博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ 食品

-千年鮭きっかわ-

こんにちは。

しんのすけ中村です。

寒さも本格化し、朝と夜はかなり冷え込みますね。

皆様、繁忙期・忘年会なとで少々お疲れ気味なんじゃないですか??

元気ですかー??

僕は元気です。ホントです。

2019年も残すところあと8日

体調を整え、2019を健康体で終え、

新年も元気で迎えられる様にきちんと休息

美味しい食事をしっかりととっていきましょー!!!

お酒も嗜む程度に飲んで下さい。

さてそれでは、しんのすけ中村の

今食べるべき一品をご紹介させて頂きます。

今回の逸品はこちら。

IMG_5671

千年鮭 きっかわ 新潟県村上市

鮭の生ハム ¥1068

鮭の酒びたし ¥737

白子の寒風干し ¥801

鮭背わたの塩辛 ¥2674

IMG_1080

img-main-sennenzake

この様ながずらりと吊るされている光景を

テレビや雑誌などで1度は見たことあるんではないでしょうか??

そう。ここが千年の鮭食文化伝統技術を守り、継承している

千年鮭きっかわです。

住吉酒販では、こちらの鮭食品を新しく取り扱わせて頂く事になりました。

新潟県村上市では平安時代に

京の都に鮭を租税として納めていたという記録が残るそうです。

なので村上の人々にとって、鮭は千年も前から特別な魚でした。

鮭を慈しみ、鮭を共に生き、鮭を頂く。

その想いから村上の風土を活かした独特の製法と

百以上の料理法を生み出し、今に伝え、

世界で類を見ない村上ならではの鮭食文化が伝承されています。

厳選した素材を選び

人の手をかけ、自然の中で時間をかけ、

化学調味料や食品添加物を一切使わず、

ごまかしのない本物のものづくりを続ける

千年鮭きっかわ。

年末年始にも重宝される一品ではないでしょうか??

IMG_5674

村上の風土が作り上げた味の芸術品

鮭の酒びたし ¥737

食べる前にお酒をかけて食べる

昔からの風習により、「鮭の酒びたし」と呼ばれます。

(そのままでもたべれます)

一年をかけじっくりと熟成された旨味は

一度食べると病みつきです。

IMG_5673

グルメ達が震えた 鮭の新たな境地

鮭の生ハム ¥1068

低温でゆっくりと熟成させた鮭のまろやかな味わいは新境地

燻製ではないので、スモークサーモンとは

全く違う独自の味わいです!!

IMG_5672

住吉酒販六本松店では、惣菜として販売致しております。

鮭の生ハムを主とし、周りから優しく包み込む昆布締め長芋。

オリーブオイルのフレッシュな青さと青葉が親友の様。

ここだけの話ですが、めちゃくちゃ美味いです。

酒を飲まずにはいられない一品です!!

IMG_5675

京の都に献上されていた珍重品

白子の寒風干し ¥801

鮭の白子を合わせ味噌に10間漬け込み、

寒風の中で約2ヶ月吊るし、さらに約半年低温で

熟成させた珍味です。

ちびちびやりたい時の相棒はこれで決まりました。

IMG_5678

平安のロマンの味わいをどうぞ

鮭背わたの塩辛(5年もの)¥2674

村上より京の都に献上されていたちん珍重品。

獲れたての雄鮭の背腸(肝臓)にあら塩をまぶし、じっと寝かせておき

作る本格珍味。

臭味は消え、癖になる奥深い味わい。

細切りにした白髪ネギ、きゅうり、大根おろしなどとの相性も良し。

一尾の鮭に感謝し、全てを使いつくられる、

きっかわの鮭食品。至極の味わいです。

年末年始の必需品といっても過言ではないでしょう。

ぜひこの機会にお楽しみいただけると幸いです。

https://www.field-to-table.jp/

こちらの住吉酒販オンラインストアからも購入できます!!

他にも酒、食、器なども販売致していますのでチェックお願い致します!!