。

何事もやはりベース、基本が大事だと痛感した今日この頃です。

 

上記のお出汁の素材シリーズは

お店でもそれぞれ販売しておりますので、ご自宅でも塩おでんのおでん汁が再現可能となっております。

(金七商店さんの商品は荒節の「花かつお」ではなく、本枯れ節シリーズを店頭にて販売しております)

 IMG_3674

出汁をひかずとも、

だしの素を使えば簡単に手軽に作れるおでん汁。

もちろん忙しい毎日に気軽に使える便利さはあります。

 

ただ、

こんなに最高な素材が一堂にそろってるんです。

日本の食卓に欠かせない「出汁」、

この機会にお家でもひいてみませんか。

 

まずはこの出汁の美味しさを体感いただきたいので、

角打ちにて是非「塩おでん」ご賞味ください。

 

出汁について熱く語りすぎてしまいました。

では、話を戻しましょう。

この最高のおでん汁に浸かる具たちのご紹介です。

 

どれもひとつひとつ語りたいぐらいな具材で、書き始めると長くなってしまいますので

まずはばばばばーっとご紹介させていただきます。

 

⒈旨‼︎リーフ野菜(熊本 つじ農園)

⒉手羽先(高知 はちきん地鶏)

⒊じゃが芋パルミジャーノ(北海道)

⒋仔牛スネ肉(熊本 玉名牧場)

⒌トリュフ玉子(福岡 フジノ香花園)

⒍ラルド蛸(熊本 天草灘)

⒎まぼろしの厚揚げ(佐賀 三原豆腐店)

⒏有機在来種こんにゃく(広島 新内農園)

⒐無添加丸天(福岡 豊島蒲鉾)

大根

期間限定. ささみ山葵

 

書いてるそばからよだれが止まりません。

温かで上品なおでん汁にゆったりと浸かり、リラックスした表情の具たち。

 IMG_3302 2

口へ運べば、

昆布と鰹節によって何倍へも膨らむそれぞれの素材の旨み。

 IMG_3471

ほろほろと、

具材と共にほどけていく心と身体。

 IMG_3436

こりゃ…たまりません。

 

具材については

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店のSNSにて少しずつUPしておりますので、

お時間あります時にぜひチェックしてみられてください。

instagram https://www.instagram.com/sumisyoshisyuhan_hibiya/?hl=ja

     「#塩おでんの具」

Facebook https://www.facebook.com/sumiyoshisyuhanTMH/

 

塩おでんのオーダーの仕方は

ご注文の際にオーダーシートに直接記入していただきます。

オーダーシートはその名も「塩おでん オールスターズ」

IMG_3669

具材ひとつひとつがスター選手すぎるので、

野球のポジションで表現してみました。

あくまで私たちが考えるポジションです。

具材に対する思い入れがそれぞれきっと違うと思いますので、

あったか塩おでんを食べながら具材のポジションについて

おでん以上に熱く!議論を交わしていただければと思います。

 

塩おでんは盛り合わせにてお持ち帰りもご用意しておりますので

お気軽にご利用くださいませ。

この冬は

「塩おでん」に合わせて上質「ロゼシャンパーニュ」をお楽しみいただくフェアも企画中です。

またこちらも改めてご案内させていただきます。

IMG_3672

 

明日も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

東京店 須川

/ 本店

山本商店さんの利尻昆布

どうもこんにちは。

 

最近家族や同僚から

「おなかが出てるね」

と言われる山下です。

 

最初言われた時には

少し腹が立ちましたが

もう気にならなくなりました。

良い兆候です。

 

さあ今日も

食べ物の話をしましょう。

 

まずはこちらの写真をご覧ください。

40429958_2163317007021337_3475163871482740736_n

(山本商店さんSNSより転用)

 

そう、昆布漁の様子です。

すんごいかっこ良いじゃないですか。

 

「海中から厳選した肉厚な昆布だけを

 見ためと感触で判別して刈り採る」

 

まさにプロフェッショナル。

 

今回は山本商店さんの利尻昆布を

ご紹介します。

IMG_5109

(工房にて作業中のようす)

 

料亭さんやお寺さんから引っ張りだこ。

ほとんど市場に現れない高級利尻昆布。

 

その中でも礼文島の天然利尻昆布は格別

とされています。

 

他の昆布と比べて尚、

肉厚で柔らか、ねばりも強い。

 

透明感ある爽やかなおダシが取れることから

絶大な支持を得ているそうです。

 

礼文島は北海道は稚内から

西方60kmの日本海沖にあります。

(余談ですが礼文島の右下にある丸っぽい島が利尻島。)

スクリーンショット 2018-10-03 13.34.15

(グーグルマップより転載) 

 

この島で日本海の荒波に揉まれて育った

天然の利尻昆布を天日干し

で手作りされているのが

昆布屋 山本商店さんなのです。

image3

(水揚げされ日光浴をする利尻昆布たち)

 

天日干しゆえ、

天気の良い日しか漁には出られません。

 

しかし天日で干すことで

磯の風味は純粋さを極めるのだそうです。

 

image4

(山本さんご夫妻。そろいのティーシャツが素敵。)

 

山本さんは

晴天の空の下、家族で昆布を干したい。

という気持ちで昆布漁師を始められたそうです。

 

何だかもうすでに感謝の気持ちがこみ上げてきましたね。

ありがたや。

 

さてそろそろ、いきましょうか。

 

「百聞は一口に如かず」

ひとくち食べればすべてわかるはず。

いざ、実食。

 

 

お水に昆布をイン。

30~60分ほど置いておきます。

IMG_5119

今回は1リットルのお水に対して

20gの割合でおダシをひきました。

 

中火で温めていきます。

60度まで行ったらストップ。

IMG_5120

 

蓋をして10分ほど置いて完成。

 

うっすら色が出ている程度でほとんど透明です。

ただ、力強い命のパワーみたいなものを感じます。

 

そのままぐいっと。

IMG_5121

 

すごい。

 

しか、言えないレベル。

 

とてつもなく柔らかくて

ふかふかした旨味が

すぅーっとどこまでも続きます。

 

あまりにナチュラルに体にしみ込む

この地味溢れるおダシは

「究極においしいお湯」

と言えます。

 

今回はせっかくおダシをとったので

湯豆腐 しちゃおうかと思います。

IMG_5133

今回は最高のダシを生かすべく、

太宰府献上願塩(梅塩)でいただきました。

 

うん、ウマい。

お願いだから燗酒ください。

 

引き上げた昆布はというと佃煮にしました。

IMG_5126

昆布が肉厚だから歯ごたえがすごく良い!

燗酒おかわりください。

 

 

 

そして、こうです。

IMG_5134

お腹いっぱいなのに食べられてしまう。

魔性の昆布です。

 

すっかり堪能していますと、

「なに普通にご飯食べてんですか。」

と、弊社の中村晋之介。(三番目の)

 

気にしません。気にしません。

だってこんなに美味しいんだもの。

 

世は秋を迎え、風も肌寒くなってまいりました。

山本商店さんの昆布を使ったあたたかなおダシで

心もカラダもほっこり温めてみてはいかがでしょうか。

 

今週末も皆様のご来店を

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

山下 洋平

DSCF69270 (1)

/ お酒の紹介

生酛のどぶ

皆様おはようございます中村です。

 

台風の影響はいかがでしたでしょうか?

ようやく福岡でも朝晩は半袖では寒い季節となってまいりました

店内冷蔵庫に囲まれているため中村はすでに長袖ニットで過ごす日々です…

寒暖差で体調崩す方も多いようですので皆さまもご自愛くださいね。

 

とうとう10月1日

日本酒の日ですね!!!!

 

秋も深まり、さらにいつも以上においしく感じられちゃうのが

 

燗酒

 

この季節到来はとてもうれしいですね

 

ぬくぬくした部屋でゆるゆる燗酒飲むの最高です

ぽかぽかになってお布団に入れる幸せ…。

なんて思っていたら、 飲みすぎて撃沈という危険パターンもあるという…

 

こちらのお酒とうとう当店にも登場です!

 

生酛のどぶ

(奈良/久保本家酒造)

Classic Rich

42787997_1917638438329698_8024439355059732480_n

 

にごり好きな方(通称にごらー)もきっと反応多いかと思います。

完全発酵の生酛のにごり!!

まさに甘くない大人の甘酒!!

 

つぶつぶしっかり感じるお感。

凝縮したエネルギッシュな旨み

きっちりした

からりとした切れの良い後味

 

常温でもこのパワー

 

そこから燗にすると…

42771253_1917638568329685_4612848086253830144_n

 

お米の凝縮された旨みが口いっぱいに広がります

よりトロトロの舌触りに角が取れた酸が円みを帯びて口の中でほろほろと溶けていきます。

まるまるふくふくした味がたまりません。

日本人に生まれて最高としか思えません

 

でももうちょっとだけさらに温度を上げてみます。

(と言いつつ結構あげております…。)

42819683_1917638501663025_319150275212345344_n

やはりもともとこのパワーだけあって、ぐんぐん熱を加えてもへこたれません

ぐいぐい飲めちゃうまろやかな危険な酒の出来上がりです

42672417_1917638484996360_892484561907220480_n

アツアツなので火傷に注意です!

これは完ぺきに翌日記憶なくなっちゃうようなタイプの酒ですね…

美味しすぎて止まりません

止まらないです

 

ちなみにソーダ割もおすすめなんだそうです

なるほど、お鍋の季節に熱々の燗でも最高にマッチしますが、ソーダ割でごくごくいくのもよさそうです…

中村としては絶賛もつ鍋にこれをおすすめしたい

42741103_1917638488329693_8916794982048727040_n

今年の冬はぜひお試しくださいね

 

だいぶ冷え込みだした夜、さらに週末は再び台風も来ているようですが、

皆様十分お気を付けてくださいませ。

 

本日も美味しいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

 

/ お知らせ

10月の営業日のお知らせ

皆様こんにちは、中村です。

本日雨の福岡、だんだん肌寒くなっておりますね。

10月、とうとう秋本番です!

10/1日本酒の日でもありますし、みなさまぜひ日本酒で乾杯いたしましょう

 

さて、10月の営業日のお知らせです。

10月

とはいえ、本店いつも通りの日曜のみのお休みです。

あとは祝日ももちろん開いております

 

寒くなると燗酒も恋しくなりますし、お酒が一段と恋しくなる季節です。

好みの味などをお伝えいただけましたら、お探しする手伝いはスタッフがさせて頂きますので、お気軽にお声がけくださいませ

 

10/1月曜日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

中村麻美

 

/ お酒の紹介

-蔵の師魂 いもいも -

どうもこんにちは。

サードマン中村 ことしんのすけです。

言った事を恥じるくらいのニックネームだったと自分でも今反省しております。

誠にすみません。

さてさて2018年 も終わり、秋 真っ只中。

日中はまだまだ蒸し暑いですが、朝・夜は涼しく過ごしやすいですね。

季節の変わり目は非常に体調を崩しやすいので皆様、

体調管理には十分気をつけて下さい!!

では今回も住吉酒販注目のお酒を紹介させていただきます。

今回紹介する焼酎はこちら!!!

IMG_0271

蔵の師魂 いもいも(鹿児島 小正醸造)

1.8L ¥3000- 720ml ¥1500-

来ましたねー。

今年もやっと来ましたこの時が。

長期熟成のパイオニア 小正醸造が醸す「蔵の師魂」シリーズ。

白ワインに使われるソーヴィニョンブランの酵母を使い醸した焼酎や

新鮮なサツマイモを敢えて熟成させて甘みを増幅させ醸す焼酎など、

焼酎界に新たな波を起こし続ける革命蔵です。

IMG_0273

そんな小正醸造が毎年この季節限定で販売する焼酎が「蔵の師魂 いもいも」

「蔵の師魂 いもいも」とは、通常使用される米麹の代わりに

芋麹を使い醸された全量芋の焼酎。

芋100%と珍しい芋焼酎です!!!

芋麹造りは、ただでさえ高い技術を必要とするのですが、

小正醸造では、機械の力を借りずに手作りにこだわり造っているので

生産量も非常に少量です。

その為、出荷は1年に1度となっております。

それでは今回はロックで試飲していこうと思います。

IMG_0283

うむうむ。

いいですなー。実によい香り。

爽やかながらもらしさを十分に感じさせてくれます。

名前のいもいものパンチ凄そうな名前とはいい意味で違っていて、

とても綺麗な芋焼酎で軽快なキレと後味に残る芋の甘み愛くるしいです。

上品ながらも芋の魅力がひしひしと感じとれたまりませんなー。

秋の食材との相性も抜群でしょう!!

甘鯛の煮付けやきのこの天ぷら。

考えただけでお腹が空いて来ましたねー。

ぜひとも蔵の師魂 いもいも秋の食材を合わしてみてください。

それでは来週も皆様のご来店お待ちしております。