博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ 日常

山和酒造店 第四話

みなさまこんばんは、中村です。

久しぶりにきちんとしたブログを書いておりますが、

とうとう年をまたいでしまった山和さんのブログも今回なんと4回目!

去年のことですが、未だにいろいろ鮮明に覚えていることが多くて、

思い入れもひとしおです。

 

そんな蔵のブログもあと少し、お付き合いくださいね!

 

前回のブログはこちら

山和酒造店ブログ

第1話

第2話

第3話

 

さて、蔵の中を進んで麹室に案内していただいたのですが、

麹室の中は、私が見たことのない光景でした。

あれ?木箱がない!

 

そうなんです、山和さんでは木箱は使っていないそうなんです。

こちらの大きな箱も山和さん特注だとか。まんべんなく温度と湿度を保ってくれるそうで、保温性に優れ、機械で正確に温度を測ってくれるようになっていました。

 

15284895_1195479250545624_1263994122228251722_n

 

いままでこんなアイテムは見たことなかったです。

 

また本当に隅々まで美しく整頓されてあります。

 

中村「いやぁ、私は専務によくお前は酒造りには向いてないなーといわれるんですよー。」

 

伊藤さん「なんでですか?」

 

中村「超ド級に大雑把なので…。」

 

伊藤さん「あぁ、それは無理ですね(笑)」

 

本当に中村大雑把なので蔵の中の整理整頓とか見ると感嘆の息です。

細やかなところまで美しいです。

 

そんな会話をしながら移動し、お酒が入っているタンクが並ぶ仕込みの場所へ。

 

伊藤さん「じゃあ、本当に造りに向いてないのか試してみます?」

 

といわれ、櫂を渡されました。

 

伊藤さん「これで”ボコッ”とさせてください」

 

と言われ、伊藤さんがお手本を見せてくださいました。

 

櫂をタンクの下から上へ引き上げると

 

”ボコボコっ”

 

とお酒が下から大きなあぶくを立てて浮き上がりました!

 

それを見て、中村もチャレンジ。

 

”ボコッ”

 

おぉ!伊藤さんのようには大きく立たなかったもののちゃんとあぶくが!!

 

伊藤さん「あら、ちゃんと、”ボコッ”てできましたね、大丈夫です、日本酒造れますよ(笑)」

あらって頭についたということはできないと思われていたのかと思われます(笑)

この”ボコッ”ってできないとちゃんとお酒を混ぜたということにならないとかで、”ボコッ”が大事なんだそうです。そして意外にこれが難しいらしく、ちゃんと”ボコッ”ってなかなかできないとか。

 

やったー中村も日本酒造りに携われるー!

 

なんてもちろん思えるはずもなく…。

ですが一つでも日本酒の造りに携われそうなものがあってよかったです(笑)

 

15241394_1195479280545621_736166207400637101_n

 

 

伊藤さんのお写真を撮り忘れていたのでイメージがわかないかもしれないですけれど、

伊藤さん身長が182センチくらいあるそうなんですが、このタンクの上の方に上がられて、櫂を入れられると、よくタンク上の電球に櫂が当たりそうになっていました。

実際一度電球を櫂で割ってしまい、一本タンクをダメにしたこともあるとか!

うぅ、一本まるまるダメになるなんて…。

相当ショックですね。

 

そんなお酒が生まれているタンクからはぴちぱちと泡の弾ける音と、気持ちの良い若くて軽やかな日本酒の香りが立ち込めています。

 

一つ一つ香りを嗅ぐと、それぞれまた違った香り。

 

中村は山和さんのお酒は梨とか、白桃とかの香りのイメージを持つのですが、それを率直に伝えると、

伊藤さんはやはりそのような清涼感ある若くてフレッシュなお酒が根底のイメージということ。

山和さんのお酒は芳醇な香りというよりはすっきり爽やかな香り。

 

本当に清廉、清涼、爽やか、というイメージが強いです。

 

 

さて、山和酒造店さんのお話もいよいよ次回でラストです!

お正月休み、そして連休明けでなんだかすっきりしない方も、美味しいお酒で

今週乗り切っていきましょうね!!

 

本日もみなさまが美味しいお酒と美味しい食事素敵な時間を過ごされますように。

明日もみなさまのご来店心よりお待ち致しております☆

 

 

中村麻美

/ 食品

至高のチョコレート

お客様に頂いた「堅パン」というお菓子にはまっているはしもっちゃんこと橋本です。

 

楽しみにしていた食品が入荷しましたー!!

(というより食品の新入荷を毎度毎度楽しみにしている…食いしん坊万歳♡笑)

 

届いたのはコチラ!!

IMG_1588

大吟醸トリュフ 東一(あづまいち)

以前私が力説した東一バターサンドを皆様覚えていますでしょうか。

(忘れちゃった方はコチラ参照→http://sumiyoshi-sake.jp/blog/846

あのバターサンドを作っている佐賀の最強タッグ

竹下商店さん×シェ・ヤマモトさん

の新商品なんです。

 

今回も東一の大吟醸粕を使い、

出来上がった商品はチョコ!!!!!!!

 

冬に食べるチョコが幸せなのは言うまでもないですが、

お酒好きにとってこれほど至高なチョコが登場するなんて…

 

テンション上がりすぎた前置きはこれぐらいにして、

商品のご説明に参りましょう。

IMG_1588

パッケージは高級感あふれるシックなデザイン。

ブラウンのパッケージに品良く堂々と配置された箔仕上げの「東一」の文字。

ちょこんとゴールドのリボンがギフト感を盛り上げてくれています。

(リボンがちょこんと…ちょこだけに…ね♡)

 IMG_1589

リボンをほどくと

中からトリュフがこんにちは。

IMG_1590

少しデコボコとした表面は完全手作りで作っている証です。

 IMG_1592

持ち上げてみると軽いのですが、

中を割ってみてみると

IMG_1593

中身は密度の濃いクーベルチュールショコラのガナッシュクリームが。

見た目だけでは分からない酒粕はどこに隠されているのでしょうか…

 

食べてみると…

「プチプチッ」

…あれ?食感が面白い!

 

実は、このトリュフのガナッシュクリームにはいちじくが練りこまれているんです!!

いちじく好きな私はもうノックアウト!!!!

 

控えめな甘さのチョコにいちじくのプチプチの食感、そして飲み込むくらいの時に感じるほのかな酒粕の香りの余韻。

味覚、食感、嗅覚を刺激してくれるスイーツです。

 

酒粕の練り込み方も面白くて、

セミドライのいちじくを酒粕に漬け込んで熟成させ

その漬け込んだいちじくと熟成させた酒粕をガナッシュクリームに練り込んでトリュフに仕上げています。

酒粕を熟成させて甘みを引き出してから練り込んでいるので、こんなに違和感ない仕上がりなんですね。

 

ちなみに、原材料を見てみるとバターの文字が。

バターサンドの時は、高級発酵バターを使用していましたので

もしやと思い聞いてみると…

今回も高級発酵バター使用とのこと!

んーー贅沢♡

 

嬉しい点がもう一つ!常温保存が可能な点!

「お土産に持って帰りたいけど溶けたらどうしよう…」

「お土産をロッカーに預けてご飯を食べに行きたいけど…」

「買って渡すまで少し時間があいちゃうけど…」

なんて心配事が減ります。

無添加な上に常温保存可能だなんて至れり尽くせり!!!!

開発はさぞかし大変だったのではないでしょうか…。

IMG_1594

あーー五町田酒造さん、竹下商店さん、シェ・ヤマモトさんありがとうございます 

 

お酒好きなあの方への手土産に。

自分へのご褒美に。

試行錯誤の末に誕生した

東一の大吟醸の酒粕を贅沢に使って作られた逸品!

大吟醸トリュフ 東一

完全手作りのため少量生産、なおかつ季節限定になりますので、気になる方はお早めに!!!!

 

住吉酒販本店、博多デイトス店ともに取り扱いございます。

 

皆様のご来店、心よりお待ちしております♪

シェ・ヤマモト公式ブログ http://chezyamamoto.sagafan.jp/
竹下商店公式HP   http://www.yuzukosyou.com/

 

1/8追記

酒蔵スイーツのサイトがございましたので、ご紹介させていただきます♪

酒蔵スイーツ http://sakagura-sweets.jp/

橋本さき

/ イベント

もうすぐ月に一度のお楽しみ!

先日、はちみつレモンを仕込んで毎日レモンを食べてるはしもっちゃんこと橋本です。

2017年が始まって一週間が経ちますが

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今週末はさっそくイベントが待っています!

dean&delucaポスター20160108_アートボード 7 のコピー

つきいち日本酒マーケット

 

そうです、今週末は第2日曜日になるので

月に1度のお楽しみイベントつきいち日本酒マーケットが開催なのであります!

 

2017年一発目ということで

イベント内容を改めておさらいしたいと思います。

 

つきいち日本酒マーケットとは

毎月第2日曜日開催の月一イベントです。

IMG_1180

 

毎月変わるテーマに合わせて

食のセレクトショップDEAN & DELUCAの選りすぐりのフードと

住吉酒販厳選の日本酒のペアリングをお楽しみいただきます。

 IMG_0394

ご予約不要で、入場無料立ち飲み形式で肩肘張らずにワイワイと!

日本酒は1杯500円、フードは1皿500円~!

IMG_1174 IMG_1185

日本酒と食のペアリングの無限大の可能性に

きっと驚いていただける内容になっているかと思います。

 IMG_0408

参加の方法は、

①会場にご来場いただき、受付にて2千円お支払い

②2千円と引き換えに、会場内で使用する花札4枚(500円4枚)とその日のお酒とフードのラインナップが載った冊子がもらえます。

③会場内で飲みたいお酒、食べたいフードをそれぞれ注文(お支払は花札で。)

④めくるめくペアリングの世界を体感

⑤使用しなかった花札はお帰りの際受付にてご返金

⑥4枚で足りなければ、受付にてさらに追加も!!

 

1月のテーマは

『寒の水で仕立てる柑橘と冬の食材編』

ということで、寒ブリやらレモンやら焼き牡蠣やらが登場します。

 

なかでも私が楽しみにしているフードは

94471043_o2

「ELEZO 蝦夷鹿のテリーヌ・ド・カンパーニュ」

 (画像はELEZO公式オンラインストアより引用 http://elezo.shop-pro.jp/

 

DEAN & DELUCAさんで普段販売している商品なのですが、

このELEZO、実はなかなか取り扱えない商品なんです。

 

ELEZOは、狩猟や生産・熟成・加工・販売までを徹底した管理と磨き上げられた技術のもと自社で一貫して行う食肉処理流通業の会社です。

ホームページを見ても、そのこだわりようは明らか!

ELEZO 公式HP http://elezo.com/

ある意味芸術品のようなELEZOの商品、今回は蝦夷鹿(えぞしか)をテリーヌにしてあるものをメニューでご用意しております。

色々説明したいことは山ほどですが、とにかく、食べればわかる!!

食べてほしい!!

このイベントでこの素敵な商品が扱えることが嬉しいです♪

 

お酒も毎度スタッフで悩みに悩んでペアリングを決めています。

今回の私のお酒のお楽しみは

IMG_1574

寒紅梅 純米吟醸 原酒 prototype-J

 

三重県の寒紅梅は、佐賀の東一がお好きな方ならぜひ押さえておきたい銘柄です。

寒紅梅で試験的に醸造されたプロトタイプ。Jは14号酵母の頭文字です。

今回限りかもしれない試験的な醸造のお酒は、ぜひ飲み逃しなく!!

しかも、住吉酒販での販売分は完売

飲むしかない!!!

他の銘柄は、当日会場でのお楽しみです♪

 

では、改めてイベントのおさらいを。

 IMG_0389

つきいち日本酒マーケット

日にち1月8日(日)※毎月第2日曜日開催

時間 14時~21時(20時ラストオーダー)

場所 DEAN & DELUCA 福岡店(ソラリアプラザ地下2階)

日本酒1杯500円、フード500円~

 

12月のイベントの様子 http://sumiyoshi-sake.jp/blog/2560

SAKE TIMES https://jp.sake-times.com/special/report/sake_g_dean-deluca-fukuoka

 

3連休の真ん中なので

明日のことを気にせず飲めちゃう8日!

皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

橋本さき

/ お知らせ

1月の営業日ご案内

明けましておめでとうございます!

 

本店昨日から営業しておりますが、会う人に、

正月何キロ太ったか

と聞かれて自分がいかに怠惰な生活を送っていたことかと思い知らされております

新年一回目のブログのスタートの言葉がこれかと思いながら今年も大好きなお酒をたくさん飲んで新年を迎えたことに悔いはない中村です

 

年末は大変多くのお客様にご来店いただきありがとうございました!

ブログを更新することができず年内に完結できなかった山和さんの蔵見学ブログ、今年に持ち越してしまいましたが、近々完結させていただきます

 

今年もよろしくお願い致します。

 

新年一回目の中村のブログは営業日のご案内です。

今月1月はお正月休みが明けて、

 

通常通りの毎週日曜日と、

来週の月曜、9日が祝日でお休みをいただいております。

 

名称未設定-8-02

 

 

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。

 

皆様は良い新年は迎えられました?

今年も皆様に美味しいお酒を楽しんでいただけるように努めてまいります!

 

皆様のご来店、こころよりお待ち致しております☆

 

中村麻美

 

/ 食品

阿蘇の地よりおふくろさんの愛情届きました!

昨日は世界で1番好きな鳥レバーの旨煮を食べられて幸せチャージ満点のはしもっちゃんこと橋本です。

 

住吉酒販に新たな食品が仲間入りしましたー!!!!

 

商品のご紹介をする前に…

今回仕入れた商品の、まずグッとくるポイント。

作っている会社名がその名も「㈱阿蘇おふくろ工房」

 

おふくろさーーーーん!!!!!!

阿蘇のお母様方が心を込めて作ってくれています。

 

そしてグッとくるポイントその2、

無添加、無着色、安心安全な食品を作っています。

合成着色料や保存料は使用していないのでお子様にも安心して召し上がっていただけます。

 

ではでは、阿蘇おふくろ工房より入荷している商品ラインナップのご紹介です。

IMG_1334

 ①阿蘇本漬けたかな

阿蘇の大地で育った阿蘇たかなを漬け、カットせずにそのまま真空包装しています。

農薬を一切使わずに育てるたかなは、冬は雪に埋もれながらたくましく育ちます。

大きくは育ちませんが、その分旨味が凝縮されて独特のピリッとした辛味が出ます。

乳酸発酵による自然の優しい色合い、噛むほどに広がる旨味。

カットしていないので、好みの大きさで食べられますし

葉の部分でまるっとおにぎりを巻いて高菜むすびにしてもいいですね!

工房にお邪魔させていただいた時は、ちょうど袋に詰める作業が行われていました。

IMG_1349

なんとここも手作業!!1本1本大事に揃えて丁寧に折り込み袋に詰めていました。

愛情が細部まで行き渡っている漬けたかなです。

IMG_1336

②ふるさと味噌

原料の大豆、米は阿蘇産。麦はおとなり町の菊池地方で採れたものを使用しています。

味噌は3ヶ月ほどの熟成で食べられるようになるそうですが、

おふくろ工房では最低6ヶ月熟成。麹造りから全て手作業で仕上げています。

そのままでも食べれるぐらい柔らかい旨味と程よい塩分は料理の幅をぐんと広げてくれます。

IMG_1335

③味みそ

ハチミツを始め、人参や椎茸、たまねぎ、大豆などが入っています。

道の駅「阿蘇」でも大人気の商品です。

甘みのあるみそに、シャクっとした野菜たちの食感が楽しい♫

そのままお酒のあてにしたり、ほかほかご飯にのせても、野菜をディップしても、

トーストに塗っても、焼肉のタレ代わりに使っても、野菜炒めの味付けにしても…

個人的には、ホクホクのゆでたて大根にたーーーーっぷり乗っけて食べたい!!!!!

アレンジは無限大です。

IMG_1337

④阿蘇産大豆納豆

今回橋本の大大大お気に入り商品です。

お昼ご飯に納豆3パック食べるぐらい、納豆が好きな私ですが

この納豆には思わず唸りました。(というより叫んだような…)

まず、大豆は阿蘇産100%です。

遺伝子組み換えでもない、阿蘇で育った「ふくゆたか」という品種。

育った中でも大粒のものだけを厳選して納豆を作っています。

もちろん無添加、無着色。

この納豆を食べて一番感動した点はその食感!

もう、それはそれは『豆っっっ!!!!!!』って感じなんです。

しっかりとした歯ごたえに、しっかりとした豆の味。

豆を味わう、豆感抜群の納豆です。

 

今回は私なりに食べ方をいろいろ研究してみました。

 

納豆の蓋をあけると…

IMG_1348

薄く透けて見える納豆(早くご対面したいっ!)と、添付のタレ。

タレで食べるのが美味しいのはもちろんなので今回はあえて使わずに!

IMG_1338

フィルムをはがすと、姿を表した納豆の粒の大きさにまずうっとりです。

 

納豆の基本はまずは、何も入れずにしっかりかき混ぜる!!!!

IMG_1339

こちらの納豆は粘りがたくましい!!

かき混ぜるとあれよあれよと団子状になります。

IMG_1340

今まで出会った納豆では感じたことのない力強さ!

 

では味付けを。

 

まずは…

塩!!!

この納豆と出会ったときに、絶対に塩で食べたい!と思ったので

その直感を信じることに。

IMG_1341

使ったのはトリュフ塩。

その名の通り、トリュフの香りのするお塩。

納豆にトリュフ塩なんて…香りがどうなることかとご心配される方も多いかと思いますが。

これが、合うんです。

トリュフの香りがやさしく納豆を包みます。

お互いの香りが優しくちょうどいいところで落ち着く!

西洋と東洋の素敵な出会いです。

オリーブオイルちょこっと垂らしても良さそうです。

 

続きまして…

チーズ!!!!

IMG_1342

今日は住吉酒販本店で販売しているチーズで

カマンベールを使用しました。

カマンベールを納豆の粒と同じくくらいの大きさにカットして

まぜまぜした納豆の上にON!

IMG_1343

さらにまぜまぜ。

納豆の旨味にさらにチーズのコクがプラスされました。

塩気が足りない方はお醤油をちょこっと垂らしても♪

IMG_1344

私はミツル醤油さんの「生成り、うすくち」を足しました。

立派なおつまみです。

 

最後は…

海苔の佃煮!

IMG_1345

合わせる前から合うのがわかり切っていますが

あえてやります!

そう、私が食べたいんです!!!笑

IMG_1346

このビジュアル、食べる前からもう美味しい。

しっかり混ぜていざ実食。

IMG_1347

おおお…おーいしーー!

このままご飯にかけて間違いないですね。

私は納豆は温めたくない派(そんな派閥が存在するかは分かりませんが)なので、

このまま口いっぱいに頬張りました。

豆の味がしっかりしているので、結構甘めの佃煮でも合いますよ♪

 

お昼ごはんに納豆のバリエーションを追求していたら

あっという間に3パック完食してしましました。

 

みなさまの納豆のオリジナルレシピございましたらぜひ橋本まで!!!

 

阿蘇おふくろ工房さんの自慢の漬けたかな、お味噌たち、納豆は

住吉酒販本店、博多デイトス店共にお取り扱いございます。

明日も皆様のご来店、心よりお待ちしております!!!!

 

橋本さき

/ お知らせ

デイトス店 年末年始の営業のお知らせ

高校3年の時は掃除場所が美術準備室だったはしもっちゃんこと橋本です!

 

12月も後半戦に突入し、今年も残すところあと10日ほど!

少しずつ年末感が漂って来ましたね。

IMG_1269

住吉酒販博多デイトス店、年末年始の営業についてのご案内です。

 

博多デイトス店年中無休となっておりますので、定休日はございませんが

年末年始は、一部営業時間や営業内容が変更となっております。

12/30  通常営業(8時~21時)

12/31  8時~20時

1/1~   通常営業

なお、

12/30~1/3は販売のみの営業となり、

角打(立ち飲み)はお休みさせていただきます。

何卒ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

IMG_1268

年越しの時に呑むお酒はお決まりですか??

美味しいお酒や食品、素敵な酒器を揃えて皆様のお越しを心よりお待ちしております!!

橋本さき