博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ イベント

「千砂と有賀」まであと5日!! – 勝沼醸造編 -

みなさんこんばんは

畑瀬です。

2/22(土)開催の
シモン・ビーズ&勝沼醸造のトークセッション
「千砂と有賀」まであと5日!!

chisa_aruga

イベント開催の前にシモン・ビーズと勝沼醸造、
それぞれのワイナリー、そしてふたりについて
トークセッションをより一層楽しめるよう、
ご紹介していきたいと思います。

第2回目は「勝沼醸造」!!

IMG_2368

▪︎勝沼醸造の歴史
まずは勝沼醸造の歴史をおさらいです。勝沼醸造といえば今や日本を代表するワイナリーと言っても過言ではありません。創業は1937年。初代社長有賀義隣氏が製糸業を営む傍らワインの個人醸造をはじめたことから始まります。1941年には近隣の農家29名が加わり金山葡萄酒協同組合を設立。その後は日本ワインの歴史をご存知の方ならご存知かと思いますが潜水艦のソナーに使う酒石酸が欲しいという軍の要望もあり酒石酸採取業務を行います。2代目社長有賀清弘氏の時代になると酒類の製造が免許制度になったため果実酒醸造免許取得。更に町村合併もあったため現在の社名「勝沼醸造株式会社」へとなります。3代目社長の有賀雄二氏の時代になると日本ワインを代表するワインへと成長を遂げる「アルガブランカ」が発表されます。現在ではブルゴーニュのシモン・ビーズで修行を終えた有賀裕剛さんを中心にワイン造りを行っています。

▪︎「ブルゴーニュからの帰還」

58B4B528-92C7-498F-BCB4-07BE8D38B548-461-000000120C952C15

近年、勝沼醸造がおもしろいのは有賀裕剛さんがシモン・ビーズから戻ってきたことが大きな要因となっていると思います。元々、勝沼醸造は中央葡萄酒やルバイヤートと共に山梨で御三家と言われるほど絶大な地位を築いてきました。現在ではメルシャンなどのビール会社資本の大手生産者にも並ぶ生産量を誇ります。伊勢志摩サミットでブリリャンテが提供されたり、JAL国際線でクラレーザとピッパが採用されたり、漫画「神の雫」でイセハラとブリリャンテが紹介されたりともちろん日本を代表するワイナリーとしての輝かしい経歴をたどってきました。そのころのアルガブランカ及びアルガーノシリーズの魅力は日本食とあわせて食前から食後まで「アルガブランカシリーズで楽しめますよ」と言った日本ワイン黎明期だからこそ必要だったポジションを確立していたのかもしれません。しかし、有賀裕剛さんの帰還した近年では「山梨のテロワールを生かしたワイン造り」を行っています。無理に度数を上げず、シャプタリザシオンの量も減らし、グリ系品種である甲州のおいしさはどこにあるのか。山梨のワイン生産者ならではのアイデンティティが詰め込まれた姿勢はソムリエ教会会長の田崎真也さんやMWの大橋建一さんからも高い評価を得ているのだとか。(近年だとイセハラが即位の礼の晩餐会で振舞われたり、JAL、ANA国際線ファーストクラスに搭載されるなど日本を代表するワインと言っていいほどの高評価です。)さらにワインライターとして世界的に有名なアンドリュー・ジェフォード氏(日本語に翻訳された著書だと「ワインを楽しむためのミニコラム101」)がテイスティングに訪れるなどとどまることを知らず世界からも注目される存在へとなってきています。

さて、みなさん、2/22(土)の予定はお決まりですか?
チケットは住吉酒販オンラインストアにて絶賛販売中!!
ここまで書くとなかなかハードルが高いイベントなのかと思う方もいるかと思いますが
2人ともとても気さくな方なので大丈夫です。
ちなみに、あまり経歴を書くとあれだなと思い書いてませんでしたが
有賀さんは元々東京のファッション業界にいたり
帰ってきても「うちは甲州でしょ!!」といって自社畑のカベルネを勝手に切ったりと
語りきれないほどのいろんなエピソードを持ってる方です。
イベントでは恩師の千砂さんも一緒ということでフランス時代の話も出るのではないかと思います。
日本ワインの将来を担う醸造家有賀裕剛さん、
世界で活躍する日本人醸造家ビーズ千砂さんの
他ではなかなか聞くことのできないありのままの言葉に耳を傾けながら
それぞれの人柄の反映されたワインを是非お楽しみください。

ご購入はこちらから
https://www.field-to-table.jp/categories/1526867

皆様のご来場お待ちしております。

畑瀬

#イベント #博多本店
February 17.2020 | Wine | sumiyoshi-sake.jp | text & photo Fumito Hatase

関連記事
「千砂と有賀」まであと14日!! -シモン・ビーズ編- 2020.2.8
シモン・ビーズ&勝沼醸造トークセッション 「千砂と有賀」 2020.1.31