博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

菊姫 吟醸あらばしり

皆様こんにちは、中村です。

 

ちょっと春めいた気温ですが、また寒くなるようです

ですが寒いと暖を取りながらの冷酒って本当に最高です

さらに、私は膝に猫を抱えながらちびちびと(もしくはぐびぐびと…)飲んでいれば幸せです

 

この時期、新酒が続々と出てきておりますが、みなさまはお気に入りの一本はありますか?

毎年この時期になると出てくるお酒たちでも、このお酒が出れば、絶対買っちゃう!!という声が高いこちらのお酒を本日はご紹介。

 

菊姫 吟醸あらばしり

Modern Rich

(石川/菊姫酒造)

26733794_1603409099752635_6284602257569222092_n

 

今年もやってきました!

毎回みんな菊姫さんにはその美しくも力強い味わいでメロメロでべろべろにさせられてしまいます(笑)

今回のあらばしりも、もちろんみんな来た日からテンション上がります

試飲が始まれば、試飲だなんてもったいない、宴だ!といわんばかりに

その味わいにはみんな、にこにこぐいぐいもう一杯!となるんです

 

あらばしり、ご存知の方も多いと思いますが、いうなればお酒の先頭部分。

圧をかけずにあふれ出た部分を詰め込んだのがこのあらばしりです。

フレッシュな味わいが一般的ですが、菊姫さんはフレッシュさだけではないのです。

 

口に含めばパイナップルを思わせるような、爽やかかつ熟した感じのじゅわっと来る酸味

荒々しさも感じるのに、舌の中心から奥にかけてグイっと広がる深みのあるお米の味

力強く伸びてくるその味わいと、後々までしっかり残る余韻

思わず唇についたお酒までぺろりと舐めてしまいます

けっしてごくごく飲めるようなタイプのお酒ではないのですが、

あれよあれよともう一杯もしくは、もう一本!と飲み進めていきたくなるのです

 

しかしアルコール度数も17~18度とちょっと高い…

そりゃー酔います。酔いますけど、だからこそ スタッフみんな大好きな一本なんです

 

まだ飲んだことない方にはぜひ一度お試しいただきたいです。

 

寒い冬はまだまだ続きますが、

皆様が本日もおいしいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

/ お酒の紹介

黒木本店 Q 球

皆様、こんばんわ。

シガキです。

 

今日のご紹介は

今年から取り扱いが始まりました黒木本店さんの芋焼酎「Q」です。

 

Q2

720ml  1600円(税抜)

原料の芋は黒木さんの契約している農家さんが栽培、収穫したもののみを使用。

水は、尾鈴山の水源から湧き出た水を使っています。

 

アルコール度数が14度で気軽にそのまま飲める、

まさに体のようにまろやかで瑞々しく、香り豊かな焼酎に仕上がってます。

 

飲み方は、冷やしてそのままワイングラスで。

是非、香りを楽しんでいただきたい焼酎です。

口当たりも優しい最高の食中酒

 

黒木本店ウェブサイト↓

http://www.kurokihonten.co.jp/

 

このQ以外にも「きろく」や麦焼酎の「中々」なども入荷しております。

 

明日も皆様のご来店を心よりお待ちいたしております!!

 

シガキ

/ お酒の紹介

ルー・デュモン ムルソー

みなさんこんばんは畑瀬です。

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?
個人的にですがお酒を飲んだり、お酒を飲んだり、お酒を飲んだり、
お休みいただいてた4日間、毎日お酒を飲んでいた気がします。

お正月明けの憂鬱なこの時期に
時間をかけてゆっくり飲みたいワインといえばこちら!!

ルー・デュモン ムルソー ’14 ¥
(フランス/ブルゴーニュ)

DSCF75390

ルー・デュモンといえば日本人醸造家「仲田晃司」さんが
銘醸地ブルゴーニュで生み出すワインです。

大学生の時、アルバイト先のフレンチレストランでワインと出会った仲田さんは
1995年に単身渡仏、フランス語を勉強しながらワイン造りを学び、
2000年にはルーデュモンを設立しました。
ブルゴーニュの神様と讃えられた偉大な醸造家アンリ・ジャイエ氏が
仲田さんのワインを批評したことでもしられています。

エチケットにあしらわれた「天地人」という文字は
ジャイエ氏より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」と薫陶を受け
「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として採用されました。

DSCF75420

さて、その味わいはと言うと濃密ながら繊細な味わい。
普段は物静かですが一度ワインについて話し出すと止まらない
仲田さんの秘めた情熱がそのまま体現されたかの様な味わいです。
グラスをゆっくりと傾けながら慌ただしさを忘れ、
穏やかな時間と共にじっくり楽しみたくなるワインです。

仲田さんは2008年1月8日放送予定の
「NHK プロフェッショナル仕事の流儀」にも出演されるようです。
http://www.nhk.or.jp/professional/schedule/index.html#20180108

スクリーンショット 2018-01-05 16.34.02のコピー

住吉酒販ではルー・デュモンはその他にも数種類在庫していますおりますが
放送の影響もあるかと思いますので品切れの際はお容赦ください。

是非、この機会に仲田さんのワインをお楽しみ下さい。

畑瀬

/ お知らせ

新年。

明けましておめでとうございます!!

 

住吉酒販のシガキです。

皆様、お正月はいかがお過ごしだったでしょうか?

私は例年通り紅白が終わる前に酔い潰れて寝るといういつも通りの大晦日でした。

そして一昨日、渋滞に巻き込まれながら無事福岡に帰って参りました。

あっという間の4日間でした。

 

さて、住吉酒販 本店は本日1月4日からスタートを切りました。

いろんなことに挑戦し、止まることなく全力で一年突っ走って参ります!

2018年もどうぞ博多 住吉酒販をよろしくお願い申し上げます!!

 

博多 住吉酒販 本店

紫垣 誠吾

 

/ お知らせ

今年も1年大変お世話になりました!!

おはようございます!

住吉酒販のシガキです。

 

お陰様で今年も無事に最後の営業を終えることができました。

本当にありがとうございました!

(博多デイトス店は年末年始も休まず営業いたしております)

本店は2018年は1月4日からの営業になっております。

来年も皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。

 

私は今から実家のある都城へ帰省いたします。

私のように故郷へ車で帰られる方もたくさんいらっしゃると思います

くれぐれも車の運転にはお気をつけください。

お正月の食べ過ぎ、飲みすぎにも。。。

 

来年3月にはいよいよ東京 日比谷に住吉酒販が出店いたします!

2018年も 「博多 住吉酒販 酒に笑う人生」 を何卒よろしくお願い申し上げます!

 

それでは、皆様よいお年をお迎えください。

 

博多住吉酒販 本店

店長  紫垣 誠吾

 

 

/ 食品

巴蜀のXO醤

皆様こんにちは。

住吉酒販の食いしん坊担当の山下です。

 

さっそくですが、

すごいの入りました。

 

 

巴蜀XO醤(台湾・香港)

image4

 

XO醤とは材料に

干し貝柱や干し海老、金華ハムなどを使用した

中国で生まれた高級うまみ調味料ですが、

 

なかなかご自宅でのお馴染みがない方が多いのではないでしょうか。

 

ここで、どうやって使うのかな?と思ったあなた。

安心してください。

 

 

肉、魚介、野菜、炒飯などの炒め物に加えて、、、

旨味爆発。

 

麺類、おかゆや卵ご飯にちょい足しして、、、

旨味爆発。

 

もちろん、そのままおつまみにしてもOK。

 

まさにオールマイティーなんです。

もうお箸と杯と笑いが止まりません。

 

 

さて、今回は試しに白米に乗せて食べてみました。

image3

 

まずは香港から、、、

image5

 

はい。贅の極みお米。

 

炊きたてゴハンの湯気が高貴な香りをまとって、

もう、、、堪りません。

 

 

ひとたび口にすれば

干し貝柱と干し海老由来の

凝縮した旨味の嵐の後で、

 

金華ハムの芳醇な香りと

柔らかな旨味が押し寄せます。

 

天にも昇る心地とは、

まさにこのこと。

 

 

 

続いて台湾いただきます。

image1

 

なんと刺激的なお姿。

胃袋が求婚しているのを感じます。

 

エキゾチックでスパイシーな

魚介ベースの香り、、、、

食べなくても美味しいことがわかりますね。

 

誘われて、口へ運べば

溢れんばかりの魚介たちの旨味と豆板醤のいい香り。

ピリッと聞いた辛味があとを引きます。

 

旨味の奔流に押し流されながら思うことは

 

ああ、生きてて良かった。

 

 

本当にお米との相性抜群。

無論、お米から作られたお酒とも相性も抜群なのです。

 

事実、香港の中華料理店では一品料理として

XO醤をメニューに載せる店も多く、

ちょっとしたおつまみとしてそのまま食べられているそうです。

 

ちなみに気になるお値段は税抜きで

各1,000円、セットで1,800円です!

 

調味料という枠を大きく超えた

この巴蜀のXO醤

そっとおせちのかたわらに置かれてみてはいかがでしょうか。

image6

 

山下洋平

 

1 / 9312345...102030...最後 »