博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ 食品

純生ぽんず part1 〜だいだい畑〜

小さい頃好きだった遊びは縄跳びなはしもっちゃんこと橋本です。

 

今日は住吉酒販に新しく入荷したこちらをご紹介!!

DSCF29370

純生ぽんず

(読み方は「じゅんなまぽんず」です)

名前の通り、「ぽんず」が新しく仲間入りです。

 

この純生ぽんず完成へ向けての試作が始待ったのは、2016年秋。

 

きっかけは

「果実をまるかじりしたような、

さっぱりとしたポン酢で水炊きを食べたい!!」

と感じたことから…。

 

こうしてやっと皆様に純生ぽんずをご紹介できるのが嬉しくてたまりませんっ!!!

この純生ぽんずについてお伝えしたいことが山ほどあります!

 

************************************

純生ぽんずは福岡県の西の方、糸島産の有機だいだいを100%使用しています。

だいだいの風味を生かすために非加熱仕上げ。

色が一般的なぽんずとは違った黄色い色をしています。

DSCF29400

なぜこんなに黄色いか。

それは、一般的なぽんずに比べて果汁をたっぷり使用しているからなんです。

では味の特徴をば。

①とにかく橙感がしっかりあり、さっぱり爽やか!

②これだけ果実感があって酸味はあるのに、

 ツンとこない、むせないまろやかさ!

 

糸島で土作りからの橙栽培を行っている山口食品さんとタッグを組んで

商品化となりました。

 

先述しましたように、使用するだいだいは安心で安全な有機だいだいのみ。

贅沢にたっぷりの果汁をぽんずにしています。

************************************

 

2016年11月。

橙の育つ畑を糸島に見に行きました。

 IMG_0662

柔らかく日差しが差し込み、

自然が包み込んでくれるなんだか優しい場所でした。

IMG_0801

橙なのでオレンジ色を想像していたのですが、

収穫する橙は、まん丸ずっしり実った力強さのある緑色なんです。

(冬にお正月用に出回る橙は完熟したもので、そのイメージが強いせいですね)

IMG_0660

 

斜面一面に育つ橙たちは、高さが成人男性より少し大きいくらいでした。

この一面を中腰で1つ1つ収穫するのは大変なんだろうなぁ…と

IMG_0768

IMG_0588

IMG_0784

 

橙の木を1本ずつぐるぐる見て回ると、

あっちにもこっちにも蜘蛛の巣が。

IMG_3723

 

農家さんに、「橙を育てる時に、この蜘蛛はやっぱり困る存在なんですか?」と尋ねると

返って来た答えは

「この蜘蛛の巣が

 橙を害虫から守ってくれているんです。」

IMG_0749

 

虫は作物にとって悪だと勝手に思い込んでいた私はびっくり。

認定を取るのが難しい有機栽培の強い味方の一員は蜘蛛だったんですね!

IMG_3722

そうと知ると、蜘蛛の巣と蜘蛛がキラキラ輝いて頼もしく見えた、単純な橋本でした。

 

市場に出荷される橙は、やはり見た目が重要になってくるので

どうしても農薬の使用が避けられません。

しかし、純生ぽんずの橙を作ってくださっている農家さんは

土作りから始め、

農薬や化学肥料、除草剤を一切使用せずに育てて収穫しています。

IMG_0542 IMG_0729

信念のもと手間暇かけて育てた橙。

その橙をたっぷりと使用した「純生ぽんず」は贅沢な逸品です。

IMG_0800 IMG_0594

************************************

純生ぽんずがどんな畑で生まれたかを少し感じていただけたところで、

続きましては純生ぽんずの使い方をご紹介させていただきます。

純生ぽんず part2に続く