博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ 博多駅店

唐津焼 ぐいのみ

こんにちは!

はしもっちゃんこと橋本です。

 

本店に素敵な器が入荷しております。

DSCF8926

唐津焼 汲み出し(佐賀 唐津 村山健太郎)

『汲み出し』とは、お客様にお茶お出すときに使うお湯呑みのことを言います。

家庭で使う湯呑みとは区別され、お茶の香りが立つように広口で横長なのが特徴です。

口が幅広な分お湯呑みとしての用途以外にも使うことが多く、

おつまみをちょこっと盛って豆皿のように使ったり

お酒を飲む酒杯として使ったり…。

今回入荷した汲み出しは100cc程の両手にすっぽり収まるサイズ。

優しい丸みは手のひらのカーブにフィットし、

ぽってりとした厚みは口をつけた時に柔らかく口にあたります。

この器を作った

DSCF8927

村山健太郎さんは唐津生まれの作家さんです。

2008年より独立し、唐津焼の若手作家さんの中でも大注目の方です。

汲み出しは6種類の入荷です。

それぞれが違った趣、表情をしているので

ぜひ1つ1つじっくりゆっくり手にとってみてください。

DSCF8920

DSCF8922

黒唐津

 

 

DSCF8906

DSCF8905

↑青唐津

DSCF8902

DSCF8899

↑無地唐津

DSCF8882

DSCF8883

↑粉引(こひき)

 

DSCF8889

DSCF8888

↑皮鯨(かわくじら)

DSCF8893

DSCF8895

↑斑唐津(まだらがらつ)

おいしいお酒を、

より一層美味しく飲める。

 

DSCF8924

お酒を飲む時間を、

日常から、ほんのちょっと特別な時間へと演出してくれる。

 

そんな器です。

DSCF8874

ー唐津焼を日常に。ー

 

 

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

橋本さき