博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ 日常

純生ぽんず part2 〜こんな使い方できちゃいます〜

part1を読んでない方はまずこちらからどうぞ。

純生ぽんずpart1〜だいだい畑〜

http://sumiyoshi-sake.jp/blog/3078

 

**********************************

糸島産の有機だいだいを100%で、果汁を贅沢に使用した純生ぽんずは、

さっぱりしているので

今までのぽんずの使い方はもちろん

もっと幅広くお料理に使っていただけます。

DSCF29440

 

スタッフが協議して、どうしてもおすすめしたい食べ方を厳選してご紹介させていただきます。

 

ぽんずと聞いてまず思い浮かべるのは

博多名物の「水炊き」

IMG_3695

もちろん、合わないはずがありません。

 

白濁したスープに金色のぽんず。

IMG_3711

IMG_3717 IMG_3694

博多水炊き独特の真っ白鶏スープの色合いを崩すことなく楽しめます。

 

橙の酸が、後味をスッキリさせてくれます。

脂分をスッキリさせてくれるので、食べ過ぎ注意です。

 IMG_3716

紫垣店長もこの表情。がっついているので残像しか捉えられませんでした。笑

 

続きまして、

こちら

IMG_3693

焼き魚!!!!

 

今回は干物をチョイス。

普段のぽんずとは違い、

柑橘をぎゅっと絞ったような純生ぽんずだからこその組み合わせ。

 IMG_3714

特に白身の脂ののったホクホク焼き魚にオススメ!

 

干物は焼く前に50℃のお湯で洗うのがおすすめです。

IMG_3706

50℃で洗うことによって、酸化物や汚れなどが落ちるんです。

IMG_3718

クリアな美味しさに紫垣店長、驚きの表情。笑

 

では、続きまして意外な使い方を。

 IMG_3696

ドレッシングとしてサラダに!

ぽんずでサラダと言えば冷しゃぶサラダを思い浮かべますが…

この純生ぽんずは、どんな野菜もどんとこい!!!!

 

ぽんずだけに抵抗がある方は、まずは純生ぽんず+オリーブオイルでぜひ♫

野菜の甘み引き立つ爽やかドレッシングになります。

 

あとちょっとしたコツは、野菜をこれまた50℃洗いすること。

IMG_3701

葉物はシャバシャバっと短めの時間で。

実物は50℃に漬け込んで数分放置。

この洗い方をするだけで表面の付着物が落ち、驚くほど野菜が元気に。

IMG_3703

IMG_3702

豆苗もこの通りシャキッと元気さが違います。

 

あとは仕込んでしっかり冷蔵庫で冷やして、食べる前に特製純生ぽんずドレッシングをかけてあえるだけ。

IMG_3710

IMG_3697

オリーブオイルの代わりに、ごま油にすれば中華風にも。

切った野菜を純生ぽんずに漬け込んで1日~2日おけば、ピクルスにもなります。

 

そして驚きのおすすめな使い方ラストは…

酢飯!!

 IMG_3698

普段、酢飯を作るのにはお酢、砂糖、塩などが入りますが…

使うのは純生ぽんずのみ。

そう、それだけでいいんです!!

 

炊きたてほかほかごはんに、シャバシャバになるくらい純生ぽんずをかけます。

IMG_3707

ごはんの粘りが出ないように、切るようにして混ぜます。

IMG_3708

全体に行き渡ったら、少し冷ますように放置します。

IMG_3709

冷め切る前に、上下が入れ替わるようにひっくり返すのもポイント。

 

冷めたら、あとはお好きなようにちらし寿司にするにも良し

手巻き寿司にするにも良し。

IMG_3713

純生ぽんずで酢飯を作ると、とってもごはんの甘みが引き立ちます。

これはホント不思議。

そして海苔が入ると尚のこと美味しい!

橙の香りがふわりと香る、上品な酢飯になります。

 

これは番外編ですが、手巻き寿司の具で用意したものも

住吉酒販自慢の食品たちで準備。

IMG_3699 IMG_3700

お刺身用の魚を50℃洗いして、水気をしっかり切ってカットして、ミツル醤油さんのもろみとゴマを合わせてヅケ風にしたり。

IMG_3712

ツナ缶に、福岡の那珂川町で育てられた健康な鶏の産んだ有精卵の全卵を使った金太郎クリーミーマヨを合わせてツナマヨにしたり。

IMG_3704

スタッフみんな大好き阿蘇おふくろ工房納豆巻きにしたり。

IMG_3705

 

飲むのが大好きな住吉酒販は、食べ物もこだわりが強く美味しいものが大好きだからこそ

いろんなアテ、食品が揃っとり〼。

 

この他にも、純生ぽんずをうどんに隠し味で入れたり

焼酎にちょこっとたらして飲んだり

ソーダで割っても!!!!

先日はスタッフのまかないに

「鶏むすび」を作ってもらいました。

IMG_3719 IMG_3720

材料は天神とり祥さんの味付き皮+純生ぽんずのみ。

少し甘辛く煮てあるとり皮と、さっぱりしたぽんずの爽やかさがそりゃもうベストマッチ。

IMG_3721

 

純生ぽんずは、今までのぽんずでは考えづらかった新たな使い方が続々と。

「ぽんず」の可能性が広がる新たな調味料です。

 

今回作ったメニューのレシピや食材が知りたい方は橋本までどしどしお尋ねください。

 

純粋な有機だいだい100%で、

絞ったままの果実感を味わうような、

非加熱仕上げのピュアなぽんず

純生ぽんず

IMG_0770 IMG_0768 DSCF29440

ぜひご賞味ください。

 

ご自宅用にはもちろん、

贈答用にもオススメです。

(だいだいは「代々」とも表され、1つの木に何代もの実が実ることから、昔から繁栄の象徴とされ縁起物として重宝されて来ました。)

 IMG_0802

住吉酒販本店、博多デイトス店共にお取り扱いございまいます。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

 

またまた余談ですが、

ブログで途中途中使われている素晴らしい写真は、本店スタッフの畑瀬さんが時間をかけて

撮ってくれました。

IMG_3715

お酒の瓶写真1つとるのでも、セットを組んで時間をかけて撮ってくれています。

彼のセンスとこだわりにいつも助けられているのでした。

 

橋本さき