博多 住吉酒販

BLOG 酒笑う日々 日々是酒笑日。(にちにちこれさけわらうひ)

/ お酒の紹介

六十餘洲 雫しぼり 純米大吟醸 氷温熟成酒

皆様こんばんは、中村です。

 

お盆が過ぎると

涼しくなるとはいえまだまだ残暑厳しい福岡です

お盆はいかがお過ごしになりました?

 

私は実家に帰って久しぶりに家族そろってだらだらと過ごさせてもらいました(笑)

一人また家に戻り猫にご飯を上げつつ、何もせずともご飯が出てくるありがたさが身に沁みました

 

さて、本日ご紹介するのは最高の逸品です!!

 

六十餘洲 雫しぼり 純米大吟醸氷温熟成酒

(長崎/今里酒造)

Modern light

JPEGイメージ-5499AFED94CF-1

JPEGイメージ-FB5D96A8972F-2 JPEGイメージ-FB5D96A8972F-3

 

 

とうとう皆様にお披露目です。

このお箱も、ボトルも本当に素敵

いつもながらにこのデザインを形にされてしまう技術にもほれぼれしちゃいますが、

もちろん味わいにもほれぼれします。

そしてこのデザイン、とってもお酒の味を表してあるかと思うと、感動もさらに増してしまいます

 

開けたてはまだ熟れていない若い梨の様な香りがほんのり漂います。

口に入れると洗練された瑞々しさが滑り込んできます。

するんと入ってきた瑞々しさは、丸みを感じるキラキラした感触に変化します。

口の横にキラキラは流れていき、金平糖の様なかわいらしい柔らかなとげが舌をつつきます。

熟成感を感じさせない、レモンの薄皮の部分のような爽やかさが後に残ります。

 

いつもの六十餘洲だと私は柔らかなお米の甘みを存分に楽しめ、

甘みをぷくぷくと感じるのですが、

こちらは小さなキラキラした宝石の様なクリアで透明感のあるミネラル感とフレッシュ感、

丸みのある味わいの溶け込み合いが楽しめます。

 

ちなみにこちら、開けて一週間くらいしてもだれることなくほわりほわりと表情が広がっていきます。

実家に持ち帰って、一緒に両親と楽しく飲んだ後、帰宅してしまって、

お父さんが一人置いて行かれたお酒を飲んでもどんどん変わるその味わいはきっと楽しんでいただけるはず。

…その前にたぶん一瞬でなくなるかもしれませんが(笑)

 

今までに感じたことのない、六十餘洲。

 

当店のみでの販売。

なんて贅沢な、なんてありがたいことなのでしょうか。

 

みなさまにお届けできるのがこちらもまたうれしい一本

 

ちょっと贅沢な一品ですので、なかなか家飲みとは言えませんが

贈り物には自信を持ってお勧めいたします。

 

みなさまぜひお手に取っていただき、お飲みいただければと思います

 

本日週の真ん中水曜日!

本日も皆様がおいしい食事とおいしいお酒で素敵な時間を過ごされますように。

明日も皆様のご来店心よりお待ちしております☆

 

中村麻美

/ 日常

そうね リキュール飲むなら ルビーなの

白米の炊き加減はちょい硬めが好きなはしもっちゃんこと橋本です。

 

本日はリキュールのご紹介です。

果実酒が好きな方にはもちろんのこと、

お盆でついついお酒を飲み過ぎてしまった方にもぜひオススメな1本です。

 IMG_5629

さがんルビーのお酒

SAGAN RUBY(さがんルビー)

 

まず、

お酒の名前になっているさがんルビーとは??

佐賀県の鹿島市と唐津市で栽培されている「純国産グレープフルーツ」のことです。

果肉の赤みが強くルビー色をしているのでまさに「佐賀んルビー(佐賀のルビー)」!

 さがんルビー

(画像は引用 http://www.ignis.jp/museum/magazine/)

佐賀大学が1989年から品種育成に取り組み、2000年に現地栽培が始まり、

2013年に初めて品種登録されました。

開発から登録まで約24年!努力と研究の賜物ですね!!

 

そもそも、グレープフルーツは寒さに弱く乾燥気味なところを好む植物なので

越冬や多雨の問題で日本での栽培には向いていません。

ですので、私たちが目にするグレープフルーツはほぼアメリカや南アフリカなどの外国産になります。病気にも弱いので、農薬使用していることがほとんどです。

しかしさがんルビーは、品種改良を重ねて耐寒性を強くして国内栽培を可能にしました。

 

これだけでも大きな一歩ですが、

それに加えて、国内生産・国内流通が可能な上に貯蔵性に優れているので、

海外産のように防カビ剤を塗布する必要もありません。

安心して食べることのできる、グレープフルーツ期待の星です。

 

このさがんルビーを贅沢に使用してできたお酒が

SAGAN RUBYなんです。

 

ベースは純米酒。

さがんルビーが育つ土地、唐津に蔵を構える小松酒造の純米酒を使用しています。

小松酒造といえば「万齢」

IMG_5631

キャップにも万齢の2文字が刻まれています。

お酒の色は淡い黄色をしています。

IMG_5632

味わいでまず思うのが

優しい!!!!

まるでグレープフルーツジュース。

アルコール度数4%で、柔らかく優しい甘みが広がります。

甘みの中にもグレープフルーツ特有の苦味が。

さがんルビーの苦味は

シャキッとした苦味ではなく、じんわりとした苦味。

なんせ、優しい。

「昭和のグレープフルーツジュース」という言葉が私的にぴったりでした。

添加物が入っていないのはもちろん、糖類も無添加。

グレープフルーツと純米酒の自然な甘みです。

 IMG_5630

ちなみに、

グレープフルーツには二日酔いを予防してくれたり、

二日酔いを緩和してくれたりする効果が期待できるそう。

 

SAGAN RUBYを飲みながら

さがんルビーをおつまみにすれば翌日も爽快!…かもしれません。笑

 

大きめの氷でのんびりロックで飲むもよし、

クラッシュアイスでシャキーンと冷やしてゴクッと飲むもよし、

ソーダで割るもよし!!

貴重な国産グレープフルーツの味わいを是非感じてみられてください♪

万齢ファンの方も是非♪

テーマソングは

「そーうーねー、リーキュール飲むなら ルビーなの

そんな言葉が 頭に うーずーまくのっ♪」

※あの名曲に載せて脳内再生どうぞっ!

住吉酒販本店は本日より営業いたしております。

デイトス店は年中無休!

デイトス店の角打では、只今「さがんルビー」お楽しみいただけます♪

皆様のご来店心よりお待ちしております。

橋本

/ 日常

お酒にワインにご飯のお供に。世界のチーズござい〼。

二日酔いの時は、個人的に白米をたくさん食べると治ると信じているはしもっちゃんこと橋本です。

 

住吉酒販ではお酒はもちろん、厳選こだわりの食品も取り扱いいたしておりますが

今日はその中からチーズをご紹介!

 IMG_5606

ご存知の方も多いかとは思いますが

実は住吉酒販本店の方でのみ「海外チーズ」を扱っているんです。

 

チーズと聞くとどうしてもワインに合わせるイメージですが

実は日本酒にもとっても合うおつまみなんです。

(あるスタッフはここのチーズを食べて、白ご飯をかきこんでました。笑)

 

内容は、コロコロ入れ替わりなので

どんなチーズと出逢えるかはその時のお楽しみ♪なんですが、

だいたい毎回10種類ぐらいは入荷しています。

 

今店頭に並んでいるチーズ名を挙げると

○ブリー(牛)[白カビ]

○ロックフォール:ガブリエルクール(羊)[青カビ]

○サントモール ド トゥーレーヌ(山羊)[シェーブル]

○トムドサヴォア(牛)[セミハード]

○ブリアサヴァラン スペキュロス(牛)[白カビ][デザートチーズ]

■マンチェゴ(羊)[セミハード]

■ブルードヴェルニュ(牛)[青カビ]

■マンステール(牛)[ウォッシュ]

■ブリアサヴァラン フィネオ トリュフ(牛)[白カビ]

■サンベルニ オ サバニヤン(牛)[ウォッシュ]

 

書いていて、カタカナに目が回りそうでした…笑

 

「これだけチーズの種類があって、何を選んでいいか分からない(;;)」

っていう方も少なくないと思います。

私もその中の1人でした。

ご安心をっっ!!!!

住吉酒販では、

ワインに白/赤があるように、

日本酒をモダン/クラシックに分けています。

そして実はチーズもモダン/クラシックに分類できちゃいます。

上記チーズ名の前に○が付いているものはモダン・白ワイン向け、

■が付いているものはクラシック・赤ワイン向けです。

 

「チーズの名前」で選ぶのもいいですが

チーズ選びに迷ったら、「チーズの分類」

モダンな日本酒・白ワインに合うチーズ

クラシックな日本酒・赤ワインに合うチーズ

の基準で選んでみるのもオススメです♪

店頭でも分かりやすいように黒板に表示しており〼。

IMG_5605

(¥1,360はセットの価格で、単品の価格ではありません。)

 

そして、この入荷しているチーズのいいところは

IMG_5607

「使い切り小さめサイズ」なこと!

だからお値段も350円~と、買いやすいお値段!

 

百貨店でいいチーズを買うときに、値段と量にドキドキしながら買っていましたが

このサイズなら気兼ねなく買えて、いろんな種類が買えるのが楽しいです。

 IMG_5599

いろんな種類買いたい方には

セットパックもご用意しております。

「モダン日本酒・白ワイン セット」

「クラシック日本酒・赤ワインセット」の2種類!

IMG_5600

IMG_5601

このセットさえあれば、

今夜のお酒に合わせてチーズプレートがお手軽にできちゃいますね♪

 

最後に、

私のオススメチーズをご紹介!

IMG_5602

ミモレット 24ヶ月

牛乳を使ったハードタイプのオレンジ色のチーズ!

熟成によって硬さや風味が変わってくるのですが、

店頭に入荷している24ヶ月熟成はなかなかの熟成年数!

(よく目にするのは6ヶ月~18ヶ月くらい)

24ヶ月も経っているのに、こんなにしっとりしていることに驚きます。

柔らかく濃厚な旨味はまるでからすみのよう。日本酒に合うのも納得です。

見覚えのある方もいらっしゃると思いますが、二年前の福岡城桜祭りの屋台で出していたチーズがこれです。

IMG_5636

このミモレットは大きめサイズで入荷しております。

IMG_5603

おつまみにも、おやつにも、ご飯のお供にも!(笑)

美味しいチーズはいかがでしょう。

熱燗×チーズなんかも最高です。

 

住吉酒販本店は明日までお休みいただいております。

15日(火)より営業です。

 

住吉酒販博多デイトス店は年中無休で営業いたしております。

(8:00~21:00 角打8:00~20:00ラストオーダー)

皆様のご来店、心よりお待ちいたしております。

 IMG_5604

本日も皆様のお酒と食事の時間が素敵なものになりますように!!

 

橋本

/ 日常

グリーンの誘惑

最近覚えた新しい言葉はフランス語の「Carte Blanche(カルト ブランシュ)」なはしもっちゃんこと橋本です。

ちなみに、Carte Blancheは直訳すると白紙ですが、フランスでは「おまかせ」の意味があるそうです。

なので、Carte Blanche au chefだと「シェフのおまかせ」だそう♪

 
 
 

住吉酒販に新しい食品が入りました!!

IMG_5556

バジルペースト(熊本 肥後あゆみの会)

熊本県宇城市不知火で

自然農法・有機栽培にてトマトを育てている農家さんが

同じ畑で同じ有機栽培でバジルを育てています。

そのバジルをふんだんに使用して作ったペーストです。

 

トマトとバジルって食べ方で相性いいのはもちろんなのですが

コンパニオンプランツ

と言って、育てる上でも非常に相性のいい植物なんです。

 

一緒に育てることで害虫を回避できたり、

成長を促進してくれたり、

病気を予防してくれたりと

農薬や化学肥料に頼らずに植物を育てることができるテクニックで、

他にも「オレガノとかぼちゃ」や「セージと人参」「スイートバジルとブロッコリー」などがあります。

 

話を戻しましょう。

有機栽培で育てたバジルとオリーブオイルをメインに、塩、有機ニンニクやカシューナッツなどで仕上げられたバジルペーストは、そのまま食べれるくらい優しい味わい。

IMG_5548

もちろん化学調味料、保存料は無添加

バジルのグリーンな香りがふんわり鼻から抜けていきます。

 

なんだか落ち着くこのバジルの香り、実は鎮静作用のある成分が含まれているそうで

ストレスがあるときや気分が落ち込んでいるとき、集中力を高めたいときににバジルの香りを嗅ぐといいそうです。

心のバランスをとってくれる香りなんですね!

 

テクスチャーは、サラサラな感じではなく

少しゆるめなペースト状。

IMG_5549

(橋本大好物の)生クリームで例えるなら八分だてといったところです。

 

早速おつまみにしてみました!

 

まずはバジル×ぱん

IMG_5554

楽チンだけど、バジルトーストって聞くとオシャレおつまみ!!

急な来客でも、パンとこのペーストさえあればささっとできちゃいます。

IMG_5553

私は、玉名牧場(熊本 玉名)の無塩バターをパンに塗ってからバジルペーストをオン!

そのままでも美味しいですが、トーストしました♪

 

お次はチーズにオン

IMG_5552

クリーンな味わいのモッツァレラチーズ(熊本 玉名牧場)にのせました。

IMG_5551

チーズもバジルも優しい味なので、結晶タイプの塩をパラパラっとふりかけました。

 

続きまして

パンにトマトにモッツァレアチーズにバジルでオープンサンド

IMG_5555

乗っけるだけでオシャレに見えるなんてありがたい一品です。

植えても食べても相性のいいトマトとバジル。

このままトーストしてピザトースト風でもいいかもしれません。

 

ラストは定番パスタ

IMG_5559

バジルペーストを茹で汁で少し伸ばして絡めてジェノベーゼにしてもいいですし(最後にチーズを削り入れるのがポイント)、

パスタを茹であげた後に氷水で締めて、バジルソースと絡めて冷製にしても♪

 

この他にも

ゆで鶏を和えたり

豆腐に乗せて洋風やっこにしたり

などなど、冷蔵庫にストックしておけばとっても使える1本です。

こりゃおつまみをついつい作り過ぎちゃいそうで食べ過ぎちゃいそうで…

ってことは、お酒もついつい飲んじゃいますね。

美味しいおつまみと美味しいお酒で幸せな誘惑です。

 

IMG_5557

瓶に使い方のヒントも載っていますので、ぜひご参考に♪

 

住吉酒販本店、デイトス店ともに取り扱いしております。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

IMG_5550

 

橋本

/ お酒の紹介

澤屋まつもと no title

皆様こんばんは、中村です。

 

久々に雨降りの昨日。少しは草木にも息抜きの日となったのでしょうか?

皆様いかがお過ごしでした?

本日はまた熱い一日となってしまいました。

 

最近の暑さで涼を求めることも多いと思いますが、

飲んで涼を得られる日本酒、入荷しておりますよ

 

澤屋まつもと no title

(京都/松本酒造)

Modern light

notitle

現在当店でも飛ぶ鳥を落とす勢いの人気のお酒の澤屋まつもと

 

その澤屋まつもとが渾身の新商品を発表しました。

 

それがこちら

 

no title

 

蔵元が原料の米からこだわり抜いた一つ。

テロワールだなんてワインに限らず最近よく聞く言葉ではありますが、

その土地のお水、土、そこで育ったお米がどの様なお酒へとなるのか。

それは、お米を作った農家さんの腕なのか、はたまた、それを醸す蔵の人々の腕なのか。

 

ではそのお米でどのような味を表現できるのか。

 

そのような思いがたくさん詰まっていて、あえて、お酒に名前をつけることができなかったというところからこの

no title

がついたようです。

 

開けて注ぐと、凛とした香り。

広がりすぎることもなく、まっすぐな芯を感じさせてくれる香り。

 

澤屋まつもとのお酒は、本当にミネラル感というか、瑞々しさをしっかり感じさせてくれることが多いのですが、

こちらもまたミネラルの粒の凝縮感を感じることができます。

それが口の中部にくると、ホロリと溶けて、するすると身体中に染み入ってくる感じ。

涼やかな味わい。

私は若い白桃を連想させましたが、いわゆる果実感たっぷりのジューシーさとは違い、ほんのりやわらかで、コメの丸みのある輪郭を感じられます。

 

お米の素直な味わいを表現したと言ってもいいのではないかというくらい、

余分なものがなく、香りも、味も、しつこく残ることもなく、

体に浸透していくのがよくわかります。

真っ直ぐ落ちていきます。

 

奥ゆかしさの中に、意思をしっかり感じる味わいに、

これからの日本酒を思い描かずにはいられませんでした。

 

あっという間に今年もお盆が来ます。

お盆が来ると毎年なんだかどんどん物悲しくなって今年も終わるのかという思いに駆られますが(毎回言っていますが、気が早いです/笑)、

みなさまお盆休みはいかがお過ごしになりますか?

福岡を離れて帰省される方や、お家でゆっくり過ごされる方、おうちのお酒やお土産のお酒は大丈夫ですか??

実は当店、明日の祝日が開いております!!!!

 

お盆用のお酒でも、ご自身用でも、ぜひぜひふらりとお立ち寄りいただければ幸いです。

 

当店のお盆休みは、14日の月曜となっておりますので、

ご注意くださいませ。

 

本日も皆様がおいしいお酒とおいしい食事で素敵な時間を過ごされますように。

 

明日も皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

中村麻美

 

/ お酒の紹介

Stone Jindia PaleAle

 

皆様こんばんは、中村です。

 

お昼の外はなんて熱いのでしょうか…

暑いじゃなくてもう熱いの域

 

上から照り付ける日差しとアスファルトの照り返しの熱で空気がもわもわして熱さ倍増。

さらに夜になっても30度の日々

 

こんな暑い日はやっぱりビールに限ります

 

夏はスッキリビール

 

おススメの一本入っております。

 

Stone JindiaPaleAle

(America)

20525549_1444834262276787_1280859351983408590_n

IPAにジンジャーがミックスされてあります!!

さらにレモンピール。

爽やかさ倍増

 

夏こそ生姜!

辛みがたまりません!!

 

ふ、と、

 

え?これってジンジャーエール??

 

っておもいますが、そうなのです。

 

ジンジャーエール。

実は勘違いされやすいですが、ジンジャービアとジンジャーエール、これって似てるけど(エールってビールのスタイルの一種ですからね!!)、もちろん別物なのです。

 

今回のジンディアペールエールもいいかえればジンジャー入りインディアンぺールエール。

じゃぁジンジャーエールとは何ぞ?!

と思って調べてみたところ、要は、ジンジャーエールはアルコール発酵を促さずジンジャーシロップの炭酸割りといった感じ。

ジンジャービアはアルコール発酵させたものという結構単純明快なお話でした(笑)。

 

ビールのカクテルの大定番、シャンディガフなんかもこの時期飲みやすくてご注文される方も多いと思います。

でも、シャンディガフはライトすぎる!!と思う方もいらっしゃるはず…

少なくとも中村にはライトすぎる…

 

そんな方にこそこのジンディアです

 

最高。

 

栓を抜いたとたんあたりにジンジャーの華やかな香り!

口に入れたらジンジャーのピリ辛爽やかさと、ダブルIPAの苦みがむちゃくちゃ好バランス!

じゅわっとぱちぱちっとはじけて青い草原を駆け抜けていくような苦み

 

苦い重いのイメージが強いダブルIPAですが、

このジンディアだと、素晴らしいバランス感

逆にこれだと何杯でも飲めちゃう

 

もう、私にとってはこれがジンジャーエールですよ、と言いたいくらい(笑)

夏の喉の渇きの御伴に是非。

 

 

最近は暑すぎて、ベランダに出てビールを飲むこともなかなかしていないのですが、汗だらだらで帰宅してシャワーを浴びて飲むビールは最高です

 

皆様も夏バテや熱中症にはご注意くださいね。

 

気づいたら本日金曜日。

最近暑すぎて、お昼間に出かけるのが億劫ですが、

明日も当店開いております、店内涼しくしてお待ちしておりますので、皆様是非ご来店ください!

本日も皆様おいしい食事とおいしいお酒で素敵な時間を過ごされますように。

明日もまた皆様のご来店心よりお待ちいたしております☆

 

中村麻美

1 / 8512345...102030...最後 »