博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

‐甕雫 玄‐

こんにちは。

 

最近、住吉酒販本店にてぬか漬け修行中のしんのすけです。

 

二代目田川師匠からの指導の元、日々漬けさせて頂いてます。

 

IMG_2189

大根、人参、きゅうり、なすび、季節の野菜の5種類

一袋 400円で販売しています。

昨日漬けたパプリカは絶品でした!!

優しく丁寧に漬けていますので、

もし見かけましたら是非ともご賞味下さい。

 

さてさてそれでは今月のおすすめ焼酎をご紹介致します!!

今回ご紹介する焼酎はこちら。

甕雫 玄 02

甕雫 玄 20度  宮崎県 京谷酒造

900ml 3869円 1800ml 6081円

 

京屋酒造1834年に宮崎日南市にて創業。

原料にこだわり、大甕仕込みによる焼酎を少量ずつ丹精込め仕込んでいます。

甕の持つ特性と一甕約800リットルという現代では非常に少量の仕込みで、

外部より強制的に熱を加えない、奪わない自然な醗酵を可能としているそうです。

また《自然で環境にやさしい焼酎造り》を目指し、

子会社の農業法人㈲アグリカンパニーの農園にて、農薬を使わず有機肥料を用いて、

「甘藷」、「あいがも米」を栽培し、焼酎の原料にしています。

 

そんな京屋酒造が醸す、

年に1度の限定甕雫!!!

 

今年も入荷しました!!

甕雫 玄 01

ですねー。これ以上ない程の甕。

カラーも通常の甕雫とは異なり青緑色!!

 

会社の飲み会花見に持っていけば皆んなから大注目間違いなし。

柄杓もついていて、桜の下で甕からお酒を掬い注ぐ姿は

その場の雰囲気をより高めてくれる事でしょう。

 

 

しかし。。。違うのは見た目だけではありませんよ!!!

もっとも注目していただきたいのはお酒の味わいです。

 

通常の甕雫は白麹、宮崎紅寿芋(一部)、国産うるち米を使い醸されています。

 

それに対し

 

甕雫 玄は、黒麹 仕込みの原酒を主に、三種類の原酒をブレンドし、

原料には、子会社農園にて農薬を使用せず有機栽培した紫芋紅寿芋を使用。

麹米も有機合鴨米のみを使用しています。

 

麹、原料も違う限定甕雫それでは飲んで行きましょう。

 

IMG_2196

 

うっ美しい香りだ。

透明感を感じさせながら、その後に芋のほくほくした甘い香りが。。。

香りだけで分かります。こいつぁー只者ではないと。

 

ではストレートで。

ふむ。やはり。こやつは只者ではありませんな。

香り同様の透明感。その後に感じる心地のいい甘み

さらりと綺麗な飲み口でするするいけます。

水の様に飲んでしまうので、飲み過ぎ注意のお酒ですなー。

 

さて次はロックで。

 

こりゃまた、たまがりました。

先ほどの綺麗さに加わり爽やかさが。

春になり気温も高くなってきているのでこれからの季節にもピッタリですね。

普段、芋焼酎を飲まない方もこの飲みやすさはきっとになってしまう事でしょう。

芋のほくほくの香りとさらりとした飲み口。たまりません

 

是非ともこの機会に限定焼酎甕雫 玄をご賞味下さい。

尚、本数に限りがありますのでご了承下さい。

花見、飲み会での活躍は間違い無しですし、プレゼントにも最高な1本です。

それでは来週も皆様のご来店お待ちしております。