博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

松の司 Ultimas

皆様こんばんは、中村です。

寒いので最近ビールのあとは燗酒ばかり飲んでいます

結果飲むとそのままだらだらつまんでしまい、

 

まさに

 

肥える秋

 

…。

 

そんな秋ももう少しで終わり!どんどん年末モードですね

 

年末になるとやっぱり皆さまお世話になった方に贈り物が増える時期です。

店頭にも贈り物にとってもとっても素敵な商品が入荷しております

いろいろご紹介したいアイテムがある中、本日は中村がもう大好きで大好きで、毎年言葉の表現に窮するこちらのご紹介。

 

松の司 Ultimas(アルティマス)

(滋賀/松瀬酒造)

Modern light

23559647_1541179479308931_4346073725701297948_n

 

今年も届きました、こちらのお酒

松の司はどのお酒を飲んでもその美しい佇まいを感じる酒質に感嘆せざるを得ないのですが、このUltimasuは更なる高みを感じる味わい。

 

毎回この松の司をご紹介するときに

美しい

の言葉以外がなかなか出てこなくて

自分の表現力の無さに打ちのめされてしまうのですが、

それでも紹介せずにはいられないのが松の司!

 

この美しさに思わず飲んだ瞬間

黙り込んでしまいそうになる味わいのUltimasuですが、

お値段もデイリーに飲むには黙り込んでしまうので(笑)、

お正月用であったり、贈り物にはぜひお手に取っていただきたいです。

いつもレジにこの商品を持ってきていただくと、

思わずよだれが垂れそうになるのを必死にこらえております

 

本数も限りがあるのでお早めに是非!!!

 

気が付けば11月も中旬で、そのうち師走。

一気に今年も過ぎていくんでしょうね

年末、大変ありがたいことに、店内大変混雑いたします。

ご都合つきましたらご来店お早目にいらしてください。

 

本日ようやく金曜日。

週末のお酒は何でしょう。

 

本日もおいしいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちしております☆

 

中村 麻美

 

 

/ お酒の紹介

2017年ボジョレー・ヌーヴォー入荷しました!!

みなさんこんばんは畑瀬です

毎年この時期になると話題になるワインと言えばボジョレー!!
11/16(木)はボジョレーヌーヴォーの解禁日!!
今年は4種類の新酒がボジョレーより届きました!!

ドメーヌ・デュ・ビュイロン ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー ¥2,285
Domaine de BuisRond Beaujolais Nouveau

P-U-R ボジョレー・ヌーヴォー ¥2,480
P-U-R Beaujolais Nouveau

ドメーヌ・デュ・クロ・デュ・フィエフ ¥2,720
Domaine du Clos du Fief Beaujolais Villages Nouveau

ルー・デュモン ボジョレー・ヌーヴォー ¥2,800
Lou Dumont Beaujolais Nouveau

DSCF71410

さてさてボジョレーというワインがどこで造られているかというと
皆さんご存知の通りフランスワインの銘醸地、
ブルゴーニュ地方の南部にある地域で造られています。
ガメイという品種のぶどうを用いて作られており、
軽快でフルーティな味わいが心地よく軽く冷やして飲むのもおいしいワインです。
通常見かけるものではボジョレー(Beaujolais)や
ワンランク上のボジョレーヴィラージュ(Beaujolais-Villages)、
より良いテロワールからうまれるものになってくるとムーラン・ナヴァンやモルゴンといった
村名のかかれたクリュ・ボジョレー(Cru-Beaujolais)と呼ばれるワインも存在しています。
11月第3週の木曜に解禁される新酒はボジョレー・ヌーヴォー(Beaujolais Nouveau)と
言われ日本ではどこよりも早く飲めるとあって絶大な人気を誇ってきました。
最近ではいろんな意見もありますがこだわった造り手の生み出すワインはやっぱり美味しい!!
ですのでぜひお楽しみいただけたらと思っています。

4種類もあるので全部書いてしまうと長くなってしまいそうなので
溢れる想いをそっと割愛しながら書いていきます…

1本目はビュイロン。
シャンボール・ミュジニーを代表するドメーヌ「コント・ジョルジュ・ヴォギュエ」や
ワイン好きの人ならお馴染みの「ルロワ」などでワイン造りを経験し
今は自宅でワイン造りを行うクラシカルな造り手です。
お求め安い価格もそうですがカジュアルに楽しめるボジョレーの魅力がたっぷりと詰まっています。

DSCF71320

2本目は毎年おなじみのP-U-R。
自然派の巨匠、マルセル・ラピエールの弟子にしてゴーミヨ「ボジョレー&ブルゴーニュプロデューサー・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれたことのあるシリル・アロンソがフロリアン・ルーズと生み出すヌーヴォー。ピュアな果汁がそっと体に馴染むやさしさが魅力的です。

DSCF71380

3本目はクロ・デュ・フィエフ。
ムーラン・ナヴァンと並びボジョレー最上のクリュとの呼び声も高いジュリエナスでワイン造りを行うミシェル・テートのヌーヴォー。
英国のワイン誌が企画した「10年モノの比較試飲特集」にてピノ・ノワールと並び試飲され、長期熟成は向いていないと言われていたガメイを用いてでトップ3に入るなど快挙を残しています。ワンランク上の上質なボジョレーをお探しの方にオススメです。

DSCF71350

4本目はルー・デュモン。
漫画神の雫に取り上げられるだけでなくスタジオ・ジブリとコラボしたワインを発表するなど
年々人気も高まりつつある造り手「仲田晃司」氏のヌーヴォーです。
濃密な果汁感からは少し寝かせて飲むのも美味しいのではとついつい期待も膨らむ、
少しリッチな気持ちを味わうことができます!!

DSCF71400

さて話は長くなってしまいましたがもうそろそろ日付も回ってるので解禁してるはず!!
住吉酒販3階ではほかにもおすすめのボジョレーはもちろん、
美味しいワインもたくさんご用意してお待ちしてます!!
本日もみなさんのご来店お待ちしてます!!

畑瀬史人

/ イベント

ビアスナックあさみ Vol7

皆様こんばんは、中村です。

 

早くも11月も半ば

 

年末の準備がそろそろ始まりますね。

その前によろしかったらこちらのイベントいかがでしょう?!

 

ビアスナックあさみ Vol7

ビアスナック11

 

今回はシードルとフルーツビール

秋ですしね、フルーツもおいしい季節ですしね、リンゴもたくさん取れますしね。

 

実は去年もこの時期シードルをご提供いたしましたが、今回もまた

パワーアップしたアイテムを準備しております

 

フルーツビールというカテゴリーは、

ビールが苦手なのよね。

って方にもお楽しみいただけるスタイルに

なっております…!!

 

他ではなかなかお目にかかれない(?!)アイテムがそろっておりますので、

よろしかったらぜひいらしてください

 

今回が今年最後のビアスナック、

お時間ある方はぜひ足を運んでいただけましたら幸いです。

 

 

皆様の本日のお酒は何ですか??

皆様が本日もおいしいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

 

 

/ お酒の紹介

月の中(つきんなか)

みなさん、こんばんは。

 

はじめまして、住吉酒販のシガキです。

 

本日のご紹介はさせていただくのは

 

宮崎県の西都市にある岩倉酒造さんの芋焼酎。

 

 

月の中(つきんなか)

1升瓶 2850円 税抜価格

IMG_3052[14455]

をご紹介させていただきます。

 

この月の中は家族たった4人で手造りされています。

 

そのため、造られる本数も非常に少ないです。

 

芋のふんわりとしたやさしい香りと甘味

 

白麹で醸される、まろやかでキレのある味わい。

 

岩倉さん家族の愛情が詰まりに詰まった芋焼酎です。

 

この季節は是非、お湯割りでほっこりと楽しんでいただきたい芋焼酎です。

 

アテはというと、地鶏やさつまあげもいいですが、

 

羊羹の天ぷらはいかがでしょうか?

 

先日、わたしも自宅で「羊羹の天ぷら」にチャレンジしました。

 

あまりの見た目の悪さに写真のアップはできませんが...

 

羊羹の甘味と芋焼酎の甘味のマッチング

 

最高です!

 

「月の中」は現在、 本店のみ のお取り扱いとなっております。

 

ご了承ください。。。

 

明日も本店にてご来店お待ちいたしております。

 

住吉酒販 シガキ

/ 食品

お待たせしました、再入荷です!

ピルビン酸について勉強中のはしもっちゃんこと橋本です。

入荷のお問い合わせが多かった
水イカの内臓塩辛再入荷いたしました。

IMG_7411

山戸海産 水イカの内臓塩辛(長崎 五島)

 

「水いか」は九州での呼び名のようで、

「アオリイカ」という名前の方が一般的のようです。

旨味成分がいかの中では一番多く、また値段も高価なことから

「いかの王様」と称されています。

 

そんないかの王様と言われる

水いかの内臓が贅沢な珍味に。

住吉酒販スタッフはメロメロです。

IMG_7412

ひとくち食べてまず衝撃なのは
そのクリアで濃い味わい。

塩辛や酒盗というと独特なあの香りが苦手な方も多いはず。
しかし、この水イカの内臓塩辛は
とってもクリア。

 

商品名にもあるように、
水イカの内臓のみを塩辛にしたものです。
身は入っていませんが、
トロトロ、コリコリな食感もまたくせになります。

 

そして驚くべきはその原材料。

IMG_7414
水いかの内臓、食塩…以上!
潔いです!!
余計な添加物は一切含まれていません。
ですので、普通の塩辛に比べると少し塩分濃度は濃いめになります。

 

この塩気、濃厚さ。
ここで呑兵衛の皆様はお気づきかもしれませんが…

この珍味、
お酒がススムんです!!

ススムと言うよりむしろお酒が足りません!!!

お酒を買い足さねば!!

 

ここまでクリアで濃厚なのは、
山戸海産さんがこだわりにこだわって手造りしているから。

山戸海産

(画像は山戸海産HPより引用 http://www.mizuika.com/)

一番美味しくなるこの時期のみの水いかを使用。
その日の朝に水揚げされた採れたて新鮮ピチピチなイカをその場で加工。
冷凍イカは一切使用しません。
全て手作業にて加工されています。

そんなこだわりの水いかの内臓塩辛。
やっとの再入荷ですので、ぜひご賞味頂ければと思います。

 

そのまま食べるのはもちろんのこと、
パスタの隠し味に使ったり、
納豆に和えたり、
卵かけご飯にかけたり(お醤油の代わりに)、
じゃがバターにトッピングしたり!
おつまみとしてだけではなく、お料理のアクセントにもオススメです。

 

水いかの内臓塩辛ファンが年々増加しており、
毎年完売時期が早まっております…。
お買い求めの際はお早めに。

IMG_7413

最後に、
以前住吉酒販デイトス店でこの水いかの内臓塩辛を
お召し上がりいただ方がこんなことを仰っていました。
「この1瓶で、お酒が4升飲める」

皆様、この水いかの内臓塩辛をお買い求めの際は
お酒を4升分一緒に購入されることをオススメします。笑

 

 

本日も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

橋本

/ お酒の紹介

アルガーノ甲州

みなさんこんばんは畑瀬です

昨日は横綱土俵入りが近くの住吉神社で行われ
本店の周りもたくさんの人で賑わっていました。
あっという間に秋の深まりを感じる今日この頃ですが
そう、本日11/3(金)は甲州ワインの新酒解禁!!
住吉酒販にも長年甲州ぶどうを支え続ける老舗ワイナリー勝沼醸造より
今年の新酒が届きました!!

アルガーノ甲州 ¥1,850 (税別)
産地 日本 山梨
品種 甲州

DSCF68250

勝沼醸造は山梨県甲州市勝沼町にあるワイナリー。
新宿からは片道1時間半から2時間くらいでいける距離にあります。
博多からだと4時間ぐらいで行ける距離にあります。

DSCF06370

日本ワインときっても切り離せない関係にあるぶどうといえば「甲州」。
勝沼醸造のある山梨県の勝沼はそんなぶどうが発見されたとされる地域でもあり
多くのワイン造りにこのぶどうが用いられています。
そんな「甲州」ぶどうですが90年代には不遇の時代を迎えたことがあります。
農家が大量の「甲州」ぶどうを捨てざるをえない状況に追い込まれたことがあり
そんな中でも勝沼醸造では「甲州」買い続け地元の農家と共にワイン造り行ってきました。
今尚、地元農家との密接な信頼関係は続いており、
家族経営ながら山梨県内で1、2位を争う程の「甲州」の仕込み量を誇っています。

DSCF06410

今年80周年を迎える勝沼醸造では社長である有賀雄二氏はもちろん、
長男の有賀裕剛氏、次男の有賀淳氏、三男の有賀翔氏の三人を中心にワイン造りが行われています。
現場で働くスタッフの方だけでなくワイナリー全体にどこか心地よい雰囲気が漂っており
その前向きな姿勢は今、彼らの造るワインに徐々に現れつつあるのです。

DSCF682410

さてさて話は逸れてしまいましたがそんなワイナリーの今年の新酒がついに届きました。
例年は穏やかな味わいでしたか今年は生命の息吹を感じるフレッシュな装い。
南国の果実を思わせる瑞々しくも華やかな香りと梅のような溌剌とした酸味が食欲を刺激してくれる。
山梨が生み出した甲州ぶどうの新たな可能性につい心踊らされてしまうワインです。
早くも残りわずかになっていますが是非この機会にお楽しみください。

畑瀬史人