博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

川口納豆

みなさまこんにちは、中村です。

 

 

先日東京に行って帰ってきて以降全身が痛くて昨日はその痛みがピークだったため、

帰宅と同時にビール飲んで爆睡してしまいました

 

東京での動き回りっぷりを知ってる人たちには

「そらそうでしょ」

と、呆れられましたが…

 

もともとあまり体力がない人間なので限界はわきまえないといけないですね…

 

そんなわけで東京に行ってる間にいろんなものを食べ過ぎ飲み過ぎ、しかも主にビールとの食事だったのでわりと油っぽいものが多かったこともあり、もうしばらくは、納豆と味噌汁と野菜炒めがあればいい…。という気持ちになっている私

そんな中で衝撃的なネーミングの日本酒が入荷しました。

 

川口納豆 特別純米 美山錦

(宮城/金の井酒造)

Modern Medium

 

image

 

 

日本酒の知識が少しある方なら

「え

と思われたことでしょう。

 

日本酒を作る上で納豆の持っている納豆菌は大敵ということをご存知の方は名前だけ見たら驚かれること間違いなし

(大昔に自然に作られていた納豆の納豆菌の繁殖力と、現代の工場で作られた納豆の納豆菌の繁殖力は雲泥の差だとかで、納豆を食べただけじゃ、日本酒を作る過程でそこまで影響しないと言われる方もいらっしゃいます。さすがに納豆を食べたあとに手を洗わず、歯磨きせずでお酒を造られたらどうかわかりませんが、作り中に普通に食べられる方もいらっしゃいますし、食べられない方ももちろん多いです。)

 

 

私も最初驚きました

 

納豆と日本酒ってあまりにも結びつかないですし…

 

実はこちら、納豆というのは直接お酒には関係ないのです

金の井酒造さんと言えばお気付きの方もいらっしゃると思うのですが、綿屋というお酒を出してあるお蔵さん。

綿屋のお酒はキレイな線のシャープでエレガントな女性的なお酒が多いです。

 

こちらは同じ宮城の地で納豆有機野菜を作っていらっしゃる川口納豆というお店の方が作られた「美山錦」のお米を使って作られたお酒なので、川口納豆と言う名前がついたようなのです。

 

口に含むとぷわっと広がる甘み

美山錦はわりとシャープなイメージが強かったですが、ぷくんと丸く広がるボディ

美山錦独特の若さを感じるミネラル感、ちょっとした苦味も感じます。

少し熟した感じが出ているのか、いつもの綿屋さんのお酒よりグラマーな印象。

中村はぷくぷくしたこのお酒が美味しくてつい飲みすぎてしまいます

 

ボディがしっかりあるのでモダンといえどもわりと食に近づいてくれそう

 

本日火曜日、みなさまのお側には本日の気分にあったお酒はございますか?

みなさまが本日もいいお酒といい食事で素敵な時間を過ごされますように。

 

みなさまのご来店心よりお待ちいたしております☆

 

住吉酒販 中む麻美