博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ 博多駅店

モル第八回

こんにちは!

モルテンション!上がりっぱなしの、坂本が今回も登場です!
モルテンションとは?盛りたい気持ちが上がっているさま。

 

 

今回ご紹介させていただくお皿は、

隆太窯の中里太亀さん作『粉引小皿』でございます。

pastedGraphic 2

pastedGraphic 3

デイトスの角打では定番で、取り皿として使用しています♪

サイズは手のひらにおさまる大きさで、重すぎず軽すぎず、

手のひらが粉引の優しさと一体化して、ついついそのまま手のひらで小皿を包み込みたくなってしまうほど、

しっくり手のひらにおさまります。

 

では、さっそく!

 

坂本、盛ります!!!

 

今回盛ったのは…

ゲシュマック ケーゼビアヴルスト!

IMG_8426 2

宮崎県川南町にあるレストラン・工房ゲシュマックさん。

理想の豚を追い求めて、オリジナル飼料を開発、脂の風味豊かな「あじ豚」を飼育。

直営農場から仕入れたあじ豚を、店舗に直結した工房で作っています。

ゲシュマックとはドイツ語で「味覚」、ドイツで学んだソーセージ作りで、『あんぜん・あんしんなソーセージ』を生み出します。

そして『ケーゼ』とは『チーズ』、『ブルスト』とは『ソーセージ』という意味です♬

そうなんです…!

『ゲシュマックケーゼビアヴルスト』にはチーズが入っており、

おつまみとしてそのままでも食べれちゃうのです!!

 

おっと!うっとりしてる場合ではありませんでした!

 

いざ!モル!!!

 

三日月型にカットしたソーセージを、盛ります!

pastedGraphic 4

か、可愛い!

まるでのよう!

ソーセージのチーズの色と、優しい粉引の色がマッチングー!!!

 

 

坂本のモルテンションは止まることを知らない!

 

続いて盛ったのは…

無添加丸天!

真っ白な丸天✨

豊島蒲鉾さんの丸天は無添加!

だからこんなに真っ白なんですね!

ぷっりぷりでもっちもち♫

IMG_8365

盛ってみるとなんとサイズもピッタリ!

 

優しい粉引小皿に包まれてた丸天に、一の塩をぱらり♫

シンプルにそのまま食べても、バッチグー!

お醤油をたらりと垂らして食べても、バッチグー!

これから寒くなる季節に、おでんに投入してもいいですね〜✨

 

月日の流れと共に表情を変える唐津焼。

使い続けるに連れて味が出てくるので使いたくなっちゃいます♫

私達が歳を重ねるように、お皿も年を重ね、時の流れを感じさせてくれます。

私もこの粉引小皿のように、歳と共に素敵な女性になりたいなぁ…

 

おっと!うっとりしてる場合ではありませんでした!

 

さてさて!

今回ご紹介した粉引小皿は、博多駅の角打で使用しているものもあります。

ひとつひとつ表情の異なる粉引小皿をご覧ください!

販売もございますので、自分色に変わっていく一枚をゲットできます✨

お気軽にお越しくださいませ♫

/ 食品

糸島天然真鯛だしスープ

こんにちは。

 

三度の飯より飯が好き。

食いしん坊担当山下です。

 

先日のこと。

 

2ヶ月の姪っ子に

ミルクをあげていたら

ぎっくり腰になりました。

 

まさか静止状態から

魔女の一撃に見舞われるとは

思いもよりませんでした。

 

まったく、

人生何が起きるかわかりませんね。

 

いちにちいちにちを精一杯に暮らして

美味しいごはんを食べなければなあ

 

と、腰が痛いのを良いことに寝そべりながら

思う初秋でございます。

 

さて、本日のご紹介はこちら。

 

糸島天然真鯛だしスープ 

IMG_4933

 

天然真鯛水揚げ日本一を誇る糸島から

とんでもない代物が届いてしまいました!

 

水揚げから徹底した温度管理で

丁寧に処理された新鮮な真鯛のアラを

焼入れして出汁をとった

無添加のだしスープです!

 

なんと焼入れまでされているとは。

料亭さん並みの手間のかかりようですね。

 

さて、そろそろいきましょう。

 

「百聞は一口に如かず」

ひとくち食べればすべてわかるはず。

いざ、実食。

IMG_4935

まずはお湯につけて解凍します。

そのあいだに鍋にお湯をスタンバイ。

 

五倍希釈ですので

お湯640ml

出汁160ml

で用意しましょう。

 

解凍した出汁スープを鍋にイン。

はい、完成!!

DSCF4682

鯛出汁のいーい香りが漂っています。

水筒に入れて常時携帯したい。

 

このままいただいても

もちろん最高なのですが、

今回は強力な助っ人

お二方お呼びしました。

DSCF4686

皆様ご存知。

香味干し先輩と雪の音先輩です。

拍手でお迎えください。

 

さあ、一品目!

「楽チン!のり鯛茶漬け」

DSCF4710

ほかほかご飯に香味干しを乗せて、

出汁スープをかけるだけ。

 

いただきます。

DSCF4741

なんという、旨さ!

鯛の優しい旨味と海苔の磯の香りが

織り成す完璧なハーモニー。

 

こんなに簡単にこんなに素晴らしいシメが

できてしまって良いのでしょうか。

 

そして二品目。

「お豆腐のお吸い物」

DSCF4838

ああ〜ああアァ。

やさしくじんわり体に染みていきます。

二日酔いの朝に味わったら

むせび泣いてしまいそうなお味です。最高。

 

無添加ですのでお子様の離乳食に

使っても安心ですね。

 

お茶漬け、お吸い物、お味噌汁、

おかゆに、茶碗蒸しなどなど、、、、

 

ご家庭で体に優しい

糸島天然真鯛出汁スープを

ぜひぜひお役立てください!

 

つくってくださっているのは

糸島の水産加工会社の

株式会社やますえさん

https://www.yamasue.ne.jp/

 

糸島の人と自然への愛情が

溢れている会社さんです。

感謝!

 

それでは、

来週も良い食と良いお酒を

ご用意して皆様のお越しを

心よりお待ちしております。

 

山下 洋平

DSCF4889

/ お酒の紹介

田中六五6513

みなさまこんにちは中村です。

 

とうとう9月

今日は雨模様の福岡。

台風も近づいてきておりますし、

少しずつ涼しい日が増えてくるのでしょうね。

 

日もだんだんと短くなってきておりますし、毎年この時期は少し物悲しくなりますが、

日本酒はたくさん新しいものも入ってくるので楽しみもあります

燗酒も美味しくなってくる季節です

 

そんな新しいお酒がいくつも入ってきている中、

東京日比谷店のオープンに伴い、東京店で販売させていただいたアイテム…

 

春の白糸の蔵開きで販売した際も、多くのお客様が買えなかったとのお声もお聞きしておりました商品。

 

そうです。

田中六五6513

(福岡/白糸酒造)

Modern Light

40440860_1884526658307543_5655202053031460864_n

 

多くのお客様が待っていた6513がとうとう福岡でも販売開始です

 

すでに多くのお客様のお手元に届いていて反響も頂き嬉しい限りです。

これだけ地元の方々が待ち望んでいたお酒というのもなんだか感慨深いです

 

そんな6513

 

柔らかで艶やかな甘みが舌の先からふんわりと登ってくると、お米のうまみが中盤でミネラル感を重ねながら口の奥に滑って行きます。

まさにお米のあのつやつやな乳白色をイメージさせます。

余韻は軽やか。

つるっと喉を落ちていき余韻がスッキリ。

 

本当に気持ちの良いお酒です

こんなにつるつると飲めるお酒は酔いも良い酔い。

するりと一本空いてしまうはず。

 

 

東京店でしか買えないと聞いてがっかりされていたお客様方…

大変大変お待たせいたしました!!

 

これからも田中六五と共に是非6513もご贔屓くださいませ

 

本日も皆様が美味しいお酒と美味しい食事で素敵な時間をすごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

/ お知らせ

9月の営業日のお知らせ

皆様こんにちは、中村です。

とうとう今日で8月も終わり、いよいよ明日からは9月。

まだまだ暑さが続いてはおりますが、これからどんどん涼しくなってくるのでしょうね。

 

この時期になると、日本酒はひやおろしが入荷してきて、店頭も新しいお酒たちでにぎわいます。

皆様のお手元に届けることができるの楽しみもいつも以上に増します。

そんな9月の本店の営業日はいつも通り日曜のみのお休みとなっております。

9月

祭日はもちろん開いておりますので、ご来店くださいませ!!

 

お目当てのお酒の買い逃しがないように気になるものがあるときは

ぜひ店頭スタッフにお声がけしてみてくださいね!

 

みなさまが本日も美味しいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

/ お酒の紹介

-鴨神楽-

こんばんは。

第三の中村ことしんのすけです。

台風も去り、夏も終わりへと向かっています。

涼しさを少しずつ感じとれ過ごしやすい気候になってきましたね。

さてさてそれでは今回、僕がご紹介するお酒はこちらです。

DSCF46420

小牧 鴨神楽(鹿児島 小牧醸造)

900ml ¥1561- 1800ml ¥2800-

鹿児島県北西部のさつま町にて創業し100年以上の長い歴史を持ち、

伝統の技術と斬新なアイディアで進化しつづける若手焼酎蔵「小牧醸造」

過去3度の水害に遭いながらも焼酎を愛する方々、地域の方々などに支えられ

何度も復活を遂げた蔵でもあります!!

「焼酎造りは人づくり」という信念のもと小牧兄弟を中心に

焼酎業界を大いに盛り上げてくれています。

そんな小牧醸造が醸すお酒「鴨神楽」は ”合鴨米” で造られたお米を

麹に用いて作られた芋焼酎です。

合鴨米とは、合鴨を田んぼに放ち造られたお米の事で合鴨が雑草や害虫を餌として

食べてくれる為、農薬や化学肥料を使用していません。

つまりこの「鴨神楽」はオーガニック芋焼酎なのです!!

実にそそられますねー。一度は味わってみたいですねー。

さてさてそれでは飲んでいきたいと思います。

今回はロックとお湯割で試飲していきます!!

DSCF46530

ほっほぉーっ。

この様な味わいをされていましたか。

爽やかな芋の甘い香りが心地いいです。

飲み口はとても滑らかで優しく奥深い甘味を感じます。

想像していたよりも軽い印象です。

美味でございます。

お次はお湯割で。

DSCF46480

なーにぃー!!!!!!

最高ですお湯割。

こんなにも香りも味わいもまろやかになるなんて。

芋の香りと甘味がより感じられ

体に優しく沁み渡り、ほっこりとした気持ちにさせてくれます。

僕としては、少しぬるめくらいが丁度いいですね。

少しずつ涼しくなり、お湯割がより美味しく感じる季節に突入ですね。

鴨神楽と秋の食材を使った天ぷらなどをペアリングしてみても最高でしょう!!

いやーペアリングを考えだしたらより一層ワクワクしてきましたね!

この「鴨神楽」は夏から秋にかけた今のこの時期限定での販売となりますので

気になる方は是非ともお早めによろしくお願い致します。

来週も皆様のご来店心よりお待ちしています。

===================================================================

最後に明日のイベントの告知もさせて頂きます。

処暑の夜市 〜よい酒、よい肴、酔い祭り〜

お馴染みDEAN&DELUCA 住吉酒販のコラボイベントが

8月26日(日)開催致します。

今回は「処暑」にふさわしい「夜市=酔市」をテーマにお酒と肴の露店を再現しています。

8月26日(日)

DEAN&DELUCA 福岡店

17時〜22時(L.O .21時)

当日券 2500円(花札5枚)※お食事、お酒 、花札1枚からご用意しております。

DEAN&DELUCA風アレンジのパッタイ、焼き鳥、かき氷などの露店メニューと

住吉酒販厳選の日本酒、新感覚焼酎、宮崎産厳選地ビールなどのお酒をご用意しています。

まだ来ぬ秋を感じながら一杯呑むもよし、

夏の思い出を語りながらいっぱい呑むのもよし、

是非とも皆様のご来場、お待ちしております。

/ 日比谷店

京都 桂「隆兵そば」さんの逸品たち

7月某日。

 

息を吸うのさえ躊躇うような夏の暑さをギラギラと跳ね返しながら、

反して涼しげに流れる京都の桂川を横目に、

やってきたのは京都 桂「隆兵そば」さん。

 IMG_2453

 

閑静な住宅街の一角にそのお店はあります。

IMG_2454

入口の横にかかげられた「酒」ののぼり旗が熱風にそよぎ

暑さでゾンビのようにからからになった私を店へと導きます。

====================================================

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店にて新しくお取り扱いが始まりました

「隆兵そば」さんの逸品たち。

IMG_1424

●「登龍味噌」

●「そば茶」

●「そば茶丸」

●「そば茶塩」

●「そば茶サイダー」

 IMG_1405

これらの素敵な商品を生み出す隆兵そばさんへ、

お邪魔させていただきました。

====================================================

外の暑さとは対照的に、

蝉の鳴き声さえ心地よく感じる落ち着いた趣のある店内。

 

この日はコースをいただきました。

 IMG_2455 IMG_2456

できる限り地元の食材を使用し、

お野菜はなるべく有機栽培や減農薬・無農薬栽培のものを使用。

お魚は川魚、

お酒も地元京都のお酒を提供されています。

IMG_2459 IMG_2460 IMG_2463 2 IMG_2464 2 IMG_2465 2

 

どのお料理も

華美な演出ではなく、

しっとりとした日本の美しさ、品を感じるお料理ばかり。

スッと体に馴染む、食べることで体が喜ぶのを感じられる、

そんなお食事でした。

 

特に驚いたのが

「鯉」のお刺身。

(あらいではなく、お刺身でいただけます)

 IMG_2458

鯉と聞くと、

「匂いが独特」「泥臭い」「生臭い」など

なかなか良いイメージを述べられることの少ない魚ですが

こちらのお店で出される鯉は

臭みを感じず、

みずみずしく、すっきりとした旨味、奥に感じる甘みに驚きます。

少し弾力のある食感もたまりません。

 

通常、あらい(湯引きしてから氷水で締め、酢味噌で食べる)や鯉こく(味噌で煮込む)で食べることの多い鯉。

 

わさびとお醤油で、お刺身で食べてこんなに美味しいなんて。

(お刺身、写真上は熟成の鯉。さばいてすぐ食べないと匂いが増してより臭くなってしまう鯉なのに、なんと熟成させたものを出していただきました。これまた違った美味しさが。)

 

なぜこんなに、美味しい鯉が食べられるのか。

 

隆兵そばさんのこだわりのひとつに

「水」

がありました。

 

隆兵そばさんは敷地内に自分たちで井戸の水脈を3本掘っており、

そこから湧き出た良質な井戸水を、それぞれ目的毎に使い分けています。

魚たちを泳がせ、野菜を洗い、そばを打ち、出汁を引く、

全てこの水が使われています。

 IMG_2461

お店の横にある生簀を見せていただきました。

きちんと手入れされた生簀に流れる美しい水。

 IMG_2448

循環式ではなく掛け流し方式なので、

絶えず綺麗で新鮮な水の中で魚たちは過ごしています。

この、良質な井戸水の生簀で過ごすことによって

鯉をはじめ、川魚たちはあの臭みのない美しい味わいに。

 IMG_2449

お水の美味しさが

お魚に移るんですね。

 IMG_2457

ご主人の探究心、熱のこもった想い、誠実なお人柄が表れたお料理の数々に

すっかり満腹なのに、心も体も軽くなっていました。

 

では改めて、

当店でお取り扱いしている商品の話をば。

●「登龍味噌」

●「そば茶」

●「そば茶丸」

●「そば茶塩」

●「そば茶サイダー」

以上5種類を店頭にて販売いたしております。

IMG_1402

IMG_1404

「登龍味噌」

お味噌に栄養豊富な鯉の身と青唐辛子、山椒が練りこまれた辛味噌です。

鯉の独特の臭みが一切なく、味噌のコクと青唐辛子のピリリとした辛み、そして鼻から抜ける山椒の香りがたまりません。

ピリ辛で食欲増進!高栄養価の鯉で滋養強壮!

暑さで食欲がない、まさに今の時期にぴったりです。

お酒のアテに、そのままお召し上がりいただくのはもちろん

白飯やお豆腐、生麩にのせたり、納豆やチーズと一緒に食べるのもオススメ。

夏らしく胡瓜や、茹で上がったオクラなんかにつけても。

 

 

IMG_2467

「そば茶」

国産のそば茶。

お茶を淹れて飲んでいただくのはもちろん、このままサラダなんかのお料理のトッピングにも。

私はおやつとしてそのまま食べてます。

IMG_1422 IMG_1423

「そば茶丸」

メレンゲを使用したそば茶焼き菓子。

サクサクの軽い食感と、香ばしいそば茶の香りに、たまに感じる黒ごまのアクセント。

ひとつ、もうひとつ、と手が止まらなくなります。

IMG_1397

「そば茶塩」

国産のそば茶を粉末にしたものと 国産のきめの細かい国産塩を合わせた合わせ塩です。

その香ばしさと、旨味ある塩気は一度口にすると忘れられません。 パッケージには 「てんぷら」「ゆで卵」におすすめと書かれてありますが、 この香ばしさはジュワッと肉汁あふれる唐揚げや、だし巻き卵、ほくほくの蒸し野菜なんかにも。 もちろんそのままお酒のアテになるお塩です。 一度口にすると、誰かにすすめたくなっちゃいます。

IMG_1410

「そば茶サイダー」

日本初のそば茶サイダー。

着色料、保存料、その他薬品類一切不使用。 国産のそば茶と徳島産のすだち果汁を使用しています。 シュワっと優しい炭酸にのって、 そば茶の香ばしさが広がります。新しいのに、どこか懐かしい味わい。 キンキンに冷やしてそのまま飲んでももちろん美味しいですが、焼酎やジンで割っても◎です。

IMG_2170

現在当店の角打ちでは、山椒のスピリッツと割ってお出ししております。

そば茶の軽やかな香ばしさ、山椒の鼻に抜けるフレッシュ感溢れる香り、 サイダーの爽快感。 この3つが重なり合い、 えもえも言われぬ美味しさ。 私たちの味覚にすっと馴染む 粋な日本のカクテルに仕上がっております。

IMG_1407

「隆兵そば」さんの逸品たちは、

手土産にもちょうどいいサイズですので

ご自分用にはもちろん、贈り物にもオススメです。

 

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店にて

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

須川

***********************************

●隆兵そば

https://ryuhei-soba.jp/

IMG_2451 IMG_2452

 

 

 

 

 

***********************************

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店

〒100-0006

東京都有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷B1F

TEL:03-6205-4172

営業時間:11:00~21:00 (角打ち L.o. 20:00)

定休日:なし(館の休みに準ずる)

Facebook  : https://www.facebook.com/sumiyoshisyuhanTMH/?modal=admin_todo_tour

instagram : https://www.instagram.com/sumisyoshisyuhan_hibiya/?hl=ja

***********************************

2 / 10312345...102030...最後 »