博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ 日常

杜の蔵 槽汲み会

皆様、はじめまして。

デイトス店の西光(にしみつ)です。

 

この度、私は福岡県南部の久留米市三瀦(みづま)町にある

「独楽蔵」などの銘柄でお馴染みの「杜の蔵」にて行われた

「杜の蔵槽汲み会」に初めて参加させていただきました。

IMG_2756

 

「槽汲み会」とは、年に1度行われる限定の企画で

酒販店が集まってその年のできたて、しぼりたてのお酒を

タンク別に数種類試飲を行い

各自が仕入れるお酒を決めるというものです。

 

そんな重要な任務を、今年は私西光が1人で行ってまいりました。

なお、昨年の様子はこちらよりご覧ください。

http://sumiyoshi-sake.jp/blog/2688

 

試飲の前にまずは蔵見学を行い、

今年のお酒の出来をはじめとした様々なお話をお聞きしました。

現時点ではトータルでバランスの取れたお酒に仕上がってきているとのお話を聞き、

この後の試飲、買い付けへの期待が膨らみました。

IMG_2759

IMG_2760

IMG_2761

蔵見学を終えた後は、いよいよ試飲と買い付けです。

今年も昨年と同じ6種類のお酒を試飲しました。

 

今年は昨年までとは少し違ったラインナップとなっており

新しい試みとして普段は使用しない酵母を使ったお酒も含まれておりました。

 

1種類ずつ順番に試飲を行いましたが、一度では決めきれず

繰り返し試飲を行い、悩みに悩んだ末に1種類を選びました。

 

 

今回選んだお酒のスペックは

酒米:夢一献(精米歩合65%)
アルコール度数:17度
日本酒度:+6
酸度:1.7
アミノ酸度:1.5

です。

 

 

飲んだ感想は

口当たりは丸く滑らかでみずみずしく

後から程よい旨味心地よい余韻が広がる。

しぼりたてのフレッシュさを感じながらも、優しさ溢れる味わいです。

 

720ml(4合瓶)サイズで36本のみの入荷です。

 

 

年に一度、この時期にしか味わえない「杜の蔵 槽汲み」

2月上旬に入荷予定なので、入荷までもうしばらくお待ちください。

 

最後になりましたが、

この度お世話になりました杜の蔵の皆様、誠にありがとうございました。

IMG_2758

 

西光 祐太

/ お知らせ

2月の営業日のお知らせ

みなさまこんにちは、中村です。

 

本日福岡でも雪がチラチラ降っておりなかなかの冷え込み

もっと降って積もればいいのになぁといつもしみじみ思ってしまうのは、

雪の大変さを知らない福岡の人間だからでしょうね…

 

さて、2月の営業日のお知らせです。

 

名称未設定-3-01

 

 

2/5月曜は社内研修のためお休みを頂いております。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

あとは通常通り日曜のみがお休みとなっております。

祝日はもちろんあいております!!

 

寒さはまだ続きそうですが、みなさま体調にはお気をつけくださいね。

 

本日も皆様が美味しい食事と美味しいお酒で素敵な時間を過ごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ち致しております。

 

中村麻美

 

/ 食品

ちょこきなぴい

皆様、こんにちは。

住吉酒販食いしん坊担当の山下です。

冬の寒さも佳境に差し掛かった今日この頃、

いかがお過ごしでしょうか?

 

 

さて、本日ご紹介いたしますのはコチラ。

 

ちょこきなぴい(五島列島・小値賀島)

ちょこきなぴい1

ついつい口ずさみたくなるネーミングですね。

 

ちょこきなぴい

ちょこきなぴい

ちょこきなぴい

 

感の鋭い方はすでにお気づきでしょう、

名前の由来は

 

ちょこ=オーガニックチョコレート

きな=九州産きなこ

ぴい=小値賀島産ピーナッツ

 

です。

 

なんといっても主役は小値賀島産の、

ピーナッツ!

 

ちなみに小値賀島はここにあります。

小値賀島地図

 

長崎県佐世保港から海上を西に約60km、

五島列島の北端の島々のひとつです。

 

小値賀島2

水、陸、空、無限大。

一発で訪れたくなりますね。

 

また、小値賀島には美しい日本の原風景が残っているとされ、

「日本で最も美しい村」にも選ばれているそうです。

小値賀島3

※ここまでの写真はしまうま商会さんのHPよりお借りしております

 

 

郷愁をよびおこされますね。

 

縁側で涼みながらビール飲みたいですね。

 

冬なのに。

 

というわけで、さっそく食べてみましょう。

IMG_9862

 

香ばしいきなこの香りと

これまた香ばしく焙煎されたピーナッツの

さくさくとした食感。

 

もう一個、もう一個、と、

ついつい手が伸びてしまいます。

 

チョコレートはあくまで強すぎず

素材そのものの素朴な味わいに

上品な甘みとコクを加えています。

 

さて、今回は酒屋らしく

こんな組み合わせを試してみました。

 

日本酒『紀土 KID』でおなじみの

和歌山県平和酒造さんの

 

平和クラフトポーターと、

ちょこきなぴい!

IMG_9870

さっそくいただきます。

IMG_9914

はい最高です!

相性抜群すぎ。

 

香ばしさ甘みほろ苦さ

織り成すハーモニー!

 

ポーターの程よい酸味で後味スッキリです。

 

 

気の利いたお茶請けに、

小腹が空いた午後に、

お子様のおやつに、

バレンタインの贈り物に、

 

上品で素朴な味わいのちょこきなぴいを

ぜひぜひお役立てください。

 

週末も皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

住吉酒販 山下 洋平

IMG_9873

 

 

 

 

 

 

/ お酒の紹介

菊姫 吟醸あらばしり

皆様こんにちは、中村です。

 

ちょっと春めいた気温ですが、また寒くなるようです

ですが寒いと暖を取りながらの冷酒って本当に最高です

さらに、私は膝に猫を抱えながらちびちびと(もしくはぐびぐびと…)飲んでいれば幸せです

 

この時期、新酒が続々と出てきておりますが、みなさまはお気に入りの一本はありますか?

毎年この時期になると出てくるお酒たちでも、このお酒が出れば、絶対買っちゃう!!という声が高いこちらのお酒を本日はご紹介。

 

菊姫 吟醸あらばしり

Modern Rich

(石川/菊姫酒造)

26733794_1603409099752635_6284602257569222092_n

 

今年もやってきました!

毎回みんな菊姫さんにはその美しくも力強い味わいでメロメロでべろべろにさせられてしまいます(笑)

今回のあらばしりも、もちろんみんな来た日からテンション上がります

試飲が始まれば、試飲だなんてもったいない、宴だ!といわんばかりに

その味わいにはみんな、にこにこぐいぐいもう一杯!となるんです

 

あらばしり、ご存知の方も多いと思いますが、いうなればお酒の先頭部分。

圧をかけずにあふれ出た部分を詰め込んだのがこのあらばしりです。

フレッシュな味わいが一般的ですが、菊姫さんはフレッシュさだけではないのです。

 

口に含めばパイナップルを思わせるような、爽やかかつ熟した感じのじゅわっと来る酸味

荒々しさも感じるのに、舌の中心から奥にかけてグイっと広がる深みのあるお米の味

力強く伸びてくるその味わいと、後々までしっかり残る余韻

思わず唇についたお酒までぺろりと舐めてしまいます

けっしてごくごく飲めるようなタイプのお酒ではないのですが、

あれよあれよともう一杯もしくは、もう一本!と飲み進めていきたくなるのです

 

しかしアルコール度数も17~18度とちょっと高い…

そりゃー酔います。酔いますけど、だからこそ スタッフみんな大好きな一本なんです

 

まだ飲んだことない方にはぜひ一度お試しいただきたいです。

 

寒い冬はまだまだ続きますが、

皆様が本日もおいしいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

/ お酒の紹介

黒木本店 Q 球

皆様、こんばんわ。

シガキです。

 

今日のご紹介は

今年から取り扱いが始まりました黒木本店さんの芋焼酎「Q」です。

 

Q2

720ml  1600円(税抜)

原料の芋は黒木さんの契約している農家さんが栽培、収穫したもののみを使用。

水は、尾鈴山の水源から湧き出た水を使っています。

 

アルコール度数が14度で気軽にそのまま飲める、

まさに体のようにまろやかで瑞々しく、香り豊かな焼酎に仕上がってます。

 

飲み方は、冷やしてそのままワイングラスで。

是非、香りを楽しんでいただきたい焼酎です。

口当たりも優しい最高の食中酒

 

黒木本店ウェブサイト↓

http://www.kurokihonten.co.jp/

 

このQ以外にも「きろく」や麦焼酎の「中々」なども入荷しております。

 

明日も皆様のご来店を心よりお待ちいたしております!!

 

シガキ

/ お酒の紹介

ルー・デュモン ムルソー

みなさんこんばんは畑瀬です。

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?
個人的にですがお酒を飲んだり、お酒を飲んだり、お酒を飲んだり、
お休みいただいてた4日間、毎日お酒を飲んでいた気がします。

お正月明けの憂鬱なこの時期に
時間をかけてゆっくり飲みたいワインといえばこちら!!

ルー・デュモン ムルソー ’14 ¥
(フランス/ブルゴーニュ)

DSCF75390

ルー・デュモンといえば日本人醸造家「仲田晃司」さんが
銘醸地ブルゴーニュで生み出すワインです。

大学生の時、アルバイト先のフレンチレストランでワインと出会った仲田さんは
1995年に単身渡仏、フランス語を勉強しながらワイン造りを学び、
2000年にはルーデュモンを設立しました。
ブルゴーニュの神様と讃えられた偉大な醸造家アンリ・ジャイエ氏が
仲田さんのワインを批評したことでもしられています。

エチケットにあしらわれた「天地人」という文字は
ジャイエ氏より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」と薫陶を受け
「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として採用されました。

DSCF75420

さて、その味わいはと言うと濃密ながら繊細な味わい。
普段は物静かですが一度ワインについて話し出すと止まらない
仲田さんの秘めた情熱がそのまま体現されたかの様な味わいです。
グラスをゆっくりと傾けながら慌ただしさを忘れ、
穏やかな時間と共にじっくり楽しみたくなるワインです。

仲田さんは2008年1月8日放送予定の
「NHK プロフェッショナル仕事の流儀」にも出演されるようです。
http://www.nhk.or.jp/professional/schedule/index.html#20180108

スクリーンショット 2018-01-05 16.34.02のコピー

住吉酒販ではルー・デュモンはその他にも数種類在庫していますおりますが
放送の影響もあるかと思いますので品切れの際はお容赦ください。

是非、この機会に仲田さんのワインをお楽しみ下さい。

畑瀬