博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ 器

唐津焼 入荷しました!vol.4 ぐい呑編

昨日は大好きな豚バラを4本食べたはしもっちゃっんこと橋本です。

 

今日は入荷した唐津焼「隆太窯」のぐい呑ご紹介第二弾です。

 

thumb_IMG_7459_1024thumb_IMG_7460_1024

thumb_IMG_7461_1024

⬆︎斑唐津皮鯨ぐい呑(まだらがらつかわくじら)

優しい乳白色の色合いに輪郭を与える口縁の茶色。

お酒を注ぐと、ゆらゆらと器ごと溶けていきそうな柔らかい雰囲気です。

その全体の柔らかい印象に対して、横から、底から眺めると

高台の釉薬がかかっていない部分には、固さ、キリッとした印象を感じ取れる。

1つの作品の中に感じるギャップに萌える作品です。

 

thumb_IMG_7468_1024

thumb_IMG_7469_1024

thumb_IMG_7472_1024

⬆︎唐津ぐい呑

色合いがシンプルだからこそ、その造形に目がいきます。

テーブルに置くと、フワリと浮かび上がっていきそうな形。

どっしり構えているようで繊細な形に、なんとも言えない不思議な気持ちになりました。

お酒を注ぐのはもちろん、目線の高さに置いてぼーっと眺めていたくなるぐい呑です。

 

 

thumb_IMG_7474_1024thumb_IMG_7473_1024thumb_IMG_7475_1024

⬆︎唐津南蛮ぐい呑

ざらっとした土っぽさは南蛮の魅力です。

底をのぞくとブロンズのような色の模様が。

安定感のある形で、ゆっくり腰を据えて飲みたい時に。

 

 

thumb_IMG_7476_1024thumb_IMG_7478_1024

thumb_IMG_7481_1024

⬆︎粉引きぐい呑

トロッとした模様。

シンプルで洗練されていて、どこか女性的なニュアンスを感じます。

他の器とも相性がよさそうですね。

 

 

色々と書いていますが、

ぜひ実物を目で見て、手にとって、感じていただきたい。

器も、人との出逢いと一緒で一期一会です。

自分にピシャリとはまる、ぐっとくる器があります。

 

 

今日ご紹介している器は、

住吉酒販博多デイトス店に並べてあります。

是非見にいらしてください(^^)

 

 

橋本さき