博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

九州クラフト かぼす

みなさまこんばんは、中村です。

 

いよいよ暑い日々が続きそうなお天気。

ビールが今以上においしい季節到来です

 

いつでもおいしいビールですが、やはり夏となると皆様ごくごく喉を鳴らして飲める冷たいビールが飲みたくなるのでは??

 

ごくごくと爽快に飲める季節限定ビールが入荷しております

 

九州クラフト かぼす

(宮崎:宮崎ひでじビール)

64528544_2310149865745218_2711508047619948544_o

 

九州産のかぼす果汁をふんだんに使用した、さらりとライトな味わいのビール

さらに九州産の麦芽を使用。

 

開けたてから漂う柑橘の香り!

 

青っぽさよりも、タンカンなどの白さを感じる様な、少し苦味を感じる柑橘の香りが鼻腔に流れてきます。

爽やかさ全開

 

香りが既に喉の渇きを潤してくれそう…。

 

ひとくち口に含めば、

 

ぱっ

 

と麦のほんのりした甘みと、清涼感のある酸が飛び込んできて、するんと駆け落ちていきます

 

おぉー、これはもう、ごくごく飲めるやつです

すごい。

 

苦味控えめ。

麦とかぼすの共演。

こんなに飲みやすいなんてもう飲むしかない。

 

そして何と言っても、食事との相性が良すぎる

 

サラダに合わせても、

お刺身に合わせても、

唐揚げに合わせても、

天ぷらに合わせても、

焼き魚に合わせても、

はたまたBBQに持っていっても!

 

芝生の上でも砂浜でも、山の上でも川辺でも。

 

これからの季節にバッチリな味。

 

期間限定商品なので、気になったお客様は是非お早めに!

 

なかなか梅雨入りしない福岡ですが、晴れ間には存分に楽しんで美味しくビールを飲みたいです

 

本日の皆様のお酒はお決まりですか?

本日もみなさまがおいしいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされます様に☆

来週もまたみなさまのご来店心より雄町致しております。

 

中村麻美

 

/ お酒の紹介

- 尽 tsukusu -

こんにちは。

最近アダムスファミリーを観たいなとこっそり感じている

しんのすけ中村です。

こっそりですよ。

 

さてさて6月も中旬になり例年だと梅雨入りしている時期らしいのですが、

九州北部は今年の梅雨入りが大幅に遅れているみたいです。

 

を迎えるには避けては通れない梅雨。

早く梅雨に突入し、明けて、を満喫したいものです。

 

では、今回ご紹介する夏にぴったりの1本を紹介したいと思います。

 

94830e674f6dc98128460e7ebf61c707

(西酒造HPから引用)

尽 tsukusu (スピリッツ) 鹿児島 西酒造

720ml ¥4000

 

こちらの「尽-tsukusu-」を造るのは、1845年の創業以来170年余

薩摩の地で芋焼酎を造り続ける西酒造

「富乃宝山」や「天使の誘惑」など焼酎界を代表する銘酒を数々世に送りだしてきた蔵です。

そんな西酒造が今年の3月にジャパニーズクラフトジンを販売致しました!!

 

「尽-tsukusu-」は、その名の通り、ボタニカルの個性を“尽きるまで引き出す”

をもとに造られたジャパニーズクラフトジン。

170年以上に亘り培った焼酎造りの技術を生かし「尽-tsukusu-」に合うベースの焼酎を醸し使用。

 

メインボタニカル13種11種の合計24種類のボタニカルが使われています。

鹿児島の「ボンタン」や日本有数の銘茶「知覧茶」

(柚子、シークワサー、レモンピール、ミント、甘草、シナモンなどなど)。

 

原料の国産柑橘類は、皮部分に香り成分が多く含まれるという事なので、

旬の時期に収穫・処理をしたのちに即冷凍することで香り成分を閉じ込め

仕込む際まで丁寧に保管されるそうです。

 

お客様の笑顔の為、心から喜んでもらう為にすべての工程を徹底し細部までこだわり造られています。

 

それでは、今回はジントニックでいただきたいと思います。

 

IMG_3744

 

 

グラスにを満杯に入れ、尽-tsukusu-30cc (4分の1)入れる。

その後、トニック(4分の3)を注ぐ。

 

IMG_3746

 

 

いいですねー。このしゅわしゅわが、より尽トニックを欲します。

欲しいー。飲みたい飲みたい!!

しかしまだ完成の一歩手前。

最後に秘伝の一滴を。

 

IMG_3740

福岡県糸島市にて橙やかぼすなどの果汁を製造販売している

山口食品工業の

オーガニックだいだい果汁を2〜3滴垂らします。

料理、カクテルなどのいちアレンジにも持ってこいの果汁です。

 

では完成ですのでいただきまーすっっっ!!!!

 

 

くっくうぃーーーーーーっ。

吉高由里子さんのあの叫び納得です。

本当に出てしまうもんですね。くうぃーーーーーーっ。

 

爽やかだ

夏だばかやろー!!と叫びたい。

今すぐに。

 

柑橘の嫌味のない苦味とクールな甘み。

いくつものボタニカルが複雑に絶妙に絡み合い

最高の香りを生み出しています。

たまらんばいこれは。

 

この美味しさを皆んなに伝えたいっ!!一口飲んだらそう感じずにはいられませんな。

そして秘伝の一滴のだいだい果汁の主張しすぎない酸味

レモンとは違ったソフトなアプローチが

この一杯をよりもっと納得いく一杯に仕上げてくれます。

休みだったらずーっと飲みたい。

 

にぴったりのジャパニーズクラフトジン、これからの時期に大活躍間違い無しの1本です。

キンキンに冷やしてストレートもいいですし、ロックでゆっくり味わうのも良かです。

 

住吉酒販4店舗全てでお取り扱いございますので是非ともご賞味ください!!

※場合により品切れ中の事がございますのでご了承下さい。

在庫状況はお電話でもご確認できますのでよろしくお願い致します。

 

/ お酒の紹介

ジャクソン742

みなさんこんばんは
畑瀬です

父の日を明後日に控え
贈り物を何にしようか迷っている方も
多いのではないでしょうか?

まさかこんなにもベストなタイミングで
一押しのシャンパーニュ、
ジャクソン700シリーズ最新キュヴェが入荷しました。

DSCF4458

ジャクソン 742
Champagne Jacquesson Cuvée n°742

ジャクソンといえば現在、約5000社あると言われるシャンパーニュ地方で
9社にのみ与えられた3つ星の称号をえた最高峰のシャンパーニュです。

※その他、3つ星は
大手グランメゾン(NM)→クリュッグ、ボランジェ、ルイ・ロデレール、ポル・ロジェ、サロン
小規模生産者(RM)→ジャック・セロス、エグリ・ウーリエ、アグラパール

ミュズレの開発やギュイヨ仕立ての考案、
皇帝ナポレオンの結婚式で振舞われたり、
創業前に若き日のクリュッグが修行するなど
数多くの逸話が残っているだけでなく、
現在では兄のジャン・エルヴェ・シケ氏と
弟のローラン・シケ氏を中心に革新的なワイン造りに着手。
一般的にヴィンテージごとにブレンドしてワイン造りを行うシャンパーニュにおいて、
各メゾンのスタンダードとも言えるノン・ヴィンテージ(NV)に
ぶどうの収穫年の特徴を反映させることを700シリーズを生み出しました。

さて、気になる742というとは
アイ、ディジー、オーヴィエ、アヴィズ、オワリーの村から収穫された
2014年のぶどうをベースに造られています。
ちなみにシャルドネの出来が素晴らしかったそうで
早くも飲んでみたい衝動に駆られています。
デコルジュマンは2018年7月なので
NVながらおよそ48ヶ月程度熟成されています。
※通常のNVは15ヶ月以上

740、741と同じくヴァン・ド・レゼルヴは
全体の20%に抑えられているため
贅沢に同時に開けても楽しいかもしれないです。
早く、明日にならないか楽しみ過ぎて
子供の頃の遠足をなんとなく思い出しました。
今年はコルヌ・ボートレイやシャン・カネなんかのリリース予定だそうで
今から楽しみで仕方ないです。

さて、みなさん週末のお酒はお決まりですか?
住吉酒販 博多本店、博多駅店、
東京ミッドタウン日比谷店、六本松店、
明日も元気に営業しております。

父の日のプレゼント用のお酒の準備がお済みの方も
まだの方もご来店お待ちしております。

みなさま是非、お立ち寄りください。

畑瀬

/ お酒の紹介

田中六五 十周年記念酒

この度、

白糸酒造の田中六五が、

十周年を迎えることとなりました。

 

『福岡の定番酒』を目指しスタートし、

現在も生産量の6割以上を地元で消費され支えられている、

全国でも稀有な、本当の意味での『地酒に』育って参りました。

 

これもひとえにみなさまにご支持いただいたお陰です。感謝の気持ちしかございません。

また日々、このお酒を皆様に販売させていただいておりますことを、スタッフ一同心から誇りに思っております。

 

そんな中、2019年6月5日、

当店限定で 十周年記念酒がリリースされます。

 

『この十年を支えて下さった

地元福岡の方々に飲んでもらいたい』

 

との蔵元の思いを1人でも多くに届けるべく、

 

福岡の飲食店様のみの限定酒とさせて頂きました。

(多数の飲食店様でお取り扱い頂いております。いつも田中六五を飲まれるお店に足を運ばれてみて下さい。

なお、数量超限定酒のため、各店舗様での未扱、完売にはご容赦下さいますよう何卒お願い申し上げます。)

 

6月5日

 

田中六五の十周年記念酒で乾杯して頂き、

ご一緒される方々と、これまでの十年、そして、これからの十年を語り合い、かけがえのない時間をお過ごし頂けますと幸いです。

また、これからも田中六五を何卒よろしくお願い致します。

 

住吉酒販スタッフ一同

 

/ お酒の紹介

セルジュ・マチュー ラ・コムリエット ブリュット

みなさんこんばんは
畑瀬です

5月が終わったと思ったら暑い日が続きますね。
なんでこんなに暑いんでしょうか?

さて、今週ご紹介するワインは

DSCF43710

セルジュ・マチュー ラ・コムリエット ブリュット NV
Serge Mathieu La Commeliette

住吉酒販ではおなじみセルジュ・マチューより初登場のキュヴェが入荷しました!!

セルジュ・マチューといえば
シャンパーニュ地方南東、コート・デ・バールのオーブ最高峰の
自家栽培醸造家(以後RM)としても知られています。
当主を務めるミッシェル・ジャコブ氏は
化学肥料、除草剤、殺虫剤などを一切使用せず
その土地のテロワール(特性)をいかしたワイン造りを行っており
オーブならではふくよかな果汁感が魅力のワイン造りを行っています。

champagne-viticole-big
シャンパーニュ事務局HPより
https://www.champagne.fr/jp/discovering-champagne-region/tourism/champagne-wine-trails

※地図右下あたりがコート・デ・バールです。
エペルネやランスといったシャンパーニュの中心地よりも
白ワインの産地として名高いシャブリの方が実は近かったりします。

そんな中でもラ・コムリエットはマチュー家が17世紀から所有する
最も歴史ある畑だそうで平均樹齢約50年の古樹のシャルドネから生まれた
2012年のワインがあまりにも素晴らしかったのでこのキュヴェを造ることにしたそうです。
ノン・ヴィンテージ(NV)ですが2012年のシャルドネを100%使用しており
生産本数は4262本と極少量のみ瓶詰めされた逸品です。

DSCF43760

またエチケットの写真は1959年10月に撮影された一族の写真だそうで
1970年に現当主と父親であるセルジュ・マチュー氏がRMとして
瓶詰めを開始し設立されたのでまだこの時期はブドウ栽培農家として
グランメゾン(NM)にぶどうを販売していたころですね。
大切な写真をエチケットに使うほど生産者にとって思い入れのあるワインです。

さて、6月はみなさんいかが過ごしですか?
住吉酒販 博多本店、
博多駅店、東京ミッドタウン日比谷店、
そして、先月からオープンしました六本松店も
今週も楽しく営業しております。
みなさまぜひお立ち寄りください。

畑瀬

/ お知らせ

6月の営業日のお知らせ

みなさまこんにちは、中村です。

 

5月というのに30度超え

本当の夏はこれからだというのにこの暑さ。

6月の当店の営業日のご案内です。

 

6月_アートボード 1_アートボード 1

 

6月も通常通り日曜のみのお休みとなります。

 

これからの時期雨も心配になりますが、店頭季節商品、新商品、様々なアイテム入荷しております!

みなさまぜひご来店くださいませ!

 

それでは本日も美味しいお酒と美味しい食事で素敵な時間をすごされますように☆

みなさまのご来店心よりお待ち致しております。

 

中村麻美

 

 

 

3 / 11212345...102030...最後 »