博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ 器

モル第四回

こんばんは!はしもっちゃんこと橋本です。

今回は抹茶を使った雅なスイーツを頂いたので、

せっかくならと良い器に盛り直していただくことにしました。

IMG_0972

モル第四回目はスイーツを盛ります。

使う器はこちら

IMG_0968

IMG_0969

黄唐津輪花小皿(唐津焼 中里太亀)

黄唐津(きからつ)は釉薬(ゆうやく)や素地(きじ)に含まれる鉄分が

焼いた時に酸化して黄味を帯びたものです。

温かみのある芥子色は眺めるだけでもほっこりします。

手に取るとちょうど両手の平に収まるサイズ。

(CDアルバムと同じぐらいのサイズです)

IMG_0970

口の波形が指先にはまり、持ち易い。

見た目も感触にもアクセントになっています。

では盛っていきましょう。

 

まずはメインの抹茶の寒天をそっと、少しずつ高さを出すようにして盛ります。

IMG_0971

(頂いたままの形そのままで盛っても良かったのですが、なんだか味気ない気がしたので…)

抹茶の濃い緑と、黄唐津の芥子色のコントラストが綺麗です。

お次は抹茶の横に餡子を。抹茶と餡子は定番の組み合わせですね。

IMG_0973

IMG_0974

日本の心、和の心です。

そしてお次に白玉を。

IMG_0975

IMG_0976

横に添えて。

このままでも良いのですが、手元に大好きな生クリームがあったので

(いつも手元に生クリームがある生クリーム狂とは私の事です)

生クリームも添える事に。

置き場所を中央にのせるか、横に添えるかさんざん悩んだあげく

(店長松窪にも相談して)

IMG_0979

横に添えました。

抹茶の緑

餡子の小豆色

白玉の白

少し暗めの色合いが

黄唐津に盛ることで明るく楽しげになりました。

IMG_0980

芥子色が主張しすぎる訳ではなく、

そっと食卓に彩りを添えてくれます。

緑と黄色ってなんでこんなに相性いいんでしょうか。

今日は抹茶寒天でしたが、

葉もののおひたしや、アスパラのぬた和え、かぼちゃの煮物なんかも盛りたいなぁ…。

 

手作りのお料理はもちろん、

既製品も良い器に盛り直すだけで

ぐっと雰囲気が出て美味しさが倍になるような気がします。

 

IMG_0949

手に取り、使い、育てていく、良い器。

長い付き合いが出来るお気に入りの一枚と出逢えるといいですね。

 

器に乗せるお料理をあれこれ想像していたら

あぁ…お腹がすいてきました。

 

 

皆様良いシルバーウィークをっ!!!

おいしいご飯においしいお酒で幸せ補充して

明日への活力にしましょう^^

 

橋本さき