博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お知らせ

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店 オープンのお知らせ

街には桜が咲きこぼれ、

あたたかな日に心うららかな今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

早いもので3月もあと少し、

新しい環境でこの4月を迎える方も多いかと思います。

まだ見ぬ自分への1歩になんだかそわそわワクワク…。

 

住吉酒販も、そんなそわそわワクワクな時期に

新しいステージへと大きな一歩を踏み出すこととなりました。

 

2018年3月29日(木)

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店OPEN!

 _EN_8799

福岡市博多区にある「住吉酒販 本店」、

博多駅構内にある「住吉酒販 博多駅店」に加え

東京の日比谷に「住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店」をオープンいたします。

今まで住吉酒販に関わってくださった皆様のおかげで

新たな場所でのチャレンジへと歩みを進めることができました。

この場をお借りして心より感謝申し上げます。

 

住吉酒販の新店舗は、

東京ミッドタウン日比谷の地下1階に入ります。

IMG_9109
https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/

東京ミッドタウン日比谷は

地上35階、地下4階、延べ床面積189,000㎡、オフィスフロアと商業フロアからなる大規模複合施設です。

コンセプトは”THE PREMIUM TIME, HIBIYA”

未来志向、本物志向な大人の方々への新たな体験や価値を創出し

上質な時間を発信する街づくりの実現を目指して建てられました。

商業店舗は全60店舗入っており、

お客様に贅沢な時間と空間の中で

特別な体験をしていただくための個性あふれる店舗が並んでいます。

 

アクセスは

東京メトロ千代田線・日比谷線・都営地下鉄三田線「日比谷」駅や

東京メトロ有楽町線「有楽町」駅

東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・銀座線「銀座」駅に直結。

そのほか、JR山手線、京浜東北線「有楽町」駅からも歩いて5分ほどです。

pct_map2
詳しくはこちら ( https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/access/)

では、この東京ミッドタウン日比谷に入る住吉酒販がどんなお店なのか。

 

コンセプトは”Field-to-Table”

IMG_9979

原料の育つ環境(=フィールド)からこだわる生産者の生みだすものを

皆様の食卓(=テーブル)へお届けしたいと考えています。

それは、日本酒・焼酎・ワインなどお酒だけに限らず、

食品や器も全て厳選に厳選を重ねており、

商品ラインナップの中には、東京ミッドタウン日比谷店 店頭限定のものもございます。

IMG_9977

それらは全てこの”Field-to-Table”が最大限に表現されているものであり、

生産者や、蔵元さん、作り手の方々が

自然を敬い尊び、未来のための今を考え、行動した結果が詰まっています。

皆様には、五感を通してその世界観を体感いただければと思います。

 

お店には、販売スペースに隣接して角打ち(立ち飲み)スペースもございます。

IMG_9973

博多駅の店舗をご利用いただいた方にはお馴染みのスタイルですね。

(花札システムやイロハニ枡も健在です!)

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店(以下 日比谷店)では

飲めるお酒も、食べるおつまみも博多店とはまたひと味違ったおもしろさが詰まっています。

さて、気になる角打ちのメニューはというと、

 

【あて】

酒にあわせる料理(おつまみ)は「海」「山」「人」の3つに分類し構成されています。

仕入れ状況によってメニューは異なりますが、3/28のプレオープンの時でこんな感じです。

IMG_9972

「海」や「山」は低温スチームで調理され、クリアで素材感を感じるお料理がたくさん。

「人」は店頭で販売している極上珍味たちをお出ししています。

_EN_8672

 

【酒】

シャンパーニュがグラスで楽しめます。

(個人的にはジャクソンやウーリエが開栓している日は飲みたくてしょうがありません。)

_EN_8636

日本酒は1杯飲みも、飲み比べもございます。

夏に向けてのレモンサワーもおすすめですが、

これは絶対に味わってほしいというものが3つ!

①生ビール「住吉IPA」

→日比谷店用に宮崎県のひでじビールさんに仕込んでいただきました。

 シトラスのような華やかで爽やかな香り、キレのいい苦味。

  全体的に苦味はあるけど軽やかさのあるビールに仕上がっており、

  何杯飲んでも疲れません。むしろお代わりしたくなる味わいです。

  是非、あては「住吉ポテサラ」で!

 

②菊姫 山廃純米 自家熟成

IMG_9970

→とんでもないお酒がここに…

 菊姫の山廃純米酒が16年の歳月を経て降臨です。

 菊姫といえば、兵庫県吉川町特A地区産の山田錦を使用していることでも知られていますが

 こちらはなんと五百万石で醸されています。

 瓶詰が2002年、静かに冷蔵庫で熟成されること16年。

IMG_9966

 その熟成は酒に厚みと深みを増し、膨らむその味わいには荘厳な品格を感じます。

 重厚な絹のベルベットのよう。唸ります。

 

③菊姫 にごり 自家熟成

→にごりの熟成です。

 あまり熟成させるイメージのないにごり酒。

 こちらも静かに低温の冷蔵庫で熟成させること12年。

 さらさらトロリとしたそのお酒は美しく熟成を重ね、

 シルキーで気品あふれる味わいに。

 雑味なく、しっとりとした色気にうっとりします。

 

以上、3種類は住吉酒販 日比谷店 角打ち限定でお楽しみいただけます。

なんとも贅沢な限定商品…。

東京で当店へお越しの際は是非ご賞味ください。

 

日比谷店は

今のところ定休日はございません。

営業時間は11時~21時(角打L.O. 20時)です。

東京駅も近いので、手土産の購入や、電車の時間までのちょっと1杯にもご利用ください。

 

このほかにも

東京店のいろんな想い、お伝えしたいことがたくさんございます。

これから東京店のことも少しずつブログやSNS等にUPしてまいりますので

お時間あるときにチェックしていただけますと嬉しいです。

 IMG_9975 IMG_9974 _EN_8736

新店舗

住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷店

どうぞよろしくお願いいたします。

 

博多でも!

東京でも!

皆様のお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。

_EN_8815

 

住吉酒販

須川

/ 食品

一心鮨の繋がり

皆様こんばんは。
住吉酒販、食いしん坊担当の山下です。

 

宮崎のあの名店が手がける

至高の逸品が届きました。

 

一心鮨の繋がり(宮崎)

2DSCF9078

 

そう。

名脇役の極み「がり」です。

この美しき「がり」を作ってくださっているのは

 

泣く子も黙る

ではなく

泣く子も笑う

 

宮崎の名店、

一心鮨光洋さんです。

美味しくて、楽しくて、

笑顔がこぼれてしまう。

最高のお寿司屋さんです。

 

はい、さっそく食しましょう。

7DSCF9117

見てください。この輝き。

「がりの結晶」ですね。

 

1DSCF9169

もはや指輪にしたいレベルです。

 

さて口にすれば、、、鮮烈そのもの。

生姜の爽やかな風味

後に続くは透き通る酸味、

そして、まろやかな旨味。

 

DSCF9215

自然と笑顔になります。

 

何よりも

この食感がたまらない。

がりがりしゃくしゃく

一生咀嚼していたいです。

 

生姜は新芽のみを使用し、

お酢は無農薬米と天然水から作られた純米酢を

使用しています。

 

しかもですよ。

がりを完食して終わりではありません。

ビンに残ったがり酢。

 

これがご家庭で大活躍です。

 

お好みの野菜を漬け込んで和風ピクルスができたり、

酢の物、調味料、果ては、、、

タルタルソースまで

 

そんな最高の「がり体験」

ぜひぜひお試しいただければ幸いです。

 

 

本日3/23(金)〜3/25(日)までは

博多駅前で「九州酒蔵開き」

 

明日3/24(土)は本店にて

「玉名牧場直送、住吉土曜市!!」

 

春のイベント盛りだくさんですね。

気温差が激しい日が続きますので

体調管理には気をつけてバッチリ楽しみましょう!

 

明日もみなさまのご来店を心よりお待ちしております。

 

山下 洋平

4DSCF9084

/ 日常

食を愛する人のための酒と料理の合わせ方

みなさんこんばんは畑瀬です

徐々に暖かい日が多くなり春らしくなってきましたね。
ポカポカとした陽気にふらふらと出歩くのが楽しい季節です。
春の便りと一緒に住吉酒販に素敵な本が届きました。

食を愛する人のための酒と料理の合わせ方

DSCF88130

住吉酒販の提案する日本酒選びの新基準、
「モダン」と「クラシック」が一冊の本になりました。
本店、博多駅店にお越しいただいた方は
きっと目にした事のあるであろうプライスカードに書かれてるあれです!!

DSCF88300

難しい専門用語を用いた選び方でなく
味わいをベースに考えているため
その日の気分に合わせてさっとお酒を選ぶ事ができるのです!!

その他にも本の中には
日本酒のペアリングについても掲載しています。
料理は下北沢にある小料理店「namida」様に協力してもらいました。
季節の食材を使った料理に見ているだけでお腹がすいてくる内容になっています。

さらに、巻末には
「special talk 醸造家が取り組んでいること」と題しまして
新政酒造 佐藤祐輔
松本酒造 松本日出彦
五町田酒造前製造部長 勝木慶一郎
住吉酒販 庄島健泰
の4名が行った日本酒の未来に向けてのの取り組みについて対談も収録。
日本酒ファンも大注目の内容となっています。

本日より本店、博多駅店で¥1,200(税別)で先行販売中、
3/29(木)からは東京ミッドタウン日比谷店でも販売いたします。

本店の次回営業は3/19(月)の9時半から
博多駅店は明日も元気に営業しております。

今週末よりイベントも盛りだくさん!!
3/23(金)から3/25(日)までは博多駅 駅前広場にて「九州酒蔵びらき」、
3/24(土)は本店1階食品売り場にて「玉名牧場直送、住吉土曜市!!」
3/29(木)から4/8(日)までは舞鶴公園にて「福岡城さくらまつり」出店となっています。
みなさまのご来店、ご来場を心よりお待ちしております。

畑瀬 史人

/ お酒の紹介

-黄色い椿-

こんにちは。

三番目の中村こと中村しんのすけです。

三月も中旬になり、暖かく気持ちの良い日々が多くなりました。

桜も少しずつ咲き始め、春をより近くに感じれる様になりました。

そんな中、今回、僕がご紹介するお酒はこちら。

八千代伝 -黄色い椿-

IMG_90390

鹿児島 八千代伝酒造

¥2,800

農業から醸造まで農醸一体という理念を掲げ

鹿児島県垂水市にから様々なうまい焼酎を造り続けている

焼酎蔵「八千代伝」

その中でも毎年大人気なのが春限定入荷の「黄色い椿」。

原料には、生産量の少ない種子島産の安納芋を使い、

麹造りが難しいとされる黄麹を手揉みで丁寧に仕込んだ後に、

甕壷で仕込まれた出来たお酒です。

気になる味わいはというと、

日本一甘いとされる種子島産安納芋を使用することにより

生み出された、とても濃厚な芋の甘みと黄麹特有の華やかな香りが合わさり

ふんわり長く続く余韻が最高に心地良い味わいです。

オススメの飲み方はロック、水割りです。

お花見シーズンの今、桜を眺めながらゆっくり味わうにはうってつけの焼酎です。

一人でゆるりと飲むもよし。

大切な人と味わうのもよし。

皆んなで笑いながら飲むのもよし。

花見のお供には「黄色い椿」が大活躍する事間違い無しです。

桜満開予定の3月25日までには購入必須です!!

皆様のご来店お待ちしております。

/ イベント

玉名牧場直送、住吉土曜市!!

みなさんこんばんは畑瀬です。

例年3月から4月にかけては住吉酒販はイベント目白押し!!
みなさま毎度ご来場いただきありがとうございます。
今月末からは毎年ご好評いただいております「九州酒蔵びらき」や
「福岡城さくらまつり」などへの出店も控えておりますが
実は住吉酒販本店1Fでも3/24(土)より新企画がスタートいたします!!

その名も…
「玉名牧場直送、住吉土曜市!!」

DSCF05460
(写真は玉名牧場を訪れると一番最初に出迎えてくれるアイちゃんです。)

そう、お気付きの方も多いはず。
自然のサイクルの中で牧場運営を行う玉名牧場から
無肥料無農薬栽培で育てた季節の野菜や
完全放牧で育てられたジャージー牛から搾られる牛乳を限定販売いたします。

img03
(玉名牧場HPより引用 http://www.tamanabokujo.jp/)

以前、スタッフ全員で研修に行った際の記事はこちら
http://sumiyoshi-sake.jp/blog/2206

開催はなんと
毎月第2、第4土曜日の月2回!!

1日でもはやく届かないか、
くいしんぼうのスタッフたちも
「あの野菜を一刻も早くまた食べたい…」と
首を長くして楽しみにしている企画なのです。

自然の恵みを存分に感じることのできる食材を是非この機会にお楽しみください。
売り切れ次第終了となりますのでご了承ください。

畑瀬史人

/ お酒の紹介

若波 純米吟醸 山田錦 生

皆様こんばんは、中村です。

せっかく暖かかった数日前ですが本日またもや寒い福岡。
咲き始めていた桜も寒さで震えているんじゃないかと思うほど

でももうすぐしたらまた暖かくなってきて、みんな大好きなお花見の時期が来ますね
お酒もどんどん新しい商品が入荷しております

 

今日ご紹介するのは、意外にも
あれ?なかったっけ?と思う方もいらっしゃるかも?

 

そのお酒はこちら。

若波 純米吟醸 全量山田錦
(福岡/若波酒造)
Modern Light

28796132_1654637871296424_854152902208389120_n

 

意外にも、若波さんのお酒は、全量山田錦は初めて!!
しかも地元糸島産の山田錦を贅沢に使用

通常の純米吟醸は私はいつも瑞々しい梨のようなテイストだと表現するのですが、
この山田錦を使って醸してある純米吟醸はとっても味が膨れます。

ノーマルの純米吟醸が白いワンピースの清楚系女性ならば、
山田錦の純米吟醸は、パニエ(スカートの下に入れるスカートみたいなもののことです。)を
幾重にも重ね入れてふわふわのスカートを履いたかわいらしい系女子…!!!
しかも今回のは生なので、余計にフレッシュな若さがあふれ出ています。

でも若波さんならではのあの瑞々しさは本当にしっかり出ていて、
こちらは梨というより洋梨に近いかも

舌の真ん中にしっかり残るのびゆく甘味と輪郭を縁取るミネラル感。
杯を重ねてもくどくない後味。
するする1升瓶が空くはずです

これはもう、早く皆様に飲んでいただきたい‼
一升も四合も現在入荷したてで在庫ございます。

皆様週末のお酒はお決まりですか?
本日金曜日。
皆様のおそばにあるお酒は何でしょうか。
本日も皆様がおいしいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされますように。
明日も皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

中村麻美

2 / 9712345...102030...最後 »