博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ イベント

阪急7F トワイライトBAR 〜酒器違いで飲み比べ〜

皆様こんにちは!

桜のシーズンも終盤にさしかかり、面白い次のイベントを探している方に速報です!!!

阪急7Fミューズホールにて飲み比べのイベントを開催いたします

能作の錫・リーデルのグラス・隆太窯の唐津焼の三種で、純米酒と大吟醸をそれぞれ飲み比べができる、目がギラギラしてしまうような、楽しいイベントです!!!

また、住吉酒販の名物『イロハニ枡』もご用意しております♫

住吉酒販でも最近販売を開始した、大人気のミニマルチョコレートも、今回お召し上がりいただけます!

image003-1

気に入ったお酒や酒器をその場でご購入いただけますのでご安心ください♫

なかなか普段酒器違いで飲み比べする機会がないかと思いますが、酒器を変えて感じる味の違いを是非体感してみてください

IMG_1312

会場:阪急7F トワイライトBAR

日時:46日(土)14時~18時

坂本

/ お知らせ

4月の営業日のお知らせ

皆様こんばんは中村です。

 

暖かかったり寒かったり、気温差が激しい最近

朝晩はまだまだ寒いので、暖かいコートがまだまだ手放せません。

 

ですが、すっかり桜は咲き誇り、

とても綺麗で、お昼はなおのこと日を浴びて美しいです

最近では日本人のみならず世界各国に肩が日本のこのお花見を楽しまれているのを見ると、

万国共通、花を愛でるというのは心洗われるものなのだなぁと感じます。

 

さて、4月に入り、これからはどんどん暖かくなっていくはず

 

また、歓迎会などでもお忙しいかと思いますが、

皆様のお側にはしっかり素敵なお酒をお揃していただくべく、

住吉酒販本店の営業日は、日曜以外しっかり開いております!

 

4_アートボード 1

今月末から10連休!という方もいらっしゃると思いますが、

もちろん私達、皆様をお待ちしておりますので、

 

いつも日曜休みでなかなか行けない、

 

という方も、

この祝日を利用していただいてご来店くださいましたら幸いです。

寒暖差で体調崩されないよう、皆様ご自愛くださいませ。

 

本日も皆様が美味しい食事と美味しいお酒で素敵な時間を過ごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ち致しております☆

 

中村麻美

 

/ お酒の紹介

‐甕雫 玄‐

こんにちは。

 

最近、住吉酒販本店にてぬか漬け修行中のしんのすけです。

 

二代目田川師匠からの指導の元、日々漬けさせて頂いてます。

 

IMG_2189

大根、人参、きゅうり、なすび、季節の野菜の5種類

一袋 400円で販売しています。

昨日漬けたパプリカは絶品でした!!

優しく丁寧に漬けていますので、

もし見かけましたら是非ともご賞味下さい。

 

さてさてそれでは今月のおすすめ焼酎をご紹介致します!!

今回ご紹介する焼酎はこちら。

甕雫 玄 02

甕雫 玄 20度  宮崎県 京谷酒造

900ml 3869円 1800ml 6081円

 

京屋酒造1834年に宮崎日南市にて創業。

原料にこだわり、大甕仕込みによる焼酎を少量ずつ丹精込め仕込んでいます。

甕の持つ特性と一甕約800リットルという現代では非常に少量の仕込みで、

外部より強制的に熱を加えない、奪わない自然な醗酵を可能としているそうです。

また《自然で環境にやさしい焼酎造り》を目指し、

子会社の農業法人㈲アグリカンパニーの農園にて、農薬を使わず有機肥料を用いて、

「甘藷」、「あいがも米」を栽培し、焼酎の原料にしています。

 

そんな京屋酒造が醸す、

年に1度の限定甕雫!!!

 

今年も入荷しました!!

甕雫 玄 01

ですねー。これ以上ない程の甕。

カラーも通常の甕雫とは異なり青緑色!!

 

会社の飲み会花見に持っていけば皆んなから大注目間違いなし。

柄杓もついていて、桜の下で甕からお酒を掬い注ぐ姿は

その場の雰囲気をより高めてくれる事でしょう。

 

 

しかし。。。違うのは見た目だけではありませんよ!!!

もっとも注目していただきたいのはお酒の味わいです。

 

通常の甕雫は白麹、宮崎紅寿芋(一部)、国産うるち米を使い醸されています。

 

それに対し

 

甕雫 玄は、黒麹 仕込みの原酒を主に、三種類の原酒をブレンドし、

原料には、子会社農園にて農薬を使用せず有機栽培した紫芋紅寿芋を使用。

麹米も有機合鴨米のみを使用しています。

 

麹、原料も違う限定甕雫それでは飲んで行きましょう。

 

IMG_2196

 

うっ美しい香りだ。

透明感を感じさせながら、その後に芋のほくほくした甘い香りが。。。

香りだけで分かります。こいつぁー只者ではないと。

 

ではストレートで。

ふむ。やはり。こやつは只者ではありませんな。

香り同様の透明感。その後に感じる心地のいい甘み

さらりと綺麗な飲み口でするするいけます。

水の様に飲んでしまうので、飲み過ぎ注意のお酒ですなー。

 

さて次はロックで。

 

こりゃまた、たまがりました。

先ほどの綺麗さに加わり爽やかさが。

春になり気温も高くなってきているのでこれからの季節にもピッタリですね。

普段、芋焼酎を飲まない方もこの飲みやすさはきっとになってしまう事でしょう。

芋のほくほくの香りとさらりとした飲み口。たまりません

 

是非ともこの機会に限定焼酎甕雫 玄をご賞味下さい。

尚、本数に限りがありますのでご了承下さい。

花見、飲み会での活躍は間違い無しですし、プレゼントにも最高な1本です。

それでは来週も皆様のご来店お待ちしております。

/ お酒の紹介

「兜釜蒸留」見学体験記

みなさんこんにちは。

普段は博多駅店にてドヤ顔かましております。

もちろん無意識です。ドヤこと山口と申します。

最近は少し暖かくなってきて、いよいよ春到来って感じですね~。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

僕はもっぱらお家で1人映画鑑賞派です。

そんなことはさておき。

突然ですが先日、私山口、大和一酒造元にお邪魔してきました!

IMG_6188

大和一酒造元とは、熊本県は人吉市にある明治時代から続く大変歴史ある焼酎蔵です。

ところで人吉といえば、そう「球磨焼酎」の生産地として有名ですね。

ちなみに「球磨焼酎」とは、特に米のみを原料として、人吉球磨の地下水で仕込んだモロミを、人吉球磨で蒸留して瓶詰めしたものを言うそうです。

現在、球磨焼酎を醸す蔵元は全部で28にのぼります。

IMG_6086

こちらの大和一酒造元もその「球磨焼酎」蔵の一つというわけですが、そんな大和一酒造元のなかでも、特に個性的な焼酎があります。

ズバリ「明治波濤歌」

IMG_6199

ラベルを見てみると、

どんぶり仕込み???

兜釜蒸留???????

聞き慣れない言葉のオンパレード

まったくもってサッパリです。

そこで今回はこの「明治波濤歌」の謎に迫っていきたいと思います。

ということでやってきました。

IMG_6091

IMG_6183

こちらは、社長の下田文仁さん(と僕)です。

まずは命名の由来からです。

お察しの方もおられるかもしれませんが、こちらの銘柄名は、主に昭和に活躍した作家山田風太郎の小説「明治波濤歌」から名付けられました。

こちらの小説は、明治という激動の時代において「波濤(ナミ)」を超えて、「海の向こう側」と関わりを持った人々の物語を綴った中編小説です。

本の初めにこんな一節があります。

“波濤(ナミ)は運び来り

波濤(ナミ)は運び去る

明治の歌

激動の時代において、「新たに日本にもたらされたもの」「反対に失われたもの」が表現されているともとれる一節です。

そしてそれは「球磨焼酎」にも当てはまることでした。

というのも現代の球磨焼酎の造り方と、明治、またそれ以前の球磨焼酎の造り方には大きな違いがあります。

「球磨焼酎」にも合理化の波濤(ナミ)が訪れたわけです。

そこで立ち上がったのが、下田さん。

というわけ。

なんと下田さん、今はもう忘れ去られてしまった「伝統的な球磨焼酎造り」を過去の文献などを頼りに、再現してしまいました。

「真の球磨焼酎」の復活と言っても過言ではありません。

それが「明治波濤歌」

う~ん、それだけでグッときますね。

明治と現在の焼酎造りで、何が違うかというと。

IMG_6097

明治現代(主に)

原料:玄米白米

麹:黄麹白麹

仕込み方法:どんぶり仕込み二次仕込み

容器:木桶タンク

蒸留:兜釜蒸留蒸気加熱・蛇管冷却

時代の変化とともに、より効率的な方法に進化していきました。

下田さんは、昔ながらの非常に手間のかかっていたやり方にもヒントがあるのではないかと考え、途絶えかけていた技術を復活させたわけです。かっこよすぎます。

一通り説明していただいた後は、そんなかっこよすぎる下田さん直々のご案内で蔵見学させていただきました。

IMG_6186

IMG_6098

こじんまりとして、温かい雰囲気です。

特徴的なのは、壁一面に飾られた絵画の数々。

IMG_6187

下田さんのお父様の趣味だそうです。お父様もこれまたクールです。

IMG_6104

こちらは麹室。なんと石造り、これも渋いです。

高湿度の室内で麹菌を米に繁殖させて、酒造りにはかかせない米こうじを造っていきます。

こちらが完成した米こうじ。

IMG_6111 IMG_6112

試しに食べてみると、麹菌がすこしフワフワとした舌触りに、しっかり酸味が効いています。貴重な体験です。

IMG_6119

こちらはなんと、蔵に湧いている温泉水です。

大和一酒造元では、こちらの温泉水を使って焼酎造りを行っています。

弱アルカリ性で、超軟水。甘みもしっかりあり、水だけで十分ごちそうです。

美味い水、こちらも酒造りにはかかせない要素です。

IMG_6127

このつぶつぶの山が明治波濤歌のモロミです。

白米ではなく玄米を使用しているので、少し黒っぽく、よく水を含んでふっくらしています。

IMG_6135

側面に目をやると、こんな感じで分離しているのがわかります。

この状態が、だいたい30日目ぐらいだそうです。

いよいよ蒸留の準備です。

まず、余分な酸を除去する為に木炭の粉末を加えます。

IMG_6138

少し混ぜ混ぜ。

次に籾殻をどっさり投入します。

IMG_6141

そしてさらに混ぜ混ぜ。

IMG_6144

こちらは後ほどの蒸留の際に役に立ちます。

ある程度かき混ぜたら、ザルでこします。

IMG_6149

IMG_6150

ザルでこしきれなかった分は後ほど圧縮して搾ります。

明治波濤歌で使用している「兜釜蒸留機」では、こうしてモロミを個体と液体に分けて蒸留します。

こちらは一般的な蒸留機では見られない、大きな特徴です。

さあ待ちに待った蒸留の瞬間

いよいよ「兜釜蒸留機」の出番です!

まずは大釜にモロミ(液体)を投入。まだこの時点では、茶色に濁った液体です。

IMG_6151

ところで搾り粕は捨てちゃうの??

と思ったそこのあなた。

安心してください、まだまだ現役です。

IMG_6152

ということでお次は、その搾り粕に、さらに籾殻を追加です。

IMG_6160

触ってみると、感触はふわふわ。袋に詰めたらいい枕になりそう

よく眠れそうです。

そうしてふわふわになった搾り粕で釜に蓋をします。

IMG_6156

その上から桶を被せて、竹筒を通して、最後に蓋をします。

IMG_6165

IMG_6166

IMG_6167

IMG_6168

この蓋が兜をひっくり返したような形をしていることから「兜釜蒸留機」と呼ばれているそうです。

ちなみに構造はこんな感じ。

IMG_6171

さあ蓋の上に冷却用の水を貯めて、薪に点火します。

IMG_6169

あとは直火でガンガン沸騰させること、約30分。

竹筒の先から蒸気が吹き出します。

そして、ついに!

ついに!!!!

IMG_6176

感動の瞬間です。

これが、明治波濤歌ハナタレです!

この時点ではなんと度数70

玄米由来の甘く、若干香ばしい重厚な香りが漂います。

こうなると明治波濤歌へのが止まりません。

愛が冷めないうちに、試飲会です!(ワクワク)

まずは、オンザロックでいただきます。

IMG_6180

なんとも爽快

雫の滴る音を聞きながら

なんと贅沢なひと時。

さあどんどんいきます。

お次は地元の伝統的な酒器「ガラ」と「チョク」で。

お燗でいただきまます。

IMG_6181

直火でガンガン燗つけます。

さらにこちらは下田さんが独自に改良して、飲み頃になると絵柄の色が変わるという優れものです。

う、ううう、うう、うま

しっかりとした甘味がさらに引き立ち、なんともまろやか。

ちなみにこちらが地元の伝統的な飲み方だそうです。

美味すぎる。これは完全にダメなやつです。

こちらの「チョク」通常のお猪口より一回り小さく、グイグイいっちゃいます。止まりません。

最後は、燗ロック!!

IMG_6178

あまり馴染みのない飲み方ですが、その名の通り一度燗つけたお酒を氷を入れたグラスに注ぎます。

私、感動しました。

ロックの爽快さ、燗のどっしり重厚な甘味とまろやかな舌触り。

まさにいいとこ取り。

まだお試しでない方、試す価値アリです。

明治波濤歌、様々な顔を見せてくれますなぁ。

こちらの「明治波濤歌」本店・博多駅店でも絶賛販売中です。

もちろん博多駅店の角打でも、ご提供中ですので、ぜひお好みの飲み方でゆっくり、じっくりとご堪能くださいませ。

最後に。

下田さん並びに大和一酒造元のスタッフの方々、まさに明治波濤歌のように濃厚な時間をありがとうございました!

それでは、本日もスタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております♪♪

それでは。

山口 “doya” 智史

/ イベント

今年も参戦!福岡城さくらまつり

日に日に暖かくなり、外でお酒を飲むのがますます楽しい季節ですね。
世間のごく一部で世界的大ブーム、「チェアリング」が趣味の上山です。

念のために説明しておきます。
チェアリングとは、、、色々な場所に折りたたみ椅子(チェア)を持って行って、楽しく酒を飲むこと。まさに引き算の酒飲みスタイル。非常に高尚な趣味でございます。

東京から引っ越してきてはや10日。
チェアリングスポットのロケハンに忙しい日々を過ごしております。

31478685_1629557870462203_5561490054225854464_n

さてさて、

3/21〜24にJR博多駅前で開催された九州酒蔵びらき、大盛況のうちに幕を閉じました。

普段なかなか出会えないお酒や美味しいおつまみに、ついつい長居された方も多かったのではないでしょうか。

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました

そして、

福岡では3/21にソメイヨシノの開花宣言が出されました。

というわけで、

今年も出店します。

福岡城さくらまつり
(クリックで公式サイトへ)

春を感じさせるフレッシュな冷酒、じんわり染み入る燗酒など多数ご用意しております。
昨年同様、とり祥さんと一緒のブースで営業しております

IMG_3027

(昨年の様子)

とり祥さんのどこまでも優しい、温かい水炊きと、住吉酒販厳選の日本酒。
それを約1000本もの桜、幻想的なライトアップの中で楽しめるなんて!

IMG_3023

 

心にも胃袋にも豊かな体験。参加しないわけにはいかないですね

気になる詳細です!

日時:3/27〜4/1(福岡城さくらまつりは23日より開催中)

18:00〜22:00

※桜園は18時からのライトアップ時間帯は有料エリアとなります

場所:特別有料ライトアップエリア桜園

gmap

屋台がずらずらと並ぶ桜グルメ屋台エリアではなく、

そこから奥に進んだところです。

上山もお気に入りのチェアと共に参加します。

一緒に楽しみましょう

たくさんのご来場お待ちしております

 

上山優貴

/ 博多本店

まぼろしの厚揚げを食べる

かくなったかなと思えば、

寒さがぶり返す。

 

まさに「三寒四温」といった今日この頃、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

こんにちは。

日々、健康小太り生活に

励んでおります山下です。

 

最近感銘をうけた言葉は

「栄養にまさるものなし」

実に滋味深い言葉であります。

 

 

さて今回はご存知、三原豆腐店さんの看板商品

「まぼろしの厚揚げ」

いろいろな食べ方で堪能してみたいと思います。

 IMG_6405

「さくっ、ふわっ、とろり。」

想像するだけで溢れるよだれで息が苦しいので

早速 いってみましょう。

 

ひとつめはこちら。

「三つ葉まみれの厚揚」

IMG_6414

サクッと焼き上げた厚揚げに

三つ葉をトッピング。

純生ぽんずとオリーブオイルで仕上げました。

 

三つ葉とだいだいの清涼感たるや。

罪悪感ゼロでぺろりといただけます。

 

いい仕事、してくれます。

IMG_6407

 

 

 

そしてふたつめ。

「鯛だし みぞれ餡かけ」

IMG_6416

大根おろしを鯛だしで軽く煮たものをかけて、

みょうがの粗みじんを散らしてみました。

 

もう、わかってる。

美味しいってことは、わかってる。

 

お豆腐と鯛だしの旨味が奏でるハーモニー。

大根おろしのやさしい甘みが全体を優しくまとめます。

 

ほんと、美味しくて便利。

IMG_6406

 

 

 

続いてみっつめ。

「新さつま節 × 生姜醤油」

IMG_6426

新さつま節をピーラーでたっぷり削りかけて、

生姜醤油をON。

 

これぞ王道。 

 

食べ応えあるかつおの旨み!

クリーミィなお豆腐に生姜がふわっと香ります。

 

いいから早く、お酒をください。

 

ありがとう。

一家に一本「新さつま節」。

IMG_6408

 

 

さあ、ラストを飾ります。

「焼き味噌に青じそ」

IMG_6412

米味噌に少量のお酒、鰹節を練りこんだものを

たっぷり塗ってこんがり焼き上げました。

 

実に男らしいたたずまい。
カズ、ダンディズム。

 

お焦げの香ばしさがたまりません!

これは燗酒ですネ。

ひとときの幸せを約束します。

 

 

 

 

と、いうわけでご紹介して参りました

三原豆腐店さんの厚揚げは

週に三回、本店に入荷致しております。

 

感動の厚揚体験をぜひぜひ

ご自宅でもお楽しみください。

 

合言葉は「はふはふ」です。

 

来週もみなさまのご来店を

心よりお待ちしております。

IMG_6095

山下洋平