博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

宝山 蒸撰 綾紫

みなさんこんにちは。

三番目の中村こと中村しんのすけです。

福岡は最近、日中とても暖かくなり春真っ只中です。

花見のシーズンは終わりましたが、ピクニックなどをするには最高の気候が続いていますね。

さて今週、僕がご紹介する焼酎はこちらです。

DSCF000400

宝山 蒸撰 綾紫 34度 (鹿児島 西酒造)  720ml ¥1,953

富乃宝山や天使の誘惑などの銘酒を世に送り出し、

現在も焼酎の新たな可能性を求め、革新的な焼酎を作り続ける鹿児島の焼酎蔵「西酒造」。

その西酒造から年に一度、この時期だけ出荷される焼酎が「宝山 蒸撰 綾紫」

原料には地元で作られた「綾紫」と薩摩鋒山から湧き出る伏流水「宝名水」を用いて仕込み、

綾紫の個性を最大限に表現するために、

常圧単式蒸留した原酒を無濾過・無調整で瓶詰めした1本です。

綾紫というさつまいもは、でんぷん質が少なく、焼酎原料としての生産性は低いのですが、

その華やかでワインのような上品な香りは綾紫だけがかもしだせる至極の風味なのです。

後味はすっきりスムーズにキレていくので、いつまでも何杯も飲みすぎてしまう事間違い無しです。

オススメの飲み方はロック、ソーダ割りがオススメですが、蔵元の方のオススメは、トニックウォーター割りだそうです。

トニックウォーターで割る事により、適度な甘みで柔らかい口当たりに変化し

炭酸ガスが華やかな香りをより爽やかにしてくれるそうです。

少し陽のてってきたお昼時に綾紫のトニックウォーター割りなんか飲んだら美味しすぎて、

もうそれだけでその日1日幸せな気分で過ごせそうですね。

想像しただけでにやけてきちゃいますね。

是非ともそんな休日の昼下がりを味わいたいものです。

それでは明日も皆様のお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。

/ お酒の紹介

Mikkeller Weird Wether IPA

皆様こんばんは、中村です。

 

ようやく暖かくなってきたと思っていましたがなんだか少し寒さが戻ってきています

風邪が流行していますので、皆様も体調には十分お気を付けくださいね!

 

そして晴れ間が長かったところにここ数日はすっかり曇ったり雨が降ったりと変なお天気。

 

そんなお天気な時にご紹介するのはこのビール!

 

Mikkeller

Weird Weather IPA

(ミッケラー・ウィアードウェザーIPA)

29791970_1690924821001062_8675061702800179200_n

 

訳すと変な天気

 

缶のデザインからは全くそんなニュアンスの単語が読み取れません(笑)

 

以前からビールを買いにいらっしゃるお客様方からはお声が多かった、

New England IPAというスタイルになります。

いろんな呼び方があるようですが、このニューイングランドIPA、

他の呼び方の一つでよく使われるのが、Hazy IPA

Hazy(ヘイジー)には、霞がかった、曇ったという意味があります。

 

そうなのです。

このIPAこんなに曇っております。

 

29791520_1690905107669700_6508737777029349376_n

(グラスはブリュードッグ)

 

ニューイングランドIPAの名前の由来はアメリカのニューイングランド州で造られ始めたからだそうですが、現在では世界各国でも、日本のブルワリーさんもどんどん造っていらっしゃるようです!

ここ数年で話題急浮上でしたが、スタイルとして追加されたのは実は去年からのようです。

非常に新しいビールのスタイルです。

 

造り自体はここ数年で話題になっていたので、

飲んでみたいと私自身も思っていたものの、

そのスタイルを海外に輸出しているところも限られていたり、

賞味期限が短かったり、なかなか当店でも仕入れることができなかったのですが、

ようやく入荷がかないました!

 

口に含むとIPAの中でもフレッシュでジューシーなパッションフルーツやマンゴー、

ライチのような甘味が一気に爆発します。

ぐわっと甘味が口に広がると柔らかな丸みの旨みがぼんっと爆発。

最後はホップのギュっとした苦みでフィニッシュ。

 

このニューイングランドIPA、IPAの名前がついているものの、特徴は実は苦みではなくこの甘味!

口に含んだ時の滑らかさ!!

いやー、もう、この甘味、そしてこのフレッシュなホップ爆弾、くせになります。

 

実はもう一つ、ちょっぴり福岡では手に入りにくいニューイングランドIPAも入荷しているのですが、

本数がかなり少ないアイテムですので、ぜひこちらは店頭にいらしてご確認ください!

 

IPAって何という方から、IPAは飲み飽きた方まで、

ぜひ店頭でいろんなビールを見て見られませんか?

これから暖かくなると、グイっとのめるビール本当に最高です

 

さて、来週の土曜日ですが、隔週で現在行っております、

玉名牧場のお野菜や、牛乳、チーズなどを販売する小さなマルシェを店内で開催します。

その時その時の、新鮮でまさに生命力の塊のようなお野菜や卵、

こんな牛乳初めて飲む!というような、ほんのり緑がかったさらりとした牛乳。

開催日によってご紹介できるアイテムは様々ですが、ぜひこちらも店頭でお手に取ってみて頂きたいです。

驚くほどおいしい食材に出会えること間違いなしですので、

是非チェックしにいらしてくださいね

 

皆様が本日もおいしいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされますように☆

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております。

 

中村麻美

/ お知らせ

4月営業日のお知らせ

皆様こんばんは、中村です。

すっかり初夏のような陽気で、桜も満開に咲き誇り、本日、明日は花見の方も多いのでは?

過ごしやすい季節で本当に気持ち良いですね。

 

さて、4月の本店の営業日のご案内です。

 

 

 

 

 

4月-02

 

 

通常通り、日曜のみのお休みをいただいております。

デイトスはもちろん年中無休!

 

そして、多くのお客様にご助力を得ることができ、

先日無事に、東京日比谷ミッドタウン店のオープンさせていただくことができました。

ありがとうございます。

東京店のみの販売アイテムや角打を楽しんでいただくことができます!

東京の方、東京に行かれる方、ぜひお立ち寄りくださいましたら幸いです。

 

皆様が本日も美味しいお酒と美味しい食事で素敵な時間を過ごされますように☆

皆様のご来店、こころよりお待ち致しております。

 

中村麻美

/ お酒の紹介

ドミニク・ガロワ ブルゴーニュ・ルージュ

みなさんこんばんは畑瀬です。

今年は桜の開花も早く、すでに街中は花見客の方々で賑わっていますね。
今週末は天気もよく暖かいようですし絶好のお花見日和ではないでしょうか。

さて、そんな週末にご紹介するワインは…

ドミニク・ガロワ ブルゴーニュ・ルージュ ¥3,428
(フランス ブルゴーニュ)

DSCF93630

ドミニク・ガロワは元々ブドウ栽培家の4代目であった現当主ドミニク・ガロワ氏が
1989年家族で初めて瓶詰めを始めることによって生まれたドメーヌです。
先代までは樽の状態でワインをネゴシアンに販売してました。
4haほどのとても小さいドメーヌからは
年間2万本ほど(ブルゴーニュの平均は7~8万本)のワインが造られており
8割ほどは海外に輸出され世界各地で楽しまれています。

DSCF936990

さてそんな彼の造るワインはというと
しっかりとしたぶどうの果汁感と酸味が絶妙に混じり合う。
クラシカルなブルゴーニュを体現したかのような味わいです。
現在、ジュヴレ・シャンベルタン村の中でも徐々に世代交代が始まっており
ドミニク氏はいろいろな生産者の方の話を聞いてアドバイスもしているそうです。
マイナーチェンジはあるものの流行に流されるのではなく、
しっかりとぶどうの複雑な味わいが溶け込んだワインです。

DSCF93750

ちなみに先日来日した際は、
頂き物のチョコレートを食べながら彼は現れました。
飲み進めてみるとどこなくお腹がすいてくるような感じは
彼の食べることが好きな性格がワインに反映されているのかもしれませんね。

さて、みなさん週末のご用意はいかがですか?
お花見に行かれる方はもちろん、
家でゆっくり飲みたい派の方にオススメのお酒もご用意しております。

今週の住吉酒販の営業は
本店の営業は3/31(木)9:30から18:30まで
博多駅店は3/31(土)、4/1(日)通常通り8:00から21:00まで
日比谷店は3/31(土)、4/1(日)通常通り11:00から21:00まで
となっております。

さらに現在「福岡城さくらまつり」に住吉酒販は出店中です!!
舞鶴公園「特別ライトアップエリア桜園」にて18:00から22:00まで
日本酒をグラスにて販売しておりますので是非こちらもよろしくお願いします。

みなさまのご来店、ご来場をお待ちしております。

畑瀬

/ お知らせ

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店 オープンのお知らせ

街には桜が咲きこぼれ、

あたたかな日に心うららかな今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

早いもので3月もあと少し、

新しい環境でこの4月を迎える方も多いかと思います。

まだ見ぬ自分への1歩になんだかそわそわワクワク…。

 

住吉酒販も、そんなそわそわワクワクな時期に

新しいステージへと大きな一歩を踏み出すこととなりました。

 

2018年3月29日(木)

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店OPEN!

 _EN_8799

福岡市博多区にある「住吉酒販 本店」、

博多駅構内にある「住吉酒販 博多駅店」に加え

東京の日比谷に「住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店」をオープンいたします。

今まで住吉酒販に関わってくださった皆様のおかげで

新たな場所でのチャレンジへと歩みを進めることができました。

この場をお借りして心より感謝申し上げます。

 

住吉酒販の新店舗は、

東京ミッドタウン日比谷の地下1階に入ります。

IMG_9109
https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/

東京ミッドタウン日比谷は

地上35階、地下4階、延べ床面積189,000㎡、オフィスフロアと商業フロアからなる大規模複合施設です。

コンセプトは”THE PREMIUM TIME, HIBIYA”

未来志向、本物志向な大人の方々への新たな体験や価値を創出し

上質な時間を発信する街づくりの実現を目指して建てられました。

商業店舗は全60店舗入っており、

お客様に贅沢な時間と空間の中で

特別な体験をしていただくための個性あふれる店舗が並んでいます。

 

アクセスは

東京メトロ千代田線・日比谷線・都営地下鉄三田線「日比谷」駅や

東京メトロ有楽町線「有楽町」駅

東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・銀座線「銀座」駅に直結。

そのほか、JR山手線、京浜東北線「有楽町」駅からも歩いて5分ほどです。

pct_map2
詳しくはこちら ( https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/access/)

では、この東京ミッドタウン日比谷に入る住吉酒販がどんなお店なのか。

 

コンセプトは”Field-to-Table”

IMG_9979

原料の育つ環境(=フィールド)からこだわる生産者の生みだすものを

皆様の食卓(=テーブル)へお届けしたいと考えています。

それは、日本酒・焼酎・ワインなどお酒だけに限らず、

食品や器も全て厳選に厳選を重ねており、

商品ラインナップの中には、東京ミッドタウン日比谷店 店頭限定のものもございます。

IMG_9977

それらは全てこの”Field-to-Table”が最大限に表現されているものであり、

生産者や、蔵元さん、作り手の方々が

自然を敬い尊び、未来のための今を考え、行動した結果が詰まっています。

皆様には、五感を通してその世界観を体感いただければと思います。

 

お店には、販売スペースに隣接して角打ち(立ち飲み)スペースもございます。

IMG_9973

博多駅の店舗をご利用いただいた方にはお馴染みのスタイルですね。

(花札システムやイロハニ枡も健在です!)

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店(以下 日比谷店)では

飲めるお酒も、食べるおつまみも博多店とはまたひと味違ったおもしろさが詰まっています。

さて、気になる角打ちのメニューはというと、

 

【あて】

酒にあわせる料理(おつまみ)は「海」「山」「人」の3つに分類し構成されています。

仕入れ状況によってメニューは異なりますが、3/28のプレオープンの時でこんな感じです。

IMG_9972

「海」や「山」は低温スチームで調理され、クリアで素材感を感じるお料理がたくさん。

「人」は店頭で販売している極上珍味たちをお出ししています。

_EN_8672

 

【酒】

シャンパーニュがグラスで楽しめます。

(個人的にはジャクソンやウーリエが開栓している日は飲みたくてしょうがありません。)

_EN_8636

日本酒は1杯飲みも、飲み比べもございます。

夏に向けてのレモンサワーもおすすめですが、

これは絶対に味わってほしいというものが3つ!

①生ビール「住吉IPA」

→日比谷店用に宮崎県のひでじビールさんに仕込んでいただきました。

 シトラスのような華やかで爽やかな香り、キレのいい苦味。

  全体的に苦味はあるけど軽やかさのあるビールに仕上がっており、

  何杯飲んでも疲れません。むしろお代わりしたくなる味わいです。

  是非、あては「住吉ポテサラ」で!

 

②菊姫 山廃純米 自家熟成

IMG_9970

→とんでもないお酒がここに…

 菊姫の山廃純米酒が16年の歳月を経て降臨です。

 菊姫といえば、兵庫県吉川町特A地区産の山田錦を使用していることでも知られていますが

 こちらはなんと五百万石で醸されています。

 瓶詰が2002年、静かに冷蔵庫で熟成されること16年。

IMG_9966

 その熟成は酒に厚みと深みを増し、膨らむその味わいには荘厳な品格を感じます。

 重厚な絹のベルベットのよう。唸ります。

 

③菊姫 にごり 自家熟成

→にごりの熟成です。

 あまり熟成させるイメージのないにごり酒。

 こちらも静かに低温の冷蔵庫で熟成させること12年。

 さらさらトロリとしたそのお酒は美しく熟成を重ね、

 シルキーで気品あふれる味わいに。

 雑味なく、しっとりとした色気にうっとりします。

 

以上、3種類は住吉酒販 日比谷店 角打ち限定でお楽しみいただけます。

なんとも贅沢な限定商品…。

東京で当店へお越しの際は是非ご賞味ください。

 

日比谷店は

今のところ定休日はございません。

営業時間は11時~21時(角打L.O. 20時)です。

東京駅も近いので、手土産の購入や、電車の時間までのちょっと1杯にもご利用ください。

 

このほかにも

東京店のいろんな想い、お伝えしたいことがたくさんございます。

これから東京店のことも少しずつブログやSNS等にUPしてまいりますので

お時間あるときにチェックしていただけますと嬉しいです。

 IMG_9975 IMG_9974 _EN_8736

新店舗

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店

どうぞよろしくお願いいたします。

 

博多でも!

東京でも!

皆様のお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。

_EN_8815

 

住吉酒販

須川

/ 食品

一心鮨の繋がり

皆様こんばんは。
住吉酒販、食いしん坊担当の山下です。

 

宮崎のあの名店が手がける

至高の逸品が届きました。

 

一心鮨の繋がり(宮崎)

2DSCF9078

 

そう。

名脇役の極み「がり」です。

この美しき「がり」を作ってくださっているのは

 

泣く子も黙る

ではなく

泣く子も笑う

 

宮崎の名店、

一心鮨光洋さんです。

美味しくて、楽しくて、

笑顔がこぼれてしまう。

最高のお寿司屋さんです。

 

はい、さっそく食しましょう。

7DSCF9117

見てください。この輝き。

「がりの結晶」ですね。

 

1DSCF9169

もはや指輪にしたいレベルです。

 

さて口にすれば、、、鮮烈そのもの。

生姜の爽やかな風味

後に続くは透き通る酸味、

そして、まろやかな旨味。

 

DSCF9215

自然と笑顔になります。

 

何よりも

この食感がたまらない。

がりがりしゃくしゃく

一生咀嚼していたいです。

 

生姜は新芽のみを使用し、

お酢は無農薬米と天然水から作られた純米酢を

使用しています。

 

しかもですよ。

がりを完食して終わりではありません。

ビンに残ったがり酢。

 

これがご家庭で大活躍です。

 

お好みの野菜を漬け込んで和風ピクルスができたり、

酢の物、調味料、果ては、、、

タルタルソースまで

 

そんな最高の「がり体験」

ぜひぜひお試しいただければ幸いです。

 

 

本日3/23(金)〜3/25(日)までは

博多駅前で「九州酒蔵開き」

 

明日3/24(土)は本店にて

「玉名牧場直送、住吉土曜市!!」

 

春のイベント盛りだくさんですね。

気温差が激しい日が続きますので

体調管理には気をつけてバッチリ楽しみましょう!

 

明日もみなさまのご来店を心よりお待ちしております。

 

山下 洋平

4DSCF9084

3 / 9912345...102030...最後 »