博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

西酒造 芋苗植え研修

どうも、こんにちは。

博多のドヤ顔野郎こと、山口です。

最近暖かくなってきて、いよいよ暑がりにはある意味たまらない季節がやってきましたね

毎日2Lのミネラルウォーターが手放せません。

さてさて、暑い季節にはお酒もぜひキンキンで楽しみたいですよね。

ビールも良いですが、たまには“焼酎のソーダ割り”で乾杯はいかがでしょうか?

ジャジャン!

富乃宝山×炭酸2

(西酒造HPより引用)

ということで、出ました。

みなさんご存知「富乃宝山」ソーダ割りです!

炭酸のシュワシュワの後に、マスカットのような爽やかな芋の香りがたまりません♫

もちろんロック・水割りもオススメですが、ソーダ割りでより爽快感が引き立ちます。

今回はそんな富乃宝山をはじめとした「宝山シリーズ」を醸す「西酒造」について、少しご紹介します。

ということで先日、芋植え研修という名目の元、相棒の田浦くんと潜入してきました!

向かったのは、鹿児島県は日置市吹上町。

IMG_6509

最寄りのバス停に到着。

博多から電車とバスを乗り継いで約3時間といったところです。

周りにはのどかな風景が広がります。

IMG_6510 IMG_6514 IMG_6513

聞こえてくるのは、川のせせらぎと鳥のさえずり。

都会とはまったく違った音に癒されます。

バス停から5分ほど歩くと、蔵に到着しました。

IMG_6515 IMG_6529

(茶が似合う、漢・田浦。)

参加者も揃い、研修スタートです。

まずは旧蔵(田尻蔵)、富乃宝山の生まれた地へと向かいます。

IMG_6534

ここが田尻蔵。立派な建物です。

現在の社長、西陽一郎氏が蔵に帰ってこられてから、こちらの蔵で研究を重ね、今日のヒット商品が生み出されました。

IMG_6544 IMG_6548 IMG_6551 IMG_6556

現在はほとんど使われていないそうですが、当時の面影を垣間見ることができました。

お次に「宝山」の名の由来となった、鎌倉時代の琵琶法師、宝山検校(ほうざん けんぎょう)ゆかりの地を訪問しました。

IMG_6563 IMG_6567

IMG_6569

「宝山」って山が由来なんでしょ?

なんて思っておられた方も多かったのではないでしょうか?

実はお坊さんが由来になっているんですね~。

ちなみに鎌倉時代この辺り一帯は湖で、そこに住む大蛇が悪さをしていたそうで、水害などが度々起こっていたそうです。

“それを宝山検校が見事に退治し、辺りは豊かな水田に変わった。”

との言い伝えがあります。

このような伝説から名付けられたのが、

「富乃宝山・吉兆宝山・白天宝山」というわけです。

IMG_6570

次はいよいよ畑に向かいます。

西酒造では「屋根のない蔵」と呼びます。

西酒造では、「原料の生産作物の検査(等級の選定)製造(醸造・蒸留)」といったプロセスを一貫して行っており、1月から8原料の生産(農業)を行います。

農業の段階から徹底的にこだわる。まさに「屋根のない蔵」なのです。

さあ、その中でも今回は、「芋の苗切り・苗植え」を体験してきました。

IMG_6575

黄金千貫

芋は「黄金千貫」 芋焼酎造りでもっともポピュラーな芋です。

まずは「苗切り」

IMG_6602

こんな感じで優秀な種芋から生えた芋の苗を、選別して丁寧に切っていきます。

次に「苗植え」

先ほど収穫した苗を規則的に植えていきます。

IMG_6580

黒い覆いは、中の温度を保つためや、あぜが雨で崩れないようにするためなど、様々な意味があります。

大きくて立派な芋が育つように、垂直に植えるのではなく、できるだけ横向きになるようにしっかりと植えていきます。

IMG_6584

ひたすら芋の苗を植えていきます…

IMG_6588

砂ぼこりに耐え、途中腰が痛くなりながらも、なんとか終えました

単純なようですが、決して楽ではありません。

毎日芋のお世話に勤しんでおられる、蔵人の皆様には感謝しかありませんね。

今回植えた芋は地中ですくすくと成長してだいたい9月半ばから10月半ばにかけて収穫されます。

立派な芋が育つように祈るばかりです。

一行は畑を後にし、いよいよお待ちかねの「宝山を楽しむ会」です!

IMG_6594 IMG_6595 IMG_6592

なんと宝山シリーズのほぼ全種類テイスティングできるという

まさに夢の会

超贅沢です。

乾杯はもちろん。

「富乃宝山」ソーダ割りで。

お味は初めにご紹介した通り。はい、ご褒美タイム。

疲れた身体に染み渡ります

なんと西酒造、“宝山前割りボトル”なんかもあります。

富乃宝山×炭酸 宝山前割りボトル

(西酒造HPより引用)

500mlの炭酸水を買ってきて、あとは目盛りまで宝山を220mi注ぐだけ。

絶品の炭酸割りが、お家で手軽に楽しめます。

お次は「蒸撰シリーズ」飲み比べ。

通常芋焼酎造りには「黄金千貫」が一般的ですが、こちらの「蒸撰シリーズ」は、農家さんの「こんな芋を使ってみてはどうか?」という声を取り入れた、芋の違いを存分に味わえる焼酎です。

芋別に綾紫白豊紅東の順で出荷される、季節限定出荷の焼酎です。

スクリーンショット 2019-04-19 20.08.10

(西酒造HPより引用)

比べて飲んでみると、それぞれの芋の違いがよくわかります。

芋が変わると味わいも違う、当たり前ですが実際に比べてみると、違いがより明確で楽しいですよね。

その後も、西酒造で最も上質な芋と米で醸した、夢の「酒酒楽楽飲み比べ」、麹も芋で仕込んだ「芋麹全量飲み比べ」などなど

きっちり全種類いただきました。はい。

蔵人交えて宝山を囲む、この上ない極上のひとときでした。。。

おやすみなさい。。。

2日目は「屋根のある蔵」見学です。

IMG_6603

現在、製造(醸造・蒸留)に関しては、オフシーズンにあたるので実際のもろみなどはありませんが、一通り見学させていただきました。

IMG_6608

IMG_6613

こちらは「麹室」

その名の通り、仕込みに使う米麹を造る専用の部屋です。

IMG_6618

もろみを仕込む甕の中身です。

造りのシーズンには、芋のいい香りが漂います。

IMG_6621

こちらは、国内でも珍しい木桶の蒸留器です。

職人さんが減った今では大変珍しい設備です。

IMG_6628

こちらは先ほどよりも大きく、大量に仕込むことができる、タンクです。

こちらも仕込みの時期は芋のいい香りが漂います。

IMG_6630

一般的な金属製の蒸留器です。

一部、銅製となっており、無駄な香りを除去する役割があります。

IMG_6632

(本当に立派な蔵ですね…)

IMG_6638

ついにきました、熟成のロマン、「天使の誘惑」の熟成庫です。

所狭しと並ぶ樽の数は、約1000樽! 壮観ですね。

3時間、いや、3日は見ていられます。

IMG_6639 IMG_6640

IMG_6642

こちらは試作や試験などを行う専用部屋です。

ここからまだ見ぬ宝山が生まれると思うと、ワクワクが止まりません。

IMG_6643

IMG_6646

IMG_6652

西酒造では現在、7種類11基にのぼる蒸留器を所有しています。

IMG_6653

こちらは、ラベルを貼ったりする、まさに宝山が宝山として誕生する場所です。

一部手貼りの商品もあり、一つ一つ丁寧に出荷されています。

IMG_6654

こちらは、造りの時期になると芋処理場になります。

オフシーズンの現在は、メンテナンス中でした。

IMG_6656

IMG_6661

本社の前には、西農園という建物もあります。

ここでは、甘酒の製造や仕込みに使う米の温度管理と保存。

など、主にお米に関する蔵です。

IMG_6664

IMG_6668

上は、平成22年から実験的に熟成中の宝山です。

まだまだ熟成途中ですが、今後どのような形で世に出るのか。

誕生が楽しみですね。

IMG_6672

IMG_6676

大量のお米が低温で保管されています。

普通に炊いても十分美味しくいただける、地元鹿児島県産の食用米です。

(造りに関してはまた体験次第、詳しく書きたいと思います。)

IMG_6678

最後に再び、テイスティングタイムです!

最後まで心ゆくまで宝山、満喫させていただきました!

IMG_6679

IMG_6681

本当に濃厚あっという間2日間でした!

また収穫の時期にお邪魔したい限りです。

西酒造の皆様、本当にありがとうございました!

皆様に少しでも西酒造・宝山のこと、魅力が伝わっていると幸いです。

さあみなさん、宝山を求め駆け出しましょう!!

さてさて、そんな情熱的西酒造が醸す逸品の数々、本店・博多駅店・日比谷店でも絶賛販売中です。

ぜひご自分の舌で西酒造パッションを感じてみてください。

それでは本日も、皆様のご来店心よりお待ちしております。

山口 doya 智史