博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

東鶴 特別純米 雄町 生酛造り

みなさまこんばんは中村です。

ゆっくり秋の空を感じる最近の夕方。

そろそろ秋の味覚も出てきて、お酒も少しずつ冷から常温、ぬる燗もおいしい季節になりますね

 

サンマ食べたいですねー

鮭も季節ですね

かぼちゃ炊いたのとか、

おいもふかしたものとか、

ナスもたまりません

 

秋の味覚にピッタリのお酒も少しずつ入荷しております

 

本日はこちらのご紹介。

 

東鶴 特別純米雄町 生酛造り

(佐賀/東鶴酒造)

Classic Rich

21106597_1467311210029092_2394454042568733755_n

開けた瞬間から広がるまろやかな酸味の渦…!!!

 

あー、これがきたらもうぬる燗が最高ですねー

秋が待ち遠しいなんて言ってられません

口に入れても広がるきゅーっとくる優しい酸が舌の上から横にかけて染み入ってきます。

 

私は鮭とたくさんのキノコのホイル焼きにレモン絞ってそれと一緒に飲みたいです

あ、でもサツマイモの甘煮とかもたまらない…甘々でなくて少し酸味があるやつ

 

そう、これには少しの酸味が欲しい

甘酢あんかけとかもたまらない

 

あぁもうよだれが!!!!

食事で威力が2倍3倍となってしまうお酒です

 

このお酒は絶対常温かぬる燗が私は好きですが、皆様のお好みの温度はいかがでしょう??

日本酒は温度が変わると表情も変わりますし、食事との相性もおもしろくなります!

いろいろな組み合わせで、ご自身の味の好みを探るのも楽しみの一つです。

 

ついつい飲みすぎ食べ過ぎてしまうのも困りますが

 

秋は本当に食事もお酒もまた楽しみが一層広がる季節ですね

陽が短くなってきて私は少し寂しくもありますが、涼しくなるのはうれしいです

みなさまはいかがでしょうか?

 

8月ももうすぐ終わりですね。

本日も皆様がおいしい食事とおいしいお酒で素敵な時間を過ごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

 

/ 食品

無農薬で育てたオリーブ、入荷しました。

最近サンドウィッチマンさんのコントをひたすら見ているはしもっちゃんこと橋本です。

 (今の所暫定1位は美容室でのコントです)

住吉酒販に素敵な食品がまた1つ増えました。

IMG_5931

ゆきのヶ丘オリーブ園 オリーブ新漬け(長崎 長与)

 

 

国産オリーブと言えば小豆島が有名ですが、

このオリーブが育つ土地は

長崎県西彼杵郡長与町。

IMG_5929

大村湾を臨む、海と山に囲まれた町です。

 みかんの栽培が盛んな土地ですが、近年はびわや梨、いちじくに加えオリーブの栽培も。

IMG_5911

ここで、榮木さん親子が中心となってオリーブを栽培しています。

そして榮木さんは、オリーブを無農薬で育てています。

 IMG_5914

無農薬で育てるということは、

手間、労力が倍以上かかるということ。

 IMG_5915

除草剤を撒いてしまえば、雑草を刈る時間と手間が省けます。

農薬を使えば、病気にもかからずすくすく成長し、収量が安定します。

 

でも、使わない。

 IMG_5920

毎日朝早くから畑へ来て、ひたすら雑草を刈るんです。

場所柄、オリーブ畑は斜面にあり、上下移動するのは一苦労。

 しかも現時点で6号園まであるゆきのヶ丘オリーブ園の畑は1つ1つがなかなか広い。

1つの畑の雑草を刈るのはかなりの重労働ですが、

毎日そうやって朝早くからと、夕方からとオリーブの木の様子を見ながら草刈りをはじめ、畑の手入れをしています。

IMG_5926

「畑こんだけ広いとやから農薬使ってせんね」

周りからそうアドバイスをもらうこともあるそう。

 

「私たちのオリーブを買ってくださる方々は、無農薬であるからこそ買ってくださってるけんですね」

そう言う榮木さんのとても正直で優しい笑顔は、オリーブとその先にいるお客様に向けられていました。

IMG_5922

農薬を使っていない榮木さんのオリーブ園の土はふかふかです。

自然な生態系でできているので、ミミズが土を耕し、微生物が枯葉を分解。

農薬を使っている土地と比べるとその差は歴然です。

歩いていてなんだか心地いい。

「自然に寄り添い、自然のもつ力を大事に農業をされている方」に共通して感じられる感覚です。

(例えば先日訪問させていただいた宮崎の梅農園「徳重紅梅園」さんでも「土」を大事にされていて、ふかふかの土壌でした http://sumiyoshi-sake.jp/blog/3357

 

「僕もここからの眺めが一番好きなんです」

6号園まであるオリーブ畑の中で、榮木さんお気に入りの眺めという2号園へ連れて行っていただきました。

 

車で山を登ること5分ほど。

IMG_5928

大村湾を一望できるオリーブ畑。

ぼーっと眺めていたくなる素敵な景色でした。

ただ、ここを草刈りするとなると…大変なことは容易に想像できます。

高所恐怖症の私は、その光景を想像するだけで鳥肌が…。

それでも無農薬で育てる榮木さんの意志!

 

ゆきのヶ丘オリーブ園で育てられている品種は

ネバディロブロンコ:オリーブの一般的品種。

ミッション:実が少しとんがった形をしています。食用とオイル用に。

マンザニロ:食用に。リンゴのようなコロンとした形です。

ルッカ:オイル含有量が多い。

カラマタ:国産はなかなか稀少。高級品種です。

 IMG_5912 IMG_5915IMG_5916

これらのオリーブを使って、

商品を作っています。

生産から加工まで自社で行なっているのは、

長与町のオリーブ園の中ではゆきのヶ丘オリーブ園さんが唯一だそう。

 

自社でできるから、

採れたてのオリーブをすぐに加工できるんです。

使う塩や、塩分濃度など試行錯誤で行き着いた味付けは

さっぱりした角のないまるみのある塩味。

いくつ食べてもイガイガしません。

 

ゆきのヶ丘オリーブ園さんがオリーブを育て始めたのは2010年。

今年で8年目ですが、最初の5年間はほとんど実が採れなかったそう。

オリーブ自体がしっかり実を結ぶまで大体4年くらいかかると言われています。

 

実を結ばなくとも、ひたむきに、オリーブの木の手入れを5年。

気が遠くなる作業。

オリーブが実を結ぶことを信じて。

 IMG_5913

今こうして私たちの手元にオリーブが届いているのは

そのひたむきな5年間、

そして真摯に向き合ってさらに3年目という

歴史が詰まっているんだと知って

1粒1粒が重みを増し輝いて見えました。

 

今、ゆきのヶ丘オリーブ園さんでは

オリーブの脇で同じく無農薬でレモングラスというハーブや、

IMG_5919

杜仲(杜仲茶でお馴染みの)

IMG_5932IMG_5874

みかんも育てています。

IMG_5876

「オリーブの葉のお茶飲んでみますか?」

と、榮木さん。

オリーブの葉のお茶の存在自体を知らなかった私はキョトン顔です。

IMG_5924

オリーブの葉を枝からとって水洗いし、

水とともにやかんへ。

IMG_5923

乾燥させてあったレモングラスをザクザク切って同じくやかんへ。

IMG_5925

カチッと火をつけ煮出すこと数分…。

 

「どうぞ」

出していただいたお茶は、

お茶と呼ぶにしては透明な見た目。

IMG_5927

 

1口飲んで…

「…!!!!!!!!」

こりゃもうびっくり!!!

 

オリーブの葉っぱのお茶自体が初めてで味の想像がつかず、

青っぽい味わいのお茶を想像していたのですが、

はちみつ入れました?

って思うくらい、トロリとした優しい甘みが存在していました。

 

オリーブの葉から感じられる少しまろみのあるオイリーさと

レモングラスから感じられる爽やかな香りと甘み。

あまりにも美味しくて衝撃で…。

 

オリーブ茶は地中海沿岸地域では、健康維持や鎮静作用に効果があるとして昔から飲まれていたそうです。

近年の研究により、ポリフェノールが多く含まれており抗菌・抗酸化作用や抗炎症、利尿作用、コラーゲンを生成する働きを助けたりする効果が期待できると判明して…もうとにかく効能がたくさん!

お酒ラバーな皆様にはぜひ飲んでいただきたいお茶でございます。

 IMG_5933

無農薬だからこそできるお茶。

農薬がかかっていたら、その場で葉をちぎって煮出して…なんて怖くてできません。

このお茶、商品として販売させていただけることになりました♪

葉っぱの用意が整い次第なので、まだ少し先ですが。

到着次第、お知らせさせていただきますのでお楽しみに!!

※販売分はオリーブの葉も乾燥したものです。

 

自然と寄り添い、

自然な農業で作られたオリーブ。

IMG_5909

無農薬栽培のオリーブ。

ぜひ皆様の食卓で味わっていただけましたら幸いです。

お料理やおつまみ、おやつにどうぞ。

住吉酒販本店、住吉酒販デイトス店共にお取り扱いございます。

IMG_5910

近々、オリーブ新漬けのペーストも入荷予定です。

種をとって、ペースト状になっているので

スープやパスタ、ご飯に混ぜ込んだり 、

榮木さんはカレーに入れたり、アヒージョに加えるのもオススメだと教えてくれました。

料理の幅が広がる1アイテムです♪

IMG_5918

皆様のご来店心よりおまちしております。

※本日8/27(日)は本店は店休日となっております。

 

橋本

/ お酒の紹介

龍神 赤磐雄町

みなさまこんばんは、中村です。

 

朝晩の涼しさが嘘のように暑い昼間。

夏バテにもまだまだ気をつけなくちゃいけないこの時期。

 

どんどんひやおろしも入荷してきますが、

いやいや、まだまだひやおろしに行く前に飲んでいただきたいものもたくさんあるんです!

 

だってこんなに暑い日が続くとなると、飲みたくなるのはのどの渇きを潤すものと、体に染み渡る柔らかな甘みがあるお酒、いいと思いませんか??

 

本日のご紹介はこちら!

 

龍神 純米大吟醸 赤磐雄町

(群馬/龍神酒造)

Modern Rich

21034423_1463917473701799_8976701863845167669_n

 

開けるともぎたてどフレッシュな果実の香りが部屋中に飛び回ります!!

絶妙も絶妙、この甘さとミネラル感!

あぁ、この透明感を感じる甘さはこの夏疲れた体の奥底まで広がっていきます…

癒しの甘さ

もう神々しさすら感じてしまうこの甘さと澄んだ味わいのバランス

思い出したらまたもやじゅるりとよだれが(笑)

21077789_1463917477035132_317941039637433807_n

素晴らしい…

 

赤磐雄町

 

知っていらっしゃる方が多いと思いますが、この雄町というお米は、

ほとんどが岡山県で作られています。

なかなか育てるのが難しくて、一時期は生産者が減ってしまい、お米自体も減少したこともあるそうです。

しかし、一時期はこの雄町でないと、賞は取れないといわれたこともあるほど、

その味わいは奥深く美しく、豊かで、いまだにオマチストと呼ばれるファンもたくさんいるほど。

 

さらにこの赤磐雄町は雄町の中でも最高品だといわれているそうです。

 

その赤磐雄町を存分に使用して作られたこちらはまさに贅沢の極み

 

みなさまにもぜひこの時期に飲んでいただき、体の疲れをいやしてもらいたいです

 

本日金曜日!皆様はどこで誰と何を飲まれますか?

皆様が本日のおいしい食事とおいしいお酒で素敵な時間を過ごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

 

 

/ イベント

8/24の第4木曜日は酒蔵ナイト!

小さい頃から好きな作家さんは星新一さんなはしもっちゃんこと橋本です。

さてさて皆さま、

もうすぐ第4木曜日です。

 

第4木曜日は…毎月恒例あの日です。

IMG_5755

酒蔵ナイト!!

 

一風堂のラーメンと日本酒が楽しめる、ラーメン店の新スタイル

「一風堂スタンド」の天神店にて月に1度開催される酒蔵ナイト。

IMG_4593

 

一風堂天神スタンドで取り扱いのある日本酒の蔵元さんをお店に招いて

蔵元さんと酒談義を交わしながら、この日のために準備された「酒蔵ナイトセット」をはじめ、

一夜限りの特別限定メニューをお楽しみ頂けます。

もちろん、通常メニューも注文できますのでラーメンも食べられます。

ちょっと飲み0次会でも、締めの会でも♪

日本酒をもっと身近に、もっと気軽に、ちょっぴりディープに。

開催場所が天神でアクセスがいいのも嬉しいですね。

 

今回の酒蔵ナイトの蔵元さんは…

IMG_5751

IMG_5753

花の香酒造 ( 熊本 玉名)

今や日本だけでなく、世界で注目され、ファン急増中の花の香酒造。

 IMG_5760

(画像は引用 http://www.fukuoka-now.com/ja/event/ippudo-stand-presents-4th-sake-sampler-night/)

蔵元杜氏である神田さん。

神田さんの情熱は蔵を、街の農家さんを巻き込み、勢いはまだまだ止まる所を知りません。

IMG_5750 IMG_5746

感動を与えられる酒造りのためのチャレンジは、私たちにワクワクを与えてくれます。

そのスピードの速さに、目が離せません。

 

そんな花の香酒造の蔵元さんを招いて開催される酒蔵ナイト。

限定メニューである「酒蔵ナイトセット」は選べる2タイプ!

A.日本酒4種飲み比べ

B.日本酒2種+ペアリングおつまみ2種

IMG_5757

4種飲み比べは、

花の香の純米大吟醸、純米吟醸、純米の飲み比べとなっております。

 

お酒とつまみの2種セットは

お酒に合わせて”熊本のウマかもん”がペアリングされています。

 

そして今回、酒蔵ナイトセットに加えてスペシャルなお酒が2種!!

IMG_5748

花の香 海花

→全国のお酒のプロフェッショナルたちが集まり、ブラインドで日本酒をテイスティングして評価をつける、国内最大規模の品評会『仙台サミット』にて、純米大吟醸部門3千円以上の部にて第一位を獲得したお酒なんです。

しかも海花は、毎年花の香酒造が酒質向上を目指して試験的に醸造するその年限りのお酒。

当店ではあーーーっと言うまに完売してしまったお酒です。

そんな貴重な海花を今回このイベントでお楽しみ頂けます!!

前回海花を飲み逃してしまった方!!ぜひこの機会をお見逃しなくー!!

 

花の香 ドライ9

→実はこのお酒、まだ市場に出ていないお酒なんです!

途中シャンパンの製法を取り入れている、シュワシュワのスパークリングの日本酒。

全国に先駆けて、酒蔵ナイトだけでお楽しみ頂けます。

ドライタイプのスパークリングなので、揚げ物なんかのおつまみにも相性◎です♪

 

そしてそして、

フードも今回スペシャル盛りだくさん!

福岡で絶品「だしいなり」を作る日本料理屋「海木」さんとの一夜限りのコラボラーメンが決定!

海木さんのだしいなりと出会った時の感動を私は今でも忘れません。

IMG_5754

フワッフワに炊き上げられた南関揚げからジュワッと溢れ出るお出汁。

その揚げに包まれたご飯がほろほろと、出汁とともに口の中でほどける…。

みなさんが持たれている「いなり寿司」の概念を変えるいなり寿司です。

その海木さんの南関揚げと一風堂さんのラーメンが出逢っちゃいました!

IMG_5756

この酒蔵ナイトでしか食べられない、奇跡のコラボレーション!!

数量限定ですのでこちらもぜひお楽しみに!!

日本料理「海木」ブログ http://kaiboku.blogspot.jp/

海木 フェイスブックページ https://www.facebook.com/kaiboku/?ref=ts&fref=ts

 

その他

酒蔵ナイト恒例のゲスト蔵元の酒粕で作る「酒粕チャーシュー」や、

熊本で広大な敷地で限られた頭数のみを自然な環境でのびのび育てる「玉名牧場」で作られるチーズ盛り合わせなんかもご用意ございます。

玉名牧場HP http://www.tamanabokujo.jp/

住吉酒販ブログ http://sumiyoshi-sake.jp/blog/2206

 

 

内容が盛りだくさんですので、

今回はしっかりお腹をすかせてご来場いただくのが得策かと思われます!

 

ご予約不要ですので、ふらりと仕事帰りにでもお気軽にお立ち寄りください♪

酒蔵ナイト

  IMG_5747

酒蔵ナイト※毎月第4木曜日開催

●2017年8月24日(木)

●18:00~21:00

●開催場所 @一風堂天神スタンド

●ゲスト蔵 花の香酒造(熊本)

●メニュー

 酒蔵ナイトセット

 (日本酒4種飲み比べ or 日本酒2種ペアリングおつまみ2種セット) 各1500円

 その他スペシャルメニュー、グランドメニューもございます。

●ご予約不要

 IMG_5752

皆様のご来場を

住吉酒販の元気印、坂本が笑顔120%でお待ちしております!

IMG_5758

酒蔵ナイト第1回 イベントレポート http://ippudo-outside.net/sakagura_night/

一風堂公式サイト http://www.ippudo.com/news/sakagura_night4/

 

橋本

/ お酒の紹介

六十餘洲 雫しぼり 純米大吟醸 氷温熟成酒

皆様こんばんは、中村です。

 

お盆が過ぎると

涼しくなるとはいえまだまだ残暑厳しい福岡です

お盆はいかがお過ごしになりました?

 

私は実家に帰って久しぶりに家族そろってだらだらと過ごさせてもらいました(笑)

一人また家に戻り猫にご飯を上げつつ、何もせずともご飯が出てくるありがたさが身に沁みました

 

さて、本日ご紹介するのは最高の逸品です!!

 

六十餘洲 雫しぼり 純米大吟醸氷温熟成酒

(長崎/今里酒造)

Modern light

JPEGイメージ-5499AFED94CF-1

JPEGイメージ-FB5D96A8972F-2 JPEGイメージ-FB5D96A8972F-3

 

 

とうとう皆様にお披露目です。

このお箱も、ボトルも本当に素敵

いつもながらにこのデザインを形にされてしまう技術にもほれぼれしちゃいますが、

もちろん味わいにもほれぼれします。

そしてこのデザイン、とってもお酒の味を表してあるかと思うと、感動もさらに増してしまいます

 

開けたてはまだ熟れていない若い梨の様な香りがほんのり漂います。

口に入れると洗練された瑞々しさが滑り込んできます。

するんと入ってきた瑞々しさは、丸みを感じるキラキラした感触に変化します。

口の横にキラキラは流れていき、金平糖の様なかわいらしい柔らかなとげが舌をつつきます。

熟成感を感じさせない、レモンの薄皮の部分のような爽やかさが後に残ります。

 

いつもの六十餘洲だと私は柔らかなお米の甘みを存分に楽しめ、

甘みをぷくぷくと感じるのですが、

こちらは小さなキラキラした宝石の様なクリアで透明感のあるミネラル感とフレッシュ感、

丸みのある味わいの溶け込み合いが楽しめます。

 

ちなみにこちら、開けて一週間くらいしてもだれることなくほわりほわりと表情が広がっていきます。

実家に持ち帰って、一緒に両親と楽しく飲んだ後、帰宅してしまって、

お父さんが一人置いて行かれたお酒を飲んでもどんどん変わるその味わいはきっと楽しんでいただけるはず。

…その前にたぶん一瞬でなくなるかもしれませんが(笑)

 

今までに感じたことのない、六十餘洲。

 

当店のみでの販売。

なんて贅沢な、なんてありがたいことなのでしょうか。

 

みなさまにお届けできるのがこちらもまたうれしい一本

 

ちょっと贅沢な一品ですので、なかなか家飲みとは言えませんが

贈り物には自信を持ってお勧めいたします。

 

みなさまぜひお手に取っていただき、お飲みいただければと思います

 

本日週の真ん中水曜日!

本日も皆様がおいしい食事とおいしいお酒で素敵な時間を過ごされますように。

明日も皆様のご来店心よりお待ちしております☆

 

中村麻美

/ お酒の紹介

そうね リキュール飲むなら ルビーなの

白米の炊き加減はちょい硬めが好きなはしもっちゃんこと橋本です。

 

本日はリキュールのご紹介です。

果実酒が好きな方にはもちろんのこと、

お盆でついついお酒を飲み過ぎてしまった方にもぜひオススメな1本です。

 IMG_5629

さがんルビーのお酒

SAGAN RUBY(さがんルビー)

 

まず、

お酒の名前になっているさがんルビーとは??

佐賀県の鹿島市と唐津市で栽培されている「純国産グレープフルーツ」のことです。

果肉の赤みが強くルビー色をしているのでまさに「佐賀んルビー(佐賀のルビー)」!

 さがんルビー

(画像は引用 http://www.ignis.jp/museum/magazine/)

佐賀大学が1989年から品種育成に取り組み、2000年に現地栽培が始まり、

2013年に初めて品種登録されました。

開発から登録まで約24年!努力と研究の賜物ですね!!

 

そもそも、グレープフルーツは寒さに弱く乾燥気味なところを好む植物なので

越冬や多雨の問題で日本での栽培には向いていません。

ですので、私たちが目にするグレープフルーツはほぼアメリカや南アフリカなどの外国産になります。病気にも弱いので、農薬使用していることがほとんどです。

しかしさがんルビーは、品種改良を重ねて耐寒性を強くして国内栽培を可能にしました。

 

これだけでも大きな一歩ですが、

それに加えて、国内生産・国内流通が可能な上に貯蔵性に優れているので、

海外産のように防カビ剤を塗布する必要もありません。

安心して食べることのできる、グレープフルーツ期待の星です。

 

このさがんルビーを贅沢に使用してできたお酒が

SAGAN RUBYなんです。

 

ベースは純米酒。

さがんルビーが育つ土地、唐津に蔵を構える小松酒造の純米酒を使用しています。

小松酒造といえば「万齢」

IMG_5631

キャップにも万齢の2文字が刻まれています。

お酒の色は淡い黄色をしています。

IMG_5632

味わいでまず思うのが

優しい!!!!

まるでグレープフルーツジュース。

アルコール度数4%で、柔らかく優しい甘みが広がります。

甘みの中にもグレープフルーツ特有の苦味が。

さがんルビーの苦味は

シャキッとした苦味ではなく、じんわりとした苦味。

なんせ、優しい。

「昭和のグレープフルーツジュース」という言葉が私的にぴったりでした。

添加物が入っていないのはもちろん、糖類も無添加。

グレープフルーツと純米酒の自然な甘みです。

 IMG_5630

ちなみに、

グレープフルーツには二日酔いを予防してくれたり、

二日酔いを緩和してくれたりする効果が期待できるそう。

 

SAGAN RUBYを飲みながら

さがんルビーをおつまみにすれば翌日も爽快!…かもしれません。笑

 

大きめの氷でのんびりロックで飲むもよし、

クラッシュアイスでシャキーンと冷やしてゴクッと飲むもよし、

ソーダで割るもよし!!

貴重な国産グレープフルーツの味わいを是非感じてみられてください♪

万齢ファンの方も是非♪

テーマソングは

「そーうーねー、リーキュール飲むなら ルビーなの

そんな言葉が 頭に うーずーまくのっ♪」

※あの名曲に載せて脳内再生どうぞっ!

住吉酒販本店は本日より営業いたしております。

デイトス店は年中無休!

デイトス店の角打では、只今「さがんルビー」お楽しみいただけます♪

皆様のご来店心よりお待ちしております。

橋本

2 / 8712345...102030...最後 »