博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

アルガーノ甲州

みなさんこんばんは畑瀬です

昨日は横綱土俵入りが近くの住吉神社で行われ
本店の周りもたくさんの人で賑わっていました。
あっという間に秋の深まりを感じる今日この頃ですが
そう、本日11/3(金)は甲州ワインの新酒解禁!!
住吉酒販にも長年甲州ぶどうを支え続ける老舗ワイナリー勝沼醸造より
今年の新酒が届きました!!

アルガーノ甲州 ¥1,850 (税別)
産地 日本 山梨
品種 甲州

DSCF68250

勝沼醸造は山梨県甲州市勝沼町にあるワイナリー。
新宿からは片道1時間半から2時間くらいでいける距離にあります。
博多からだと4時間ぐらいで行ける距離にあります。

DSCF06370

日本ワインときっても切り離せない関係にあるぶどうといえば「甲州」。
勝沼醸造のある山梨県の勝沼はそんなぶどうが発見されたとされる地域でもあり
多くのワイン造りにこのぶどうが用いられています。
そんな「甲州」ぶどうですが90年代には不遇の時代を迎えたことがあります。
農家が大量の「甲州」ぶどうを捨てざるをえない状況に追い込まれたことがあり
そんな中でも勝沼醸造では「甲州」買い続け地元の農家と共にワイン造り行ってきました。
今尚、地元農家との密接な信頼関係は続いており、
家族経営ながら山梨県内で1、2位を争う程の「甲州」の仕込み量を誇っています。

DSCF06410

今年80周年を迎える勝沼醸造では社長である有賀雄二氏はもちろん、
長男の有賀裕剛氏、次男の有賀淳氏、三男の有賀翔氏の三人を中心にワイン造りが行われています。
現場で働くスタッフの方だけでなくワイナリー全体にどこか心地よい雰囲気が漂っており
その前向きな姿勢は今、彼らの造るワインに徐々に現れつつあるのです。

DSCF682410

さてさて話は逸れてしまいましたがそんなワイナリーの今年の新酒がついに届きました。
例年は穏やかな味わいでしたか今年は生命の息吹を感じるフレッシュな装い。
南国の果実を思わせる瑞々しくも華やかな香りと梅のような溌剌とした酸味が食欲を刺激してくれる。
山梨が生み出した甲州ぶどうの新たな可能性につい心踊らされてしまうワインです。
早くも残りわずかになっていますが是非この機会にお楽しみください。

畑瀬史人

/ イベント

あの定番コレクションがパワーアップ!!

天神の岩田屋で毎年開催されている

「定番コレクション」というイベントをご存知でしょうか。

 

大好評大人気の岩田屋さんのイベントで、

元々は岩田屋さんの会報で”今買うべきもの”を提案していたものが、

1994年に催事販売として立ち上がったのがスタートだそう。

 

今や、岩田屋バイヤーさんが

本気でオススメする逸品が集まる名物企画として

天神で欠かせないイベントとなっています。

 

そして、11月頭にこの定番コレクションが開催されるのですが、

今回の定番コレクションはなななんとっ!

IMG_7272

岩田屋×福岡三越定番コレクション

としてバージョンアップ!!

 

岩田屋、福岡三越のそれぞれのバイヤーさんの

目利きで選ばれしオススメ逸品が、

家電や、ファッションアイテム、ホビーグッズや食品と多岐にわたりズラリと並びます。

 

そんな激アツ素敵な定番コレクションに

住吉酒販も参加させていただくこととなりました!!

今回は住吉でしか購入できない限定日本酒はもちろんのこと、

IMG_2872 2

ちょっと飲みにも嬉しい、シュワシュワのレモンの酵素スパークリングのお酒

レモネーゼ

自信を持ってオススメできる住吉酒販厳選の食品も!

普段は住吉酒販店頭に並んでいないおつまみなんかも持って行きます♪

IMG_7264

 

今回の定番コレクションは会場が

岩田屋本店 本館7階 大催事会場

岩田屋本店 地下2階 フードコレクション

福岡三越 9階 催物会場

の3会場に分かれております。

どちらも天神で福岡市営地下鉄、西鉄電車、西鉄バスでアクセスも抜群♪

地下通路で繋がっているので、万が一雨が降っても濡れずにお買い物ができるからありがたい…。

 

住吉酒販は

福岡三越 9階 催物会場

に出店しておりますので、

お間違えのないよう!

 IMG_7266 IMG_7261

皆様のお越しを心よりおまちしております!

 

岩田屋×福岡三越定番コレクション特設ページ

http://iwatayateiban.jp/

 

岩田屋定番コレクションFacebook

https://www.facebook.com/iwatayateibancollection/

 定番コレクション

「岩田屋×福岡三越定番コレクション」

岩田屋 本館7階

2017/11/1(水)~11/6(月)

10:00-20:00 ※最終日のみ17時閉場

 

岩田屋 本館地下2階 フードコレクション

2017/11/1(水)~11/7(火)

10:00-20:00 ※最終日のみ17時閉場

 

福岡三越

2017/11/1(水)~11/5(日)

10:00-20:00 ※最終日のみ18時閉場

↑↑住吉酒販出店はここです↑↑

定番コレクション2

(画像は公式Facebookページより引用)

 

橋本

/ 食品

甑島のきびなご

皆様こんばんは。
食品担当の山下と申します。

本日のご紹介はこちら。
鹿児島県薩摩川内市から海を渡ること約40kmの甑島からやってきた甑島きびなご
海上天日干し(鹿児島/馬場水産加工場)714円(税別)
75297212[1]
(画像は馬場水産加工場HPよりお借りしました)

解凍後、フライパンやグリルでささっと焼くだけ。
美しい海に囲まれた桟橋の上で天日干しされたきびなごは
ミネラルたっぷりの海風を浴びていますので味付けいらず。

太陽の恵みを受け、海の息吹をその身に纏ったきびなごは
うまみではち切れんばかりにぷりっぷり
まさにゴチソウです。

旨味の乗ったひやおろしお燗酒焼酎お湯割と一緒に、
と考えるだけで腹が鳴ります。

当店スタッフの間でも大変人気者です。
ちなみにわたしはひとりで一袋ぺろっと食べてしまいます。

さて、ここで
ちょっと一手間でさらに美味しく!

というわけで以下の2点をご紹介。

50℃解凍・50℃洗いでぷりぷり感アップ!
雑味のないクリアな旨みを堪能すべし。

②熱々の焼き上がりに柑橘を絞ってで爽やかに食すべし。
当店取り扱いの純生ポン酢も相性抜群!

「甑島きびなご 海上天日干し」を是非お試しください。
きびなごの概念が変わるはずです。

それでは、あしたも皆様のご来店を心よりお待ちしております。
FullSizeR

住吉酒販 山下

/ イベント

酒蔵ナイト 杜の蔵

明日10月26日(木)は、月に一度のお楽しみ

「酒蔵ナイト」開催です!!!

 

 

******************************

酒蔵ナイトとはなんぞや?

IMG_4593

新感覚のラーメン店、「一風堂天神西通りスタンド」にて毎月第4木曜日に開催されているイベントです。

一風堂天神西通りスタンドは、美味しい日本酒と美味しいラーメン、おつまみを立ち呑みスタイルでお楽しみいただけるお店♪

IMG_5757

そのお店に酒蔵の蔵元さんをお招きして、

その日限りの特別限定メニューがあったり

酒蔵さんとの酒談義や、

もちろん美味しいラーメンやおつまみも食べることのできる

「日本酒をもっと身近に、より深く」感じでいただけるイベントとなっております。

 

 

そんな「酒蔵ナイト」、今回のゲスト蔵元さんは

IMG_0972

杜の蔵(福岡 三潴)!

100年以上の歴史を持つ酒蔵は、親子代々引き継がれてきた熱い想いによって、支えられてきました。

IMG_0978

蔵の地下から汲み上げた軟水、糸島産のお米から造られる、

“食と合わせてゆっくりじっくり楽しめる純米酒”を目指した「独楽蔵

“花鳥風月を伴として”が謳い文句の「杜の蔵」などが代表的です。

数々の鑑評会での受賞歴はその造りの技術力を証明しています。

また日本酒だけではなく、焼酎や梅酒なども手がけています。

 

実は私坂本、4月初旬に糸島での田植えに参加させていただきました。

蔵の方はもちろん、お米の生産者の方もみなさん温かい方で、

楽しく田植えをした後は燗つけした日本酒で、酒造りの将来や酒に対する熱い想いを語りました。

 

 

そんな思い入れのある杜の蔵、今回も酒蔵見学に行って参りました!

IMG_1013

迎えてくれたのは、いつも元気な営業担当の友山さん!

消費者と距離が近い酒蔵を目指したいという想いや、お酒づくりに対する愛をガンガン感じます!!!

 

 

杜の蔵さんの酒造りは10月から4月の半年間行われます。

IMG_0999

訪問した時はちょうど酒造りが始まる直前の準備中でした。

私たちが蔵に入る前に、作り手さんがちょうど柿渋を持って出てきました。

IMG_0984

防腐剤として麹室や麹蓋にこの柿渋を塗るところでした。

酒母やもろみを攪拌する時に櫂棒、壁などにも柿渋を塗って、蔵全体をコーティングするとのこと。

夏が始まる前に虫が寄ってくるので、酒造りが始まるこの時期と、酒造りが終わる春に塗るそうです。

柿渋は天然のニスですね。

蔵人さんは柿渋の匂いで酒造りの始まりと終わりを感じるそう!

柿渋で塗られて色づいた壁などから、古風であるけど現在もイキイキしている雰囲気を感じました。

 

 

 

酒造りに重要な温度管理。

酒を絞る時までカビなどがつかないよう徹底した温度管理のために、酒を搾るヤブタは冷蔵庫の中に入っています。

 

 

20年ほど前は、季節労働の方々が現在の倍いたそうですが、人が減ったものの、今は若い作り手さんも増え、平均年齢が40歳くらいとのこと。

IMG_1004

「年々良いものを取り入れて、少しずつ進化をしている」と語る友山さん。

若いパワーと年々良いものを取り入れ、ひとつひとつのお酒を丁寧につくる杜の蔵さんは

福岡が誇れる酒蔵、福岡が誇れる銘酒だと感じました。

IMG_0970

********************************

ここで酒蔵ナイトの話に戻しましょう。

 

明日のイベントには杜の蔵より、

元気一杯、山をこよなく愛し、韓国語も喋れる営業の友山さんと

ハーフかと思うぐらい目がぱっちりメロメロチャーミングな藤原さんのお二人が来られます。

お二人ともとっても気さくで愛に溢れた方なので、

気軽にお酒のことや、蔵のこと、(山のこと、韓国語について…)なんでも聞かれてください♪
 
 
お酒ももちろんですが、

食も楽しいのがこのイベント。

今回は酒蔵ナイトセットのペアリングおつまみに

「杜の蔵の酒粕を肥料として育てたアスパラの黒胡椒ソテー」、

特別単品フードメニューには

「杜の蔵の塩麹で漬けたバッファローチキンウィング」200円

などがございます。

この日限りのメニューになりますので、ぜひご賞味ください♪

 

今回は、酒蔵ナイト史上初のにつけてのご提供もございます!

日に日に寒くなってきているので、心も体も温まりに来てくださいね!

ご予約不要で、ふらっとお気軽にご参加いただけます。

皆様のご来場、心よりおまちしております!

IMG_5755

酒蔵ナイト※毎月第4木曜開催

●2017年10月26日(木)

●18:00〜21:00

@一風堂天神西通りスタンド

●メニュー

・酒蔵ナイトセット 1500円(日本酒4種飲み比べ or 日本酒2種、アテ2種ペアリング)

・杜の蔵しそ梅酒

・杜の蔵 純米大吟醸

・塩麹チャーシュー

その他

●ご予約不要

 

坂本

 

/ お知らせ

11月の営業日

日曜以外はすべて皆様こんばんは、中村です。

 

秋らしい空ですが、皆様いかがお過ごしですか?

燗酒、お湯割りがおいしい時期になりましたね!

 

11月はさらに暖かいお酒が恋しくなります

 

11月の営業日のお知らせです。

 

11月

 

来月も張り切って日曜以外開いております!

 

そして、11月11日ビアスナックもオープン!

今回はシードルや、フルーツが入ったビールをご提案。

なかなか自分では買わないものでも、お試しなら飲んでみたい!そう思われる方も多いはず。

無茶苦茶いいやつ出ますよ

 

皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

中村麻美

/ お酒の紹介

季の美 ドライジン

皆様こんばんは、中村です。

 

だんだん冬支度の福岡

我が家でも猫が丸くなっております。

 

本日のブログは現在にわかに世間をにぎわし始めている「クラフトジン」のお話。

お酒に興味がある方ならすでにお試しになられた方も多いかも。

 

ジンはスピリッツというものに属します。

4大スピリッツといえば、

ウォッカ

テキーラ

ラム

そして

ジン。

 

名前は聞いたことあったりカクテルのベースで飲んだりすることは多くても、単体で飲むことはあまりない気がします。

 

皆様はいかがでしょう。

 

私は本当にスピリッツを単体で飲んだことがほとんどなくて、

テキーラなんか特にショットで飲んで悪酔いした記憶がよみがえる程度

ラムは甘味が強いので割と好んで飲むかな、くらいなイメージ。

 

 

そんなスピリッツですが、ここ数年、アルコールの中でもこのジンが少しずつ話題になってきているのです。

私自身もちょっと興味があってクラフトジンが出始めたころ、あるクラフトジンを自分で買って飲んだことがあるのですが、

 

あれ、ジンってこんな味なの?!

 

とその目くるめく華やかな香りと味わいに驚きました

 

 

もともとジンはオランダが発祥で、イギリスで良くも悪くも流行った、ジン。

現在では日本で造っているジンがいくつかあるのですが、

その中でも、最も注目されている、そしてジャパニーズクラフトジン先駆者といっても過言ではないジンがこちら。

 

季の美(きのび)

(日本/京都蒸留所)

22540219_1515655285194684_3698778127469809991_n 22552322_1515655298528016_8525561562030159344_n 22728661_1515655281861351_5329584242564977723_n

ジンの原料は、麦やじゃがいもを原料として蒸留されたお酒。

でもこの季の美はなんとお米が主原料

 

ジュニパーベリー(日本だと西洋杜松)という針葉樹の球果を使って香り付けをするのがジンの一番の特徴。

 

さらに、ジンはもともと個性があまりない味なのですが、季の美では副原料の個性が最大限に引き出されてあります。

 

もともとジンは、副原料であるボタニカルを浸漬させた液体すべてを一緒に蒸留して作っていたそうなのですが、

季の美は一つずつ副原料も別に蒸留してブレンダーさんがブレンドしているそうなのです。

 

副原料は、ジュニパーベリー以外は全て国産

 

玉露柚子ヒノキレモン山椒が入って季の美の味わいに奥深さを与えています。

これが和の要素で、足場がしっかりしたイギリス流のジンに様々な色付けを施して季の美となっていると感じます。

 

最近少しずついろんなジンを飲むようになってきっていて思うのですが、クラフトジンと呼ばれるものは、割って飲むのがもったいないくらいその一つで完成されているものが多く感じます。

ですが、ジンで有名なのはやはり、カクテルの、ジントニックやジンバック、それからヴェルモットで割って、オリーブが入っているマティーニとかでしょうか。

 

私の一番のお気に入りはやっぱりロックです

 

当店でも入荷したら即完売するほど注目度の高いアイテム!!

ちょっとお値段はぜいたくな一本ですが、飲めばその理由もわかります

 

私もすっかりジンの魅力に憑りつかれかかっております(笑)

 

住吉酒販一階にて販売しておりますので、気になったお客様は是非お早めにご来店くださいませ!

 

本日も皆様がおいしい食事とおいしいお酒で素敵な時間を過ごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

20 / 108« 先頭...10...1819202122...304050...最後 »