博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

山梨ヌーボー解禁!!

みなさんこんばんは畑瀬です。

あっと言う間に寒い冬がやってきましたね。
本店近くの住吉神社では
横綱土俵入りも行われ
たくさんの人で賑わっていました。

ということは…

明日11/3(土)は甲州ワインの新酒解禁!!
今年も勝沼醸造より新酒が届きました!!

DSCF89340

アルガーノ 甲州
Arugano Koshu

産地 日本 山梨
品種 甲州

アルガーノ ベリーA
Arugano Bailey A

産地 日本 山梨
品種 ベリーA

今年は久しぶりに赤も登場!!
心躍らせながら早速試飲してみました!!

DSCF89030

白は生命の息吹を感じる様なフレッシュな味わい。
昨年と比べるとより自然と体に馴染む酒質になっています。
心地よい爽やかな酸味が食欲を刺激してくれる。
繊細な味わいの和食を生かしてくる味わいので
年末年始用に1本あるだけでかなり心強い白ワインです。

DSCF89090

さてさて、気になる赤はというと
生姜のようなスパイシーな香りとベリー系のやさしい果汁感をもち合わせる上品な味わい。
ベリーAにありがちな甘ったるい感じではなく
ぶどう本来の可憐な味わいと新酒らしいフレッシュな味わいがしっかりと伝わってきます。
これからの寒い時期だと甘辛く煮付けた鯛や鰈なんかと一緒に飲むのもおすすめです!!

年々進化する日本ワイン最前線の味わいを
是非この機会にお楽しみください。

畑瀬

/ 博多駅店

モル第九回

 

 

皆さまこんにちは。

クイーン・オブ・モル SAKAMOTO です。

 

引っ越しを機に、先日お皿を買いに行ったら、何を盛ろうか考えすぎて、ヨダレを止めるのに必死でした。

 

今回 坂本の盛るテンション を上げたお皿は…

 

 

隆太窯 中里太亀作 『刷毛目角切皿』

IMG_8892

 

優しい印象の刷毛目皿と思いきや、

四方が角切になっており、力強さも感じます。

まるで優しさと厳しさを兼ね備えた、母のような温かみ…

そんな母に私はなりたい。

 

と、また妄想にふけってしまいました、すみません…

 

 

 

さぁ気を取り直して…

 

坂本!盛ります!!!

 

今回は差し入れにいただいたバームクーヘンを盛りました♫

IMG_8387

扇のように仕上げてみました!

高さを出すことを意識して盛ってみると、

今にも口の中に飛び込んできそうな躍動感♫

お皿の優しさとバームクーヘンの優しい色、

そして、角切のシャープさに、バームクーヘンの断面がマッチング~!!!

 

坂本の盛るテンション上昇!

 

もっと色気を出さないと…

 

あまおうジャム を添えてみました✨

IMG_8384

優しく厳しい母も、色を添えてあげると、少女のような表情を見せるんですね!

お味も美味でございました✨

 

 

食いしん坊な坂本用に、違う角切皿に盛ってみました!

IMG_9070

渋い角切皿を用意しました!

 

IMG_8374

落ち着いた雰囲気の色に、

明るいバームクーヘンの色が調和しています。

バームクーヘンの外側の生地と、お皿の四方の茶色がマッチング~!!!

 

バームクーヘンの『バーム』はドイツ語で『樹木』

年輪のような刷毛目の柄がマッチング〜!!!

大きな幹と、しっかりと根を張った樹木を連想してしまいます。

 

 

同じ形状でも、一枚一枚が違う色と雰囲気で、

どのように何を盛るかで、時間と共に、

印象が変わる唐津焼。

盛れば盛るほど盛りたくなるものです…

 

 

今回ご紹介したお皿は、博多駅店で販売しております♫

その他様々なお皿や酒器もご用意しております。

あなたにぴったりな相棒を探しに来て見てください✨

 

隆太窯 中里太亀作

『刷毛目角切皿』

3,500円(税別)

 

 

坂本

 

/ お知らせ

11月営業日のお知らせ

皆様こんにちは、中村です。

 

寒い日が続きますね。どんどん冬が近づいてきております。

店頭もどんどんひやおろしが完売してきて、焼酎は新焼酎が季節となっております

 

11月からいよいよ忙しくなり、年末年始の準備が少しずつ

始まってきますね。

 

当店でもお歳暮の時期になりますと、大変店内立て込みますので、

お早目のご準備をおすすめしております

11月

本店11月も日曜のみのお休みです。

デイトス店、日比谷店ともに店休日はございませんので、お気軽にお立ち寄りください!

 

寒くなると恋しくなるのが燗やお湯割り。

美味しいお酒ご用意して皆様のご来店心よりお待ちいたしております。

 

本日も美味しいお酒とおいしい食事で素敵な時間をすごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

/ お酒の紹介

-㐂六 無濾過-

こんばんは。

第三世代の中村ことしんのすけです。

そろそろ第三の同意語が尽きてきた感MAXですが。。。

もう少しだけそっとしておいて下さい。

もう少しだけ。。。

語彙力の乏しい僕の頭の中から

振り絞り、今後も新たな表現を生み続けられるように日々精進していきます!!

さてさて、それでは新入荷の大注目芋焼酎ご紹介致します。

今回ご紹介するのはコチラ!!

DSCF88610

㐂六 無濾過  宮崎県 黒木本店 【芋】

720ml ¥1417  1800ml ¥2824

とうとう来ましたねー。黒木本店の代表銘柄のひとつ、

㐂六の無濾過 冬季限定 バージョン!!!

2月の黒木本店研修の時に飲ませて頂いてからずっと待ち望んでいた1本。

住吉酒販、初入荷の芋焼酎です!!

見た目からして洗練されてますな全く。

こちらの㐂六は通年の物とは違い、無濾過のまま瓶詰めし世に送り出されています。

DSCF88670

無濾過とはなんぞや

と感じている方もおられると思うので簡単にご説明いたします。

通常、蒸留したての焼酎には、油分などが混ざっておりこの不純物を取り除く為に、

冷やされ濾過されます。

しかし無濾過の場合、そこで積極的な濾過を行わず必要最低限の油分や不純物だけを手作業で取り除きます。

そうする事により油分に含まれる素材本来の香り旨味を残した味わいの焼酎が出来上がるのです!!!

それでは、今宵も飲酒させていただきます。

最近、夜はかなり寒いので

今回は、お湯割でいきたいと思います。

DSCF88780

はっはぁーっ。。。よいですねー

こりゃたまりません

アーモンドの様な香ばしく穏やかな甘い香り

体全体にゆっくりと広がりリラックスさせてくれます。

一口ふくめば、焼きたての焼き芋を頬張った時のような

ほくほくとした芋の旨味と甘さが口に広がります。

いやーほんま、香りと味わいに心落ち着かせられますわ。

露天風呂に浸かっている時のような落ち着きリラックス状態を与えてくれます。

ゆっくりとずーっと飲んでいたい、芋焼酎ですね。

おでん、お鍋など冬のお料理とも相性抜群でしょーよこれは。

いやー美味しい。

寒いと余計美味しさが倍増しますね!!

これからの鍋パーティーやおでんパーティーには必須アイテムですよ!!!

少し早いですが、年末年始用のお酒としても間違いなしの1本です。

まだ一升瓶も四合瓶もございますのでお早めにお買い求め下さいませ。

それでは来週も皆様のご来店お待ちしております。

/ お酒の紹介

アルガブランカ ヴィニャル イセハラ ’17

みなさんこんばん。
畑瀬です。

最近涼しくなったので
ECMから出たシャイ・マエストロの新譜ばかり聴いています。
心地よい朝と夜を楽しんでいます。

さて、そんな個人的な近況はこの辺りにして
甲州ヌーヴォーの発売を控えた勝沼醸造より
1年間、瓶熟成を経て…

ついに…
イセハラ2017が発売されました!!

アルガブランカ ヴィニャル イセハラ ’17
Arugabranca Vinhal Issehara

DSCF70060

勝沼醸造といえば甲州ブドウを支え続けた老舗ワイナリー。
甲州ワインと言えば必ずその名があがるワイナリーです。
90年代には不遇の時代を迎えた際に農家が大量の「甲州」ぶどうを
捨てざるをえない状況に追い込まれた状況下でも「甲州」買い続け
地元の農家と共にワイン造り行ってきたワイナリーです。
近年では今後の「甲州」ぶどうを担うため
自社畑、奥匠田のシャルドネを引き抜き「甲州」へ植え替えるだけでなく、
白ワインは全て「甲州」でつくられています。

そんなワイナリーが甲州ブドウを使い生み出す
グランヴァンこそ「イセハラ」です。
伊勢原は笛吹市御坂町にある単一畑「伊勢原」から
契約農家、風間正文氏が育てる甲州で造られています。
やはりこの畑は特別なのだなと思うのは
マストの状態でテイスティングさせてもらうと
パッションフルーツや桃のような華やかなアロマがきらびやかに広がるだけでなく
他の何とも比べることのできない複雑なミネラルを持ち合わせているのです。

2017年のイセハラは更に新たな一歩を踏み出しています。
従来は除梗後、フリーランジュースをステンレスタンクで発酵させ
プレスランを樽発酵、熟成させ、最後に数樽を味を見ながら加え醸造されていました。
17年ヴィンテージからはステンレスタンクにフリーランとプレスランの一部を
一緒に発酵させることで複雑味をもたせながらも一体感の味わいへとなりました。

さて、グラスに注ぐと

DSCF70260

勝沼醸造の甲州らしいレモンのような
酸味のある爽やかな香りが広がっていき、
口に含むと透明感のあるフレッシュな果実感とミネラルが
食欲を刺激してくれる。
舌にのせたわいんをストンっと飲み込むと
体の隅々にすーっと行き渡っていき、
そのやさしい余韻が飲み込んだ後も
口の中に心地よく止まってくれます。
気づけばどこか心が朗らかになってしまう味わいは
繊細な味わいの和食を生かすには最高の食中酒。
日本独自の葡萄「甲州」でつくられるグランヴァンに出会えた喜びに
つい嬉しくなってしまうワインです。

生産量はフルボトルで僅か6,000本、
創業80周年を迎える今年はマグナムも400本造られました。
特別な贈り物としてはもちろん上質な時間を楽しむお酒として
ぜひお楽しみください。

畑瀬

/ 日比谷店

おでん、やっとり〼。【東京店】

東京での休日はカレーと美術館に費やしてるスーサンこと須川です。

 

気づけば10月、

ようやく軽めの羽織りを着れる気温になってきましたね。

 

毎年コンビニエンスストアで肉まんとおでんが登場すると

「あぁ…秋だ」と実感するのですが、

心と身体に沁みる

おでん

東京店でスタートしました。

 IMG_2839

9月末より角打ちで新登場しました

その名も塩おでん」!

改めてこちらでご紹介させていただきます。

 

まず、塩おでんという名前について。

 

一般的なおでん汁(関東風と関西風がありますが。)は

かつお節と昆布でひいた出汁に醤油やみりん、砂糖などを加えて調味します。

今回私たちが提供しているおでん汁は

この、醤油、みりん、砂糖を一切使っていません。

 

使用しているのは

昆布、かつお節、塩、魚醤のみ。

 

魚醤も最後にほんの少しだけ香りづけ程度に使用しているので、

味わいを構成するものとしては

ごくごくシンプルに昆布かつお節のお出汁の味なんです。

 

なので名前を「塩おでん」と名付けました。

 

ではなぜ、ここまで極シンプルなおでん汁になったのか。

 

それぞれに最高な素材との出会いがあったからです。

 

昆布

「天然利尻昆布 」

(山本商店 / 北海道 礼文島)

この度ご縁をいただき新しくお取り扱いが始まりました山本商店さんの利尻昆布。

天日干しされた天然の利尻昆布は

ほとんど市場でお見かけすることない最上級の逸品。

IMG_3410 2

IMG_3407 2

山本商店さんは

利尻昆布が採れる浜の中でも「別格浜」と呼ばれるくらい上質な昆布が採れる

礼文島 香深浜で、海中から厳選した肉厚な昆布だけをカマで刈り取り、

採れた昆布たちを丁寧に天日干しにしたのち、最後の袋詰めまで一貫して自分たちで行っています(なんとラベルも手刷り)。

IMG_3414 2

ピュアな味わいと、他の素材の美味しさを何倍にも引き出す力には驚かずにはいられません。

 

詳しくは先日の住吉酒販ブログ「山本商店さんの利尻昆布」の回で書かれていますので

是非ご一読ください。

http://sumiyoshi-sake.jp/blog/4293

 

かつお節

「花かつお」

(金七商店 / 鹿児島 枕崎)

当店の店頭にて黄色いラベルとお魚の絵でおなじみの「クラシック節」をつくる金七商店さん。

IMG_3665

鰹節の中でも一番手間暇のかかる”こだわり”の鰹節「本枯れ節」を世の中に残していきたい、と毎日真摯にかつお節と向き合っていらっしゃいます。

かつお節をつくるすべての工程において正直で真面目なお人柄を感じることができ、全幅の信頼を寄せています。

 

IMG_3666

「海んまんま 一の塩」

(一の塩 / 佐賀 唐津)

佐賀県の離島、加唐島(かからしま)に流れるクリーンな対馬暖流海水を

仕上げまで一切外気に触れずに仕上げた、きれいな味わいのお塩です。

60℃の低温で結晶化しており、優しくまろやか。

 

この3点の強固な土台があるので、

おでんのベースがここまでシンプルで、且つ上質なものに。

何事もやはりベース、基本が大事だと痛感した今日この頃です。

 

上記のお出汁の素材シリーズは

お店でもそれぞれ販売しておりますので、ご自宅でも塩おでんのおでん汁が再現可能となっております。

(金七商店さんの商品は荒節の「花かつお」ではなく、本枯れ節シリーズを店頭にて販売しております)

 IMG_3674

出汁をひかずとも、

だしの素を使えば簡単に手軽に作れるおでん汁。

もちろん忙しい毎日に気軽に使える便利さはあります。

 

ただ、

こんなに最高な素材が一堂にそろってるんです。

日本の食卓に欠かせない「出汁」、

この機会にお家でもひいてみませんか。

 

まずはこの出汁の美味しさを体感いただきたいので、

角打ちにて是非「塩おでん」ご賞味ください。

 

出汁について熱く語りすぎてしまいました。

では、話を戻しましょう。

この最高のおでん汁に浸かる具たちのご紹介です。

 

どれもひとつひとつ語りたいぐらいな具材で、書き始めると長くなってしまいますので

まずはばばばばーっとご紹介させていただきます。

 

⒈旨‼︎リーフ野菜(熊本 つじ農園)

⒉手羽先(高知 はちきん地鶏)

⒊じゃが芋パルミジャーノ(北海道)

⒋仔牛スネ肉(熊本 玉名牧場)

⒌トリュフ玉子(福岡 フジノ香花園)

⒍ラルド蛸(熊本 天草灘)

⒎まぼろしの厚揚げ(佐賀 三原豆腐店)

⒏有機在来種こんにゃく(広島 新内農園)

⒐無添加丸天(福岡 豊島蒲鉾)

大根

期間限定. ささみ山葵

 

書いてるそばからよだれが止まりません。

温かで上品なおでん汁にゆったりと浸かり、リラックスした表情の具たち。

 IMG_3302 2

口へ運べば、

昆布と鰹節によって何倍へも膨らむそれぞれの素材の旨み。

 IMG_3471

ほろほろと、

具材と共にほどけていく心と身体。

 IMG_3436

こりゃ…たまりません。

 

具材については

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店のSNSにて少しずつUPしておりますので、

お時間あります時にぜひチェックしてみられてください。

instagram https://www.instagram.com/sumisyoshisyuhan_hibiya/?hl=ja

     「#塩おでんの具」

Facebook https://www.facebook.com/sumiyoshisyuhanTMH/

 

塩おでんのオーダーの仕方は

ご注文の際にオーダーシートに直接記入していただきます。

オーダーシートはその名も「塩おでん オールスターズ」

IMG_3669

具材ひとつひとつがスター選手すぎるので、

野球のポジションで表現してみました。

あくまで私たちが考えるポジションです。

具材に対する思い入れがそれぞれきっと違うと思いますので、

あったか塩おでんを食べながら具材のポジションについて

おでん以上に熱く!議論を交わしていただければと思います。

 

塩おでんは盛り合わせにてお持ち帰りもご用意しておりますので

お気軽にご利用くださいませ。

この冬は

「塩おでん」に合わせて上質「ロゼシャンパーニュ」をお楽しみいただくフェアも企画中です。

またこちらも改めてご案内させていただきます。

IMG_3672

 

明日も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

東京店 須川

2 / 10412345...102030...最後 »