博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ イベント

ビアスナックあさみ vol2

みなさまこんばんは、中村です。

すっかり肌寒いですね

私は先週金曜日、ライブで大暴れ、土曜日、仕事終わって東京へ、日曜月曜と東京でビールとチーズのお店を見て回り、火曜になるちょっと前に帰宅。

火曜はチャキっとお仕事して、水曜の昨日はカニ取りに行くというばりばりのアクティブで怒涛の日々を過ごしております

カニ取りレポートは近々橋本がブログにアップするのでお楽しみに!!個人的にも相当楽しくて毎週通いたいくらいでした(笑)

もともと割と黙々作業するのは好きなので、日がなカニに向き合う人生も悪くないなと思ったアラフォーです…

 

 

さて、それはさておき(笑)

今回は今月のビアスナックあさみの告知です!!

image

今月は今週土曜***********************

10/15(Sat)

12:00-18:00

本店二階

******************************

 

にて、ビアスナックあさみオープンいたします!!

 

今月のテーマは

 

勝手にオクトーバーフェスト

 

そうです、10月ですね!

となると、有名なところだとオクトーバーフェストです。

実際のミュンヒェンのオクトーバーフェストはすでに終わってしまいましたが、福岡の冷泉公園でのオクトーバーフェストはちょうど始まりますね!

冷泉公園に行く前によろしかったらお立ち寄りください!

今年はドイツでビール純粋令ができて500年という大きな節目の年。

そんな中でオクトーバーフェストはもちろんのこと、私がイベントさせていただけるのも大変光栄です!!

 

今回は中村が愛してやまない、ドイツの、ドイツで愛されているスタイルを中心にお出しします。

結構今までだと当店が弱かった部分にもなるのですが、今回ど定番のドイツビールではなく、当店ならではのドイツスタイルビールをご提供します。

 

そしてなによりも!!

 

今回初住吉酒販お目見えのドイツから到着したビールがあるんです!!

 

こちらもまさかまさかの、2種類、2スタイル1種類ずつご提供させていただきまーす

 

冷泉公園のオクトーバーフェストもとっても魅力的ですが、ビールの内容だけなら絶対負ける気はしません…

全然違ったドイツスタイルのビールもぜひお試しくださいね

 

さてさて本日週を折り返した木曜日。

本日みなさま何を飲まれますか?

本日もみなさまが素敵な食事と素敵なお酒でいい時間を過ごされますように。

明日もまたみなさまのご来店心よりお待ち致しております☆

 

中村麻美

/ お酒の紹介

醸し人九平次 火と月の間に

みなさまこんばんは、中村です。

 

台風が過ぎ少し肌寒さもあります

明日からまた雨みたいですからどんどん秋も深まりそうです。

店内は冷蔵庫にまみれてますのですでに中村は凍えるほど寒いです…

 

冬が思いやられます

 

 

でも寒いとやっぱり楽しみが増えるのは

 

 

寒い中で飲む温かいお酒のおいしさと言ったらありません

そして、冷で飲む味と燗にした時の味の違いってとっても楽しめるもの

さらに、温かい温度から燗がさめてきた味もまた楽しめます

 

本日は私が日本酒っておいしいなぁと思ったお酒の一つ、

 

醸し人九平治

 

が出しているこの時期の限定

 

火と月の間に

 

のご紹介。

 

醸し人九平治 火と月の間に

(名古屋/萬乗醸造)

Classic Light

image

 

まだ学生だったころアルコールのおいしさがよくわかってなかったときに

父が買ってきたお酒を飲んで驚いた記憶があります。

いくつかそのような、日本酒で飲んでおいしいと思った瞬間のターニングポイントがあるんですけれど、

私は九平治との出会いはかなり大きく、日本酒を飲み始めるきっかけになったと思います。

 

そんな九平治さんが秋口に出す商品がこちら。

 

燗酒用なんです。

 

火と月の間に

 

は、燗

という字をばらしてつけられている名前になります。

 

九平治のお酒はどれもポンッと香り高く、グラマーなお米の味わいに、上品な酸味が特徴だと思いますが、

こちらの火と月の間には、冷で飲むとあまり香りもたたず、ふくらみも控えめ。

 

しかしやはり、燗酒用のこちらは、燗にするとぽわっと開く味わい

思わず目じりが下がり口端がほころびます。

 

香りもほわほわとあたりを漂って鼻をくすぐり、

口をつけると、ふくふくとした優しいお米の味わいが舌に乗り、じんわり体にしみわたります。

 

私はぬる燗が好きですが、少し温度が高くてもいいお酒です。

あまり力強くないクリーム系やチーズ(旨味が強いハード系が私は好みです。)なんかもあいます。

みそ仕立てのもつ鍋で、最後の締めにチーズリゾットなんかの隣にあっても私は好きです

わりとシャープな味わいを冷で感じることができますが、燗につけると本当に面白いほど膨らんで、

舌の上から体中に溶けわたっていく感じが本当にたまりません。

体も溶けてしまいそうです

 

本日私は店内で一人寒い寒いとつぶやいておりまして、燗が飲みたくて仕方ありません

今日は暖かいお酒を飲もうと思います。

 

本日木曜日、明日を乗り切れば週末ですよ!

皆様本日は何を飲まれますか?

 

本日も皆様がおいしいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされますように。

明日も皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

 

/ お酒の紹介

みむろ杉

みなさこんばんは、中村です。

 

今までにないほど強い勢力の台風が接近。

ということで身構えていましたが、案の定福岡ではそれほどの

被害に見舞われることもなく、昼過ぎからは風は強いものの、

ゆっくりと晴れて行っております。

皆様いかがお過ごしですか?

 

今日は魂が酒に乗っていると言っても過言ではないほど、

その底力たるや若さだからか、まさに台風のごとく突っ走る姿勢は思わず感嘆を漏らさずにおられない

当店でのお取り扱い新たなニューフェイス

しかしその歴史は古く、日本最古の杜氏の神様が祀られてあるすぐそばで醸されてあるという、

 

みむろ杉

(奈良/今西酒造)

 

image

をご紹介します。

 

奈良の三輪にて醸されてあります。

三輪にはかなり多くの神話、歴史があり、神話好きな中村はテンション上がります

こちらとお取引がスタートした時からもうお蔵さんにお邪魔したくて仕方ありません

 

日本最古の神社である大神神社が鎮座するその場所には、

先ほどお話した通り、日本書紀に現れる実在の杜氏さんが祀られてあったり、

杉たまの親分がここにいたり(全国の杉たまはここで作られて旅立つものがかなり多くあるそうですよ!杉たま発祥の地なんだそうです。)、病気平癒の神が、薬水湧き出る井戸が、さまざまな逸話宿る場所に囲まれた中にある今西酒造さんは、江戸の初期1660年から現代まで続く酒蔵。

 

その酒を醸す先陣を切る方がこの方

今西将之さん。

image

 

見た目通り

若い!

お父様が急逝されて蔵に戻ってきて何もわからないところから始めた酒造りは今期で4年を終えたところ.

そのころの蔵は今と違い、全く活気もなく、地元用のお酒を変わらず作り続けていただけだったとか。

今西さんが蔵に戻って現在、3人でお酒を作られてあるとのことですが、平均年齢28歳。

全員サッカー部.バリッバリの体育会系だそう

 

体力には自信があるんですと、笑って語ってくださった今西さんですが、

お話を聞くとめまいを覚えるほどの体力勝負の造りをされてあります。

 

普通だと、シューターを使うところをシューターを通さず全て手運びしたり、

洗米も少量ずつを繰り返し、限りなくクリアになるまで洗ったり、

とにかく走る、動く、止まらない蔵人のご様子…。

しかもメイン3人、お手伝いさんが入ったとしても数人。

 

ご自身たちが目指す、クリアで旨味のある酒にとって余分な味の原因を断つため、極力出来上がるまでに余計なものに触れさせないのだそうです。

 

お客様が満足してくださるにはいつも全力

 

言い訳を自分たちにできない、しないようにするには全力でし続けるしかないですから。

 

と今西さんは笑顔で話されました。

ご自身も造りの時は蔵に泊まり、夜な夜な温度チェックも欠かさないとか。

全力がとめどないです…。

酒造りに対する情熱が素直に真摯です。

 

もちろん、さまざまなお蔵さんがそのような状況で醸されてあることも承知しておりますが、

若い世代だからか、溢れる素直さと、そのパワフルさがこちらも素直に好感をもってしまいます。

 

また、みむろ杉は三輪の風土を生かした酒造りにも余念がなく、

現在どんどん地産のお米を使用してお酒を醸されてあります。

露葉風はほぼ全量地産

山田錦は約半分28BYでは8割にまで地産のお米が使用されるそうです。

 

なぜ地産にこだわるのかの一つの理由としては、

地産のお米を洗米すると、どんな特級のお米よりも割れにくいのだとか。

仮説だそうなのですが、三輪さんのやや軟水の伏流水で作られるお米を同じ伏流水で洗うと、

その水で育ったお米にとってはショックが少ないから割れにくいのでは?とのこと。

 

現在は農家さんとタッグを組んで地産のお米をもっと増やそうとする取り組みもされてあるそうで、より自分たちの地元を活かした造りになっていくと思うとこれからのみむろ杉の進化はどんどん楽しく美味しくなっていくばかりと想像するだけでワクワクしてきますね。

 

みむろ杉のお取り扱い店舗は現在全国でも17店舗。

九州は当店のみのお取り扱いとなっております。

 

クリアで旨味があるという、一見して相反する味わいを追求するみむろ杉。

しかしそのお酒は本当に、クリアな飲み口なのに、しっかりした味わいがあります。

それぞれにもしっかり特徴が出ているので、是非一度お手にとって見られてください。

 

現在はひやおろしも入荷しておりますが、中村今のお気に入りの一本です

 

本日水曜日、週の真ん中!

みなさま本日は何を飲まれますか?

みなさまが本日も美味しいお酒と美味しい食事で素敵な時間をお過ごしください。

明日もみなさまのご来店心よりお待ち致しております☆

 

中村麻美

/ イベント

10月9日は天神で!

博多銘菓「通りもん」を久しぶりに食べたら美味しさにびっくりしたはしもっちゃんこと橋本です。

 

今週末は、月に一度のお楽しみ

つきいち日本酒マーケット

が開催です。

thumb_IMG_9037_1024

 

つきいち日本酒マーケットとは、

食のセレクトショップDEAN & DELUCAさんが厳選したおつまみと、

住吉酒販が厳選した日本酒でペアリングをお楽しみいただくイベントです。

立ち飲み形式で、ご予約不要で、どなたでもお気軽に!なイベントとなっております。

お酒1杯500円

フード 500円~

住吉酒販デイトス店の角打をご利用頂いたことある方にはお馴染みの

花札精算システムで、当たりがでれば1杯サービス!!!なんてオマケもございます。

 

イベント10月のサブテーマは

「わずかなすきから秋の風」

ということで、

一口くちにすると、旨味がどばばーっと口中に広がる秋の味覚

きのこ

をメインにフードはご準備しております。

 

きのこの中でも、トリュフが目白押し!

香り高いトリュフがあれやこれやとふんだんに使われています。

 

 

昨日はDEAN & DELUCA FUKUOKAのスタッフさんと最終的なペアリングの打ち合わせをしました。

IMG_9582 IMG_9583 IMG_9581 IMG_9580

香りの強いきのこ料理に、どう日本酒を合わせるか。

ぴったりペアリングできたときの快感たるや!

 

この「日本酒とお料理がぴったり合う」という感覚をぜひ皆様にイベントで体感していただければと思います。

 

お酒は今回も12種類ほど持っていく予定です。

IMG_9584

どれを持っていくかは当日のお楽しみです…♪

 

毎月第二日曜日開催

つきいち日本酒マーケット

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

IMG_9579

****************************************

『つきいち日本酒マーケット』

@DEAN & DELUCA FUKUOKA(ソラリアプラザ地下2階)

福岡市中央区天神2丁目2−2−43

日時:2016年10月9日(日) ※毎月第2日曜開催

14時~21時(20時ラストオーダー)

料金:入場無料

日本酒 一杯500円

フード 500円~

 

DEAN & DELUCA FUKUOKA FACEBOOKページ https://www.facebook.com/Dean-DeLuca-fukuoka-670952963009885/

【問い合わせ先】

DEAN & DELUCA FUKUOKA 092-739-0207(担当 大谷)

住吉酒販 本店 092-281-3815(担当 畑瀬)

住吉酒販 デイトス店 092-473-7941(担当 橋本)

****************************************

 

橋本さき

 

/ 日常

住吉酒販 社員旅行part2

山登りデビューして、今日はバキバキ筋肉痛で動きがロボットみたいなはしもっちゃんこと橋本です。

 

住吉酒販の社員旅行の続きをば書かせていただきます。

 

熊本県の玉名郡にある酒蔵「花の香酒造」を後にした一行は

続きまして同じ熊本県の「玉名牧場」へ。

thumb_IMG_9544_1024

牧場主の矢野さん。

 

thumb_IMG_9536_1024

玉名牧場は、東京ドーム約3個分の広大な土地を切り開いてつくられた「自然の営み」をお手本に運営されている牧場です。

この広大な土地で飼われているのは30頭のジャージー牛と、300羽のニワトリ、そして豚ちゃん。

 

自然農法なのでもちろん放牧。

thumb_IMG_9535_1024

牛舎らしい牛舎はなく、広大な土地を自由にウロウロしています。

 

thumb_IMG_9174_1024 thumb_IMG_9176_1024

thumb_IMG_9158_1024

赤ちゃん牛たちとにわとりが同じ区画でのんびりとしている光景は、初めて見る私はとてもびっくりしましたが、よく考えたらこちらの方が自然なあるべき姿ですね。

しかも驚くのは、牧場主の矢野さんが自らの手で切り開いた、ということ。

東京ドーム1つ分でも私はへこたれそうです…。

東京ドーム3個分の広さ、自分の手で。

その時点で矢野さんの決意と情熱が尋常ではないことが伺えます。

 

thumb_IMG_9149_1024

牧場の入り口でお出迎えしてくれたこちらの一頭、その名もアイちゃん

牧場のアイドルです。

thumb_IMG_9540_1024

アイちゃんの年齢は今年で16歳。人間の年で言うと80歳、おばあちゃんです。

玉名牧場始まった当初からのメンバーです。

とっても優しい眼差しと落ち着いた性格で、見つめ合うだけで癒されました。

thumb_IMG_9541_1024 thumb_IMG_9545_1024

そしてアイちゃんのすごいところは、15回出産を経験しているというところです。

現役で妊娠、出産して、ミルクも出して、子育てもします。

一般的な牛は、出産は多くても3回、牛舎で飼われている牛は自分の力で出産ができないので人間が引っ張り出します。

アイちゃんがなぜそんなに高齢出産が可能なのか。

それは、牧草を主食で食べ、本来のあるべき姿で過ごし、もつべき力を備えているからなんです。

thumb_IMG_9525_1024 thumb_IMG_9524_1024

アイちゃんが出産した子牛たちも牧場内で悠々とくつろいでいます。

一見ガリガリで痩せすぎのように見えますが、これも本来の姿。

thumb_IMG_9535_1024

牧場内にはえている牧草を、食べるべき量食べ、ストレスなく過ごしています。

ストレスがないので、性格はみんなとっても穏やかです。

thumb_IMG_9166_1024

1頭1頭に名前がつけられ、牧場の方々に可愛がられています。

私たちからみたらみんな同じ顔に見えるのに、1頭1頭見分けがつくのは、毎日愛情を持って飼育員の方が接している証拠ですね。

途中、矢野さんがなにやらかたまりを拾って私たちに見せてくれました。

thumb_IMG_9538_1024

手にしていたのは

牛の糞

「匂いを嗅いでみてください。」

ぎょっとする一行。

thumb_IMG_9156_1024

おそるおそる顔を近づけて嗅いでみると…

臭くない!

びっくり、無臭なんです。

thumb_IMG_9163_1024

しかも乾燥してパサパサ。

私の知ってる牛糞は、臭くてべっちゃりしています。

玉名牧場の牛たちは牧草だけを食べているから臭わないんです。

牛たちが牧草を食べる

糞をする

糞が肥料となる

肥料で牧草が育つ

というエコなサイクルが成り立っているんですね。

 

この余計なものが入っていないパサパサのうんち、

野菜にも同じことが言えるのだそうです。

本来あるべき正しい野菜(植物)の姿というのは、

パサパサに枯れていくんです。

窒素過多の土壌で育った野菜たちは、どんどん溶けてドロドロになっていきます。

私の家の野菜室でも、たまに腐ってドロリとした野菜が転がっていることがあります。

thumb_IMG_9539_1024

「いい野菜は腐らない」

何年たっても枯れていくばかりで、腐らないんだそうです。

また、「おいしそうな野菜」をスーパーで選ぶ時に

「色の濃い色あざやかな野菜」を選んでいましたが、あるべき育てられ方をした野菜はむしろ色が淡いのだそう。

自分の選び方が間違っていたのだと、怖くなりました。

減農薬・有機栽培も一見とても聞こえがいいですが、そこにはいろんなからくりが隠されていて

むしろ体には良くないものも中には一部あるそうです。

自分の口にするものがどういう土壌で、どういう育てられ方をしたかを考えることも大事だなと気付かされました。

「正しい情報を得て、選択する」ことの大切さ、そして「無知がいかに怖いか」と感じざるをえませんでした。

話をもどしましょう。

thumb_IMG_9160_1024

玉名牧場の乳牛たちは、牧草のみを食べ、あるべき姿で生活し、乳を出します。

その牛乳を飲ませていただいたんですが、まずその見た目に驚きました。

ヨーグルトっぽい色と言えば伝わるのか…

少し青みがかった色(緑っぽい?)をしているんです。

なんせ私は牛乳が大好きで、牛乳を毎日のように飲み、生クリームを毎日のように食べています。

私が知っている牛乳とは様子が違い、もっとサラサラ。

香りも爽やかです。

一口飲んでみると…

これまたサラサラ!

勝手な想像ですが、牧場で飲む牛乳って

「うわー!濃い!!」

ってなると思っていたんです。

玉名牧場の牛乳はいい意味で裏切られました。

サラサラで爽やかな甘みで、飲んだ後は飲んだの忘れるぐらい口の中がすっきり!

玉名牧場の牛乳は、乳脂肪分が4〜5%あります。(一般的な牛乳で3.5程)

なので濃厚なはずのに、なぜかさっぱりしている。

この秘密は、牧草のみを食べて育ったので牛乳に不飽和脂肪酸が多く含まれているからなんです。

不飽和脂肪酸は、血中のコレステロールや中性脂肪を調節を助ける働きがあると言われています。

固まらずにすぐ溶けてサラサラな性質があるので、玉名牧場の牛乳は飲んでもサラっとしているんです。不飽和脂肪酸は体脂肪にもなりにくいと言われているんですよ♪

 

この牛乳を使って、玉名牧場ではチーズも作っています。

ラインナップとしては

ルミエール…酵母菌で発酵させた熟成タイプのチーズ。フランスでは山羊の乳でつくるのが一般的。熟成するにつれてとろっと濃厚になっていく。もちろん若いまま食べても◎。お料理に調味料として使っても良し。

牧草の恵み(カマンベールタイプ)…フランスの伝統的製法に基づいて作られたチーズ。濃厚なミルク感と白カビの風味が特長的。

クリームチーズ…牛乳、食塩のみで作られたチーズ。一般的なクリームチーズよりも水分量が少なめでギュッと凝縮感があります。

フロマージュブラン…塩を使用せず、牛乳のみで作られたフレッシュなミルク感もあるチーズ。しっかりとした食感でお料理にもお菓子づくりにも使える便利な万能タイプ。

モッツァレッラチーズ…ジャージー牛乳で作られた、ほどよい塩気のさっぱりチーズ。そのままでも加熱しても◎。

これらのチーズは住吉酒販でも購入いただけます。

 

 

玉名牧場には昔の里山の姿がそのまま残っていました。

自然と共に暮らし、自然のありのままを受け入れる。

あるべき姿がそこにありました。

「自分」をつくる要素をどう選択するか。

その選択のためにもまずは「知る」ことが第一歩。

「食」を含む「暮らし」を考え直すきっかけとなりました。

 

お勉強のあとは、お楽しみバーベキュー! 

thumb_IMG_9533_1024

 

お酒を持参して(ビールサーバーまでも!笑)

thumb_IMG_9530_1024

thumb_IMG_9527_1024

命のありがたさを感じながらいただきます!!!!!

 

外で味わうお酒はおいしさ倍増!

thumb_IMG_9167_1024 thumb_IMG_9531_1024

みんないい笑顔です。

 

玉名牧場の牛のお肉は、牛肉特有の匂いがほとんどなくすっきりしています。

焼肉のタレをつけるなんてもったない!バーベキューだけど味付けは岩塩のみ!

くどくない上に甘みがひきたって、永遠に食べられちゃいます。

 

thumb_IMG_9526_1024

手作りのピザや

無農薬栽培のお野菜たち

クリームチーズを柿に乗せて、ブルーベリーソースをかけたもの

一番感動したのは「キノコのホイル包み焼き」!(がっつきすぎて写真とるのを忘れました…)

味付けは玉名牧場のチーズのひとつルミエールが使われています。

thumb_IMG_9547_1024

ルミエール、焼きおにぎりにのせてチーズリゾット風にもしていただきました。

チーズが調味料に。ルミエールのまろやかな塩っ気と、むっちりミルク感はお料理に味付け+コクを与えてくれます。

 

thumb_IMG_9534_1024 thumb_IMG_9532_1024

玉名牧場には、犬や猫も住人です。

動物好きなスタッフは、とっても癒されてました。

 

住吉酒販一行、

矢野さんご家族と動物たちとの別れを惜しみつつ

これにて帰路につきました。

 

thumb_IMG_9542_1024

玉名牧場の皆様

ありがとうございました。

 

先述しましたが玉名牧場のチーズ、住吉酒販両店にて取り扱いございます。

博多デイトス店では角打(立ち飲み)のおつまみでもお出ししており〼!

ぜひお試しください♪

 

今日も皆様が素敵なお酒と出会えますように!

 

 

玉名牧場公式HP http://www.tamanabokujo.jp

玉名牧場オンラインストア https://tamanabokujo.stores.jp

 

橋本さき

/ お知らせ

10月のお休み

皆様こんばんは、中村です。

 

10月の本店のお休みのお知らせです。

 

下記のカレンダーの赤い四角のところ、日、祝日と、おやすみいただきます。

ご来店の際はご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。

今月は9,10との日月曜日が本店連休をいただきます。

ご迷惑おかけしますがよろしくお願い致します。

 

image

 

 

 

今回の「ビアスナックあさみ」は10/15土曜日となっております!

 

おつまみもついて2スタイル各4種類ずつのお試しができます☆よかったらぜひご来店くださいね!

 

 

 

中村麻美