博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

菊姫純米無濾過生原酒

みなさまこんばんは、中村です。

 

気温が暖かかったり寒くなったりこうも気温差がひどいと体の調子を整えるのも一苦労です

 

 

この季節はやはり温かいお部屋でおいしいお酒を飲むに限ります…

 

今日ご紹介するお酒は、毎年大人気、今年もやってきましたこの季節。

 

みんな大好きなあのお酒、入荷いたしました

 

菊姫純米無濾過生原酒

(石川/菊姫酒造)

Modern Full

47572078_2015079071918967_8453816512770211840_n

毎年本当にこの魔性の酒に何人ものスタッフが笑顔で撃沈していく様を見てきておりますが、

今年もすでに撃沈者続出です

 

本当にこのお酒が来た日はみんなのテンションが上がります

そして仕事が終わる時間までそわそわしだします(笑)。

 

間違いなく私たちの気持ちをざわつかせるお酒でしょう

 

気づいたら1升飲んでいたというお声をたくさん聞くほど毎年大人気。

そもそもこんな濃いお酒をそんな勢いで飲むのかと言われれば

 

飲むんですそれが

 

と食い気味に答えてしまうほどみんなが愛してやまないのですが、

なにせやっぱり濃いしアルコール度も高いので、みんな撃沈していくんですよね(笑)

 

気持ちよくお布団にぜひ撃沈していただければ嬉しいので、

ぜひお水はおそばに置かれておいてください

 

いざ瓶を開けると、開けた瞬間に広がるお米の甘くふくよかな香りから

すでに私たちののどを鳴らしてくれます。

 

一口口に含むと

完熟したミカンを皮ごとぎゅっと絞ったような、

甘みと酸がせめぎあい中盤に上ってきてじゅわじゅわっと口の横に広がり、

甘みに奥行きを与えるように丸みのある酸が後半はしっかりぎゅっとボディを形作り、

米のふくふくしたうまみだけを口の中に残して体中に余韻が解けていくようにしみわたっていきます。

 

ああぁぁぁぁぁぁぁ、体中に癒しが広がる…

まさにエネルギーチャージです

 

そしてまたついつい杯をもう一杯。

もう一杯。

もう一杯。

 

エンドレス杯。

 

気づけば一升がカラ

 

4合なんて瞬殺(笑)

 

今年も皆様のもとへぜひ。

菊姫様の魅力に是非憑りつかれてください

 

今年ももう残すところ半月ほど。

大忙しの皆様だと思いますが、年末年始のお酒は買い忘れのないように、お早目のご来店をお待ちいたしております!

 

本日も皆様がおいしい食事とおいしいお酒で素敵な時間を過ごされますように。

明日は日曜、本店はお休みいただいております。

月曜またご来店お待ちいたしております☆

 

中村麻美

 

/ お知らせ

12月営業日のお知らせ

皆様こんばんは、中村です。

 

まだまだ暖かい日もある福岡ですが、とうとう12月になります。

寒暖差で体調崩されませんよう、みなさま12月を乗り切っていきましょう。

 

12月の営業日のお知らせです。

12月

12月30日は日曜ですが営業しております。

12月31日から1月3日までお休みを いただきますので、ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。

1月

毎年のアナウンスとなっておりますが、12月は店内大変込み合いますため、ぜひお時間に余裕をもってご来店くださいませ。

また、12月後半となりますと、物流の関係で商品が店頭かなり少なくなってまいります。

ご希望の商品はお早めにご購入をされることをおすすめいたします…!

 

皆様お忙しくなる12月ですが、スタッフ一同、ご来店心よりお待ちいたしております!

 

中村麻美

 

 

/ お酒の紹介

-甕雫 極-

こんにちは。

住吉酒販のサードプレイスことしんのすけです。

皆様の第三の場所になりたい、そんな気持ちで日々やらせて頂いてます。

本日もよろしくお願い致します。

11月も気づけばもう終盤、平成最後の12月もすぐそこまで迫ってきていますね。

寒さも少しずつ増してきていますので、日々体調管理には十分に気をつけてください。

さてさて今回ご紹介させていただくお酒はコチラ。

DSCF08720

甕雫 極 宮崎 京屋酒造 12588円(税別)

スペシャリーですね。

高価な壷が入ってそうな木箱

しかし、その中から現れるは代理石で作られた

DSCF08750

重厚な見た目と堂々とした存在感から目が離せませんね。

一目で分かる特別感。これぞまさに極みの中の極み!!

甕雫 極 を醸しているのは、宮崎県日南市に蔵を構える京屋酒造。

1834年創業という長い歴史のある蔵です。

創業以来、100年以上の歴史を持つ大甕(国産)にて少量ずつ丁寧に仕込んでいます。

京屋酒造では、「自然で環境にやさしい焼酎造り」を目指し、

農業法人を設立し無農薬・有機栽培のサツマイモや合鴨米を栽培しています。

今回ご紹介する甕雫 極は年に2回のみ出荷される限定酒

通常の甕雫とは何が違うんだ!!

皆様そうお思いのことでしょう。

普段と違うのは、大理石で造られた容器と柄杓だけではありません!!

通常の甕雫は白麹ですが、極は黒麹で仕込まれていてよりコク旨味

感じとれます。

使用されている原料は全て自社で造った「有機紅寿甘藷」

麹米には「有機合鴨米」で醸されています。

原料、麹も通常の甕雫とは異なり特別です。

さてさてそれでは、今宵も飲ませて頂きます。

DSCF9548

ではストレートで。

うっ。美しい。香りで感じる美しさ

あまり香りで美しいという感覚を味わった事はないですが

今回ばかりは感じちゃいました。

芋の優しく丸ーい香りが美しすぎます。

味わいは、お芋の芳醇な甘みコク

どこまでもどこまでも心地の良い余韻ですわ。

20度なのでストレートでいけちゃいます。

もちろんロックでも美味です。

芳醇な甘みコクが広がったあと綺麗にキレる味わいは

刺身から肉、魚料理まで何にでも合わせる事が出来る味わいですね。

これぞ究極の甕雫

これからの時期にピッタリのお酒ですな!!

お歳暮クリスマスプレゼント年末年始のお酒など

様々なシチュエーションで活躍します!!

頂いた方も大満足すること間違いなしでしょう!!

僕も欲しいです。。。

極だけでなく通常の甕雫も販売しておりますので宜しくお願い致します。

それでは来週も皆様のご来店お待ちしております。

/ お酒の紹介

ボジョレーヌーヴォー2018

みなさんこんばんは畑瀬です。

あっという間に11月も半分が終わり
本日11/15(土)はボジョレーヌーヴォー解禁!!
思わず、「ぼじょぱ!!ぼじょぱ!!」と口ずさんでしまいます…!!
クレモンティーヌの娘、恐るべし…!!
さて、住吉酒販にもボジョレー地方より今年の新酒が届きました!!

DSCF91080

 

まず、1本目は

ルー・デュモン ボジョレー・ヌーヴォー
Lou Dumont Beaujolais Nouveau

DSCF91090

産地 フランス ブルゴーニュ(ボジョレー)
品種 ガメイ

ブルゴーニュの神様「アンリ・ジャイエ氏」が
その品質の高さを生前認めたことでも知られる
日本人醸造家、仲田晃司氏のヌーヴォーです。
漫画「神の雫」で取り上げられただけでなく
昨今ではNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」登場したこともあり
日本国内ならず世界でも高い人気を誇ります。
ヌーヴォーではサン=ヴェラン村近郊の樹齢75~95年の
単一区画から生み出されます。
この区画はミルランダージュが多くでる畑だそうで
ルー・デュモンのヌーヴォー最大の特徴である
凝縮したぶどう味わいを楽しむことができます。

 

さて、2本目は

クロ・ド・フィエフ ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー
Domaine du Clos du Fief Beaujolais Villages Nouveau

DSCF91130

産地 フランス ブルゴーニュ(ボジョレー)
品種 ガメイ

英国ワイン誌が企画した10年モノの比較試飲で
他のピノ・ノワールを打ち破り、世界を驚かせ、
ガメイの長熟力を証明したミッシェル・テート氏のヌーボーです。
ニューヨークタイムズ社の連載でのベスト・バリューワイン3つ星や
PPで90点代を軒並み獲得するなど実力は折り紙付き。
マセラシオン・カルボニックとテルモ・ヴィニフィケーションを組み合わせ
生み出されるヌーヴォーは華やかなだけでなく深みを感じることができます。

 

さて、3本目は

ロミュアルド・ヴァロ ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー
Romuald Valot Beaujolais Villages Nouveau

DSCF91190

産地 フランス ブルゴーニュ(ボジョレー)
品種 ガメイ

こちらは住吉酒販初登場のヌーヴォーです。
ロミュアルド・ヴァロ氏はオート・コート・ド・ニュイで
ぶどう栽培をしていた家に生まれた造り手です。
高校卒業後2年間、ぶどう栽培を学び、
プロヴァンスのワイナリーで働いていました。
その時の昔ながらの天然酵母での自然な醸造に触れた経験が
今のワイン造りのスタイルへと繋がっていたそうです。
現在では計7haほどの畑から自然農法の様な考え方でワイン造りを行っており
ナチュラルワイン好きの人にもオススメなフレッシュな味わいを楽しむことができます。

さて、週末のお酒は決まりましたでしょうか?
皆様のご来店心よりお待ちしております。

畑瀬

/ 本店

粕酢(かすず)

あれから一ヶ月。

 

毎日、夜明け前にむくりと起きて、

出勤前にジョギング。

 

まるでにわとりのように

朝活にいそしんでいます。

 

が、

 

思いとは裏腹に

体重が2kg増えました。

 

早寝早起き、

お腹が減って、

ごはんが美味しい。

 

健康的に肥えております。

 

どうもこんにちは。

山下です。

 

さあ、食事の話をしましょう。

今日のご紹介はコチラ。

 

岡山生まれの無添加 粕酢

(辻本店 × 河野酢味噌製造工場)

IMG_5410

 

一般的な米酢が

お酒を酢酸菌で発酵 

させるのに対し、

 

粕酢は3年ほど寝かせた

酒粕を酢酸菌で発酵

して作られるお酢です。

 

別名赤酢という名でも知られています。

 

粕酢は特有の甘味や旨味があり、

口当たりがまろやかなのが特徴です。

 

江戸時代には、

砂糖は大変高価であったので

甘味とコクのある粕酢

酢飯酢の物に使う酢として

大変重宝されたようです。

 

 

今回のご紹介は、

あの辻本店さんの代名詞

「御前酒」の酒粕を原料に

河野酢味噌製造工場さんが造り上げた

無添加粕酢です

IMG_5437

 

と、いうわけで、

そろそろいきましょう。

 

「百聞は一口に如かず」

ひとくち食べればすべてわかるはず。

いざ、実食。

IMG_5409

まずはホカホカごはんにかけ入れて

酢飯を作ってみました。

 

かぐわしい香り。

これは、よし。

手巻き寿司にしましょう。

IMG_5413

 

うまいぃ!

上品で深みのある甘味と酸味で

お米の旨味がぐいっと引き立ちます。

 

そしておいしい酢飯には、、、、

というわけで、

強力なゲストをお呼びしましょう。

 

京都の名店隆兵そばさんの

鰻ごぼう油煮!!!

IMG_5405

 

これを、こうです! 

 

IMG_5419

 

 

This is Japanese “ZEITAKU” .

(これは日本の贅沢です。)

 

 

鰻、ごぼうの凝縮した旨味と

山椒の清涼感ある香りを

酢飯が優しく包み込んでいます。

 

禁じ手レベルに美味。

 

さあさあ!

今週はまだ終わりませんよ!

もう一丁!

 

こんな使い方もありですよ。

 

粕酢に胡椒をいれて、と

ハイ完成!!

 

餃子のつけタレ!!

IMG_5427

 

いざ!

IMG_5430

 

いざ!

IMG_5431

 

 

健やかなるときも

病めるときも

餃子を食べ続けると誓いますか?

 

 

誓います!

 

 

餃子の香ばしさ旨みが

粕酢のコクで倍増!

酸味で後味さっぱり!

 

もう最高じゃないですかコレ。

おはしが止まりません。

 

餃子つけタレ界に新星現る。

です。

 

もちろんさっぱり煮物などに

使用しても最高ですよ。

IMG_5347

山下家夕飯では手羽元と大根とゆで卵を

生姜たっぷりで煮込んでみました。

 

日に日に冬の足音が近づいて

寒さも本番を迎えようとしております。

 

食事にお酒のお供に

体に優しい粕酢を上手に活用して

元気に冬を乗り切ってみてはいかがでしょうか?

 

今週末もみなさまのご来店を

心よりお待ちしております。

 

山下

DSCF898900

 

 

/ お酒の紹介

AKAYANE ABSINTHE KUSUSHIKI

みなさまこんばんは中村です。

 

いやー今週は一気に寒くなってもう冬!!

と言わんばかりでした

週末少し気温は戻ってくるようですが、衣替えが中途半端なままの私のクローゼット…

お休みの日は服をいい加減きちんと整えたいです。

 

さて、最近はもっぱら燗酒やお湯割焼酎ばかり飲んでいますが、みなさまは何を飲まれてありますか?

 

この時期は温かい飲み物が落ち着きますが、当店に面白いアイテムが入荷しているんです。

このアイテム、飲んだ事ある方いらっしゃいます?

 

AKAYANE

ABSINTHE

KUSUSHIKI

(赤屋根シリーズ アブサン クスシキ)

45351238_1966433540116854_5875667289885376512_n

最近赤屋根シリーズが当店でも人気が出てきている佐多宗二商店さんから、

なんとなんと

 

アブサン

 

が出たんです!

原産地はスイス、ヨーロッパは特にフランスで大流行したことのあるアブサン

 

みなさま、アブサン飲んだ事ございますか?

 

私は社会人になったくらいでしょうか。

ちょっとおしゃれなバーに行った時、何やら知らないアイテムをみんなこぞって飲んだ事があったのですが、その時にアブサン飲んだ事があるのです。

 

その時の記憶は鮮烈で、

 

「とにかくなんというか、ミントの薬!」

 

そのイメージが抜けずその後なんとなく敬遠しているアイテムでした(笑)。

そんなアブサンが佐多さんから出るとなるとこれはもう、もう一度チャレンジしないわけにはいきません。

 

外観は可愛くてカフェとかにおいてある雑貨にすら見えそうなおしゃれなボトル

なんでも薬のビンをモチーフにしてあるんだとか。

(紫外線防止にもなっているそうです)

 

奇し、医師、薬師、すべてくすしと呼びますしね、

このお酒の名前についてるクスシキは薬の語源で、不思議な、神秘的なというところから取っているそうです。

 

主な原材料にニガヨモギを使われていることで、このアブサン向精神薬の効果があると言われていたり、幻覚などが見えたりするとのことで、販売禁止になった過去があります。

それは、上記の原因と言われていた「ツヨン」という物質がニガヨモギに含まれていたことによります。

実際そのニガヨモギに含まれるツヨン自体は有害物質なのですが、アブサン内の含有量では、直接的な原因ではないと現在言われてあります。

 

アブサン好きなことで有名な人といえば、ゴッホゴーギャンなどがあげられています。

詩人のヴェルレーヌ(個人的に高校の時に彼を知り、とても思い入れがある詩人です。)、ピカソなんかも好きだったとか。

最近ではロック歌手のマリリンマンソンが大のアブサン好きとして有名で、自身でアブサンを作って販売しています。

 

…ですがちょっと名前を挙げるとなんだか、芸術家の中でもとりわけ派手なエピソードがある方が目につきますね。

実際のところ、このアブサンはアルコール度数が高く、安価で入手できたということと、上記のツヨンへの不正確な認識により、幻覚症状が起こる危険なお酒と認知されたこと、一時期多くの問題を起こしたことにより、生産が中止されてあったそうなんです。

アブサン発祥の地のスイスではなんと2005年にようやく生産が再開されることとなったそうなのです!

 

前置きが相当長くなってきておりますが…

 

そんな多くの逸話があるこのアブサン

飲み方もまたとっても独特。

 

アブサン専用のスプーンがあるんです。

その専用スプーンにはすくう部分に穴が開いており、

その上に角砂糖を置いて、アブサンを注いだコップの上に置き、

その上から水を注ぐのがアブサンの飲み方だとか!!!!

さらに、アブサン、緑色の液体なのですが、水を注ぐと白濁するんです。

もうなんだか本当に錬金術の世界のよう。

 

佐多宗二商店さんのアブサンは比較的黄色味がかった淡い緑

 

とりあえず最初は原液で。

 

香りは…

 

緑のハーブの香り全開!!!

真っ青な草原の上を走り回った後の草のよう!!!

 

若々しく青みの強いハーブの香りに爽やかな柑橘の香りが混じりあい鼻の奥に飛び込んできます。

口に含むと。

 

間違いなくあのアブサン…!!

 

ハーブ感マックスの口の中…。

アブサンを飲んだ人が即座にわかるレベルに口の中にアブサンが残ります!!

呼吸がアブサンです。

そう。

ミント!!!!!

 

アルコール度数も高いため、ショットで飲むと結構くらりときます。

 

さぁ、せっかくなので割ってみましょう。

 

綺麗な黄緑色が水を注ぐと乳白色へ!

わかっていても見るとワクワクしてしまいますね

 

そこから先ほどよりアルコール度数が下がって飲みやすくなったため、味がしっかりわかるようになります。

奥深く広がる甘みとボタニカルのテイスト。

このハーバルな感じはジンなどとはまた別格。

なんというか、私はハッカキャンディーを思わせる味わいに、

思わず、

自分が「大人になったな」と感じた、あの味が美味しく感じるようになった瞬間を思い出しました。

そしてちょっぴりミルキーを思わせます。

そのあとに押し寄せる独特の苦味。

苦味もミント系なので、後味はすっきり。

 

たしかにこれは相当な個性派アルコール…

クセが強い人物に愛飲されていたのも頷けます。

 

私はアブサン経験値が低いため、他との比較が難しいのですが、甘みがしっかりあるのがこのアブサンの特徴のようです。

ハーブのみならずフルーティーな甘みがあり、口の中に丸みを与えてくれます。

原液は結構刺激が強く感じるのですが、

私はソーダ割りで飲み進めていくうちに後を引く甘みと苦みのバランスに

ちょっと癖になってくる感じをうけました。

またこの佐多さんのアブサンは原材料がとても豊富。その数なんと39種類。

昆布なんかも入ってるんです!

45250663_1966433543450187_209513108903821312_n

 

ニガヨモギも自家栽培なんだそうで、そのこだわりが詰まりまくったこのアブサン。

一度ぜひアブサンスプーンで角砂糖に水を落としながら入れて、それを飲んでみたいです。

 

お酒にはロマンや歴史がそれぞれ常にありますが、

またこのお酒の歴史にもとても魅力を感じてしまいついつい長々と書いてしまいました。

(余談ですが、漫画のあぶさんの名前もこのアブサンから取ったとの説があるのだとか?!

ホークスファンは必飲ではないでしょうか?/笑)

 

その歴史に敬意を払い、新たな試みとして取り組まれた佐多宗二商店さんの熱意も本当に胸を打ちます…

 

もう一つウォッカも実は同時発売されているのですが、こちらの話はまた今度。

ぜひ店頭で手に取られてみてくださいね

45344523_1966441693449372_730768065276411904_n

ちなみに、今回のこちらの商品、ごく少量の入荷となっていますので、気になられた方はお早めに!

 

本日は祝日の土曜日。

みなさま夜は何を飲まれますか?

 

本日もみなさまが美味しいお酒と美味しい食事で素敵な時間を過ごされますように。

月曜もまたみなさまのご来店、こころよりお待ち致しております☆

 

中村麻美

1 / 10412345...102030...最後 »