博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ 本店

山本商店さんの利尻昆布

どうもこんにちは。

 

最近家族や同僚から

「おなかが出てるね」

と言われる山下です。

 

最初言われた時には

少し腹が立ちましたが

もう気にならなくなりました。

良い兆候です。

 

さあ今日も

食べ物の話をしましょう。

 

まずはこちらの写真をご覧ください。

40429958_2163317007021337_3475163871482740736_n

(山本商店さんSNSより転用)

 

そう、昆布漁の様子です。

すんごいかっこ良いじゃないですか。

 

「海中から厳選した肉厚な昆布だけを

 見ためと感触で判別して刈り採る」

 

まさにプロフェッショナル。

 

今回は山本商店さんの利尻昆布を

ご紹介します。

IMG_5109

(工房にて作業中のようす)

 

料亭さんやお寺さんから引っ張りだこ。

ほとんど市場に現れない高級利尻昆布。

 

その中でも礼文島の天然利尻昆布は格別

とされています。

 

他の昆布と比べて尚、

肉厚で柔らか、ねばりも強い。

 

透明感ある爽やかなおダシが取れることから

絶大な支持を得ているそうです。

 

礼文島は北海道は稚内から

西方60kmの日本海沖にあります。

(余談ですが礼文島の右下にある丸っぽい島が利尻島。)

スクリーンショット 2018-10-03 13.34.15

(グーグルマップより転載) 

 

この島で日本海の荒波に揉まれて育った

天然の利尻昆布を天日干し

で手作りされているのが

昆布屋 山本商店さんなのです。

image3

(水揚げされ日光浴をする利尻昆布たち)

 

天日干しゆえ、

天気の良い日しか漁には出られません。

 

しかし天日で干すことで

磯の風味は純粋さを極めるのだそうです。

 

image4

(山本さんご夫妻。そろいのティーシャツが素敵。)

 

山本さんは

晴天の空の下、家族で昆布を干したい。

という気持ちで昆布漁師を始められたそうです。

 

何だかもうすでに感謝の気持ちがこみ上げてきましたね。

ありがたや。

 

さてそろそろ、いきましょうか。

 

「百聞は一口に如かず」

ひとくち食べればすべてわかるはず。

いざ、実食。

 

 

お水に昆布をイン。

30~60分ほど置いておきます。

IMG_5119

今回は1リットルのお水に対して

20gの割合でおダシをひきました。

 

中火で温めていきます。

60度まで行ったらストップ。

IMG_5120

 

蓋をして10分ほど置いて完成。

 

うっすら色が出ている程度でほとんど透明です。

ただ、力強い命のパワーみたいなものを感じます。

 

そのままぐいっと。

IMG_5121

 

すごい。

 

しか、言えないレベル。

 

とてつもなく柔らかくて

ふかふかした旨味が

すぅーっとどこまでも続きます。

 

あまりにナチュラルに体にしみ込む

この地味溢れるおダシは

「究極においしいお湯」

と言えます。

 

今回はせっかくおダシをとったので

湯豆腐 しちゃおうかと思います。

IMG_5133

今回は最高のダシを生かすべく、

太宰府献上願塩(梅塩)でいただきました。

 

うん、ウマい。

お願いだから燗酒ください。

 

引き上げた昆布はというと佃煮にしました。

IMG_5126

昆布が肉厚だから歯ごたえがすごく良い!

燗酒おかわりください。

 

 

 

そして、こうです。

IMG_5134

お腹いっぱいなのに食べられてしまう。

魔性の昆布です。

 

すっかり堪能していますと、

「なに普通にご飯食べてんですか。」

と、弊社の中村晋之介。(三番目の)

 

気にしません。気にしません。

だってこんなに美味しいんだもの。

 

世は秋を迎え、風も肌寒くなってまいりました。

山本商店さんの昆布を使ったあたたかなおダシで

心もカラダもほっこり温めてみてはいかがでしょうか。

 

今週末も皆様のご来店を

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

山下 洋平

DSCF69270 (1)

/ お酒の紹介

生酛のどぶ

皆様おはようございます中村です。

 

台風の影響はいかがでしたでしょうか?

ようやく福岡でも朝晩は半袖では寒い季節となってまいりました

店内冷蔵庫に囲まれているため中村はすでに長袖ニットで過ごす日々です…

寒暖差で体調崩す方も多いようですので皆さまもご自愛くださいね。

 

とうとう10月1日

日本酒の日ですね!!!!

 

秋も深まり、さらにいつも以上においしく感じられちゃうのが

 

燗酒

 

この季節到来はとてもうれしいですね

 

ぬくぬくした部屋でゆるゆる燗酒飲むの最高です

ぽかぽかになってお布団に入れる幸せ…。

なんて思っていたら、 飲みすぎて撃沈という危険パターンもあるという…

 

こちらのお酒とうとう当店にも登場です!

 

生酛のどぶ

(奈良/久保本家酒造)

Classic Rich

42787997_1917638438329698_8024439355059732480_n

 

にごり好きな方(通称にごらー)もきっと反応多いかと思います。

完全発酵の生酛のにごり!!

まさに甘くない大人の甘酒!!

 

つぶつぶしっかり感じるお感。

凝縮したエネルギッシュな旨み

きっちりした

からりとした切れの良い後味

 

常温でもこのパワー

 

そこから燗にすると…

42771253_1917638568329685_4612848086253830144_n

 

お米の凝縮された旨みが口いっぱいに広がります

よりトロトロの舌触りに角が取れた酸が円みを帯びて口の中でほろほろと溶けていきます。

まるまるふくふくした味がたまりません。

日本人に生まれて最高としか思えません

 

でももうちょっとだけさらに温度を上げてみます。

(と言いつつ結構あげております…。)

42819683_1917638501663025_319150275212345344_n

やはりもともとこのパワーだけあって、ぐんぐん熱を加えてもへこたれません

ぐいぐい飲めちゃうまろやかな危険な酒の出来上がりです

42672417_1917638484996360_892484561907220480_n

アツアツなので火傷に注意です!

これは完ぺきに翌日記憶なくなっちゃうようなタイプの酒ですね…

美味しすぎて止まりません

止まらないです

 

ちなみにソーダ割もおすすめなんだそうです

なるほど、お鍋の季節に熱々の燗でも最高にマッチしますが、ソーダ割でごくごくいくのもよさそうです…

中村としては絶賛もつ鍋にこれをおすすめしたい

42741103_1917638488329693_8916794982048727040_n

今年の冬はぜひお試しくださいね

 

だいぶ冷え込みだした夜、さらに週末は再び台風も来ているようですが、

皆様十分お気を付けてくださいませ。

 

本日も美味しいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

 

/ お知らせ

10月の営業日のお知らせ

皆様こんにちは、中村です。

本日雨の福岡、だんだん肌寒くなっておりますね。

10月、とうとう秋本番です!

10/1日本酒の日でもありますし、みなさまぜひ日本酒で乾杯いたしましょう

 

さて、10月の営業日のお知らせです。

10月

とはいえ、本店いつも通りの日曜のみのお休みです。

あとは祝日ももちろん開いております

 

寒くなると燗酒も恋しくなりますし、お酒が一段と恋しくなる季節です。

好みの味などをお伝えいただけましたら、お探しする手伝いはスタッフがさせて頂きますので、お気軽にお声がけくださいませ

 

10/1月曜日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

中村麻美

 

/ お酒の紹介

-蔵の師魂 いもいも -

どうもこんにちは。

サードマン中村 ことしんのすけです。

言った事を恥じるくらいのニックネームだったと自分でも今反省しております。

誠にすみません。

さてさて2018年 も終わり、秋 真っ只中。

日中はまだまだ蒸し暑いですが、朝・夜は涼しく過ごしやすいですね。

季節の変わり目は非常に体調を崩しやすいので皆様、

体調管理には十分気をつけて下さい!!

では今回も住吉酒販注目のお酒を紹介させていただきます。

今回紹介する焼酎はこちら!!!

IMG_0271

蔵の師魂 いもいも(鹿児島 小正醸造)

1.8L ¥3000- 720ml ¥1500-

来ましたねー。

今年もやっと来ましたこの時が。

長期熟成のパイオニア 小正醸造が醸す「蔵の師魂」シリーズ。

白ワインに使われるソーヴィニョンブランの酵母を使い醸した焼酎や

新鮮なサツマイモを敢えて熟成させて甘みを増幅させ醸す焼酎など、

焼酎界に新たな波を起こし続ける革命蔵です。

IMG_0273

そんな小正醸造が毎年この季節限定で販売する焼酎が「蔵の師魂 いもいも」

「蔵の師魂 いもいも」とは、通常使用される米麹の代わりに

芋麹を使い醸された全量芋の焼酎。

芋100%と珍しい芋焼酎です!!!

芋麹造りは、ただでさえ高い技術を必要とするのですが、

小正醸造では、機械の力を借りずに手作りにこだわり造っているので

生産量も非常に少量です。

その為、出荷は1年に1度となっております。

それでは今回はロックで試飲していこうと思います。

IMG_0283

うむうむ。

いいですなー。実によい香り。

爽やかながらもらしさを十分に感じさせてくれます。

名前のいもいものパンチ凄そうな名前とはいい意味で違っていて、

とても綺麗な芋焼酎で軽快なキレと後味に残る芋の甘み愛くるしいです。

上品ながらも芋の魅力がひしひしと感じとれたまりませんなー。

秋の食材との相性も抜群でしょう!!

甘鯛の煮付けやきのこの天ぷら。

考えただけでお腹が空いて来ましたねー。

ぜひとも蔵の師魂 いもいも秋の食材を合わしてみてください。

それでは来週も皆様のご来店お待ちしております。

/ 博多駅店

モル第八回

こんにちは!

モルテンション!上がりっぱなしの、坂本が今回も登場です!
モルテンションとは?盛りたい気持ちが上がっているさま。

 

 

今回ご紹介させていただくお皿は、

隆太窯の中里太亀さん作『粉引小皿』でございます。

pastedGraphic 2

pastedGraphic 3

デイトスの角打では定番で、取り皿として使用しています♪

サイズは手のひらにおさまる大きさで、重すぎず軽すぎず、

手のひらが粉引の優しさと一体化して、ついついそのまま手のひらで小皿を包み込みたくなってしまうほど、

しっくり手のひらにおさまります。

 

では、さっそく!

 

坂本、盛ります!!!

 

今回盛ったのは…

ゲシュマック ケーゼビアヴルスト!

IMG_8426 2

宮崎県川南町にあるレストラン・工房ゲシュマックさん。

理想の豚を追い求めて、オリジナル飼料を開発、脂の風味豊かな「あじ豚」を飼育。

直営農場から仕入れたあじ豚を、店舗に直結した工房で作っています。

ゲシュマックとはドイツ語で「味覚」、ドイツで学んだソーセージ作りで、『あんぜん・あんしんなソーセージ』を生み出します。

そして『ケーゼ』とは『チーズ』、『ブルスト』とは『ソーセージ』という意味です♬

そうなんです…!

『ゲシュマックケーゼビアヴルスト』にはチーズが入っており、

おつまみとしてそのままでも食べれちゃうのです!!

 

おっと!うっとりしてる場合ではありませんでした!

 

いざ!モル!!!

 

三日月型にカットしたソーセージを、盛ります!

pastedGraphic 4

か、可愛い!

まるでのよう!

ソーセージのチーズの色と、優しい粉引の色がマッチングー!!!

 

 

坂本のモルテンションは止まることを知らない!

 

続いて盛ったのは…

無添加丸天!

真っ白な丸天✨

豊島蒲鉾さんの丸天は無添加!

だからこんなに真っ白なんですね!

ぷっりぷりでもっちもち♫

IMG_8365

盛ってみるとなんとサイズもピッタリ!

 

優しい粉引小皿に包まれてた丸天に、一の塩をぱらり♫

シンプルにそのまま食べても、バッチグー!

お醤油をたらりと垂らして食べても、バッチグー!

これから寒くなる季節に、おでんに投入してもいいですね〜✨

 

月日の流れと共に表情を変える唐津焼。

使い続けるに連れて味が出てくるので使いたくなっちゃいます♫

私達が歳を重ねるように、お皿も年を重ね、時の流れを感じさせてくれます。

私もこの粉引小皿のように、歳と共に素敵な女性になりたいなぁ…

 

おっと!うっとりしてる場合ではありませんでした!

 

さてさて!

今回ご紹介した粉引小皿は、博多駅の角打で使用しているものもあります。

ひとつひとつ表情の異なる粉引小皿をご覧ください!

販売もございますので、自分色に変わっていく一枚をゲットできます✨

お気軽にお越しくださいませ♫

/ 本店

糸島天然真鯛だしスープ

こんにちは。

 

三度の飯より飯が好き。

食いしん坊担当山下です。

 

先日のこと。

 

2ヶ月の姪っ子に

ミルクをあげていたら

ぎっくり腰になりました。

 

まさか静止状態から

魔女の一撃に見舞われるとは

思いもよりませんでした。

 

まったく、

人生何が起きるかわかりませんね。

 

いちにちいちにちを精一杯に暮らして

美味しいごはんを食べなければなあ

 

と、腰が痛いのを良いことに寝そべりながら

思う初秋でございます。

 

さて、本日のご紹介はこちら。

 

糸島天然真鯛だしスープ 

IMG_4933

 

天然真鯛水揚げ日本一を誇る糸島から

とんでもない代物が届いてしまいました!

 

水揚げから徹底した温度管理で

丁寧に処理された新鮮な真鯛のアラを

焼入れして出汁をとった

無添加のだしスープです!

 

なんと焼入れまでされているとは。

料亭さん並みの手間のかかりようですね。

 

さて、そろそろいきましょう。

 

「百聞は一口に如かず」

ひとくち食べればすべてわかるはず。

いざ、実食。

IMG_4935

まずはお湯につけて解凍します。

そのあいだに鍋にお湯をスタンバイ。

 

五倍希釈ですので

お湯640ml

出汁160ml

で用意しましょう。

 

解凍した出汁スープを鍋にイン。

はい、完成!!

DSCF4682

鯛出汁のいーい香りが漂っています。

水筒に入れて常時携帯したい。

 

このままいただいても

もちろん最高なのですが、

今回は強力な助っ人

お二方お呼びしました。

DSCF4686

皆様ご存知。

香味干し先輩と雪の音先輩です。

拍手でお迎えください。

 

さあ、一品目!

「楽チン!のり鯛茶漬け」

DSCF4710

ほかほかご飯に香味干しを乗せて、

出汁スープをかけるだけ。

 

いただきます。

DSCF4741

なんという、旨さ!

鯛の優しい旨味と海苔の磯の香りが

織り成す完璧なハーモニー。

 

こんなに簡単にこんなに素晴らしいシメが

できてしまって良いのでしょうか。

 

そして二品目。

「お豆腐のお吸い物」

DSCF4838

ああ〜ああアァ。

やさしくじんわり体に染みていきます。

二日酔いの朝に味わったら

むせび泣いてしまいそうなお味です。最高。

 

無添加ですのでお子様の離乳食に

使っても安心ですね。

 

お茶漬け、お吸い物、お味噌汁、

おかゆに、茶碗蒸しなどなど、、、、

 

ご家庭で体に優しい

糸島天然真鯛出汁スープを

ぜひぜひお役立てください!

 

つくってくださっているのは

糸島の水産加工会社の

株式会社やますえさん

https://www.yamasue.ne.jp/

 

糸島の人と自然への愛情が

溢れている会社さんです。

感謝!

 

それでは、

来週も良い食と良いお酒を

ご用意して皆様のお越しを

心よりお待ちしております。

 

山下 洋平

DSCF4889

3 / 10412345...102030...最後 »