博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

春一番 月の中

large

暑い。

暑い。

冬なのに暑い。まるで夏のようだ。

と思ったら、

すでに、

四国で観測されたみたいですね。

春一番

 

ならば冬は諦めて

お酒の世界にも吹かせてみせよう春一番

 

ということで、今回ご紹介するお酒はこちら。

春の訪れを告げにやってまいりました芋焼酎

春一番 月の中

IMG_20200214_192253

 

こちらのお酒は、みなさんご存知

宮崎県岩倉酒造芋焼酎

月の中の新酒

そして、この時期だけの限定商品なのです。

IMG_20200214_192306

岩倉酒造について簡単に解説しますと

その日農家から購入をその日のうちに仕込み

全ての作業を手作業で行うという

少量生産で、品質にこだわりぬいた

家族経営の小さな蔵です。

そして、代表銘柄の月の中は

蔵が所在する月中(げっちゅう)に由来します。

 

そう、今しか飲めない。

今飲むしかない。

ならば飲もう、迷わず飲もう。飲めばわかるさ。

ということで、早速開栓してみたいところですが、

 

ところで、春一番って何でしょうか??

春一番とは、

北日本と沖縄を除く地域で

例年立春から春分の間に

その年に初めて吹く南寄りの強い風

春一番が吹いた日は気温が上昇し、

翌日は寒さが戻ることが多いらしいです。

 

なお、芸人の春一番さんの芸名の由来は

苗字に春が入っていたことと

「一番の芸人を目指せ」「春一番ような強い風を吹かせろ」

という思いが込められていたとのことです。

参考までに。

 

話が少々逸れてしまいましたが、

開栓!!!

 

封を開けた瞬間、

溜まりに溜まったエネルギーが一気に解放

あたり一面を支配してしまうかのような

ストロングな芋の香りに圧倒されます。

 

そのまま口に含んでみると

いつもの3割増しの芋感

そう

芋感ハンパない。

フルーティではなくドライ。そして、ホッコリ??

かなりホッコリ強めです。

後口にも芋の余韻が強く感じられますが

しかし、

嫌な感じの芋臭さは皆無

むしろ、心地よさすら感じてしまいそうな美しさです。

すごく丁寧に造られているのが分かります。

 

次に氷を投入してみると、

香りが開き

芋本来の甘みがどんどん前面に出てきます。

少し、スイーツっぽい感じもします。

さらに炭酸を加えると、

芋ソーダ!!

そのまんま、ですけど他に表現が思いつかないっ!

(すでに酔ったか??)

IMG_20200214_204230

 

そして、暑い暑いと言いつつも、まだ2月なので

癒しのお湯割の登場

何と、今度はホッコリ5倍増し!!

なぜかロースト感すら感じられる芋成分が

五臓六腑に染み渡ります。

IMG_20200214_204011

うーん。

どのスタイルで呑んでも、パワー全開。

しかし、一方では繊細で美しい。

 

確かに

焼酎界の春一番

頂きました!!!

 

住吉酒販本店では、今回ご紹介しました

春一番 月の中

以外にも

岩倉酒造の焼酎を各種取り揃えております。

是非、この機会にお手に取って頂けましたら幸いです。

IMG_20200214_204654

 

 

商品紹介

 

商品名:春一番 月の中

ジャンル:芋焼酎

容量:720/1,800(ml)

価格:1,450/2,850(¥)

IMG_20200214_192519

 

 

ヤマモト