博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

「兜釜蒸留」見学体験記

みなさんこんにちは。

普段は博多駅店にてドヤ顔かましております。

もちろん無意識です。ドヤこと山口と申します。

最近は少し暖かくなってきて、いよいよ春到来って感じですね~。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

僕はもっぱらお家で1人映画鑑賞派です。

そんなことはさておき。

突然ですが先日、私山口、大和一酒造元にお邪魔してきました!

IMG_6188

大和一酒造元とは、熊本県は人吉市にある明治時代から続く大変歴史ある焼酎蔵です。

ところで人吉といえば、そう「球磨焼酎」の生産地として有名ですね。

ちなみに「球磨焼酎」とは、特に米のみを原料として、人吉球磨の地下水で仕込んだモロミを、人吉球磨で蒸留して瓶詰めしたものを言うそうです。

現在、球磨焼酎を醸す蔵元は全部で28にのぼります。

IMG_6086

こちらの大和一酒造元もその「球磨焼酎」蔵の一つというわけですが、そんな大和一酒造元のなかでも、特に個性的な焼酎があります。

ズバリ「明治波濤歌」

IMG_6199

ラベルを見てみると、

どんぶり仕込み???

兜釜蒸留???????

聞き慣れない言葉のオンパレード

まったくもってサッパリです。

そこで今回はこの「明治波濤歌」の謎に迫っていきたいと思います。

ということでやってきました。

IMG_6091

IMG_6183

こちらは、社長の下田文仁さん(と僕)です。

まずは命名の由来からです。

お察しの方もおられるかもしれませんが、こちらの銘柄名は、主に昭和に活躍した作家山田風太郎の小説「明治波濤歌」から名付けられました。

こちらの小説は、明治という激動の時代において「波濤(ナミ)」を超えて、「海の向こう側」と関わりを持った人々の物語を綴った中編小説です。

本の初めにこんな一節があります。

“波濤(ナミ)は運び来り

波濤(ナミ)は運び去る

明治の歌

激動の時代において、「新たに日本にもたらされたもの」「反対に失われたもの」が表現されているともとれる一節です。

そしてそれは「球磨焼酎」にも当てはまることでした。

というのも現代の球磨焼酎の造り方と、明治、またそれ以前の球磨焼酎の造り方には大きな違いがあります。

「球磨焼酎」にも合理化の波濤(ナミ)が訪れたわけです。

そこで立ち上がったのが、下田さん。

というわけ。

なんと下田さん、今はもう忘れ去られてしまった「伝統的な球磨焼酎造り」を過去の文献などを頼りに、再現してしまいました。

「真の球磨焼酎」の復活と言っても過言ではありません。

それが「明治波濤歌」

う~ん、それだけでグッときますね。

明治と現在の焼酎造りで、何が違うかというと。

IMG_6097

明治現代(主に)

原料:玄米白米

麹:黄麹白麹

仕込み方法:どんぶり仕込み二次仕込み

容器:木桶タンク

蒸留:兜釜蒸留蒸気加熱・蛇管冷却

時代の変化とともに、より効率的な方法に進化していきました。

下田さんは、昔ながらの非常に手間のかかっていたやり方にもヒントがあるのではないかと考え、途絶えかけていた技術を復活させたわけです。かっこよすぎます。

一通り説明していただいた後は、そんなかっこよすぎる下田さん直々のご案内で蔵見学させていただきました。

IMG_6186

IMG_6098

こじんまりとして、温かい雰囲気です。

特徴的なのは、壁一面に飾られた絵画の数々。

IMG_6187

下田さんのお父様の趣味だそうです。お父様もこれまたクールです。

IMG_6104

こちらは麹室。なんと石造り、これも渋いです。

高湿度の室内で麹菌を米に繁殖させて、酒造りにはかかせない米こうじを造っていきます。

こちらが完成した米こうじ。

IMG_6111 IMG_6112

試しに食べてみると、麹菌がすこしフワフワとした舌触りに、しっかり酸味が効いています。貴重な体験です。

IMG_6119

こちらはなんと、蔵に湧いている温泉水です。

大和一酒造元では、こちらの温泉水を使って焼酎造りを行っています。

弱アルカリ性で、超軟水。甘みもしっかりあり、水だけで十分ごちそうです。

美味い水、こちらも酒造りにはかかせない要素です。

IMG_6127

このつぶつぶの山が明治波濤歌のモロミです。

白米ではなく玄米を使用しているので、少し黒っぽく、よく水を含んでふっくらしています。

IMG_6135

側面に目をやると、こんな感じで分離しているのがわかります。

この状態が、だいたい30日目ぐらいだそうです。

いよいよ蒸留の準備です。

まず、余分な酸を除去する為に木炭の粉末を加えます。

IMG_6138

少し混ぜ混ぜ。

次に籾殻をどっさり投入します。

IMG_6141

そしてさらに混ぜ混ぜ。

IMG_6144

こちらは後ほどの蒸留の際に役に立ちます。

ある程度かき混ぜたら、ザルでこします。

IMG_6149

IMG_6150

ザルでこしきれなかった分は後ほど圧縮して搾ります。

明治波濤歌で使用している「兜釜蒸留機」では、こうしてモロミを個体と液体に分けて蒸留します。

こちらは一般的な蒸留機では見られない、大きな特徴です。

さあ待ちに待った蒸留の瞬間

いよいよ「兜釜蒸留機」の出番です!

まずは大釜にモロミ(液体)を投入。まだこの時点では、茶色に濁った液体です。

IMG_6151

ところで搾り粕は捨てちゃうの??

と思ったそこのあなた。

安心してください、まだまだ現役です。

IMG_6152

ということでお次は、その搾り粕に、さらに籾殻を追加です。

IMG_6160

触ってみると、感触はふわふわ。袋に詰めたらいい枕になりそう

よく眠れそうです。

そうしてふわふわになった搾り粕で釜に蓋をします。

IMG_6156

その上から桶を被せて、竹筒を通して、最後に蓋をします。

IMG_6165

IMG_6166

IMG_6167

IMG_6168

この蓋が兜をひっくり返したような形をしていることから「兜釜蒸留機」と呼ばれているそうです。

ちなみに構造はこんな感じ。

IMG_6171

さあ蓋の上に冷却用の水を貯めて、薪に点火します。

IMG_6169

あとは直火でガンガン沸騰させること、約30分。

竹筒の先から蒸気が吹き出します。

そして、ついに!

ついに!!!!

IMG_6176

感動の瞬間です。

これが、明治波濤歌ハナタレです!

この時点ではなんと度数70

玄米由来の甘く、若干香ばしい重厚な香りが漂います。

こうなると明治波濤歌へのが止まりません。

愛が冷めないうちに、試飲会です!(ワクワク)

まずは、オンザロックでいただきます。

IMG_6180

なんとも爽快

雫の滴る音を聞きながら

なんと贅沢なひと時。

さあどんどんいきます。

お次は地元の伝統的な酒器「ガラ」と「チョク」で。

お燗でいただきまます。

IMG_6181

直火でガンガン燗つけます。

さらにこちらは下田さんが独自に改良して、飲み頃になると絵柄の色が変わるという優れものです。

う、ううう、うう、うま

しっかりとした甘味がさらに引き立ち、なんともまろやか。

ちなみにこちらが地元の伝統的な飲み方だそうです。

美味すぎる。これは完全にダメなやつです。

こちらの「チョク」通常のお猪口より一回り小さく、グイグイいっちゃいます。止まりません。

最後は、燗ロック!!

IMG_6178

あまり馴染みのない飲み方ですが、その名の通り一度燗つけたお酒を氷を入れたグラスに注ぎます。

私、感動しました。

ロックの爽快さ、燗のどっしり重厚な甘味とまろやかな舌触り。

まさにいいとこ取り。

まだお試しでない方、試す価値アリです。

明治波濤歌、様々な顔を見せてくれますなぁ。

こちらの「明治波濤歌」本店・博多駅店でも絶賛販売中です。

もちろん博多駅店の角打でも、ご提供中ですので、ぜひお好みの飲み方でゆっくり、じっくりとご堪能くださいませ。

最後に。

下田さん並びに大和一酒造元のスタッフの方々、まさに明治波濤歌のように濃厚な時間をありがとうございました!

それでは、本日もスタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております♪♪

それでは。

山口 “doya” 智史

/ イベント

今年も参戦!福岡城さくらまつり

日に日に暖かくなり、外でお酒を飲むのがますます楽しい季節ですね。
世間のごく一部で世界的大ブーム、「チェアリング」が趣味の上山です。

念のために説明しておきます。
チェアリングとは、、、色々な場所に折りたたみ椅子(チェア)を持って行って、楽しく酒を飲むこと。まさに引き算の酒飲みスタイル。非常に高尚な趣味でございます。

東京から引っ越してきてはや10日。
チェアリングスポットのロケハンに忙しい日々を過ごしております。

31478685_1629557870462203_5561490054225854464_n

さてさて、

3/21〜24にJR博多駅前で開催された九州酒蔵びらき、大盛況のうちに幕を閉じました。

普段なかなか出会えないお酒や美味しいおつまみに、ついつい長居された方も多かったのではないでしょうか。

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました

そして、

福岡では3/21にソメイヨシノの開花宣言が出されました。

というわけで、

今年も出店します。

福岡城さくらまつり
(クリックで公式サイトへ)

春を感じさせるフレッシュな冷酒、じんわり染み入る燗酒など多数ご用意しております。
昨年同様、とり祥さんと一緒のブースで営業しております

IMG_3027

(昨年の様子)

とり祥さんのどこまでも優しい、温かい水炊きと、住吉酒販厳選の日本酒。
それを約1000本もの桜、幻想的なライトアップの中で楽しめるなんて!

IMG_3023

 

心にも胃袋にも豊かな体験。参加しないわけにはいかないですね

気になる詳細です!

日時:3/27〜4/1(福岡城さくらまつりは23日より開催中)

18:00〜22:00

※桜園は18時からのライトアップ時間帯は有料エリアとなります

場所:特別有料ライトアップエリア桜園

gmap

屋台がずらずらと並ぶ桜グルメ屋台エリアではなく、

そこから奥に進んだところです。

上山もお気に入りのチェアと共に参加します。

一緒に楽しみましょう

たくさんのご来場お待ちしております

 

上山優貴

/ 食品

まぼろしの厚揚げを食べる

かくなったかなと思えば、

寒さがぶり返す。

 

まさに「三寒四温」といった今日この頃、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

こんにちは。

日々、健康小太り生活に

励んでおります山下です。

 

最近感銘をうけた言葉は

「栄養にまさるものなし」

実に滋味深い言葉であります。

 

 

さて今回はご存知、三原豆腐店さんの看板商品

「まぼろしの厚揚げ」

いろいろな食べ方で堪能してみたいと思います。

 IMG_6405

「さくっ、ふわっ、とろり。」

想像するだけで溢れるよだれで息が苦しいので

早速 いってみましょう。

 

ひとつめはこちら。

「三つ葉まみれの厚揚」

IMG_6414

サクッと焼き上げた厚揚げに

三つ葉をトッピング。

純生ぽんずとオリーブオイルで仕上げました。

 

三つ葉とだいだいの清涼感たるや。

罪悪感ゼロでぺろりといただけます。

 

いい仕事、してくれます。

IMG_6407

 

 

 

そしてふたつめ。

「鯛だし みぞれ餡かけ」

IMG_6416

大根おろしを鯛だしで軽く煮たものをかけて、

みょうがの粗みじんを散らしてみました。

 

もう、わかってる。

美味しいってことは、わかってる。

 

お豆腐と鯛だしの旨味が奏でるハーモニー。

大根おろしのやさしい甘みが全体を優しくまとめます。

 

ほんと、美味しくて便利。

IMG_6406

 

 

 

続いてみっつめ。

「新さつま節 × 生姜醤油」

IMG_6426

新さつま節をピーラーでたっぷり削りかけて、

生姜醤油をON。

 

これぞ王道。 

 

食べ応えあるかつおの旨み!

クリーミィなお豆腐に生姜がふわっと香ります。

 

いいから早く、お酒をください。

 

ありがとう。

一家に一本「新さつま節」。

IMG_6408

 

 

さあ、ラストを飾ります。

「焼き味噌に青じそ」

IMG_6412

米味噌に少量のお酒、鰹節を練りこんだものを

たっぷり塗ってこんがり焼き上げました。

 

実に男らしいたたずまい。
カズ、ダンディズム。

 

お焦げの香ばしさがたまりません!

これは燗酒ですネ。

ひとときの幸せを約束します。

 

 

 

 

と、いうわけでご紹介して参りました

三原豆腐店さんの厚揚げは

週に三回、本店に入荷致しております。

 

感動の厚揚体験をぜひぜひ

ご自宅でもお楽しみください。

 

合言葉は「はふはふ」です。

 

来週もみなさまのご来店を

心よりお待ちしております。

IMG_6095

山下洋平

 

/ お酒の紹介

山和 Spring

みなさまこんばんは、中村です。

 

お昼はだいぶ暖かいものの、朝晩はまだまだ寒く

自転車で通勤する時などは未だにダウンが手放せません

また、店内は冷蔵庫に囲まれているのでお昼に外に出ると日差しの暖かさが心地よいです

 

そろそろ桜も咲き始めますね。

今年もイベント盛りだくさんですが、お花見の日程もそろそろ決めはじめているのではないでしょうか?

 

この時期たくさん春のお酒が出てきますが、私が一押しする春のお酒はこちらです

 

山和 Spring

(宮城/山和酒造)

Modern Light

53668493_2147501308676742_5193057889740128256_n

ラベルで一足先に春気分です

今から夜桜で一杯。楽しみすぎる

 

開けるとさらりと優しい香り。

ブワッとくるようなものはなく、澄んだ空気の一部のようにながれてきます。

これぞ、山和…!

 

香りからすでに透明感が表現されているんですもの。

山和の美学はすでにそこから始まります。

 

では口に含むと。

 

甘さが控えめな桃の果汁のようなクリアでミネラルたっぷりの柔らかな口当たりから、

舌に乗せただけなのに身体中に溶け込んで染み渡るような味わいに思わず身体中がとろけてしまいます

さらにこちらの後口の素晴らしさはなんとも言い難い…

本当に舌から全て通り抜けて雪のように溶けて消えていき、

余韻はあるのに、嫌なアルコール感は全く感じず、

可憐な桜の花びらが散っていく様を思い浮かべてしまいます。

 

まさに甘露

 

お酒の域超えてしまった感じすら感じてしまいます

なにこの透明感。

お酒ってこんな感じだったっけ??

と思いました(笑)

 

透明感を表現するお酒はとても多いかと思いますが、その中でも山和のこのSpringは、

ずば抜けている気がします。

 

53792616_2147501342010072_8307435312833888256_n

 

食事と合わせてもよし、単体で味わうもよし、しっとり飲んでも、わいわい騒いでも

そのときのシチュエーションを超えて側にあると嬉しいお酒です…

 

今年のお花見にはぜひこのお酒、お勧めさせていただきます

もちろん、いつでも晩酌のお供にもぜひ

 

さて、本日、みなさまのお側にはなんのお酒が?

美味しいお酒と美味しい食事で本日も素敵な時間を御過ごしくださいね!

 

明日もまたみなさまのご来店、こころよりお待ち致しております☆

 

中村麻美

/ お知らせ

3月営業日のご案内。

みなさまこんばんは、中村です。

 

あっという間に3月がきますよ!!!!

ついこないだ2019年になったと思ったのに…。

 

そして今年の冬はなんだかあまり寒くなく、ここ最近も暖かい日が続き、

近くの川沿いでは早くもすっかり桜が咲いていたりします

 

さて、3月の営業日のご案内です。

 

03

 

 

今月も日曜のみお休みをいただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い致します。

 

 

3月はわれわれお酒ラバーズにとって待ち遠しいあのイベントを今からワクワクしてその日を待ち望んでいます。

たくさんのお客様もお待ちいただいているあのイベント、今年もやってまいりますよ…!!

 

52995457_2136038453156361_4962589270326902784_n

 

今年はいつも以上にインパクトのあるポスターとなっているのではないでしょうか

 

しかもしかも、蔵元さんは、あそこやらここやら、えーあんな蔵元さんが?!

というような全国から絢爛豪華に福岡博多に大集結です

スタッフ一同最初聞いた時大歓喜でした(笑)

 

我々が何より一番楽しみかもしれないこのイベント。

詳細は追ってご案内させていただきますので、ぜひみなさまお見逃しないようよろしくお願いいたします

 

あっという間に春がきますね。

寒暖差に気をつけて皆様ご自愛くださいませ。

 

本日もみなさまが美味しいお酒と美味しい食事で素敵な時間を過ごされます様に。

明日もまたみなさまのご来店心よりお待ち致しております☆

 

中村麻美

/ お酒の紹介

-隆太窯-

皆さまこんばんは。

 

最近では、寒さもだんだんと落ち着き、

日中は暖かくなる事が増えてがすぐそこまで、

もうその辺りまできているなーっと勝手に感じちゃってる

中村ことシンノスケです。

 

いいですねー、日中暖かいというのは。

のんびりお庭でお茶でも飲みたくなりますなー。

 

さてさてそれでは本題に入りたいと思います。

今回僕がご紹介するのは、お酒ではなくこちらですっ!!

 

D5B7ABD5-F5E0-4501-8ADF-81B3EE2B3037

どぉんっ!!!

更に!!!

C7FCCF01-E155-4F78-A871-8108CAABEB54

今回は、ご紹介するものは【 焼き物 】です。

 

ご紹介する【 焼き物 】は全て「隆太窯」の焼き物達です!!

「隆太窯」とは、焼き物の里 佐賀県唐津市を代表する窯の一つです。

 

中里隆さん

中里隆さん (隆太窯さんのHPにて引用)

 

中里たきさん

中里太亀(タキ)さん (隆太窯さんのHPにて引用)

 

中里健太さん

中里健太さん (隆太窯さんのHPにて引用)

の三人で器作りを行っています。

 

場所は、唐津駅からは、車で15分程度かかる位置にあります。

 

C3316C80-1BC6-47D3-AE77-2509937884D2

 

 

僕は今回初めてお邪魔させて頂きました。

 

当日は、ドキドキしすぎちゃいまして写真を撮ることをすっかり忘れていたので

過去のブログから引用し雰囲気を感じていただけたらなーと思います!!

 

thumb_IMG_7286_1024

thumb_IMG_7293_1024

thumb_IMG_7287_1024

thumb_IMG_7300_1024

thumb_IMG_7312_1024

いいですねー。

ゆっくりとのどかな時間が流れていて、澄んだ空気

聞こえるのは森の音

研ぎ澄まされますね。

ステンドグラスが素敵だ。

 

今回入荷した【 焼き物 】は、こんな素晴らしい場所で作られています。

 

それでは、今回シンノスケナカムラが初めて仕入れてきた焼き物達をご紹介したいと思います。

まず初めに

 

354EE7AF-8FA6-4FF2-A934-D90E0DA64D02

そば猪口 各種 3500

どれもこれも可愛いですねー。

日常的だけど、日常的では無い。

モダンな部分とクラシックな部分が絶妙にまじりあっていますね。

どのセットにするか、どの組み合わせにするかも悩みますね。

2E26269A-A286-470E-B259-B7C851579D92

大きさは四合瓶と比べるとこのくらいです。

大きすぎず小さすぎず僕の左手にジャストフィット

51C727CB-D909-486B-AE93-844A47AE4F72

晩酌のお供に是非ともどうぞ!!

 

次はこちら。

D48EA928-FF2E-47C5-9582-610370777C03

唐津南蛮ビアコップ 3000

鉄分の多い土を使用し作られており、細かな泡立ちがよりその一杯を美味しくしてくれます。

 

唐津南蛮は、窯の中で置かれた場所や火のあたりぐあいで様々な表情に仕上がるそうです。

自分の直感で選ぶも良し、触ってしっくりくるものを探すも良し。

 

焼き物を選ぶのって楽しいですね!!

 

C3AF46C2-F85A-4542-8494-C18ACA3E6E41

 

大きさは先ほどのそば猪口よりも一回り小さいサイズです。

持っていることを一瞬忘れてしまうかの様なしっくり感。

もはや手の一部ですね。

見かけたら手にとってこの気持ちを感じていただきたですな。

 

では最後はっ!!

F89BCAD5-77C2-46F3-BF45-E6D0858C4DD1

黄釉蛤小鉢 2500

色が美しいですね。

芥子色がより食欲を引き立ててくれますなー。

形もグッと!!

ほうれん草のおひたしなどを入れてもよりお互いが引き立ちそうですな。

AB4EE4D0-DCA8-4898-B5CF-43C61A37127C

などなど数種類の焼き物達を今回、入荷しています。

ECF63931-786B-4445-91CA-E19AFE76719A

箸置き 4種 3000円 (5個1セット)

 

ご家庭用や贈り物にも最適です!!

 

CBA166A1-1D0C-4787-AE33-B065117E5586

 

 

大切な方へのプレゼントのお酒とセットにしてもいいですし、

ご自身への充実した時間を過ごすお供としても活躍してくれる事間違いなしです!!

 

入荷したてで、種類もまだまだございますので是非とも店頭で手にとって見て触って

最後にはご購入して頂けたら幸いです!!

 

それでは、来週月曜日の皆様のご来店を心よりお待ちしております!!!

2 / 10812345...102030...最後 »