博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

群馬泉 淡緑

みなさまこんばんは、中村です。

 

週末はいかがおすごしでした?

土曜は暖かくお花見にうってつけでしたが、昨日は雨も降り出しまして、桜も少し散り始めましたね。

私はお天気が悪い中部屋の片付けやら掃除やらに取り掛かり、

久しぶりにゆっくり革製品のお手入れなんかもして、気分スッキリして、後はいつものように猫とゴロゴロしておりました。

リフレッシュして本日出勤したら待ってました、こちらが久しぶりに入荷いたしました!!!

 

もー、本当に大好き!

 

こちらを見ると、思わず口の中がジュワッとなっちゃいます。

 

群馬泉 淡緑

(群馬/島岡酒造)

Modern Full

 

image

開けるともう、ブワッと熟したメロンのような香りが広がり、

遠くにいてもつい鼻がピクッと動いちゃいます。

ド派手な香りというわけではないんですが、

奥行きがあって緩やかに広がるこの香りは香るだけで本当にすぐ飲みたくなります。

 

口に含むとじゅわーーーっと広がる甘みとお米の旨味のコラボレーション、渦巻く波が占めていきます。

じゅわじゅわっと、あと引く美味さ。

もう書いてるだけでニマニマしちゃう私です。

 

年々人気がじわりじわりと当店でも上がっている群馬泉。

中村も大好きなお酒ばかり。

どれもキャラクターも美味しくて、ぜひ食事も様々合わせてお楽しみいただければますますその群馬泉の世界にはまってしまうこと間違いなし!

 

まだお試しいただけていない方は是非一度お手に取られて見られないですか?

 

さて、月曜の夜、本日みなさま何を飲まれます?

本日もみなさまがいいお酒といい食事でいい時間を過ごされますように。

明日もみなさまのご来店、心よりお待ちしております☆

 

中村麻美

 

/ お酒の紹介

DeMolen Morllen Berliner weisse

みなさまこんばんは、中村です。

今日は朝からあったかい過ごしやすい気温でしたね!

いやー本当にビールが美味しい季節ですねー。

もちろんいつでも美味しいのですけれど!!

 

春先になると私が思い出すビールでの出来事があるのですが、最近そのビールが当店にも入荷して、なんとも昔を思い出して、なんだか懐かしく思ったビールがこちら!

 

De Molen Morllen Berliner Weisse

(デ・モーレン モーレレン ベルリーナヴァイセ)

(Netherland)

12799416_999454446814773_4656101207950507253_n

 

あれは私がまだ20歳になったばかりの時、初めてドイツへ行くことになり、

旅行者必須のバイブル、「地球の歩き方」を読んでいて、

衝撃的なほどド派手なピンクと、グリーンの飲み物の写真が目に飛び込んできました。

説明には確か、

 

ベルリンで人気!

今トレンドの甘酸っぱいビアカクテル!

 

とかなんとか書いてあったと思います。

当時20歳になりたての私はお酒の味なんて全くわからない人間でしたし、

ビールに至ってはこんな苦い飲み物なんで人は好んで飲むのだろうか…。

と思っていたほどです。

 

人生ってどこでどう味覚が変わるのやら…今では苦いビール大好きだというのに

 

そんなビールがどう見ても着色料たっぷり使ったのような色ではありましたが、

鮮やかなイチゴのような色に、メロンソーダのような色のそのビールと、

甘酸っぱいという表現、初めてドイツへ行く私はそれになんとなく魅かれて、

 

ベルリンに行ったら飲もう!

 

と、固く心に誓い、

ちょうど3月、ベルリンに行った時に、確か割とおしゃれなカフェで飲んだのです。

その時の感想は

 

騙された!やっぱりビールじゃないか!

 

と思ったことを本当によく覚えてます(笑)

カラフルなピンクやグリーンの見かけと裏腹に、甘酸っぱい味わいどころか、しっかりビールの苦みしか私には感じることができませんでした。(本来はあまり苦いものではないのですが、当時ビールというものが苦手だった私にはそう感じたのでした。)

 

そんな若かりし頃の思い出から、もう○年。

日本ではなかなかこのベルリーナヴァイセに出会うことがなく、鮮明に記憶の中で思い出だけが残っていたのですが、

今回、オランダの デ・モーレンから届いたのがベルリーナヴァイセです。

当時のベルリーナヴァイセは、もっとかき氷のイチゴシロップのようなピンクでしたが、

こちらは、控えめで優しいピンク色

香りを嗅ぐと 小麦で作ったビールらしいフルーティでやわらかな香り

そして独特の乳酸系の甘酸っぱいベリー系の香りが折り重なって感じられます。

口に含むとめくるめくアメリカンチェリーや、ブドウのような酸味が爽やかに口の中を占拠していきます。

今なら間違いなく本場で飲むベルリーナヴァイセの味をしっかり味わうことができるのになと思うと、なんだかこのベルリーナヴァイセの味のようにその記憶は一層甘酸っぱく感じます

 

通常の白ビール(ヴァイツェン/ヴァイスビア)に比べると酸味がしっかりあるのもこのベルリーナーの特徴です。

 

ちなみに、現地のベルリーナヴァイセは、こんな色をしています。

 

***************************************

image

 

**************************************

 

Googleでベルリーナヴァイセを検索してくる画像を拝借しております。

若かりし頃、まだお酒の味がよくわかってなかった私には、飲みやすそうなカクテルのようなビールだと思ったんですねー

ちなみに、ベルリンではビールにシロップを入れてさらに甘くして、飲みやすくしてゴクゴク飲めるようにするそうです。

もちろん、そのままで飲むこともあります。

 

デ・モーレンは オランダのクラフトビール界を牽引しているブルワリー。

風車のマークがトレンドマークです。

 

オランダのビールといえば真っ先に思い出すのがハイネケンではないでしょうか。

ごくごくタイプのピルスナーはもちろん皆様飲んだことがあるかと思いますが、

よかったら、世界が認めるブルワリーのデモーレン、一度お試しになりませんか?

 

通年商品ではないため、なかなか手に入らないアイテムですし、面白く、美味しいビールがございます!

ぜひお手に取っていただければと思います。

 

お花見にもってこいの暖かさですが、本日から雨模様。

ですが、桜が散る中で飲むお酒もまた粋なもの。

福岡城でのさくらまつりも今週いっぱいやっております。

夜もだいぶ暖かいのでよろしかったらぜひ桜を愛でながらちょっと一杯いかがでしょうか。

ライトアップされて綺麗に咲いた桜を見ると日本人でよかったなーと心底思います!

本日木曜日、皆様何を飲まれますか?

本日もみなさまがいいお酒といい食事でいい時間をすごされますように。

明日も、みなさまのご来店心よりお待ちしております☆

中村麻美

 

 

/ お酒の紹介

謙信 純米吟醸 愛山

みなさまこんばんは、中村です。

 

先週は博多駅前の九州蔵開きに多くのお客様のご来場いただき、誠にありがとうございました!

おかげさまで今年も大盛況のうちに終わらせていただきました。

蔵のお仕事の忙しい中、こちらにご参加いただいた蔵元の方々も、ご協力本当にありがとうございました!

 

お昼は暖かかったですが、夕方はやはりまだ風も冷たかった中、みなさま体調崩したりされてないですか?

 

まだ、当店のイベント参加の福岡城のさくらまつりにて生酒屋として出店させていただいております。

有料エリアの出店となっておりますが、かなり素敵なブース、そしてまだお花見には少し早いですが来週にはもう素敵に咲き誇るであろう桜に囲まれた絶景ポイントの中で飲む今回お出ししている酒は最高です。

まだ肌寒い夜ですので、燗もお出ししてますがこちらもまた最高。

ぜひ、こちらにもお時間ございましたらご来場くださいませ。

 

さて、本日ご紹介させていただくのは、当店でも、入荷したらすぐ完売してしまう、

取扱店自体も全国にも少ないのになぜか美味しいものは皆様大好き、よくご存知、

のこちらの商品が入荷しました!

しかも今回は4合瓶も入荷です!!!

 

謙信 純米吟醸 愛山

(新潟/池田屋酒造)

Modern Medium

image

私たちスタッフも大ファン。

本当に毎回くるお酒を楽しみにしています。

どのお酒も舌触りなめらか、程よくお米の味を引き出しながらも透明感のある酒質。

今回の愛山は愛山のお米のイメージ通り膨らむ甘みがありますが、あくまでも謙信らしい広がりすぎないふくらみと、ほんのり柔らかなお米の旨味に、キュキュッとしまった酸味で、ミディアムボディ。

 

この透明感は本当に病みつきに。

本日続々と購入されるお客様続出。

 

今回もなくなるのが早そうです!!

 

4合、1升瓶、どちらでも現在は在庫ございますので、気になる方は是非お早めに!!

 

週明けの本日は皆様何を飲みたいですか?

本日も皆様がいいお酒といい食事でいい時間をすごされますように。

明日も皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

 

 

/ イベント

九州酒蔵びらき 最終日!

IMG_5671

3/24より博多駅前広場で開催中の『九州酒蔵びらき』。

足を運んでいただいた皆様ありがとうございます。

4日間、天候にも恵まれ、早いもので本日最終日です。

 

私も毎日会場を覗いていたのですが、

外で楽しむお酒とおつまみに会話も弾んで、ワイワイ賑やかで夜までお祭りです!

IMG_5665

蔵元さんとの酒談義に花が咲き

IMG_5666 IMG_5667

お酒の他にも目の前で作られるおつまみたちのいい匂いが会場を包み

IMG_5669

IMG_5670

美味しいお酒のためのいい器(有田焼)も並び

IMG_5668

気に入ったお酒は買って帰れます

IMG_5663

 

各酒蔵の薦樽(こもだる)も会場の雰囲気を盛り上げて くれています。

IMG_5673 IMG_5672

 

そんな九州酒蔵びらき @博多駅前広場。

最終日の今日も、変わらず21時まで開催しております。

皆様お誘い合わせの上、是非ご来場ください :-)

皆様のご来場、お待ちしております!!!

 

橋本さき

/ イベント

福岡城さくらまつり!

こんにちは!

はしもっちゃん こと 橋本です。

博多駅前広場では『九州酒蔵びらき』が開催中でにぎわっていますが、

こんなイベントも開催中です!!

福岡城さくらまつり

(↑クリックで公式サイトへとべます)

 

先週、福岡では桜の開花宣言がありちょうど見頃を迎えています。

私も毎年お花見に福岡市中央区の舞鶴公園に夜桜を見に出かけていました。

 

出店が並び、夜になると約1,000本の桜がライトアップされ、大勢の花見客で賑わう福岡城跡。

そんな福岡城跡が、今年はさらにパワーアップ!!

いつもは夜間閉場しているエリアを、今年は特別に開放しているんです。(入場料300円)

昨年までとは違い、桜園全体をライトアップ。

桜を、音と光で幻想的に演出しています。

その特別ライトアップエリアにて住吉酒販、出店しております!!

その名も

IMG_5609

生酒屋by博多住吉酒販

 

桜の開花とともに搾った、搾りたての日本酒を酒蔵より直送!!

この福岡城さくらまつりでしか飲む事の出来ない搾りたての生酒を皆様に提供させていただきます。

この生酒を造っている蔵元さんは

福岡の大刀洗にあります「みいの寿」さん!

IMG_5635

(壁面にはみいの寿の蔵の酒造りの写真も。)

 

 

しっかりとした旨ボディフレッシュ感

この期間しか飲めないだなんて…贅沢!!

IMG_5621

そして生酒屋、お酒と共にチーズも販売しております。

このチーズもまたまた美味しいんです。

24ヶ月熟成のミモレット。

普通、24ヶ月熟成したミモレットは固いのですが、このミモレットは柔らかい!!

ギュッと凝縮した旨味と、相反するかのようにすっと消える後口。

食べても食べても食べたくなります。

 

IMG_5617

幻想的な空間に、搾りたての生酒、こだわりのチーズ…

お酒にも雰囲気にも酔えちゃう、ちょっと大人な花見です。

福岡城さくらまつりは

3/25(金)~4/3(日)

生酒屋は会期中毎日、18時から22時まで営業しております。

天守台桜園 夜間ライトアップ特別エリアにて皆様のお越しをお待ちしております。

IMG_5636

IMG_5634

橋本さき

/ お酒の紹介

WASARA

スタッフが待望にしていた商品が、お店に入荷しました。

 

ーとにかく、むちゃくちゃかっこいい。ー

温かいと思える日が増えてきて、

だんだんと春を肌で感じる今日この頃。

この季節になると、日本では『花見』という日本独自の行事があります。

豪快に咲いて、はかなく散る桜を愛でる風習。

公園にお弁当や飲み物を持ち寄り、家族、友人、会社の仲間たちと桜を眺めながら一時を過ごします。

IMG_2807

このとき、必要になるもののひとつに

『紙皿』や『紙コップ』などの使い捨てができる食器があります。

この使い捨ての食器。

そこに、日本人の持つ感性と、伝統的な職人技術が掛けあわさって

こんな素敵な商品が生み出されました。

index_03_ph_01

WASARA

まず目を引くのがその和紙のような質感。

compote-03繊細な凹凸が質感に温かみをもたらし、表情をつけます。

全体的な形は優しく波打ち、しっくり手に馴染みます。

手にした時も、その質感がホッと安心感を与えてくれます。

日本人の『手に器を持って食事をする』という文化を繊細に、そして美しく彩ってくれます。

 

 

coffeecup-02よく目にする紙コップなどは、口のふちを折り込んで強度を出しています。

このWASARAはそのよくあるフチがありません。

伝統的な、日本が誇る世界最高峰の金型製造技術があってこそ再現出来たのだそう。

 

 

そして、こWASARA、環境へも配慮されている地球想いの商品でもあります。

廃棄される事がほとんどのさとうきびの搾りかすと、枯渇の心配の無い竹を用いているので土へ還り、製造時のエネルギーも少なくて済みます。

耐水性、耐油性があり機能的で、美しく、環境にも優しい。

 

日本の『花見』という文化に、ぜひこのWASARAを使ってほしい。

 

尊い日本の美を、目で、耳で、口で、手で感じていただけたらと思います。

気になるアンテナにひっかかった方は、併せてWASARAの公式ページも是非ご覧下さい。

wasara

 

住吉酒販本店、博多デイトス店ともにお取り扱い致しております。

種類は4種類。

①角皿(小)↓↓↓

index-ph-01 kaku-01

②wasara皿 ↓↓↓

wasara-01 wasara-04 仕切りがあるので、醤油やソースなどちょこっと入れるのに便利。お花見の定番、お寿司もこのお皿があれば便利ですね。

③コーヒーカップ ↓↓↓

index-ph-10 一見、片口にも見えたあなたは立派な飲兵衛。持ち手があるので熱いもの入れても安心。少し冷える夜桜に燗酒やスープなんかいいですね。

④猪口 ↓↓↓

index-ph-07 choko-02 花見に絶対的に必要なやつですね。お酒がより一層おいしく感じられる事間違い無しです。

⑤竹製フォーク ↓↓↓

index-ph-09 folk-03 10切れ込みが入っていて、皿にくっつけられるんです。ちょっとしたことですが、グッとくるアイデアです。

 

 

『とにかく、むちゃくちゃかっこいい』

 

 

見た目だけでなく、これができた想い、過程、技術…。

この感覚を、是非皆様にも体験して頂けたらと思います。

folk-05

店頭で見かけたら、手に取ってみられてください。

橋本さき

※画像はwasara公式ページより引用