博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

カクヤの宝塚観劇とお酒「A Fairy Taleー青い薔薇の精ー」

初めまして!

10月から日比谷店に入社したカクヤです。

 

お酒大好き、宝塚大好きな私。

宝塚ファンの私が、これから月一ペースでお酒と宝塚について語らせていただきます!

 

さて、初回は記念すべき花組トップスター、明日海りおさんの退団公演

A Fairy Tale -青い薔薇の精-を観劇してきました!

 IMG_4096

ざっくりとしたあらすじをご説明すると、

19世紀半ばの大英帝国。産業革命が起こる中、人々は働きづめでせわしない日々を送っています。

花組トップスター、明日海りおさん演じる青い薔薇の精エリュは、かつては薔薇の咲き誇る美しい庭に住んでいました。

そしてその庭には、心の美しいひとりの少女、シャーロットが。

しかし今やエリュの犯した罪により薔薇は一輪も咲かないその庭。

ピュアだった少女も様々な苦難によって大人の心になり、精霊を見ることが出来なくなってしまったのです。

美しい少女は行方不明になったまま、いつしか50年もの歳月が流れていました。

エリュの犯した罪とは、今をせわしなく生きる大人たちが忘れてしまった心とは

 

とにかく明日海りおさんの美しさ、眩さよ、、ピュアで繊細な、まさに妖精そのもの。

お姿を見ているだけで心が浄化されます。

 IMG_4095

私が一番ぐっときたポイントは、エリュが年老いたシャーロットと再会した場面。

「君は何も変わらない」

大人になってもピュアな心を忘れなかったシャーロット。自分の心と照らし合わせるとなんともほろ苦く、心に夢を持とうと改めて感じました。

 

この公演を見て真っ先に思いついたのは、

フランス ブリュゴーニュの白ワイン、

ジル・ブートン サン・トーバン 1er  アン・レミリー ブランでした。

IMG_0493

【ジル・ブートン サン・トーバン 1er アン・レミリー ブラン 】

フランス/ブルゴーニュ

シャルドネ100%

 

エチケット(ラベル)に薔薇の花の絵が施されています。

IMG_0490

樽のニュアンスを豊かな果実味が支え、モンラッシュを彷彿とさせるミネラル感のあるワインです。

ジル・ブートンは1878年から続く老舗ドメーヌです。

140年も大切に守られてきた土地。

きっと、ここにも精霊たちが住みついていて、愛情を持って育てられたブドウたちを見守っているのでしょうね。

 

住吉酒販 日比谷店では、観劇チケットをご提示いただくと、角打ちでドリンクご注文の方に店長オススメのおつまみ一品サービスしております!

ぜひ、観劇の前後にお立ち寄り下さい。

一緒に宝塚を語り合いましょう!

 

次回は月組公演、

I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』を観劇してきます!

どんなお酒と合わせたくなるか、とても楽しみです!

カクヤ